ホーム   »  2011年08月
rainbow.jpg
Archive | 2011年08月

これがマレーシア国歌

今日はマレーシアの独立記念日。
ハリラヤの2日めと重なるので、明日は振替え休日です。

マレーシアの子供たちの間で最近ホット(笑)な歌は、このマレーシア国歌、Negaraku。
この時期は学校でよく歌わされるので、3歳の次男までしっかり歌詞を覚えていて、よく歌っています。
ちなみに、Negarakuとは、「我が国」という意味。
聞いたことがある人もない人も、マレーシアのきれいな映像と共に、この歌をどうぞ~。




「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

スポンサーサイト

擬音語・擬態語って難しい

最近次男ライアンが独創的な擬音語・擬態語を言うようになりました。

その1
包丁で野菜をトントンと切っていると、
ライアン「スカスカって音がするね。」
わたし「うん、野菜をトントンって切ってるんだよ。」(←さりげなく訂正)
ライアン「違う!『スカスカ』!」

その2
マラカスをシャカシャカ鳴らして、
ライアン「ブチャブチャって音がするね。」
わたし「うん、シャカシャカっていってるね。」(←やはりさりげなく訂正)
ライアン「違う!『ブチャブチャ』!」

う~~ん。独創的だけどうまい表現を読むと、
「なるほど~、確かに○○って感じだ!うまいなあ。」
と感心するけれど、あまりに独創的すぎて理解してもらえないのは困るなあ・・・(笑)。
かといって、本人の感受性を大事にしてあげたいので、「それは間違っている」とは言いたくないし。
こういう擬態語・擬音語ってネイティヴじゃないとなかなか身に付かないのよね。勉強しようと思うと難しい。だからこそ日常生活の中でなるべく言うように心がけています。
「ちょうちょがヒラヒラ飛んでいるね」とか、「風がそよそよ吹いているね」、「これくらいの強さだと、『風がビュービュー吹いている』って言うかな~」とかね。
それから、本にもたくさん読むことでも身に付いていくと思います。


ほとんどが擬音語・擬態語でつづられる、谷川俊太郎さんによる赤ちゃん絵本・「まり」。
まりが「ころん」「ぽんぽんぽん」とかね。
うちの二人はこの本がお気に入りで、暗記するくらい読まされました。


擬音語・擬態語が効果的に使われていると思うのが、この絵本。「トマトさん」。
ライアンのお気に入りです。
水の様子も「とっぷん」と「どっぷん」では少し違う。うまいなあ、と思う表現があふれています。
それから、ジリジリと暑い夏の様子がよく出ていて、これさえ読めば「トマトは夏が旬!」ってすぐに覚えちゃいそう。

あと、友達の娘さんが読んでいたこちらの本。

「かわいい、うれしい、あつい、うすいなど、ものの性質や様子を表す言葉、にっこり、ゆったり、べたべたなど、動きを表す言葉、ばりばり、こそこそなど音や声をまねた言葉、全部で700語を学ぶ。〈しかけ付き〉」とのこと。
少しのぞかせてもらったら、なかなかおもしろそうでした。

まあ、そうやって会話や読書を通して、一般的に使われている擬音語・擬態語は少しずつ身に付いていく・・・と思います。



その3
わたしがりんごを食べている時に、
わたし「ママの頭に耳をあててごらん、どんな音が聞こえる?」(←最近はどんな独創的な表現をしてくれるかちょっと楽しみにしている)
ライアン「シパシパ。」
う~~ん、そうきたか。
普通なら「しゃくしゃく」とか言うところかな?
でも彼にはシパシパと聞こえるんだろうね(笑)。




「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

子供が小学生になった今、早期教育について思うこと

子供が0歳の頃からよく集まっては子供同士を遊ばせていたマレーシア人の友達とは最近あまり会えません。やっぱり子供が小学生になると平日のスケジュールがキツくなるからね。
だから、最近は子供たちを遊ばせるためではなく、母親がおしゃべりを楽しむために子供たちが学校に行っている間に会うことが多くなりました。といってもみんなそれぞれ多忙なので(ほとんどは仕事をしている)、めったに会えないんだけど。
この間久しぶりに会って話をしていたら、思うことがあったのでちょっと書きたいと思います。

ほとんどの友達の第一子がわたしの長男ユージンと同じ年か、その前後。ほとんどは現在小学校1年生。(ユージンは今年入学したのだけど現在2年生。その経緯は、小学校入学から3カ月、長男いきなり2年生になるに書きました。)
で、「英語を読む力」について話していたら、ユージンとCさんのところの娘は全く問題なし。だけどDさんとEさんのところの子供は「未だにあまり読めない」と言っていました。

実はわたしもCさんも子供が3~4歳頃に英語のフォニックスを教えたのです。
Cさんの娘は6歳にしてもうハリーポッターを夢中になっているとのこと。(ちなみにCさんの家庭での使用言語は英語のみ。CさんとEさんも家庭ではほぼ英語だけど、それ以外の言語も少し混じるマルチリンガル環境。うちの家庭ではほぼ日本語、中国語。)
Cさんは特に早期教育を意識していたわけではなく、「とくかくおしゃべりだった」娘に一日中話しかけられるので、どうやったら黙ってくれるだろうと考えて、読むことを教えようと思いついたそうです(笑)。その他にもありとあらゆることを語りかけて教えたそうです。でもそれも特に教育を意識していたわけではなく、おしゃべりを通してだったり、質問に答える形だったり、単に愛情からのものだったようです。
Cさんの娘さんは英語がよく読めるだけでなく、すべての教科で優秀。学習意欲も強く、来年には飛び級をすることになっています。
一方ユージンは、まだ物語を夢中になって読んだりはしないけれど音読させるとペラペラ読めるし、図鑑など興味のあるものなら自分で読みます。現時点ではかなりあやしいマレーシアンイングリッシュをしゃべっているけれど、家庭で一切使用しないことを考えると上出来ではないかと思います。
そして飛び級のようなことをして、今2年生の勉強をしています。

ここで、「オーホッホッホ、やっぱり今になって差が出てきたわね!」と思っている・・・わけでは全然ありません。
現時点での学力は、単なる過程。それにわたしは学校の成績はどうでもいい。
勝負は大人になった時、ちゃんと立派な大人になっているか?ということだと思っています。
「立派な大人」というのは、ちゃんと自立している大人。自分なりのやり方で世の中に貢献したり、人を幸せにできる人。
小学校1年生であまり読み書きができなくても、成長するにつれてちゃんとできるようになるケースがほとんどだと思います。
逆に、早いうちに教えると弊害があるという意見もあります。早期教育によって脳が発達すると、大きくなってから発達するはずの部分を邪魔して大事な部分が育たなくなるとか。
アインシュタインが小さい頃あまり頭がよくない子だと見なされていたという話は有名ですね。

でも、だからといって早期教育が悪いかというと、そういうことでもないと思うのです。
一口に早期教育と言っても人によって定義は違うかもしれませんが、Wikipediaによると、「子供本人ではなく保護者や国家など大人の意向で、一般よりも年齢を繰り上げて文字や数、外国語、音楽、スポーツなどの教育を開始すること」だそうです。この定義によれば、わたしもCさんもバリバリに早期教育をしていることになります。

でも、「早期教育は善か悪か」というような議論をしている人を見ると、わたしは的外れなんだよな~と感じます。
「包丁は善か悪か」と聞かれたら何て答えますか?答えようがないですよね。だって包丁は単なる道具。
おいしい物を人に食べさせたいと思って手に取り、心をこめて料理をする時に使えば素晴らしいものが生まれる。反対に殺意を持って使えば凶器になる。
つまり、「早期教育」そのものよりも、保護者が「どんな動機で」「どのようなやり方で」やっているかということにより、素晴らしい物にもなりうるし、弊害を起こすこともある、と思うのです。

マレーシアでよく行われている伝統的な中国式教育法というのは、幼稚園児の頃から読み書き計算、九九などを教え、出来ないと杖で叩く(!)というものです。テストでは常に満点をとれと親は子供の尻を叩きます。びっくりするけれど、今でもこういう方法で教育している家庭や学校が結構あるのです。
こういう子たちは、確かに小学校に上がった時点でかなり「お勉強」ができます。
でもね、その先はどうだろう?
もう小学校1年生ぐらいには気持ち的に燃え尽きてしまって、勉強は尻をたたかれてイヤイヤやるものになってしまっているのです。当然尻を叩かれなければやらないし、とりあえずテストでいい成績をとりさえすればいいと思っているでしょう。自分から勉強したいという気持ちはあまりないかもしれません。

一方、同じように、小学校に入った時点で読み書き計算、九九ができるなど、学力の上では上記の子と変わらないけれど、保護者が適切な導きによって子供の健全な知的好奇心を刺激させ、その結果いろんなことを意欲的に吸収した結果の学力だったとしたら?
その子は学ぶことが楽しくてしょうがないので、放っておいても自分でどんどん勉強するでしょう。学校のテストに出ないことでも、知りたいと思ったことはどんどん学ぶでしょう。

ここでわたしは誰のこともジャッジしているわけではありません。
友達のDさんもEさんも子供さんのことはとても愛しているし、「できるだけ多くのことを経験させる」などの独自の考えを持って子育てをしてきました。(そして実際、多くのことを経験させるというのはとてもいいことだと思います。)ただ、小さいうちから読み書きや計算などのいわゆる「知的教育」を教え込まないという方針でやってきただけです。(幼稚園には通わせていたからある程度はやっているけれど、それを家庭で補強したりしてまでしっかり身につけさせるということをしなかった、ということ。)
マレーシアは小学校に入学してすぐに3言語を習い始めるのが普通なので、読み書きに関してはある程度苦労するかもということを覚悟してのことだったのでしょう。そして、苦労しても子供さんはいずれちゃんと読み書きができるようになるでしょう。

ただ、わたしはやっぱり小さい頃から教えてきてよかったと思います。
子供の集まりをやる時に、Dさんは「明日算数のテストがあるから行けない」といって来なかったことがあります。でも、わたしはユージンのテストがあってもテスト勉強をさせる必要がありません。彼は学校でやったことがちゃんと分かっているからです。
彼は宿題もさっさと終わらせることができます。Dさんは「うちの子はダラダラしてなかなか宿題を終わらせることができない」と言います。
わたしは上で「動機が大事」と書きましたが、ユージンが小さい時に教えながら、「学校に入ってから楽できるかも・・・」というヨコシマな気持ちが確かにありました(笑)。いい動機ではないですね(笑)。
でも、それよりももっと大事な理由がありました。
人間、余裕がないとどうしても自分のことでいっぱいいっぱいで他人を思いやれなくなります。だから、余裕があって、他人のことを思いやれるように。
それから、勉強を楽にやって、たくさん遊べるように。(子供にとって遊ぶことは本当に大事!)
そして、音楽やスポーツなど、自分の好きなことに打ち込む時間を持てるように。(何かに夢中になって、継続して打ち込んだ人はやっぱり一本筋が通っている。)
それから、人とたくさん関わる時間を持てるように。(→コミュニケーションを上手にとれるようになったり、人とのつきあい方を学んだり。)
つまり、世の中にいっぱいある、勉強以外の学ぶべきことを学ぶ時間を作るため、です。

それからもうひとつ、小さい頃から健全な好奇心を刺激することで、何歳になっても自分から学べる子にしたいという思いが常にありました。
新しいことを知る、できなかったことができるようになるのは本当に楽しいこと。その楽しさを教えるというつもりでやってきました。(わたしの方針については、どうやって1歳児がひらがな・かたかな・アルファベット・数字を読めるようになったか~わたしの方法 (1)に書いてあります。)
今のユージンにとって、世の中は素晴らしいことでいっぱいです。
彼は地図や地球儀を見るのが大好きなのですが、地球儀を眺めたり本やインターネットで関連することを調べて、「うわ~、すごいねー!」と目を輝かせています。
新しいチャレンジが届いたら、中をパラパラ見て、「うわ~、今月は3桁の筆算するんだー、すごいね!」とうれしそうに言うこともあります。
つまり、彼にとっては、大人が「知的なこと」と区別している「お勉強」的なことも、庭の草花や世界のことも関係ないのです。全部が彼にとっては未知のことで、健全な好奇心をもって吸収したいと思っていることなのです。
そんな気持ちを持って見る世界は・・・きっと素晴らしいだろうね。

脳は6歳までにほとんど出来上がるとか、逆に早いうちに発達させるとよくないとか、脳科学者の間でも意見が分かれていることがわたしたち素人に分かるはずがありません。
もし本当のことが明らかになったとしても、その頃にはわたしたちの子供はもう大きくなっているよね、きっと(笑)。
じゃあわたしたち母親は何も頼りにできるものはないのか?というと、そうじゃない、あるある。それは、母親の勘。
子供をじっくり観察していれば、「自分の欲を満たして笑っている」のではなく、いい笑顔をしている時が絶対にあるはず。
いろんなことを体験させながら、身の回りのことを教えながら(そして一緒にいろんなものを再発見して楽しみながら)そういういい笑顔が見られるのなら、それは絶対に子供にとっていい影響があるはず。
そうやって愛情を伝えながら、学ぶ楽しみを教えられたら、その子はいくつになっても大丈夫のはず、という気がするのです。
だから、Dさんの子供がたとえ今あまり読めないとしても、幼児期のそういう体験がちゃんとあれば、これからちゃんと学んでいくはずだと思います。



長文なのに、書きたいことの半分も書けなかった・・・。今日はここで挫折して、また今度気が向いたら書くね。 乱文でごめんなさい。



「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

不動産購入時の注意点

わたしたちが今住んでいる家は持ち家なので不動産を購入する予定は全くないのだけど、この間ふらっとコンドミニアムのショールームに行ってみたりして、必死で家探しをしていた頃を思い出した。
わたしたちは今住んでいる家の他にコンドミニアムも1ユニット所有しているのだけど、その時の経験でいろんなことを学んで、今の家を買う時は出来る範囲でベストの選択が出来たと思う。
以下は一般的に「不動産購入時の注意点」とされることと違うかもしれないし、これだけじゃ全然足りないと思うけれど、わたしの経験から分かったことをちょっとみなさんとシェアしたいと思う。これを読んでくれている人の中にはマレーシア人と結婚していて不動産を購入した経験のある人、これからする人もいると思うので、少しでもお役に立てば、と思います。



わたしたちが今の家を買う前に買ったコンドミニアムは、実はディベロッパーがヤバいことになっていて、倒産寸前だったようだ。でも買った時は知らなかった。すでにこのディベロッパーによるコンドミニアムがそばにできていて実際に人が住んでおり、わたしたちが買ったところはその新しいフェイズとして建てられるものだったので、不安は感じなかった。
しばらくして、途中で工事がストップしてしまうという事態に。
入居するつもりで買ったのに全然入居できなくて困った。
結局別の会社に引き継がれて工事は再開し、無事入居できるようになったのだけど、予定より数年遅れた。

ということで、次に家を買う時に気をつけたことは、
すでに入居可能なところを買う。または、建築中なら信頼できる実績のあるディベロッパーによるものにする。
ということ。もちろん、数年遅れても経済的に余裕があったり単なる投資目的ですぐに住めなくてもいいのだったらこんなことは気にしなくてもいいのだけど、住むつもりなら気をつけた方がいいと思う。

このコンドミニアムのローンは今年完済した。
その時、驚くべき事実を知った・・・。
ローンを完済しただけではその不動産は自分の所有にはならない。所有権を銀行から自分に移すという手続きをしなければならないのだ。コンドミニアムはわたしとダンナ二人の名義になっていたため、二人で法律時事務所まで行っていろんな書類にサインをしたりして結構面倒だった。
こういうことは法律に明るい人にとっては当たり前なのかもしれないけれど、一般の人は知らなくても不思議じゃないよね。不動産購入なんて、一生に一度あるかないかのことだし。
だから、そういうことに関してはエキスパートのはずの銀行側がその手続きを促してくれる・・・というわけでは全然ないのだ。
法律事務所の人によると、銀行が何も言ってくれなかったので、ローンを完済しただけで安心してしまって、10年も20年も放置している人がいるという!
この人たちは未だに家の所有権が自分にないことを知らないのだ。銀行は何を考えているのだろう・・・。悪徳だな!
だから、完済したと同時に手続きが必要だということ、何十年か先までしっかりと覚えておいてください(笑)。



「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

シュークリーム

長男ユージンがやっている進研ゼミのチャレンジには、「コラショ」というキャラクターが登場します。
赤いうさぎのような容貌の彼は実は「ランドセル」らしいんだけど、まあそんなことはいいとして、シュークリームが大好物だという設定。
なので、問題のあちこちにシュークリームが登場します。「コラショはシュークリームを15個食べました。あとでまた17個食べました。あわせて何個食べたでしょう。」みたいな問題。
絵もあって、それを見ては「コラショまたシュークリーム食べてるよ~」とかつぶやいていたユージン。もともと彼もシュークリームが好きなので、ある日爆発して、

「ボクもシュークリーム食べたい!食べたい!」

という禁断症状が(笑)。

ビアードパパのシュークリームもいいけれど(でもあれ開店当初より一回り小さくなってない?)、うちで一番人気なのは手作りシュークリーム。だから、彼の「食べたい」はつまり「作ってくれ」ということ。

はいはい、じゃあ作りましょう。
シュークリームというのは、実は「上級者向け」と言われているお菓子。なぜかというと、結構失敗することもあるから。
「難しい」ということに加えて、わたしがシュークリーム作りをあまり好まなかった理由がいくつかありました。

・絞り袋を使わなければいけない(後で洗うのが大変)
・シュー皮に卵(全卵)を入れる時は様子を見ながらやるので余ることがある。
・カスタードクリームは卵黄しか使わないので、卵白が余る。

というのが主なもの。
でも、ある時からこれらの難点を克服したシュークリームが作れるようになりました。しかも失敗もなし。

cp1.jpg

オーブンの中でよく膨らんでいます。

その後、子供たちにクリーム詰めをやってもらいました。
ついでなのでキウイ、イチゴ、ブルーベリーもあげて、勝手に盛りつけてもらったら、こんなふうに。

cp2.jpg

見た目はおいしそうだけど、全員が「フルーツなしの方がおいしい」とのコメント(笑)。

で、どうやって作るのかって?
ポイントは、
・シュー生地を絞り袋に入れず、スプーンですくって落とす。その後、濡らした手で形を整える。
・カスタードクリームは全卵で作る。
・シュー生地で余った全卵はカスタードクリームを作る時に入れてしまう。
ということです。
これで全卵3個使い切り、中サイズのシュークリームが12個できます。
今度時間がある時に詳細なレシピを載せるね~。



「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

血液型性格分類

以前、長男が「JINー仁ー」から学んだことという記事に書いたのですが、この時長男ユージンは血にとても興味を持ち、輸血に適合する型を学びました。
そしてその後も血に興味を持ち続けていろいろ質問してくるので、いくつか新たなことを教えました。
血を構成する赤血球や白血球などについて。
血液型人口比率について。
(ちなみに日本で一番多いのはA型ですが、世界ではO型だそうです。マレーシアで一番多いのもO型。あ~なるほどね~(笑)、(よく言えば)おおらかなO型。
あるソースによると、日本ーA型38% B型22% O型31% AB型9%、マレーシアーA型25% B型29% O型38% AB型8%ということです。)
他に、両親の血液型の組み合わせによって、何型の子供が生まれるか、なども。
だから彼はA型には実はAA型とAO型があると知っています。
自分がちょっとでも血を流したらギャーギャー騒ぐのに、なんでこんなに血に興味があるのかね~(笑)。

で、わたしがそういうことを教えていたら、ダンナが「日本では血液型によって性格が違うと言われているんだよ、このビデオを見てごらん。」と言って見せてくれたビデオがおもしろかったので、紹介します。
日本のTV番組で、4つの血液型ごとに幼稚園児を別々の部屋に入れて、それぞれの行動パターンを調べるというものです。


あはは、おかしいね~。
わたしはこういう血液型性格分類とか占いとかは、全く信じないわけではないし、絶対的だと思うわけでもないというニュートラルな考えです。そういうところもあるかもしれないね~、って感じ。
でもこれを見るとこんな小さな子供でも見事に分かれているのね~、と感心しました。まあ、TV番組だから、都合のいい部分だけをとりあげているのかもしれないけれど、それぞれの園児の行動がかわいいね。
ちなみにこういう血液型性格分類は、日本や韓国などのアジアの一部の国で信じられているだけのようです。マレーシアではこういう考え方は聞いたことがないし、マレーシア人に血液型を聞かれたことさえないです。(日本ではよく、「何型?やっぱりそうだと思ったー!」というような会話を結構しますよね。)

うちの男ども(ダンナ、長男、次男)はすべてA型。
次男はまだ小さいのでまだあまり分からないけれど、確かにダンナとユージンは心配性だわ。ユージンなんて、結構神経質だし。
わたし?変人のAB型ですよ・・・。
そう考えると、結構あってるのかもね(笑)。



「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

笑える写真

この間ダンナが教えてくれた写真がとてもおもしろくて、数日経っても思い出してはプププ・・・と笑えるので、この笑いをみなさんと分かち合いたいと思います(笑)。

その前に、予習;
マレー語で「bubur」とはお粥のことです。「ブブー」というような発音みたいです。
いろんな種類があって、「bubur ○○」とか言うようです。
ネットから拾った画像です↓
bubur.jpg

それから、このページを見て下さい。↓
マレーシアで撮影されたと思われる写真です。

ココをクリック!

あはははは!おかしいでしょう?
あまりにも無理がある!
よく屋台などで使われているペナペナのピンク色のビニール袋を提げているところがミソ。手がこんでるな(笑)!


「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

★必見情報★アジア初の音楽ストリーミングサービス、マレーシアでまもなく開始!

以前、車の中で聞く音楽という記事の中で、「音楽を聞くということに関して革命的なことが起こっている」と書きましたが、今回はいよいよその詳細を書きたいと思います。
ジャジャーン。
アジアで初となる合法音楽ストリーミングサービスWOWLOUDがマレーシアでまもなく開始されます!

関連記事;TRENDS: Music in the clouds(New Straits Times)(英語)

音楽ストリーミングというのは、自分のローカルファイルにダウンロードするのではなく、ネット上で音楽を再生して聞くこと。YouTubeはビデオを見るだけで、ダウンロードするわけではないですよね。(まあ、裏技はあるらしいけど。)それと同じです。現在ヨーロッパでは広く行われています。

しかも再生するだけじゃなくて、自分の好きな曲のプレイリストを作ったり、いいと思う音楽をFacebookやTwitterなどで友達と共有したり、などのさまざまなツールもあります。
使い方は本当に簡単で、まずWOWLOUDのアプリケーションをダウンロードしたら、それを開いてクリックするだけで好きな音楽が聞けます。プレイリストを作るのはドラッグ&ドロップするだけ。
サービスが開始されるのはまだ数週間先なのですが、開始時には100万曲ほどが入るということです。
これは、毎日24時間音楽を聴き続けても全部聞くのに8年かかるという量! しかも、曲数はどんどん増え続けます。
ポップス、ロック、童謡、クラシック、ジャズなどあらゆるジャンルの曲があり(日本の曲も入るそう)、最終的には「地球上にある古今東西の音楽がすべて聞ける」という方向へ向かって行きます。

実はわたし、ちょっとコネがあって、WOWLOUDではないのですが別の音楽ストリーミングを1~2ヶ月前から使わせてもらっています。
初めにやった時、"It's too good to be true."(こんなうまい話があるはずない!)と思いました。それから、「これ、面白すぎてヤバい・・・」とハマりました。
だってどんな音楽でもクリックするだけで聞けるんだもの。
音楽ファイルは画像ほど重くないので、聞いている途中で止まるという経験も全くなし。ストレスフリーです。(注:これはもちろんインターネット環境に左右されますが、よっぽど遅くなければ大丈夫です。わたしはStreamyxを使っています。)
昔よく好きな曲を集めたカセットテープを作ったよね、「ダビング」して(笑)。それがドラッグ&ドロップだけでいとも簡単に作れるんですよ~。変えるのも簡単。
そんなことをしていたら、自分が持っているCDの曲もストリーミングしている自分に気づき、「ってことは、もうCDいらないじゃん!」と気づきました。自宅にCDの山ができたりコンピューターの容量が少なくなるというような保存場所のことを心配しなくてもよくなるんですよ~。
そして、これを始めてから、好きな音楽にいつでもアクセスできること、常に自分の中で音楽が流れているというのがどんなに素晴らしいかということに気づきました。心が潤います。
童謡やクラシックがあるので、子育てツールとしても役立ちます!

初めは登録した人だけに公開されるそうです。しかも限られた人数の人だけになるので、ぜひ今登録してください!無料です。
初めは数曲ごとにコマーシャルが入るという形になるようです。(コマーシャルがうっとうしいという人には、有料でコマーシャルなしのサービスもあります。)
数ヶ月か半年先ぐらいには、一定の時間までの視聴は無料、それ以上は一定の購読料を払うということになるようです。
でもね、わたしはお金を払うのは全然気にしないよ。
だって、一枚のCDよりず~~っと安い値段(半分ぐらい?)で、一ヶ月どんな音楽でも無料で聞き放題なんだから。
好きなジャンルは人それぞれだけど、「わたしは全く音楽なんて聞かない」っていう人はいないでしょう?だから、どんな人にとってもこれはうれしいサービスですよ~。

まずはPC版が公開されますが、モーバイル版もいずれできるということなので、ケータイを車につなげて音楽が聞けるようになります。(古い車だとダメらしいけど。)今からワクワクします。

↓登録はこちらから
WOWLOUD
※念のため、わたしは別にあやしいものではありません。知り合いがこの仕事に関わっているので、詳しいのです。 でも個人的に本当にうれしい!楽しみです。

(もし自分のマレーシア在住の友達にとっていい情報だと思ってくれたのなら、ぜひ下のFacebookのボタンを押して情報を共有してね。)



「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

趣味の動画
わたしの好きな音楽を中心にお気に入りを紹介。ぜひ聞いていってね♡
David Archuleta & Nathan Pacheco
"The Prayer"

クリスマスにはやっぱりDavid Archuleta。美しい歌声・・・。
おすすめの本
過去の記事で紹介しているものですが、こちらでも紹介します☆
フォニックスを教える時によく参考にしていました。
関連記事:子供に自分でフォニックスを教える(1)フォニックスとは


小学校低学年の英語読書。初めて読むチャプターブックとして最適。
関連記事:小学校低学年の英語読書〜「マジック・ツリーハウス」


プロフィール

モカきりん

Author:モカきりん
モカきりん:アメリカ留学中に中国系マレーシア人の現在のダンナと出会う。大学卒業後に渡馬、結婚。日系の塾で小学生と中学生に英語・国語を教える。7年塾講師として働き退職。その後2人の息子を出産して現在は専業主婦。

長男ユージン:2004年生まれ。明るく元気で、遊ぶことが大好き。やっている習い事はピアノ。第一言語は日本語、英語も文法的にはかなりブロークンだが話せるし理解できる。おばあちゃんとは中国語で会話、マレーシア語も学校で勉強中だったが、なぜか今年度は学校の方針でフランス語をやっている。2011年1月にインターナショナルスクールに入学、現在中学2年生。


次男ライアン:2008年生まれ。習い事はピアノ。とても人懐っこく誰にでも笑顔をふりまく。2014年1月にお兄ちゃんと同じ小学校に入学、現在小学校4年生。


ダンナ:中国系マレーシア人。日本語が流暢で時々日本人に間違えられる。優しく子供とたくさん触れ合ってくれるいいパパ。

おススメサイト
無料なのにスゴク使える!おススメサイト
<教育関連>
英語本
登録すると、オンライン英語図書館「タンブルブックス」にアクセスできます。
Starfall(英語)
フォニックスを学ぶならここ!
We Give Books(英語)
オンライン図書館。朗読はついていないので自分で読まなければなりませんが、無料で図書館に行く必要がないのは助かります。
学力は全米トップ0.1% 秘訣は幼児期の教育
子育てバイブル。
Colouring Book of Flags(英語)
国旗塗り絵がダウンロードできます。
おりがみくらぶ
折り紙といえばココ。折り方のアニメーションもあり、難易度も一目瞭然で使い勝手抜群。英語、中国語版など外国語7言語のサイトともリンクしているので、外国人の友達とリンクをシェアできるのもうれしい。
無料e童話
数は少ないのですが、無料で絵本が読めます。
英語のおとぎ話ビデオ(YouTube) You TubeのStoryというチャンネルで、10数分の英語のおとぎ話のビデオが見られます。英語字幕をつける設定にもできます。
バイリンガール英会話 Chika's English Lesson(YouTube)
バイリンガルの吉田ちかさんのYou Tubeチャンネル。わたしの勉強のために見ていますが、内容によっては子どもにも見せたりします。明るくてかわいいちかさんの動画は見るだけでも楽しい!

ピアノ初心者のための音符の読み方
自分で子どもにピアノを教えている、またはピアノ教室に通わせているけれど家での練習を見ている、という親にとって、とても参考になるサイトです。単にピアノを教えるということだけでなく、子育てという広い観点からピアノの練習をとらえていることが素晴らしいと思います。

Storyline Online(英語)
俳優さんたちが英語の絵本の読み聞かせをするビデオがたくさんあります。

<マレーシアで利用できる音楽ストリーミングサービス>
音楽ラバーにはもちろんうれしいサービス、実は子育てにもめちゃくちゃ使えます!(無料で使えないものもあります)
KKBOX Malaysia
Spotify
Deezer
おススメ記事
当ブログ内のおススメ記事です。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR