ホーム   »  2010年10月
rainbow.jpg
Archive | 2010年10月

国旗2 ミャンマーの新国旗

ミャンマーの新国旗が制定されましたね。
ミャンマーとは縁もゆかりもないのですが、国旗オタク一家な我が家では大ニュース!
ってほどでもないのですが、みんな関心を持って新国旗を見ました。

旧国旗↓。
myanmar.gif

新国旗↓。
Myanmar2.png

みんなの反応は、
ライアン「スリナムみたい。」
ダンナ「え!アフリカみたい。」
ユージン「きれいだね。」(←新し物好きなので、新しいだけでうれしい)

わたしは、青い部分に歯車と稲穂のデザインの入った前の国旗の方がよかったのになんで! と思っています。思いっきり部外者ですが(笑)。
そして、「アフリカっぽい」とダンナと全く同じことを思いました。
実際、緑、赤、黄色は「汎アフリカ色」と呼ばれ(自然や太陽などを象徴していることが多い)、アフリカ諸国の国旗に よく使われています。
この3色+☆を使ったデザインはアフリカにいくつかあるのです。(ガーナ、エチオピア、セネガル、 カメルーン、ギニアビサウなど。)
(アフリカの国旗を見たい方はこちら を見てください。)
ライアンの言った「スリナム」は南米の国で、ストライプ+☆という点では確かに似ています。

前の方がアジアらしくミャンマーらしく(ミャンマーのことあんまり知らないけどさ)、個性的でよかったのに?。
と国旗オタクのわたしは思うのでした。
マニアックな話ですいません(笑)。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ハロウィーンパーティー

この前の日曜日、Aちゃんのバースデーパーティーに行った後に急いだのは、少し早いけどハロウィーンパーティー。
きちーんとしたパーティーではなく(笑)、仲のいい友達が家に集まってちょっと仮装して、食べて遊んで、という気軽な パーティーでした。
わたしの世代が子供の時はハロウィーンという行事が全く定着していなかったけれど、最近は日本でも 結構やっているみたいですね。
うちの子たちも、いままでハロウィーンをやる機会がなく、これが初めて。
だから仮装も初めて!
ユージンは何者がよく分からないけれど(汗)、マントにかぼちゃのライトセーバー(笑)、 ライアンは蜂になってもらいました。
(なぜマントかというと、体が大きくなっても使えるから!)
ライアンに試しにこの衣装を家で着せてみたところ、大泣き。
「いらないの??」と泣きながら脱ごうとするので、半分諦めていたのですが、 会場についてから子供たちが仮装を始めたら、素直に着てくれました。
やった!やっぱりみんなでやると違うのですね?。
仮装した子供の記念写真。かわいい?!!
halloween.jpg

で、"Trick or treat!"をやってもらってお菓子をあげて、後は適当に食べて遊んでもらいました。
メインはママたちの飲み&おしゃべりだったからね!(←違う?)
ということで、楽しく過ごした夜になりました。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村

「ください」・・・って(笑)。

うちでは子供が何かが欲しい時やお願いする時、「?ください」と言わせています。
日本に住んでいればまわりの子供や目上の大人などがたくさんいて言う機会も多いので、 場合によって使い分けすることを自然に覚えると思いますが、マレーシアでは外で英語を使うので、 日本語でお願いする機会がすごく少なくなってしまいます。
だから、誰にでも通用する言い方を、と思い、丁寧に言わせるようにしています。
ライアンが
「ミルク?。」
と単語だけ言ったら、
「あれ、何て言うんだっけ?」
と聞きかえすと、
「ママ?、ミルクくだしゃい!」
と返ってきます。(これがまたかわいい?。)



昨日ライアンが、
「ウン○?、○ンチ?。」
と言ってきました。ウン○をしたので、オムツを替えてほしいと訴えてきたのです。
「何て言うんだっけ?」
と聞き返すわたし。
当然、「ママ、ウン○したよ」とか「オムツかえてください」とかの言葉を予期していました。 (実際彼は、こういう言葉をちゃんと言います。)
しかし、ライアンはしばらく考えると、自信たっぷりに言いました。

「ママー、ウン○ください!」

ははは?、混ざっちゃった(笑)?くださいって言われても(笑)。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村

「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」

この前、ダンナがどこからともなく入手してきた 映画「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」 をみました。
本屋さんで本を見かけたことがあり、なんとなく「おまわりさんとのたたかい」ぐらいのことは知っていたけれど、 それ以外はほとんど予備知識もありませんでした。
でも、期待してなかった分、おもしろくて大満足!
主演の市原隼人くんの間のとりかたが絶妙で、何度もゲラゲラ笑わせてもらいました。
そして、花火師の親方をやった竹中直人さん、すんごい存在感(笑)!
もうこの役は彼しか考えられないと思います(笑)。



みた後で知ったんだけど、これって人気ブログ の映画化なんですね。
それで、何の気なしに読みはじめたら、これがおもしろい!
細かく分かれていて笑えるので、寝る前に読むのに最適なんです(笑)。(でも続きが気になって止まらないことも。)
海外に住んでいると日本にいる時ほど日本語書籍を読めないので、これはうれしい?。
最近は、就寝前にでゴロンと寝そべりながらiPadでこれを読むのが日課です。(やっぱりiPadで読んだ方が 椅子に座ってPCで読むより読書気分です。)
書籍化されているのに削除されておらず、すべてネットで読めるなんてスバラシイ!
ものすごくボリュームがあるので、たっぷり楽しめそうです。



映画化された部分(1?5章)まではすでに読んでしまいました。
映画は映画でいいところはあるけれど、やっぱりブログのほうがおもしろいかな??
いや、映画以降の話の方がむしろおもしろいかも。
映画をみた時は、「この高校生たち暇だな?、そのあふれる青春のエネルギーをもっと有意義なことに使えばいいのに!」 と思ったけれど、ブログを読むといたずら以外にもいろいろちゃんとやってるし(笑)。
ブログの方が長い分キャラクターがちゃんと書きこまれていて、それぞれ愛嬌があるように思えてくる。
それに文章の書き方がおもしろくて、たくさん笑えるんですよね。
そして、笑えるだけじゃなくて、思わず泣いてしまうことも。
とりあえず、読む本がなくても、ぼくちゅうがあれば大丈夫(笑)!
現在ハマリ中。
今更って感じだし、超有名ブログなのでわたしがおすすめするまでもないのですが、読んだことがない 方は、ぜひ。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村

車のロゴ

わたしは、子供の右脳教育用のフラッシュカードを自分で作っているので、常にネタを考えています。
うちの子たちは何でも喜んで見てくれます。
でも、太陽系を覚えて街中に行っても、別に新しい発見があるわけじゃない。
それを覚えたら世の中のことがもう少しよく分かる、というものを覚えるともっと楽しいんだけどな?と思っていました。
そこである日はたと思いつきました。
マレーシアは車社会、これだけ車が走っているんだから、自動車メーカーのロゴはどうだろう?
こりゃ?グッドアイディア!とさっそくカード作り。

メーカーによっては数タイプのロゴがあるところもあるようですが、道行く車のメーカーが分かれば楽しいと思い、 エンブレム+社名が入ったタイプを主に選びました。
マレーシアだから、とーぜん
PROTON.pngPerodua.gif
プロトンもプロデゥアも覚えてもらいましょう!

男の子なのでもちろん車は好きなのですが、今までは「GT-R」とか「マイヴィ」とか車種で覚えているものが 多かったため、メーカーは息子たちにとって初めて聞くものも多かったようです。
でももともと興味があることなので、2?3回見せただけでほとんどあっという間に覚えてしまいました。



翌日ユージンは習い事があったため、わたしと一緒にショップロットの前を歩いていました。
そこらへんに駐車してある車や道行く車を見ては
「あ、トヨタ」「プロトンだ」「ホンダだ」とかつぶやいています。
ちなみに、統計を調べたわけではないので知らないけれど、見た感じではプロデゥア、プロトン、ホンダ、トヨタが 圧倒的に多い気がします。

その後、ちょっと用ができて車ででかけたのですが、車窓から外を見ていたユージンは一大発見。

「ママー、タクシーは全部プロトンだよ!」

そのとーり。すばらしい観察眼(笑)。
「なんで?」と聞くので、「安いからだよ?」と教えておきました。そうじゃなきゃ誰も買わないんだよ?(とは言わなかったけど・笑)。
初めに20枚ほど作ったのですが、カードにないエンブレムを見かけると、「あれは何?」と聞くので、 結局追加して32枚作りました。
きっとユージンは、世の中を読み解く鍵をひとつ手に入れて、街が全然違って見えているんだと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村

妖精たちの素敵なパーティー

先週の土曜日、ユージンの幼なじみのAちゃんのバースデーパーティーに行きました。
開催場所は彼女の住むコンドミニアムのプールサイド。
パーティープランナーである彼女の母親Yさんがすべてアレンジしました。

わたしは口頭で招待されたので知らなかったのだけど、女の子は妖精、男の子は騎士のかっこうをすることになっていたらしい(汗)。
Yさんはいつも口頭で招待してもその後必ず招待状をメールで送ってくれるので、今年はうまく届かなかっただけかも・・・。
彼女のパーティーはいつも必ずテーマがあるので、事前に確認しなかったわたしも悪いんだけど。
だから、うちの息子たちは思いっきり普段着で行ってしまいました(笑)。すいません。
それにしても女の子って、こういうかっこうするの好きですよね。
みんな嬉々としてドレスを着てくる。
それに対して男の子は、「ママ、もうこれ脱いでもいい?遊ぶのに邪魔なんだけど!」って感じ(笑)。

テーブルセッティング。
party1.jpg

ネットの中に生きた蝶を放しました。(うちの子はこわがってやらなかった・笑。)
蝶は科学者の知り合いに頼んで手配したそうです。
party2.jpg

バースデーガール。
このドレスもYさんの手作りだそう。
party3.jpg

子供たちが集まって食事している様子は、まさに「妖精たちのお茶会」って感じでした(笑)。
おとぎ話の中にまぎれこんだよう。
大人たちは「かわいい!」「かわいい!」を連発していました。
party4.jpg

自由時間、ユージンは男の子たちとつるんで、ちょっと危ないところに登ったり、走り回ったり。
party5.jpg
↑こんなふうに。
普段外で遊ぶことはあまりできないし、こういうちょっと危険なことになるとすぐに尻込みするヤツなので (実際この時も初めはなかなか勇気が出なかった)、もっと擦り傷作って遊んでほしい!とわたしは思っています。
だから、今日はこんな姿が見られてちょっと感激。
一緒にうつっている赤いマントのMくんは、小さい頃よく遊んだけど最近はほとんど会っていなかったので (みんなナーサリーに通うようになり、習い事なんかも始めると、家が遠い子とはなかなか会えない)、 旧交を温めたようでよかった(笑)。
Mくんは今maxisのコマーシャルに出演しています(段ボール箱を車に見立てて「ウィーン」って運転するふりをしている子)。
しばらく会わないうちにすごく成長していてびっくり。出世したな?、Mくんよ(笑)!



本当に素敵なパーティーで、それを写真で伝えきれないのが残念です。
興味のある方は、Yさんに連絡を。↓
パッケージがあるようですが、相談によってアレンジ可だと思います。
日本人のパーティーもたくさん手掛けてきました。

Yee Send (女性)
Kids Party Planner
0123927898 (英語/中国語)
yeesend@gmail.com



帰宅したら、もうひとつのパーティーへ急いだのですが、その話はまた今度・・・

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村

息子たちの学校ごっこ

ユージンはよく弟にいろんなことを教えてくれます。
二人で自由に遊ばせていると、「学校ごっこ」のようなことをやっている場面をよく目にします。

今日は、ユージンが時計の読み方を教えていました。
おもちゃの時計の針を動かし、
「ライアン、これは何時?」
と聞いています。
「1時」
「2時」
とライアンの答える間隔から判断すると、多分短針だけ動かしているな(笑)。(おもちゃの ペラペラなやつなので、長針と短針が連動していないのです。)
まあ別にいいや、と思ってそのままにしておきました。

「これは何時?」
「よんじ」
・・・「よじ」です。

「これは何時?」
「きゅうじ」
・・・「くじ」です。

ここまでは、「ユージン、ちゃんと訂正してやってくれないかな」と思いつつほうっておきました。

「これは何時?」
「イレヴンじ」

そうきたか(笑)!
・・・ユージンのツッコミなし。
「『じゅういちじ』だよ!」
と我慢できなくなり笑いながら訂正。
そこはつっこんでほしかった!

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村

教え子からのメッセージ

塾講師時代、つらいこともあったけれど、楽しいこともいっぱいありました。
例えば、こんなこと。

中3英語の授業中。
Iくん 「先生、『ユートピア』って何?」
わたし 「桃源郷(とうげんきょう)。」
Iくん 「とーげんきょう?! それってぼうえんきょうそうがんきょう みたいなものですか?」
正解:桃源郷?俗世間を離れた別天地。理想郷。


ふふふっ。おかしいでしょ(笑)。



ちょっと前、ずっと音信のなかった教え子から連絡がありました。
当時中学生だった彼に、わたしは英語を教えていました。(注:上記の桃源郷の生徒ではありません)
かわいがっていた男の子で(ちなみにイケメンくん)、急にわたしの名前が頭に浮かんで、名前を検索して探し出してくれたそう。
それだけでも感涙モノなのに、「先生のおかげで英語が好きになった」そうで、今は英語をばりばり使って生活してる様子が垣間見られて、また大感激。

こういう時、つらいこともたくさんあったけど、塾講師をやっていてよかった!と思います。

さて、塾講師をしていると、こういうふうに8年も経ってから予期していなかった大きなボーナスをもらうことが時々あります。
生意気でいたずらばっかりしていた生徒が成人してから、「先生たちには本当に迷惑をかけたけれど、とても大切なことを 教えてもらったと感謝している」というようなことを言ってくれたり。「先生のおかげで人生が変わった」というようなことを 言われたり。
やっぱり、「感謝の気持ち」というのは大人にならないとなかなか持てないものなんでしょう。
こういう言葉を言えるようになったというのは、成長の証だと思います。

当時、小・中学生を教えていたので、数年経てばこういう「うれしいボーナス」をくれる子もいます。
でも、自分の子供は・・・?
もし将来こういううれしい言葉をくれるとしても、たっぷり15年ぐらいは待たなきゃいけないかな(笑)!

もちろんそういうことを期待して子育てをしているわけではない。
もし自分の家族として迎えて育てると決めたら、なんらかの見返りを求めずに育てるべきだとわたしは思っています。
以下は、友達が母の日に贈ってくれた言葉。
「母親という職業は、世界で一番給料が高い仕事である、なぜなら子供の愛はお金では買えないものだから」
・・・その通りです。
でも、でも、わたしも含め、多くの母親の叫びが聞こえてきそう。
「愛だけで食っていけるかー!」と(笑)。

塾講師時代は給料をもらっていたから、それでよし。
でも、母親は給料もない、昇進も有給休暇もない。
っていうか、病気になっても休めやしない。

だから、少なくとも1カ月に1回は、自分の好きなことをさせてもらいましょう。
エステやマッサージに行く、一人で買い物をする、など。
自分の状況や、自分を幸せにしてくれるものなどを考えて、今できることは何か考えて決めればいいのです。
もし罪悪感を感じてしまうのなら、
"I deserve it."
って唱えましょう。毎日頑張ってるんだから!
ママがニコニコ幸せでいることは、家族にとってもいいことだし。
うれしいボーナスは、頑張っていたらいつかもらえるかもしれないし、 もらえないかもしれないけど。

日々少しずつガス抜きして、のんびり行きましょう。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村
趣味の動画
わたしの好きな音楽を中心にお気に入りを紹介。ぜひ聞いていってね♡
David Archuleta & Nathan Pacheco
"The Prayer"

クリスマスにはやっぱりDavid Archuleta。美しい歌声・・・。
おすすめの本
過去の記事で紹介しているものですが、こちらでも紹介します☆
フォニックスを教える時によく参考にしていました。
関連記事:子供に自分でフォニックスを教える(1)フォニックスとは


小学校低学年の英語読書。初めて読むチャプターブックとして最適。
関連記事:小学校低学年の英語読書〜「マジック・ツリーハウス」


プロフィール

モカきりん

Author:モカきりん
モカきりん:アメリカ留学中に中国系マレーシア人の現在のダンナと出会う。大学卒業後に渡馬、結婚。日系の塾で小学生と中学生に英語・国語を教える。7年塾講師として働き退職。その後2人の息子を出産して現在は専業主婦。

長男ユージン:2004年生まれ。明るく元気で、遊ぶことが大好き。やっている習い事はピアノ。第一言語は日本語、英語も文法的にはかなりブロークンだが話せるし理解できる。おばあちゃんとは中国語で会話、マレーシア語も学校で勉強中だったが、なぜか今年度は学校の方針でフランス語をやっている。2011年1月にインターナショナルスクールに入学、現在中学2年生。


次男ライアン:2008年生まれ。習い事はピアノ。とても人懐っこく誰にでも笑顔をふりまく。2014年1月にお兄ちゃんと同じ小学校に入学、現在小学校4年生。


ダンナ:中国系マレーシア人。日本語が流暢で時々日本人に間違えられる。優しく子供とたくさん触れ合ってくれるいいパパ。

おススメサイト
無料なのにスゴク使える!おススメサイト
<教育関連>
英語本
登録すると、オンライン英語図書館「タンブルブックス」にアクセスできます。
Starfall(英語)
フォニックスを学ぶならここ!
We Give Books(英語)
オンライン図書館。朗読はついていないので自分で読まなければなりませんが、無料で図書館に行く必要がないのは助かります。
学力は全米トップ0.1% 秘訣は幼児期の教育
子育てバイブル。
Colouring Book of Flags(英語)
国旗塗り絵がダウンロードできます。
おりがみくらぶ
折り紙といえばココ。折り方のアニメーションもあり、難易度も一目瞭然で使い勝手抜群。英語、中国語版など外国語7言語のサイトともリンクしているので、外国人の友達とリンクをシェアできるのもうれしい。
無料e童話
数は少ないのですが、無料で絵本が読めます。
英語のおとぎ話ビデオ(YouTube) You TubeのStoryというチャンネルで、10数分の英語のおとぎ話のビデオが見られます。英語字幕をつける設定にもできます。
バイリンガール英会話 Chika's English Lesson(YouTube)
バイリンガルの吉田ちかさんのYou Tubeチャンネル。わたしの勉強のために見ていますが、内容によっては子どもにも見せたりします。明るくてかわいいちかさんの動画は見るだけでも楽しい!

ピアノ初心者のための音符の読み方
自分で子どもにピアノを教えている、またはピアノ教室に通わせているけれど家での練習を見ている、という親にとって、とても参考になるサイトです。単にピアノを教えるということだけでなく、子育てという広い観点からピアノの練習をとらえていることが素晴らしいと思います。

Storyline Online(英語)
俳優さんたちが英語の絵本の読み聞かせをするビデオがたくさんあります。

<マレーシアで利用できる音楽ストリーミングサービス>
音楽ラバーにはもちろんうれしいサービス、実は子育てにもめちゃくちゃ使えます!(無料で使えないものもあります)
KKBOX Malaysia
Spotify
Deezer
おススメ記事
当ブログ内のおススメ記事です。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR