FC2ブログ
ホーム
rainbow.jpg

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族と百人一首

もう去年の12月の冬休みのことなのですが、一時帰国しました。
自分の記憶の中では「日本の冬は寒いけど、まあ乗り越えられないことはない」と思っていました。アメリカに留学していた時、マイナス10度とかに耐えたことを思えばなんてことない、とたかを括っていました。
でもまあ寒いこと、寒いこと。今年は特に寒い年だったんですね・・・。
早くマレーシアに帰りたいと思っていました(笑)。



さて、寒いと分かっていながら帰国したのは、子供達に冬と暮れ・正月を体験させたかったらであります。
絶対やろうと思っていたことの一つが、家族で百人一首をすることでした。
昔やっていたので、実家にあるはずだと思ったのですが、行く前に一応「ある?」と聞いたら、分からないから探しておくとのことでした。結局見つからず、父がアマゾンで買ったようです。



これはCD付きだったので、読み手なしで皆で出来ました。

hyakuninisshu.jpg

数年前、しばらくの間子供に百人一首を覚えさせたり、遊んでいたことがあります。
でもたくさん暗記するまでは至らなかったし、ここしばらくやっていなかったので、すっかり忘れているかもしれないと思っていました。

私、父、母、妹、そしてうちの2人の息子たちの6人でやり、結果、長男は17枚、次男は13枚となかなかの健闘ぶり!
母は途中で入って途中で抜けたのでやったうちに入ってないかもしれないけど、他の人たちは別に手加減していませんよ。
中には、長男が上の句だけで取れた札もあり、
「なんかこれだと思ったんだ・・・。」
と言っていたので、一生懸命やったのが残っていたんだ!と嬉しくなりました。
外国生まれ外国育ちの孫と会話もできなくなる人たちがいる中、子供達を一緒に百人一首が出来るまでに育てた私はちょっと親孝行できたかも?と思いました(笑)。
(次の日、父が「もう一回やろう〜」と嬉しそうに札を並べていたら、みんなに「ヤダ」と断られていましたが・笑。)

従来の百人一首だと札が多すぎて途方も無いので、マレーシアのうちでは五色百人一首を使っています。
一色は20枚しかないので、隙間時間にもできてオススメです。



うちで使っているのは、こちらのTOSSオリジナル教材のものです。
Toss教材 五色百人一首取り札
Toss教材 五色百人一首読み札


「マレーシアでオーガニック子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

スポンサーサイト

再び、愛犬を亡くす

3週間ほど前、うちで飼っていた犬が天国に行ってしまいました。
16歳と2ヶ月でした。今まで飼った中で最高齢。チワワの寿命は15年ほどらしいので、平均よりは長く生きてくれました。

dog9.jpg

本当に本当に可愛い子でした。いつも笑っているような穏やかで優しい顔をしていたし、毛並みはツヤツヤで触り心地もよかったし、何と言ってもとても性格がよかったのです。愛情深く、そっと寄り添ってくれるような犬でした。今まで、心から人間を信用できなくてうまく甘えられない犬も、人間が好きすぎて大興奮して訳が分からなくなってしまうような犬も飼ったけど、彼女はちょうどいい具合の甘え方で、一緒にいると本当に安らぎました。チワワのブリーダーに、「今度メスが生まれたら売ってほしい」と頼んであり、母犬の元で数週間過ごした後、直接うちに来たので、人間を心から信頼してくれていたのだと思います。(そういうのはもちろん個体の性格にもよりますが。)
顔が可愛くなくても、性格に難があっても、それそれのペットは飼い主にとって可愛いものです。優劣をつける意味なんてありません。でも、どんな面から見ても、彼女は"One in a million"(100万に1つ)と言ってもいい名犬でした。

dog8.jpg

チワワなので体が小さいし、老年期も毛がツヤツヤで可愛い顔をしていたので、人にはよく子犬だと間違われました。15歳過ぎまでそんな感じでした。
しかし、そんな彼女もやはり寄る年波には勝てず、15歳半ぐらいに、ん?何かおかしい?と感じ始めたら、あっという間にボケてしまいました。それは本当にあっという間で、先週大丈夫だったのに、今週はもう完全にボケていると言った感じでした。
ボケの症状は、同じところをグルグル歩き回る、変な場所で排泄するようになる、私たちが誰だか分からない様子である、などでした。
ボケたら、容姿もあっという間におばあちゃんらしくなりました。毛ヅヤが悪くなり、白髪が増え、痩せてきました。体もあちこちガタが来て、目と耳が悪くなっていたし、前脚の力が弱くなって、立ち上がるのに苦労するようになり、最後は立ったまま餌を食べるのが難しくなりました。座って食べるようになっても、餌がうまく食べられず助けてあげなければいけないことも増えました。最後の頃は、寝たまま排泄をしてしまう事もありました。

前より助けてやらなければいけないことが増えればそうしてやればいいだけの話ですが、わたしが一番辛かったのは、笑顔がなくなり、生きていても全く楽しそうに見えなくなったことでした。今までわたしたちの顔をみれば尻尾を振りながら笑顔で寄ってきてくれていたのに、もうすり寄ってくれることがなくなったのです。私がそばにいてもいなくても関係なさそうな顔をしていました。
1日のほとんどを寝て過ごすようになり、私はいつも彼女のお腹が上下するのを見て、生きていることを確かめていました。
体も辛そうだったので、このまま喜びもなく生きていくのが彼女にとって幸せなのだろうか…と悩んだりもしました。
でも、そんな時はいつも「ずーっとずっとだいすきだよ」というお話を思い出しました。
このお話は子供たちの小1の教科書に載っていたので初めて読んだものです。



犬を飼って亡くしたことが何回もあるので、読むといつも泣いてしまいます。
主人公の男の子は、年老いた犬を最後まで大事に世話し、毎日「大好きだよ」と声をかけていたので、天国に行ってしまった時は悲しかったけれど悔いる気持ちはなかった…というような話でした。
だからわたしも、世話する時間を大切にして最後まで心を込めて言葉をかけ続けました。ボケたって、大好きなことに変わりはないから。

逝ってしまう前日、いつもより調子がよくて庭を元気に歩き回っていたし天気もよかったので、体を洗ってあげました。ドライヤーで体を乾かしてあげているうちにわたしの膝の上で眠ってしまい、それが天使みたいに可愛くて、写真を何枚も撮りました。
当日は食欲もあり、朝食を勢いよく完食したので、ああ、元気で嬉しいな、と目を細めました。
それなのに、昼食を食べに家族で出かけて、帰ってきた時はもう息をしていませんでした。
直射日光が当たるところで寝ていたので、「そんな所にいたら暑くない?」と声をかけ、いつもしているようにお腹が上下するのを確かめようとしたら、もう動いていませんでした。
今まで飼った犬は、最後はどんどん弱ってご飯も食べられなくなったけど、彼女はむしろいつもより調子がいいぐらいで、その日に起こるなんて全く予想外の出来事でした。
もうそんなに長くはないと覚悟をしていたし、やっと楽になれたという安堵も確かにあったし、最後までできるだけのことをしていたので思い残すことはなかったけど、やっぱり涙は止まりません。

いつも台所の裏にいたので、毎回台所に入ると彼女の姿を確認していました。だから、今でも毎日してしまいます。

外で飼っていて、屋根がついた部分があるので雨の時は自分でそこに入っていましたが、ボケてからは大雨の中をグルグル歩き回っていることが多くなりました。なので、雨が降ったら家の中へ入れてやっていたのですが、外出中に雨が降り出すと、「大丈夫かな、びしょ濡れになってないかな」と心配していました。今でも外出中に雨が降り出すと、心配な気持ちが沸き起こります。

彼女は大きい音が怖くて、チャイニーズニューイヤーの爆竹や花火が始まると怖がって震えるから、抱っこしてあげていました。今年、爆音が聞こえてきた時、「あ、抱っこしてあげなきゃ」と思い、もういないことを思い出しました。

16年間も一緒にいたので、頭で考える前に、体が勝手に反応してしまうのです。
そしてその度に、「ああ、もういないんだ」と思って涙が出ます。

でも、泣きながら昔の写真を見返した時、わたしたちがいつも笑っていて、幸せだったことを思い出しました。
だから、彼女のことを思い出す時は、「いなくなって悲しい」という気持ちにフォーカスせず、「16年間、一緒にいてくれて本当に幸せだったな」と幸せだった時のことを思い出すようにしています。

長い間私たちのところにいてくれて本当にありがとう。ずっと大好きだよ。


「マレーシアでオーガニック子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

ツイッター始めました

数年前、ツイッターなんて時間の無駄だから絶対やらない、と言っていたわたしですが、いつの間にかアカウント3つも持っています(笑)。

わたしにとって、
facebook→思い出の記録と友達連絡帳
Instagram→キラキラ写真(でももちろんインスタのために何かやったりはしません。たまにいい写真が撮れたら載せるだけ)

で、最近忙しさもあってなかなか更新できないブログですが、わたしにとって、こんな感じ。
ブログ→人に役立つような情報を書く(役に立たないこともいっぱい書いていますが)
ツイッター→くだらない事を書く

と自分で勝手にブログのハードルを上げているため、なかなか書けないのです。
それと、一番の理由は、コンピューターに写真を入れるのが面倒な上、新しいスマホは64GBなのでこまめにコンピューターに写真を移さなくても大丈夫になり、もう半年以上もスマホの写真はそのままなのです。

でも頭の中には思考の破片がたくさんあるので、ツイッターならどれだけでも書ける。スマホに入ってる写真もそのまま使えるし。
初めに作った2つのアカウントは趣味アカウントですが、3つ目にしてやっとリアルアカウントを作りました。
始めたばかりなので、ツイッターアカウント持っている方はフォローしてくださると嬉しいです。
マレーシアのことや普段の生活のことを主に書きます。マレーシアに関係ないこともいっぱいあると思うし、くだらないことはブログ以上に増えると思いますが(笑)。もしよければ。こちらからこっそりと。→ココ


「マレーシアでオーガニック子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

息子たちの味覚

次男は、幼稚園頃からスパイシーな辛さが大好きでしたが、長男はあまり辛いものは食べられませんでした。
でも、成長するにつれて、普通に辛いものも食べられるようになりました。
いや、むしろ好きになってきたようです。
次男のチリ(唐辛子)好きもますますパワーアップして、日本のふりかけはパンチが足りないらしく、いつも仕上げにカイエンヌペッパーをふりかけています(笑)。

なので、二人とも、日本のカレーの中辛ぐらいは、「全く辛さを感じない」らしいです。
そこで、「あ〜そうか!」と合点がいったことを思い出しました。

彼らがまだ小さく辛いものが食べられない時、レストランで食べ物を店員さんに注文するときに、「これ辛い?」と聞き、「辛くないよ」と言われたので注文すると、「辛いじゃん!!」ということが何度もありました。
「これ辛い?」という質問は、日本人にとっては、「チリが入っているかいないか?」という質問。
マレーシア人にとっては、「チリの量が多いか少ないか?」という質問になるのだということを、何度かの失敗の末、悟ったのです。

ということは、うちの息子たちの舌と感覚は完全にマレーシア人だわ。

更に、この前ショッキングな会話がありました。

長男「ドリアンおいしいよ。」(←これは前からだから知っている。)
わたし「くさいじゃん。」
長男「くさい?臭いなんかしないじゃん。

いえ、鼻がきかなくなっているわけではありませんよ。
好きで好きで、臭いなんて全く気にならない境地にまで達しているのだと思われます。
マレーシア人だな〜〜。


「マレーシアでオーガニック子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

家族で見たドラマ(3)

(3)ということは、この前に2回書いているのですが、(2)の後は、うちではヒットが出ていませんでした。なかなか難しいですね、家族で楽しめるドラマは。
子供が見られる内容でも、つまらなくて途中で脱落したドラマがたくさん続きました。
しかし、久々に楽しみつつ最後まで見たドラマが出てきましたよ。
あ、ちなみにうちでは新旧関係なく、見られるもの、良さそうなものを見ています。

1. 37.5℃の涙

主なキャスト:蓮佛美沙子、成宮寛貴、速水もこみち、水野美紀、藤木直人

幼稚園や保育園では37.5℃以上熱があると帰されてしまうので、そんな子供たちをお世話する病理保育士さんのお話です。
蓮佛美沙子さん演じる主人公は、不器用だけど真面目に頑張るタイプ。心に負った傷や仕事での困難を乗り越えて成長していく様子を描いているので、子供と一緒に安心して見ていられます。
いろんな家庭の話が出てくるので、へえ〜、こんなうちもあるんだ、ということも子供たちは感じたようです。

でもまあわたしが見ながらずっと思っていたのは、
「藤木さんに怒られ、成宮くんに優しく励まされ、お客さんであるもこみちくんのうちに行く・・・なんていい職場なんだ!わたしここで働きたい、一生懸命頑張るので採用してください!」
だった(笑)。
(そう、わたしは成宮くん大好きなんですよ・・・。だから思うことはものすごくたくさんあるけど、ここでは書きません。ただ、いい俳優さんだったことは確かですよね。)

うちではドラマを日本語の勉強のために家族4人で見ることがほとんどですが、純粋なネイティブはわたししかいないので、ちょっと難しいこと、聞き取れないことなどがあると他の3人に色々聞かれます。
「今、何て言った?」とか、
「◯◯ってどういう意味?」とか。
わたしも、「今◯◯って言ってたけど、意味分かった?」とか、気にして聞いてしまいます。
なので、ドラマを見るときは、常に「日本語学習教材としてどうか」という観点でセリフを聞きながら見てしまうんですね。
で、そういう観点から見ると、このドラマはものすごく優秀です。
そんなに難しい単語が使われていないし、俳優さんたちみんな、発声がはっきりしていて、セリフがものすご〜く聞き取りやすいです。さすがプロの仕事って感じ。
それにしても、ピンチに成宮くんともこみちくんが揃って助けに来てくれるなんて、最高かよ!ああ〜〜、見るのが楽しかった(笑)。

2.エジソンの母

主なキャスト:伊東美咲、坂井真紀、谷原章介

「どうして?どうして1+1=2なの?」
とか質問ばかりする、好奇心旺盛なエジソンのような少年が主人公。
確かにこんな子がクラスにいたら先生も親も大変かも。でもわたしが担任教師だったら、喜んで脱線しちゃうだろうし、嬉しくなって色々話しちゃうだろうな。
ドラマの中で色々雑学も紹介されるし、子供もたくさん出てくるしで、子供にとって楽しい内容だったようです。

3. ブラッディ・マンデイ Season1 & 2

主なキャスト:三浦春馬、佐藤健、吉瀬美智子、吉沢悠、成宮寛貴

キターーー!という感じで、ビッグヒットが出ました。何これ、めちゃくちゃ面白いじゃないですか!
天才ハッカーである高校生が、治安機関と協力してテロに立ち向かいます。「24」みたいな話(そしてわたしはかつて「24」にハマりました)。
実はこの前に「逃げ恥」を見ました。最後まで見たけど、わたしを含めて家族の反応は今ひとつでした。
なんだろう、大ヒットしたと聞いていたので、期待しすぎたかな?それから、ラブストーリー以外の要素がほとんどないので、子供には退屈だったのかも。まあ、普通に笑いながら見てましたが、なんというか、感想は「普通」でした。
なので、次に見るのは全然毛色の違うタイプにしたくて、友達に勧められたこれに決めたのですが、これが大当たり!でした。
長男は「デスノート」以来のハマり具合でした。
テロで人が死ぬので子供にはどうかと思ったけど、極端に酷い描写はないので、高学年以上の子供なら大丈夫かな。
少し内容が難しいかと思ったけど、12歳の長男はほぼちゃんと理解しているようです。

オマケ: 僕だけがいない街(アニメ)


タイムリープする能力のある主人公が、子供の頃に戻って、亡くなった同級生の女の子を救おうとする話です。
これ、アニメなんですが、家族ではまって見ました。続きが気になってどんどん次を見たくなります。
ちょっと辛い描写もありますが、友達をなんとか救おうとする主人公の優しさに何度も涙がこぼれました。
主人公の小学生時代の声をやったのが土屋太鳳ちゃんなんだけど、この声がすごく良かったです。


一時期わたしが海外ドラマを集中して見ていたので、あまり日本のドラマを子供と見る時間がとれず見ていなかった時期があるのですが、こうやって日本ドラマを頑張って見ると、やっぱりどんどん子どもの日本語の語彙が増えているのを感じます。
普段ほとんど英語で生活しているので、やっぱり積極的にこういう時間をとらないとなかなか日本語に触れる機会がないのが現実。だから頑張って見ていこうと思います。楽しいし(笑)。


「マレーシアでオーガニック子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

本「妖精アンナとぼくの料理レッスン」

明けましておめでとうございます。
去年は忙しい年になると覚悟していたものの、予想をはるかに超える忙しさだったので、ブログの更新がほとんどできませんでした。
時間さえあれば書きたいことは色々あるんだけれど・・・。
今年も忙しくなりそうですが、ゆるゆると出来るときには更新していきたいと思います。



現在長男12歳、次男8歳ですが、未だに就寝前の読み聞かせを続けています。
長男はもうそろそろ本格的な反抗期に入るかもしれず(生まれた時からいつでも反抗期と言ってもいいような彼だけど)、いつまで続けられるか分かりませんが、どうしても出来なくなるまで続けるつもりです。
自分でも読書はできますが、日本語を耳から聞く機会をなるべく多くしたいのです。

さて、最近読んだ中でよかったのがこちら。


「妖精アンナとぼくの料理レッスン」。
主人公は、料理好きな男の子。おばあちゃんの経営する洋食屋さんが、最近近所にできたファミリーレストランのせいでお客が減っていると知り、なんとか助けになりたくて新メニューを考えます。

お話の中に料理の描写があり、「おいしそ〜〜」と言いながら読み進めました。
「これ、作り方が分かったらいいのにね〜!」と言っていたら、読み終わった最後のページに、物語に出てきたパスタとパンナコッタのレシピが載っていたので、みんな大喜び!(タブレットで読んでいたので、最後までレシピが載っていることが分からなかったのです。)
それで、3人で相談して、ダンナの誕生日に3人で作りました。

うちの子たちはだいたい面倒くさがりなので、ただ「料理しようよ〜」と言ってもやりたくないかもしれないけど、その背景に物語があったことで、俄然やる気になりました。
文章はとても読みやすく、終わった後に実際に料理をする楽しみがあるところがとても良かったです。


「マレーシアでオーガニック子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

エスボード

何年も前に長男が友達からバースデープレゼントとしてもらったエスボードがあります。
sboard.jpg

長男は練習して乗れるようになったのですが、次男はずっと乗れませんでした。
なんていうか、次男は「どんくさい」んですよ・・・。
今時そんな言葉を使う人がいるのかはわかりませんが、もう本当にどんくさいとしか言いようがないのです。
体も、先生に「背骨がないの?」と言われるくらいぐにゃぐにゃしていることが多かったのです。
こんなことじゃいかんとわかっていたので、とにかく体を動かすことをさせようといろいろ努力しましたが、わたしと同じく根がインドア派なので、なかなか難しい。

それが、どんなきっかけが知らないけれど、ある時いきなりスイッチが入って、このエスボードを一生懸命練習し始めました。
長男が根気強く教えてくれたこともあり、あの次男がしばらくしたら乗れるようになったんです!
エスボードはスケートボードと違って、それだけで自立しないので、バランスをとって乗らなければいけません。なので、やっているうちに体幹が鍛えられるかも?
いや〜、よかった。



ある日、また次男が練習していたところ、長男が、
「エスボードが壊れた〜!」
と言ってきました。確かに、ネジが外れているようです。
「もう暗いから、明日の朝探そうか〜。」
と言ったら、
「明日の朝はもうお掃除のおじさんが掃いて捨ててしまうよ!」
と子供たちが言うので、それもそうだと思い、急いでネジを探しに行ってもらったら、壊れたところですぐに見つかりました。
私がスクリュードライバーを持ってきて、外れたところにはめて締め直そうとしたところ、長男が、
「このドライバーじゃダメだよ。それに、ネジを入れるところがおかしくなっている。」
と言うのです。
やり方が分かるなら任せる、と言って任せたら、違うドライバーを持ってきて、ネジを一旦外してから差し込むところを点検して、何かをぐいぐい押してから直して、改めてネジを締め直しました。
おお〜、やるじゃん!
と褒めたら、
「だって、いつもパパがやってるの見ているからね。」
と言っていました。
エスボードが壊れたのは初めてです。でも、DIYが好きで、普段なるべく何でも自分で直そうとしているダンナによく付き合わされているので、何とかしてみようという精神が育っているようです。いいことだわ。

うちにあるのは、多分これとほぼ同じだと思います。
車輪が回るといろんな色に光って、夜にやると綺麗ですよ。



「マレーシアでオーガニック子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

トランプといえば

(注:政治的なこととは全く関係ありません。)

最近、子どもたちはトランプで大富豪をやるのにはまっています。
今までは誰でも簡単にルールが分かるババ抜き(ジョーカーを3枚入れてやる)をよくやっていたのですが、少しは頭を使うゲームを教えてやろうということで、大富豪を教えてあげたら、見事にはまりました。
「トランプで大富豪やろう〜!」
と誘ってくるのですが、それを聞いてわたしはいつも頭の中で「・・・大統領?」と突っ込んでしまいます(笑)。

(ちなみに、「トランプ」は英語で"cards",または"playing cards"といいます。"trump"は「切り札」という意味。
子どもたちは、ダイソーで売っているトランプに「Trump」と書いているのを見てよく笑っていました。)

それにしても、「大富豪」って、
・初めに持っている資産(=手持ちのカード)によりほぼ地位が決まる
・貧民は富豪に捧げ物をしなければならない
・一度貧民になるとなかなか抜け出せない
という世の中の真理をついたルールだわ・・・。

🌟


最近、子どもたちと「バック・トゥー・ザ・フューチャー」の1と2を見ました。
古い映画だけど、子どもたちは見たことがないので、見ておくのもいいかな、と思って。
2は2015年を舞台にした映画なので、「実際に映画のような世界に近づいたのか?」と去年話題になっていましたね。
それで、あのいじめっ子のビフという男性は、トランプ次期大統領をモデルにしたそうで、「トランプの台頭を予言していた・・・!」ということで、今年も話題になったりしました。

で、そのビフというキャラクターが、「バ〜カ」というニュアンスで、よく"Butthead"と言うんですよ。
butt=お尻、head=頭です。

ある日、シャワーを浴びている時に、次男が急にハッと思いついて言いました。
「"Butthead"って、お尻探偵じゃん!」

それを聞いて大笑いしてしまいました。確かに!
↓こんな風に、顔がおしりの探偵がいるんです(笑)。


シリーズ物で、何冊も出ています。

うちは、最近進研ゼミのまなびライブラリーでよく本を読んでいるんだけど、この絵本もそれに入っていたので、知っていたのでした。
この電子図書館って、まさにこんなのが欲しかった〜!というもので、これだけのために進研ゼミをやってもいいかも、と思います。海外在住の方は特に。
普通の図書館ほど冊数は多くはないけれど、あるだけで本当に助かります。

🌟


ということで、トランプから連想することをつらつら書いてみました(笑)。


「マレーシアでオーガニック子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

趣味の動画
わたしの好きな音楽を中心にお気に入りを紹介。ぜひ聞いていってね♡
David Archuleta & Nathan Pacheco
"The Prayer"

クリスマスにはやっぱりDavid Archuleta。美しい歌声・・・。
おすすめの本
過去の記事で紹介しているものですが、こちらでも紹介します☆
フォニックスを教える時によく参考にしていました。
関連記事:子供に自分でフォニックスを教える(1)フォニックスとは


小学校低学年の英語読書。初めて読むチャプターブックとして最適。
関連記事:小学校低学年の英語読書〜「マジック・ツリーハウス」


プロフィール

モカきりん

Author:モカきりん
モカきりん:アメリカ留学中に中国系マレーシア人の現在のダンナと出会う。大学卒業後に渡馬、結婚。日系の塾で小学生と中学生に英語・国語を教える。7年塾講師として働き退職。その後2人の息子を出産して現在は専業主婦。

長男ユージン:2004年生まれ。明るく元気で、遊ぶことが大好き。やっている習い事はピアノ。第一言語は日本語、英語も文法的にはかなりブロークンだが話せるし理解できる。おばあちゃんとは中国語で会話、マレーシア語も学校で勉強中だったが、なぜか今年度は学校の方針でフランス語をやっている。2011年1月にインターナショナルスクールに入学、現在中学2年生。


次男ライアン:2008年生まれ。習い事はピアノ。とても人懐っこく誰にでも笑顔をふりまく。2014年1月にお兄ちゃんと同じ小学校に入学、現在小学校4年生。


ダンナ:中国系マレーシア人。日本語が流暢で時々日本人に間違えられる。優しく子供とたくさん触れ合ってくれるいいパパ。

おススメサイト
無料なのにスゴク使える!おススメサイト
<教育関連>
英語本
登録すると、オンライン英語図書館「タンブルブックス」にアクセスできます。
Starfall(英語)
フォニックスを学ぶならここ!
We Give Books(英語)
オンライン図書館。朗読はついていないので自分で読まなければなりませんが、無料で図書館に行く必要がないのは助かります。
学力は全米トップ0.1% 秘訣は幼児期の教育
子育てバイブル。
Colouring Book of Flags(英語)
国旗塗り絵がダウンロードできます。
おりがみくらぶ
折り紙といえばココ。折り方のアニメーションもあり、難易度も一目瞭然で使い勝手抜群。英語、中国語版など外国語7言語のサイトともリンクしているので、外国人の友達とリンクをシェアできるのもうれしい。
無料e童話
数は少ないのですが、無料で絵本が読めます。
英語のおとぎ話ビデオ(YouTube) You TubeのStoryというチャンネルで、10数分の英語のおとぎ話のビデオが見られます。英語字幕をつける設定にもできます。
バイリンガール英会話 Chika's English Lesson(YouTube)
バイリンガルの吉田ちかさんのYou Tubeチャンネル。わたしの勉強のために見ていますが、内容によっては子どもにも見せたりします。明るくてかわいいちかさんの動画は見るだけでも楽しい!

ピアノ初心者のための音符の読み方
自分で子どもにピアノを教えている、またはピアノ教室に通わせているけれど家での練習を見ている、という親にとって、とても参考になるサイトです。単にピアノを教えるということだけでなく、子育てという広い観点からピアノの練習をとらえていることが素晴らしいと思います。

Storyline Online(英語)
俳優さんたちが英語の絵本の読み聞かせをするビデオがたくさんあります。

<マレーシアで利用できる音楽ストリーミングサービス>
音楽ラバーにはもちろんうれしいサービス、実は子育てにもめちゃくちゃ使えます!(無料で使えないものもあります)
KKBOX Malaysia
Spotify
Deezer
おススメ記事
当ブログ内のおススメ記事です。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。