ホーム   »  2011年06月
rainbow.jpg
Archive | 2011年06月

わたしが子供を日本人学校に入れない理由

先日、夕食後に
「マンゴー切ったからおいで~。
と言ったら、長男ユージンがピューッと走ってきて、
「はい、おいだ~。
と言ったのでびっくりした(笑)。
「来て」と言ったら「来た」だし、「見て」と言ったら「見た」だし、「おいで」と言ったら「おいだ」か~(笑)。自分でルールを見つけて、そのルールにのっとって活用させてるのだね。言うまでもなく間違っているのだけど。



うちの子たちは4カ国語に囲まれているけれど、基本日本語と英語のバイリンガル教育。
おおまかに分けると、外では英語で、うちでは日本語。
日本語は会話の中だけで学ぶだけでは不十分なので、チャレンジをしたり、日記を書かせたり、本を読んだりしている。
ユージンは、平日の帰宅後、30分ぐらいチャレンジに時間を費やす。
2年生講座が始まったばかりの時、いきなり漢字が難しくなってびっくりした。
まず数が一気に多くなった。1年生で勉強するのは80字、2年生は160字。
そして、画数が多い漢字がぐんと増えた。
さらに、1年生のうちは「山」とか「川」とか具体物があるので非常に分かりやすい漢字が多かったけれど、2年生になると「遠い」とか「弱い」とか抽象的なものを表す漢字が入ってくる。
実は以前漢字を教えていた時、これがネックになった。ユージンが3歳の時に1年生の漢字の読み(ほとんどは訓読み)を教えたら、1ヶ月ぐらいで全部読めるようになった。続けて2年生の漢字を教え始めたら、しばらくして挫折した。その漢字が指すものが分からなくて、全然覚えられないのだ。
さすがに今は6歳なので抽象物の意味はほとんど分かるけど、2年生が始まって難しい漢字が出てきた時に、彼は投げ出しそうになった。
ヤバい、ここで投げ出したらこの先漢字嫌いになる、と思って、ごまかしたり(笑)、楽しんで覚えられる工夫をして何とか乗り切った。今は難しいものも頑張って練習している。

一方、学校の宿題(当然英語)で、時々簡単なレポートのようなものをまとめなければいけない時がある。
ユージンの英語は現時点でかなりブロークンでまともな文を構築できないので、わたしが一緒に考える。
すると、わたしが単語さえ言えば、彼はスラスラ~と書けることに気づいた。スペルもほとんど間違っていない。

そうか、英語って文字はアルファベットと数種類の記号しか使わないから、新しい文字を覚えなくていいんだ・・・!
それに、彼には3歳の時に一通りフォニックスのルールを教えたので、彼にとってほとんどの単語は理に適ったスペルであり、わざわざ「スペルを覚える」ということをしなくても、書いてある通りに読めば読めるし、聞いた通りに書けば綴りが分かるんだ・・・!


考えてみれば当たり前のことだけど、その時その事実はガーンとわたしの頭を打った。
ってことは、この先ユージンは、英語に関しては、新しい単語(スペルではなく、意味)と文法を学んでいけばいいだけになるってことだね。
ってことは、日本人学校に入れてしまって日本語を学校でやらせ、家では独学で英語をやらせる方がずっと楽だったのじゃないかね?日本人学校に入れるべきだったか?と一瞬思った。

もちろんユージンが日本人学校に行きたきゃ行けます。うちは日本人会に入っていないので入らなきゃ行けないけど、それさえすれば入学できる。
実際、日本人学校の学費はそこらのインターよりもず~~っと安い。(←魅力的・・・)
わたしは日本人学校の中に入って実際に見たことがないのではっきりしたことは分からないのだけど、いいことばかり聞く。
みんな仲がよくていじめなんてない。きめ細かい対等をしてくれる。などなど。
わたしが塾講師をやっていた当時、ほとんどの生徒は日本人学校の生徒だったのだけど、みんな学校が大好きだった。「マレーシアが大好きで、また帰ってきたい」という子もいっぱいいたけれど、それはひとえに学校やまわりの人たちがよかったから、マレーシア滞在全体が輝いて見えたんだろう。
そんないいこと尽くめなら、なぜ日本人学校に入れないのか?
ユージンは家庭で日本語、日本のものも大好き、それで日本人学校に行ったら、きっと100%日本人になってしまうだろうから。
うちの子たちはマレーシア人であり日本人であるのだから、両方のアイデンティティを持ってほしいと思っているのだ。
これがわたしたちが日本に滞在しているとなるとまた事情は違ってくるのだけど、彼らはマレーシアで生まれマレーシアで育ったマレーシア人。大人になってからどこで暮らしたいかは彼らの自由だけど、とりあえず高校まではマレーシアで暮らすことになるだろう。そんな状況で、ずっと「アウトサイダー」として生活するのはちょっとかわいそうだという気がする。
それに、よ~く考えてみたら、わたしにちゃんと英語が教えられるかね(笑)?
日本人としては日本語、マレーシア人としては英語を身につけてほしいんだけど、言葉は文化。英語で教えるマレーシアの文化ってなんじゃらほい?「ネバーマインら~」とか(笑)?
もし多言語習得が無理なら、すべてできるけど全部中途半端ということにならないように、一カ国語だけでもいいと思っている。そして、わたしが責任を持って教える(学ぶことをサポートする)ことができるのって、日本語だけだ。

じゃあ、結局今のがベストの選択なんだろうな~、やっぱり。
地道に漢字の勉強を頑張らせます・・・。



「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

スポンサーサイト

中国系とインド系の結婚式

もう一ヶ月ほど前のことになりますが、ダンナのいとこ(もちろんチャイニーズ)がインド系マレーシア人の女性と結婚しました。
マレーシアって比較的それぞれの民族に分かれていて、同じ民族同士の結婚が圧倒的に多いように感じます。マレー系は100%イスラム教徒で、イスラム教徒と結婚したければイスラム教に改宗しなければいけないということが異民族間の結婚を阻んでいるのかな。それから、、マレー系と中国系とインド系ってあまりにも文化や食べ物が違うので、やっぱり同じ文化の中で育った人に親しみを感じやすいのでしょう。
別に宗教的な問題はなくても、なぜか「わたしはインド人が嫌いだ!結婚相手は中国系のみ!」とか勝手に家のルールを決めているようなうちもあると聞きます。だからといって子供が絶対にそれを守るとは限らないんだけどね。
もちろん異民族間の結婚もあって、そういうカップルもたくさん知っています。でもやっぱり全体から見れば、少数派。

いとこもその少数派の一組。前々からインド系の彼女がいると聞いていたんだけど、まさか結婚まで行くとは。でも両家とも、全然偏見なく、相手を受け入れたそうです。いい話ですね。(ホロリ)
二人の結婚式にわたしたち家族も参加しました。
チャイニーズの伝統にのっとって、朝はティーセレモニーという儀式をやりました。
これは、結婚したカップルが一族の人にお茶を渡し、アンパオ(お金)をもらい、一言言葉をかけてもらうものです。

wedding1.jpg
写真がぶれていますが、花嫁さんが手に持っている赤いご祝儀袋がアンパオ袋。
大人は彼らにアンパオ を渡すのですが、子供たちは彼らからアンパオをもらいました。

その後、彼らの新居に行って、寝室のベッドの上で子供たちがジャンプしまくり!
wedding2.jpg
こうすると、子宝に恵まれるそうですよ~(笑)。

そして夜はホテルでの披露宴。
食事は中華料理でしたが、少しインド系のスナックも出されたり、インド系の花嫁さんに「中国語クイズ!今から言う中国語はどういう意味でしょう?」なんていう余興もあったり、普通とはちょっと違う披露宴でした。

おっさん顔のいとこ(ごめん)とすらりとした美人のインド系の彼女・・・。
知らずに見たら、全く接点がないようにしか見えません。でも、両方ともほとんど一目惚れだったんだってさ(笑)。
末永くお幸せに!



「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

子連れ香港旅行(最終回)旅行を子供の学習にいかす方法

予告通り、最終回の今回は、この旅行を通してどうやって子供に学ばせたか、ということについて書きます。
前にも書いたけど、この旅行はわたしたち家族にとって4年ぶりのマレーシア脱出。とにかく楽しみたい!と思っていました。
だけどせっかく金出して行くんだから、子供はちょっとは学習せいよ、コラ!とか思っていたわけではなく(笑)、ただ連れて行かれてディズニーランドとか行けばそりゃあ楽しいだろうけど、もっともっと子供が楽しむにはどうしたらいいのだろう?と思って、いくつかの取り組みをすることにしました。

■予習■

まず基本的なことですが、世界地図で香港の位置を確認し、以前覚えたけれど、もう一度区旗を確認しました。
香港での公用語、通貨なども確認。
それから、ダンナが以前出張で香港に行った時に空港でもらった、「家族連れのための香港ガイド」(英語)というようなガイドブックがあったので、それを長男ユージンにポンと渡して、勝手に読んでもらいました。
すると彼は毎日ページをめくっては、「オーシャンパークがあるよ!ナイナイ(おばあちゃん)、ここおもしろそうだねえ!」などと楽しみにするようになりました。
それから、「お知らせ」という記事の中で書きましたが、空港に行った時に、いろんな航空会社の飛行機が分かると面白いと思い、マレーシア国際空港でよく見られると思うフラッグキャリア・エアラインのロゴを教えました。

airline.jpg

航空会社の名前にはたいてい"Singapore Airlines"のように国名が入っているのですが、"Qantas Airways"には入っていないので、分かりにくいようでした。わたしが、
「これはオーストラリアの航空会社だよ。」
と教えると、ユージンはこのロゴをじっと見つめ、
「そうか、オーストラリアだからカンガルーか・・・!」
と気づいたようでした(笑)。
それから、次男ライアンが、
「ママ、オーストラリアにイギリス入ってるよ。」
と言いました。(国旗のことを言っています。)
ナイスつっこみ~!ちょうど教えようと思っていたのです。香港が昔イギリスの植民地だったこと、その頃の区旗にはイギリスの国旗が入っていたこと。(これをブルー・エンサインと呼ぶそうです。)なので、このことと絡めて、実際に昔の香港区旗を見せたりしながら話をしました。

それから、飛行機に乗るのでちょうどいいや、と日本映画「ハッピー・フライト」を一緒に見ました。

綾瀬はるかちゃんと田辺誠一さん主演(二人の絡みはないけど。)
映画としてはかなり早い段階でその先の展開が分かってしまうので、まあまあです(笑)。でも適度に笑いもあり、子供と一緒に安心して見られるし、何と言っても飛行機の仕組みや、飛行機に関わっている多くの人たちが力を合わせているからこそちゃんと飛行機が飛ぶんだということがよく分かるので、フライト前に子供さんに見せるのにとってもいいと思います。

■旅行中の気づき■

映画を見た事で飛行機の仕組みが少し分かったユージン。機体をジロジロ観察して、「この飛行機にはエンジンが2つあるね。」などといいつつ飛行機に乗り込み、窓際の席に座りました。
ちょうど翼の見える席でした。しばらく外をながめていた彼は、涼しい顔で、
「この飛行機のエンジンは、ロールスロイスだね。」
と言いました。
はあ?ロールスロイス?って車のメーカーじゃん?と思ってわたしもひょいっとのぞいて見ると、
engine.jpg
本当だ!(ロールスロイスは飛行機のエンジンも造っているそうです)
以前「車のロゴ」っていう記事にも書きましたが、車が大好きな息子たちに、マレーシアでよく見られる主な車のロゴを教えたことがあるのです。好きなことなので、よ~く覚えてるんですよ。

香港に到着。街を歩くと、いっぱいバスが走っているのが見えます。
bus.jpg
それをじろじろ見ていたユージンはつぶやきました。
「香港のバスって、イギリスのバスみたいだね。」
確かに、2階建てのバスばっかり。
その時、ユージンははっと気づいたように言いました。
「そうか、昔イギリスだったからか・・・!」
なるほど~。それが本当にイギリスの影響なのか知らないけれど、彼の中で点と点がつながった瞬間を見ました(笑)!横に吹き出しをつけて「ユリイカ!」とか書きたいくらい(笑)。

それから現地では、移動するたびに地図を開いて、どこからどこに向かっているか確認しながら行きました。

■復習■
帰ってきてからも、旅行をネタに日々いろんなことをしています。
気に入った写真をプリントアウトしてあげて、スクラップを作らせました。
マダム・タッソーろう人形館で見た人の話などを読んであげました。

なんといっても一番の変化は、ものすごーく飛行機に興味を持つようになったことです。だから、飛行機に関していろんなことを調べたりしています。
グーグルアースでいろんな空港の写真を見ました。
「飛行機で、『ホーチミン』の上を飛んでいるってアナウンスがあった時に下を見たら、街が見えたよ。」とユージンが言うので、地図でマレーシアと香港を結んでベトナムの上を飛ぶことを確認しました。
「初めて飛行機を飛ばした人ってどんな人だろうね?」などと話をして、想像力をふくらませてから、ライト兄弟の話を読んであげました。
それから、キムタク主演のドラマ「Good Luck!」を見ました。(キムタクは新米副操縦士を演じています)

そしてユージンは、このドラマにちょ~~ハマってしまいました(笑)。
自分もパイロットになったつもりなのか、「今日ボクはイタリアに飛行機を操縦して行く」とか言います。
「パイロットになりたいの?」と聞くと、「ボクはもうパイロットだ」とか言います(笑)。はいはい、想像の中ではなんでも自由なのね。
うちと結構親しくしている近所の人で、某航空会社でかなり大きい旅客機を操縦している本物のパイロットのおじさんがいます。
ダンナがそのお宅に用事があってお邪魔する時、ユージンに一緒に行ってこい、とついていかせました。
彼はあまり慣れてない人だととてもシャイになってしまうことがあり、その時もあまりお話できなかったみたいなのですが、少し飛行機の話を聞いたり、そこの8歳の男の子と仲良くなってその後も遊びに行ったりしています。



まだまだここから展開させていろんなことをやろうと計画中です。
もしかしたらわたしがやっていることを大変そう!と思う方がいるかもしれません。
でも、すごく楽しいんです。わたしは子供時代を子供と一緒に追体験しているんですよ。
今、彼が知りたいことはなんだろう?興味をかきたてるのはなんだろう?って考えます。子供の視点にたって考えていると、子供の時と同じように、「うわ~、すげ~!」と思う瞬間があるとき突然きたりするんですよ。
わたしの教え子で飛行機を造る会社で働いている子がいるんだけど、息子が飛行機好きだって言うと、「少年が飛行機でテンションあがるの、分かりますよ~」と言いました。そうか、男にとって飛行機ってそういうものなのね・・・。
でもわたしははっきり言って、今も昔も飛行機になんて全然興味はありません。
それでも、息子の気持ちに寄り添っていろいろ調べているうちに、何かを知ってこの「うわ~、すげ~!」っていう瞬間が来ます。今まで感じたことがないことだから、追体験というよりは初体験です(笑)。

別に息子にパイロットになって欲しいと思っているわけでは全然なく(職業なんて彼が選ぶんだもの)、ただ何かに興味を持って目をキラキラさせる息子を見るのがうれしい。そして、点と点がつながって、「そうか!」という発見をした時の表情を見るのもうれしい。それで自然にそうしているだけです。

まだ3歳のライアンには分からないこともいろいろあるだろうけど、わたしとユージンの会話を横で聞いています。
ユージンが2歳半の時、彼をスペインのバルセロナに連れて行きました。旅行後もしつこく写真を見せながら話をしたりしているので、ガウディの建築を見せたりすると、「あ、ボクこれスペインで見たことがある」とか言うようになりました(笑)。
本当の旅行時の記憶なのか、後で写真を見ながらつくられた記憶なのか分からないけれど、こうやって語りかけることによって、今3歳のライアンも、何かを学んでいっていることと思います。



「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

子連れ香港旅行(6)その他いろいろ写真放出

とぎれとぎれですいません、今回を含めて後2回です。
残りの写真いろいろお見せしつつ、ちょこちょことご紹介します。

まず、Horizon Plazaというところに行きました。
もともとは家具屋さんのアウトレットショップみたいなところだったようなのですが、今は洋服屋さんなどもたくさん入っています。
それが、見た感じ全くふつ~~のオフィスビルという、ちょっと変わった感じのところです。
ここの最上階に、Treeという、素敵な木の家具屋さんがあります。

hk13.jpg

hk14.jpg

でももちろん海外で家具を買って持って帰ろうなんて思っていないので、この店に入ったのは別の目的でした。
ここにはカフェが併設されているのです。
もう疲れたし子供もお腹をすかせてるからどこでもいいから入ろうよ、という感じで特に期待せずに入ったのに、思いがけず素敵なところでした。

hk11.jpg

ケーキもおいしかったし、とってもチャイルドフレンドリー。
子供はミニカップケーキとベイビーチーノが無料でもらえるんですよ!
(下の写真のケーキは買ったケーキで、子供用のミニケーキはもっと小さいです。飲み物は、ベイビーチーノ。)

hk12.jpg

カフェの横には子供のプレイスペースもあったし、素敵なベイビールームもありました。(サイズは揃っていなかったけれど、おむつやウェットティッシュまでありましたよ。)
このHorizon Plazaはブランドもののアウトレットショップが多くて、激安ではないと思いますが、ブランドものが好きな方はいろいろ掘り出し物が見つかるかも。

Horizon Plaza
2 Lee Wing St., Ap Lei Chau



それから、食べ物のことなど少し。
マレーシアではかなり香港と同じような食べ物が食べられるので、そんなに期待はしてませんでした。
「香港でおいしいものと言えば和食」という意見も多いみたいだし(笑)。
まあ結論から言うと、香港の方がおいしいものもあったし、マレーシアの方がおいしいものもあったかな。

hk15.jpg

The peakのMak's Noodleという店で食べたワンタンヌードル。
これはおいしかった!
寒かったので、温かいスープが体に沁みたよ~(笑)。
ただ、なぜワンタンを下に隠すんだろうね(笑)?

hk16.jpg

九龍のレストランで食べた飲茶。
マレーシアでも時々飲茶を食べに行くんですが、全体的に言うとわたしはマレーシアの飲茶の方が好きです。
シューマイとかハーガオ(エビを薄皮で包んだ蒸し物)はとてもおいしかったです。
香港の方があっさり、マレーシアの方がこってり、味がしっかり。
味が濃いのが 好きというわけではないんだけど、香港は米粉で作られているものの粘りがものすごかった!お粥なんて糊かと思うくらい(笑)。蒸し物を包んでいる薄皮もすごくもっちりしていました。そのへんは、マレーシアの粘りが少ないもののほうが好きです。
でももちろん一軒のレストランですべてを判断はできませんね。もっともっとおいしいところはあるのでしょう。

そうそう、香港では結構どこでもメニューに「ベイビーチーノ」が入っていて、マレーシアに帰ってからも長男が「ベイビーチーノ飲みたいよう。」とかいうようになってしまいました(笑)。

hk19.jpg

これはマックカフェのカプチーノとベイビーチーノ。

hk18.jpg

マックカフェってマレーシアにもあるって聞いたけれど、わたしは見た事ないな・・・。
こういうメニューなら、時々行ってもいいかもって思います。

そして最後に、香港と言えばSASAというコスメストアが有名ですね。
マレーシアにもたくさんあるんだけど、わたしは「SASAにはあんまりいいものがない」という印象を持っていて、あまり行きません。
でもやっぱり香港の方が店舗面積も広く品揃えがいい!そして安い!
いろいろ買っちゃいました。
そして、香港在住の人によると、こっちのBONJOURというチェーン店の方が全体的に安いということでした。
値段の違いは分からないけれど、ここも品揃えがよくマレーシアに比べると信じられないくらい安いので、いろいろ買いました。

hk17.jpg

買い物については本当に心残りです。
全然思いっきり買い物ができなかった・・・。
原因は子連れだったことと、わたし+義妹、義母、ダンナのみたい店がそれぞれ違うので、人が見ている間ストップしていると時間を食うということです。それに、行きたいところがありすぎ、時間がなさすぎた!
一番心残りなのは、ある夜、最大級のショッピングモール・Harbour Cityに夕飯を食べに行って、その後あまりにも疲れて眠かったので何も見ずに帰ってしまったこと。後日改めて行こうと思ったら、時間がなかった・・・。
また買い物しに行きたいわ。



次回が最終回です。
はっきり言うとこれまでのところは、誰でも書けるようなふつ~の旅行記ですが(ただ写真のせて解説書くだけ)、次回は教育ママのわたしにしか書けない(?)、「この旅行をどうやって子供の学習に利用したか?」です。乞うご期待。



「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

マラソンによる道路封鎖情報

日曜日に行われるマラソンのために、封鎖される道路があるようです。
以下はそのリスト。
金曜日の今日から封鎖されるところもあるようですね。
渋滞に巻き込まれないようにご注意ください。
出かけないのが一番かな・・・(笑)。

(右のサイドバーに隠れて表の一部が見えませんが、表の上でクリックすると別ウィンドウで開きます。)



「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif







256865_218641344833515_103970639633920_692553_7912872_o.jpg

ドライバーのみなさん気をつけて! その2

以前、「ドライバーのみなさん気をつけて!強盗現場の衝撃ビデオ」という記事を書いたのですが、ここ2週間ぐらいのうちに、知人の女性2人が同じ被害に遭いました。
「こういう犯罪がある」という話だけじゃなくて、知っている人が何人も被害に遭っているのって、犯罪がすぐそこまで迫っている感じがして怖いよね~。
わたしはその被害に遭った友達に、「助手席に荷物置いたんでしょ?」って聞いたら、
「違う、助手席の床に置いてたのよ!」
と言われました。
え~~っ、床に置いたらまず大丈夫だと思ったのに!それはちょっとショックです。

その話を友達としていたら、友達がおもしろいことを教えてくれました。
彼女は最近警察の人と話す機会があったそうなんだけど、そういう犯罪が頻発しているので、被害に遭わないようにするためにはどうしたらいいでしょうか?と聞いたんだそうです。
すると警察の人は、一言。

「走り続けろ」

いや、信号があるんですが(笑)。
まあこれは場合によっては真実で、夜遅い時間などで周りに車がほとんどない場合、信号待ちなんてせずに走ってしまった場合はあります。でもいくらなんでも昼間、周りに車だらけの場所では無理だろう!全然役に立たないアドバイス!

で、ダンナや友達と話して警察よりは役に立つ案がいろいろ出たので、書きたいと思います。

・窓にセキュリテリィティント(保護フィルム)を貼る。これが本当に大事!
・かばんは助手席の上や床に置かない。
 わたしは座席の下に押し込めて、出た部分の上に黒い布をかぶせています。
 ほかには、後ろの床(これもなるべく外から見えないように)、小さい鞄なら自分の足下でもいいでしょう(運転の邪魔にならないように)。
・何かあった時のために、ケータイや財布はあらかじめ鞄から出しておく。
・車をこれから選ぶのなら、車高が高いものを選ぶ。(バイクから手を伸ばしにくい。)

そんなところでしょうか。
何度もしつこく書いてすいませんが、こういうことに気をつけるだけでずいぶん違うと思うので。
お互いに気をつけましょう。



「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

子連れ香港旅行(5)オーシャンパーク

え、まだ香港旅行記終わってなかったの?って思われるかもしれないけど、これを含めて 後2~3回ほどあります・・・。
ところで、今、某有名掲示板に「新婚旅行に夫の友達がついてくると言っているが、これはマレーシアでは普通なのか?!」という スレッドがあって、それを読んでわたしはびっくりしちゃいましたよー。
みなさんの返答は、「普通です」「マレーシア人はすぐに他人に便乗します」「義母が勝手に下着を使います」とかいう 傾向のものが多かった。そうなのかー!
うちは義母が勝手に部屋に入ってくるなんてあり得ないし、旅行についていきたいと家族や親戚・友達に言われたこともない。 今回の旅行に義母と義妹をつれていったけど、いつも留守番をお願いして申し訳ないと思っていたので、 わたしたちから誘ったのだ。でも、来てもらって本当に助かった(笑)。荷物持ちとか子供の相手とかしてくれたから。



今回は、香港在住だった友達おススメの、テーマパーク「オーシャンパーク」。
hk1.jpg

ジャイアントパンダもいるし、
hk2.jpg

レッサーパンダもいるし、
hk9.jpg

水族館も、
hk3.jpg

いるかやオットセイのショーもいいけれど、
hk4.jpg

特筆すべきは、このケーブルカー!
hk5.jpg

hk6.jpg

普通ケーブルカーなんて、ちょっと山を登って行くだけでしょ。
でもここのは、山の周りをぐるっとまわって、かな~り長い間乗っていられるのです。その間、眼下に広がる すばらしい景色と爽やかな風を楽しみました。
hk7.jpg

勢いでパンダとレッサーパンダのキャップを買ってあげてしまった義母、そしてパンダのままで香港の街を闊歩した 息子たち(笑)。
hk8.jpg

コンクリートジャングルで途方に暮れるレッサーパンダ(笑)。
hk10.jpg



「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

6歳長男がハマっている英語の曲

以前、「セクシーの定義2」でちょっと書きましたが、 なんだか長男ユージンの学校の体育の先生がどうやらBruno Marsのファンみたいです(笑)。 (だからといって授業中に生徒に見せるのはどうなのか?・笑)
それで、知らないうちにユージンがBruno Marsの歌を口ずさんだり、YouTubeで彼のビデオを見せろと要求するようになりました。 この間まで童謡を聞いて喜んでいたくせに(笑)!
でもわざわざ聞こうとしなくても、マレーシアでは彼の歌がすごく流行っているので、どこででも耳にします。
ダンナも好きだし、わたしも結構好きな曲があるので、家族で大合唱したり(笑)。

いろいろいい曲があるけど、わたしはこれが一番好きかな。

あまりにもひねりがない直球の歌詞だけど、こんなこと言われたら素直にうれしいよね~。
と書いたところで、、このビデオに出てくるような美女でなければ「キミは今のままで完璧だから 変わらなくていい」なんて言われないわよね、とちょっとシュンとした(笑)。



「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

趣味の動画
わたしの好きな音楽を中心にお気に入りを紹介。ぜひ聞いていってね♡
David Archuleta & Nathan Pacheco
"The Prayer"

クリスマスにはやっぱりDavid Archuleta。美しい歌声・・・。
おすすめの本
過去の記事で紹介しているものですが、こちらでも紹介します☆
フォニックスを教える時によく参考にしていました。
関連記事:子供に自分でフォニックスを教える(1)フォニックスとは


小学校低学年の英語読書。初めて読むチャプターブックとして最適。
関連記事:小学校低学年の英語読書〜「マジック・ツリーハウス」


プロフィール

モカきりん

Author:モカきりん
モカきりん:アメリカ留学中に中国系マレーシア人の現在のダンナと出会う。大学卒業後に渡馬、結婚。日系の塾で小学生と中学生に英語・国語を教える。7年塾講師として働き退職。その後2人の息子を出産して現在は専業主婦。

長男ユージン:2004年生まれ。明るく元気で、遊ぶことが大好き。やっている習い事はピアノ。第一言語は日本語、英語も文法的にはかなりブロークンだが話せるし理解できる。おばあちゃんとは中国語で会話、マレーシア語も学校で勉強中だったが、なぜか今年度は学校の方針でフランス語をやっている。2011年1月にインターナショナルスクールに入学、現在中学2年生。


次男ライアン:2008年生まれ。習い事はピアノ。とても人懐っこく誰にでも笑顔をふりまく。2014年1月にお兄ちゃんと同じ小学校に入学、現在小学校4年生。


ダンナ:中国系マレーシア人。日本語が流暢で時々日本人に間違えられる。優しく子供とたくさん触れ合ってくれるいいパパ。

おススメサイト
無料なのにスゴク使える!おススメサイト
<教育関連>
英語本
登録すると、オンライン英語図書館「タンブルブックス」にアクセスできます。
Starfall(英語)
フォニックスを学ぶならここ!
We Give Books(英語)
オンライン図書館。朗読はついていないので自分で読まなければなりませんが、無料で図書館に行く必要がないのは助かります。
学力は全米トップ0.1% 秘訣は幼児期の教育
子育てバイブル。
Colouring Book of Flags(英語)
国旗塗り絵がダウンロードできます。
おりがみくらぶ
折り紙といえばココ。折り方のアニメーションもあり、難易度も一目瞭然で使い勝手抜群。英語、中国語版など外国語7言語のサイトともリンクしているので、外国人の友達とリンクをシェアできるのもうれしい。
無料e童話
数は少ないのですが、無料で絵本が読めます。
英語のおとぎ話ビデオ(YouTube) You TubeのStoryというチャンネルで、10数分の英語のおとぎ話のビデオが見られます。英語字幕をつける設定にもできます。
バイリンガール英会話 Chika's English Lesson(YouTube)
バイリンガルの吉田ちかさんのYou Tubeチャンネル。わたしの勉強のために見ていますが、内容によっては子どもにも見せたりします。明るくてかわいいちかさんの動画は見るだけでも楽しい!

ピアノ初心者のための音符の読み方
自分で子どもにピアノを教えている、またはピアノ教室に通わせているけれど家での練習を見ている、という親にとって、とても参考になるサイトです。単にピアノを教えるということだけでなく、子育てという広い観点からピアノの練習をとらえていることが素晴らしいと思います。

Storyline Online(英語)
俳優さんたちが英語の絵本の読み聞かせをするビデオがたくさんあります。

<マレーシアで利用できる音楽ストリーミングサービス>
音楽ラバーにはもちろんうれしいサービス、実は子育てにもめちゃくちゃ使えます!(無料で使えないものもあります)
KKBOX Malaysia
Spotify
Deezer
おススメ記事
当ブログ内のおススメ記事です。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR