ホーム   »  2012年02月
rainbow.jpg
Archive | 2012年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歴史は繰り返す

先日、長男ユージンと二人でとあるショッピングモールに行きました。
普段、この曜日にここに行くことはまずないという時間帯だったのですが、1時間だけ時間が空いたので、そこで用事をさっと済ませようと思ったのです。
着くと、ユージンがトイレに行きたいというので、まずトイレに向かいました。
去年の11月に一時帰国をした時、一人で男子トイレに行けるようになったので「成長したのだわ」と思っていたら、マレーシアに帰って来た途端「ママと一緒がいい~」とまた女子トイレについてくるようになった彼。なぜか聞いたら、「だってマレーシアのトイレは汚いし、こわい人がいるかもしれないから」とのこと。
よく義母が「フラフラ離れて歩くと、こわい人に誘拐されるよ!」とか脅しているからなあ(笑)。
ということで、この時もわたしと一緒に女子トイレに入りました。
でもわたしはしたくなかったので、「一人でできるでしょ」と個室には彼一人で入らせ、ドアのすぐ外で待っていました。
しばらくすると、用を足したユージンの焦った声が聞こえてきました。

「ママ、鍵が開かない!」

ガチャガチャ一生懸命やっている音は聞こえるのですが、彼はだんだん冷静さを欠いて、

「どうしよう、開かない開かない、うわ~~ん。」

と泣きながらガチャガチャとやっていました。

と、その時、友達一家がトイレに入って来たのです。うわあ、珍しいところでバッタリ!
そして、やっとの思いで鍵を開けて泣きながら出て来たユージン。
そこには友達が・・・(笑)。
まるで漫画かと思うようなタイミングで、かっこわるいところをバッチリ見られてしまいました(笑)。



数日後、わたしはユージンに、

「ママの秘密を教えてあげる」

と言って話し始めました。

ママが今のユージンより少し小さい頃、歯医者さんに言ったの。
トイレに入ったのだけど、後で鍵が開かなくなると嫌だな~と思って、鍵をかけずにやろうと思ったのね。
そしたら、いきなり誰かがドアを開けたの。「ああ、ごめんなさい~」ってすぐに閉めてくれたけど、また開けられたら嫌だから、鍵をかけることにしたの。
そしたら、案の定、出ようと思っても鍵が開かないのね~。そのうちママは泣き出して、外から「どうした~?」って聞かれたから、「鍵が開かなくなっちゃったの」って言った。
すると、歯科助手のお姉さんが、外に回って、トイレの窓から身を乗り出して鍵を開けてくれたから、やっと出られたんだ。
ママの場合、ユージンみたいに出たら友達にばったり会ったということはなかったんだけど、その歯医者は友達のうちだったので、次の日学校に行ったら、クラス中のみんなに知れ渡ってたんだよ~(笑)。

ユージンは「ははは~」と笑いました。
まあ、ママは人に助けてもらったけど、ユージンは何とか自力で解決した分、偉い。

「これ、まさに

『歴史は繰り返す』
rekishi.jpg
だよね」

とすかさずこたわざかるたで子供が覚えたことわざを出すわたし(笑)。
「ユージンが大きくなって、子供ができたら、その子供も同じことをやるかもしれないね、歴史は繰り返すから。」
とかしつこいほど連呼しておきました。これでもうバッチリだろう(笑)!

しかし、この件があってから思い返してみたら、他にもあるんですよ。
わたしが小さい頃、銀紙を丸めたものを鼻に入れたら奥に入ってとれなくなった→ユージンはレゴの小さいピースを鼻に入れてとれなくなった、など。
やっぱり彼ってわたし似なのかも・・・。
自分が子供の頃どんな失敗をしたか思い出して、彼もその道を通るかもしれないと覚悟しておいた方がいいかもね(笑)。



「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

スポンサーサイト

子供に読書の習慣をつけるには?

「読書が好きな子供になってもらいたい」って考える親は多いと思います。わたしもその一人。
でも、小さい頃からあんなに頑張って読み聞かせをして本は好きみたいだけど、字だって読めるようになったけど、自分から本を開いて読もうとしない!という子供がたくさんいます。(うちの子もそう・・・。)
そんな子供にどうやって読書をする習慣をつけたらいいのでしょう?



わたしは今でこそ読書が好きだけど、子供の頃はぜ~んぜん好きではありませんでした。何がそんなに楽しいんだろう?と思っていました。
わたしが物心ついた頃、父と姉はすでに本の虫で、いつも読書に没頭していました。二人が読んだ本について話すのを横で聞いていましたが、さして興味を引かれませんでした。
でも、母はわたしたち3人の娘を、毎週必ず図書館に連れて行ってくれました。
いくら読書が好きではなくても、図書館に行けば他にやることはないので、本を読んだり借りたりはしていました。それほどの熱意もなく、ちょろちょろと本を読む日々が何年も続きました。

しかし、5歳年下の妹が読書に熱中し始めた時に、わたしは内心焦りました。
幼い妹まで本を読んでいる!何がそんなにおもしろいのだ?

それからだんだん真剣に読むようになり、いつの間にか読書が大好きになってしまったというわけです。



「子供に読書をさせるにはどうしたらいいか」ということをマレーシア人の友達と話していたら、こんな話を聞きました。
友達は「子供が読書しない」と別の友達に相談したら、「簡単よ。10冊本を読んだら何か買ってあげるって約束すれば、読むようになるわよ!」と言われたそうです。
友達が「それはちょっと・・・」躊躇したら、「いいからとにかくやってみなって、うちはそれでうまくいってるから!」とのこと。

この話はわたしにある心理学実験を思い出させました。
70年代にスタンフォード大学のレッパーという学者が行った実験です。
簡単に説明すると、お絵描きが好きな子供たちを2つのグループに分け(調べたら、ソースによっては3つのグループになっているものもあるのですが)、Aグループにはお絵描きをしたらご褒美をあげるといって、お絵描き後にご褒美をあげます。Bグループには何もあげません。
一週間後、それぞれのグループを観察してみたら、Aグループでは、自由時間にお絵描きをするする子供が激減したということです。

Aグループの子は、ご褒美をもらえないと絵を描かなくなってしまった子がとても多くなってしまったのです。
そして、Bグループの子は、ただ絵を描く楽しみのために絵を描いていたのです。

つ・ま・り。
「ご褒美をあげる」ことによって、その子が何かをすることの純粋な楽しみを奪ってしまうことになっちゃう可能性があるんですね。
自分の中で、「楽しいから描いている」という気持ちが、「ご褒美をもらえるから描いている」という気持ちにすりかえられてしまう。
しかも、「やったらご褒美をもらえるっていうことは、本来嫌なことなんだ」というふうに思ってしまうという心理も働くようです。
10冊本を読んだらおもちゃを買ってもらえる子供は、もうおもちゃを買ってもらえないという事態になったり、大きくなっておもちゃでつられなくなったら、ぱったり読書をやめてしまうかもよー。(もちろん、そうやっておもちゃにつられて読んでいるうちに読書の魅力にとりつかれるという可能性もありますが。)



わたしはそう考えるので、うちの作戦はこうです。

親であるわたしとダンナが読書をする。(もともと二人とも読書好きです。)
「わたしは本を読まないけれど子供には読書をさせたい」と言っている友達がいましたが、親がつまらないと思っていることを小さい子に好きにさせるのは難しいかも。

定期的に図書館へ連れて行く。
KLの図書館についてはまだまだ調査中ですが、Japan Foundationの図書館には通い始めました。

あとは、読書の楽しみを分かち合いつつ、本人が読書を楽しめるようになるまでじっくり待つ。
読書による報酬は一切なし。何年もかかると思うけれど、それまで気長に待ちます。



そんな感じでまだ数週間だけど、長男ユージンに変化が見られました。

彼が初めて「おもしろい!」と言って自分から開いた本。
reading.png
漫画でもいいんですよぉー。自分から「読みたい」という気になってくれれば(笑)!
わたしも漫画はドラえもんから入った気がする。
日本の漫画は、小説に負けないくらい素晴らしい作品がいっぱいあるから、漫画じゃダメなんてわたしは言いません。ちなみにわたしが最高に好きな漫画は、「ヒカルの碁」です。名作だ!

そして、ある日、「学校のライブラリーで借りて来たよ」と帰ってくるなり1冊の本を取り出して読み始めました。
うんうん、いい傾向だ。

まあそんな感じでぼちぼちやっていきたいと思います。
お尻に根っこが生えて何もやらなくなってしまうほどの本の虫になっても困るな・・・というアンビバレントな思いを抱きつつ(笑)。



「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

「土曜日のタマネギ」

昨日夕飯にシーフードカレーを食べながら、カレーに入っている野菜を見ていたら突然頭に「さよなら にんじん ポテト」という節が浮かんで来て、思わず歌ってしまいました。
ず~っと聞いてなかったのに、ワンコーラス歌えてしまった自分にびっくり。
子供たちが「それ何の歌?」と聞くし、確か歌ではカレーじゃなくて何だったっけ?と気になったので、探してみたらありました。


斉藤由貴「土曜日のタマネギ」。そうか、ポトフか。
しかし、よく出来た歌ですね~。作詞は谷山浩子さんだそう。
ストーリー性があって、情景がありありと浮かんできて、それでいてはっとするような表現が使われていて。歌詞を見なくてもはっきり聞き取れるし。
そういえば、昔はこんないかにも「歌謡曲」っていう感じの歌が多かったな。
昔は、はやりが終われば忘れられていく曲が多かったけれど、今は好きなら昔の曲でも普通に聞いている人が多くなったような気がする。一時期だけもてはやされるだけじゃもったいなく名曲が世の中にはいっぱいあるものね。

これからカレーを食べるたびに、この曲が頭の中で流れそうだわ~(笑)。



「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

教育ママの言い訳・創造力と想像力の遊び

どうやらわたしは人にすごく真面目な人だと思われているようだ(笑)。よく「冗談が通じなさそうな人だと思った」とか言われる。
このブログのせいなのだろう。
もちろんわたしには真面目な部分もあるし不真面目な部分もあるけれど、最近すごく忙しいので、わざわざ時間を割いてブログを書くなら、読んだ人が何かしら得るものがあるようなことを書こうと思うのだ。
だからといってそればかりでは息がつまるので、全然そうじゃないんだけど。

で、家での取り組みのことをよく書いているので、さぞかし家ではわたしがみっちりついて頑張っているんだろうと思われそうなので、言い訳をしておく。
ぜーんぜんそんなことはない。
うちは長男ユージンは学校で英語を使っているから、家でわたしが日本語を教えている(チャレンジをやっている)。これが宿題のない日に1日に10~20分ぐらい。これだけは余分にやっているけれど、それ以外は基本的に放っておく。
次男ライアンには、フォニックスとかちょっと教えているけれど、これは一回に1分くらいしかかけない。しかもさぼり気味で毎日はやらない(笑)。
あと、読み聞かせは(やる時は)20分くらいはやるけれど、これは誰でもやっていることでしょう?
たまにフラッシュカードとか見せたりするけれど、こういうのも5分程度。

わたしが子育てをするうえで一番気をつけていることは、

睡眠をたっぷりとらせる
体を使う遊び・外遊びをきちんとさせる
しっかり食べさせる
しっかり遊ばせる

ということで、とにかくこれが最優先。
知能を高めるような取り組みは子育て全体から見ればほんの一部なんだけど、わたしがそういうことばかりを書いているので、そういうことばかりしていると誤解されそうでちょっと言い訳してみました。
ただ、みんなとアイディアをシェアして有意義だと思うから書いているだけだよ。



なので、子供たちはたっぷりと自由に遊んでいます。
遊ばせる時、ほとんど放っておくんだけど、子供たちが好んでやっているのは、お店屋さんごっこ。
そして、頭の中でいろいろ考えることが好きなので、そういうのを「紙にかいてみたら?」と言うと、一生懸命かいています。
例えばこれ。
mall1.jpg
これはユージンの頭の中にある「3 Mont Kiara」というショッピングモール。(ぷぷっ、おかしいでしょ。1 Mont Kiaraというのが実際にあるんです。)
ここには何があって~、と細かく書き込んでいます。
観覧車もある(大阪のヘップ5の真似のようだ)。
ここには描いてないんだけど、右の方は「3 Mont Kiara Hotel」につながっていて、そこには結婚披露宴も科学館もあるらしい。
自由だなあ(笑)。

こういうのも単なる遊びなんだけど、もちろん遊びながら学んでいるのである。
ハーブ屋さんがあるというので、どんなハーブがあるの?と聞くと、前にフラッシュカードで見せたハーブの名前がスラスラ出てくる。
レストランやカフェは、それぞれメニューを作って、値段も書く。
わたしがそこで食事をしたという設定なら、これとこれを食べたからいくらだね~、お金をこれだけもらったから、おつりはいくらだね~、と計算する。
とても想像力と創造力を要する遊びだと思います。



「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

手紙

最近、頑張って家の中を片付けているのですが、思っていたよりもたくさんの手紙がぞろぞろ出て来てきました。
letter.jpg
これはごくごく一部。
アメリカ留学中に、日本の友達がいっぱい手紙を送ってくれたよなあ。(ジーン。)なんせ、コンピュータはあったけれど、eメールアドレスを持っている人なんて、ほとんどいない時代でしたから!
そして、3~4枚の便せんに、びっちりと書いてある手紙がほとんど。それ以上書いている人もたくさん。
ほんの十数年前なのに、今はこんな濃厚な手紙を書く人なんて、かなり少なくなってしまったのではないだろうか?
メールが少しでも長くなると、みんな「長文失礼しました」って書くし、FacebookやmixiなどのSNSで近況を小出しにしているし、日本人は作家以外、長文を書かなくなってしまっているのではないだろうか?
もちろん、みんなの近況がよく伝わってきたり、簡単に連絡がとれるようになったのはいいこと。
でも、便せんに向かって集中して手紙を書き上げる時間を、少し懐かしく思います。

ダンナの会社にあるシュレッダーは小さいって言うし、感情的なものなので人に頼みたくないから、手動シュレッダー(つまり破る&はさみで切る)で処分しています。
誰かが見たとしても、日本語の手紙がほとんどだから、多分読めないし、住所も今そこに住んでいない昔のものばかりだし、と思っても、やっぱり読めないように捨てるのが一応ルールだと思うので、地道にやっています。
破るのは手紙の内容に怒っているようで気が引けるけど、心の中で感謝の気持ちを述べたり、これだけの気持ちをいろんな人にもらったことを胸に刻みつけながらやっています。だって実際、これだけ書いて、切手を貼って投函するって、かなりの労力ですよ。

もうこれがなくてもダイジョウブ、心の中にちゃんと残っているから。

今なら、クリックひとつでさくっと削除できるのになあ(笑)。



「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

子供に自分でフォニックスを教える(5)マジックE

子供に自分でフォニックスを教える(4)アルファベットの「音」を教える際の注意点から続く。

さて、それぞれのアルファベットの音を覚えた子なら、この単語は読めるようになっているでしょう。

h a t

それぞれの音をつなげるだけで読めます。
では、これはどうでしょう?

h a t e

最後にeがつきました。すると、発音は「ヘイトゥ」というような読み方になりますね。
この最後につくeはマジックeとかサイレントeと呼ばれ、前の母音を「名前読み」に変え、語尾のeは発音されないのです。

つまり、「hate」という単語は、
h(の音「ハッ」)a(の名前「エイ」)t(の音「トゥ」)e(音なし)
これがつながって、「ヘイトゥ」というような読みになります。
(分かりやすくするためにあえてカタカナ表記しています。)

以前、アルファベットを教えるとき、「できれば母音と子音の区別がつくように」と書きましたが、「母音」「子音」などの言葉は知らなくてもいいので、それぞれ違う種類の文字であるということがなんとなく分かっているといいです。というのは、分かっていれば、このルールをすんなり理解することができるからです。

このルールを教える時、わたしはこうしました。
まず、それまでに読めるようになった3文字単語を紙に書いて読んでもらいます。
magicE1.jpg

実は、紙の右の部分をペラッと左に折ると、こうなるように前もってかいてあったのです。
上の写真、右の方に折り目がついているの、分かりますか?
magicE2.jpg

お子様の年齢にもよりますが、小さい子なら、ここで「マジックeマン登場~!!」とか言ってあげると喜びます(笑)。
マジックeマンは、母音に向かって「なまえをいえ~」と言っています。でも自分の名前は言わないので、口に×がかいてあります。絵心があるお母さんなら、もっと上手な絵を描くでしょうが(笑)。ようは子供が喜べばそれで成功。

ここで、改めてaの音と名前を確認し、それぞれの音をつなげて読んでいきます。
飲み込みの早い子なら、cape, caneを読んだくらいで要領をつかんで、その下のhate, mateなどもスラスラ読んでいきます。

このように、3文字単語→マジックeのついた単語に変わるものは、

o
hop→hope
cop→cope
pop→pope

e
pet→Pete

u
tub→tube
cub→cube
cut→cute

など。
これで発音が音から名前読みに変わることが大体分かったら、今度は3文字単語からの変貌ではなくてもマジックeがつく単語がたくさんあるので、(cake, bakeなど)そういうのをどんどん読んでいきましょう。

~続く~



「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

本日も晴天なり。

今日もいい天気。暑いです。
朝、雲がいい感じだったので撮った写真。
fine1.jpg

南国の植物って、炎天下でもうれしそうだし、大雨の時もなんだかうれしそうに見える。生命力がある感じ。
fine2.jpg



「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

映画「西の魔女が死んだ」

majo.jpeg
「西の魔女が死んだ」。 みたのはもうずいぶん前なのですが、いつまで経っても心の中に温かいものが残っているので、書いておきたいと思います。
多分、この映画を「退屈な映画だ」と感じる人も多いだろうけど、わたしは大好き。とてもいい映画だと思います。

中学校に入学してまもなく、学校へ行けなくなった主人公まいは、森で暮らす魔女のおばあちゃんとしばらく一緒に暮らすことになります。
それは実は魔女修行の始まりだったーーー。(詳しいあらすじは、上記リンクをみてね)
とはいえ、全然魔女らしい呪文とか魔法などは出てきません。

わたしは、ああこれは「魔女の宅急便」の別バージョンみたいなものだな、と思いました。
13歳の女の子が、自立し、成長する。

みたのがずいぶん前なので詳細は忘れたんだけど(笑)、自然の豊かさとともに とてもとても印象に残っているのは、イギリス人という設定のおばあちゃんの話す日本語が、とてもきれいなこと。
でも、文法的に正しいとか発音がいいとか流暢であるという意味ではありません。(いや、もちろん非の打ち所のない流暢で正しい日本語なのだけど。)
そうではなくて、おばあちゃんは心をこめていい言葉を使っている、ということです。
「言霊」という言葉の意味を深く理解しているんだろうな、と思わせました。



マレーシアに住んでいると、「通じればいい」という考えで、言葉をぞんざいに扱う人が多い気がします。
それは、言葉の習熟度とか流暢さとは全く関係ないので、聞けば分かります。
もちろんマレーシア人だって言葉をとても大切に扱う人もいるし、「言霊」という言葉がある日本にだって、言葉をぞんざいに扱う人はいる。国家とか民族とか関係ないのですが、(たぶん)「言霊」という概念自体がないマレーシアでは、その傾向が強いように感じられます。

しかも、多言語。どうしても「通じる」ことが優先されてしまうのかもしれないけれど。
でもわたしはいつも、子供に「心をこめていい言葉を使う」ように言っています。
そして、子供は親の言うことじゃなくてやることをするものだから、自分が子供のお手本になれるように気をつけています。
でも実際はわたしも子供もまだまだ、この前も書いたけど、子供の再頻出単語は「お尻」ですからね(笑)。

こういうことは一朝一夕でつくられる力ではないから、気長に地道にやっていきたいと思います。



「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

趣味の動画
わたしの好きな音楽を中心にお気に入りを紹介。ぜひ聞いていってね♡
David Archuleta & Nathan Pacheco
"The Prayer"

クリスマスにはやっぱりDavid Archuleta。美しい歌声・・・。
おすすめの本
過去の記事で紹介しているものですが、こちらでも紹介します☆
フォニックスを教える時によく参考にしていました。
関連記事:子供に自分でフォニックスを教える(1)フォニックスとは


小学校低学年の英語読書。初めて読むチャプターブックとして最適。
関連記事:小学校低学年の英語読書〜「マジック・ツリーハウス」


プロフィール

モカきりん

Author:モカきりん
モカきりん:アメリカ留学中に中国系マレーシア人の現在のダンナと出会う。大学卒業後に渡馬、結婚。日系の塾で小学生と中学生に英語・国語を教える。7年塾講師として働き退職。その後2人の息子を出産して現在は専業主婦。

長男ユージン:2004年生まれ。明るく元気で、遊ぶことが大好き。やっている習い事はピアノ。第一言語は日本語、英語も文法的にはかなりブロークンだが話せるし理解できる。おばあちゃんとは中国語で会話、マレーシア語も学校で勉強中だったが、なぜか今年度は学校の方針でフランス語をやっている。2011年1月にインターナショナルスクールに入学、現在中学2年生。


次男ライアン:2008年生まれ。習い事はピアノ。とても人懐っこく誰にでも笑顔をふりまく。2014年1月にお兄ちゃんと同じ小学校に入学、現在小学校4年生。


ダンナ:中国系マレーシア人。日本語が流暢で時々日本人に間違えられる。優しく子供とたくさん触れ合ってくれるいいパパ。

おススメサイト
無料なのにスゴク使える!おススメサイト
<教育関連>
英語本
登録すると、オンライン英語図書館「タンブルブックス」にアクセスできます。
Starfall(英語)
フォニックスを学ぶならここ!
We Give Books(英語)
オンライン図書館。朗読はついていないので自分で読まなければなりませんが、無料で図書館に行く必要がないのは助かります。
学力は全米トップ0.1% 秘訣は幼児期の教育
子育てバイブル。
Colouring Book of Flags(英語)
国旗塗り絵がダウンロードできます。
おりがみくらぶ
折り紙といえばココ。折り方のアニメーションもあり、難易度も一目瞭然で使い勝手抜群。英語、中国語版など外国語7言語のサイトともリンクしているので、外国人の友達とリンクをシェアできるのもうれしい。
無料e童話
数は少ないのですが、無料で絵本が読めます。
英語のおとぎ話ビデオ(YouTube) You TubeのStoryというチャンネルで、10数分の英語のおとぎ話のビデオが見られます。英語字幕をつける設定にもできます。
バイリンガール英会話 Chika's English Lesson(YouTube)
バイリンガルの吉田ちかさんのYou Tubeチャンネル。わたしの勉強のために見ていますが、内容によっては子どもにも見せたりします。明るくてかわいいちかさんの動画は見るだけでも楽しい!

ピアノ初心者のための音符の読み方
自分で子どもにピアノを教えている、またはピアノ教室に通わせているけれど家での練習を見ている、という親にとって、とても参考になるサイトです。単にピアノを教えるということだけでなく、子育てという広い観点からピアノの練習をとらえていることが素晴らしいと思います。

Storyline Online(英語)
俳優さんたちが英語の絵本の読み聞かせをするビデオがたくさんあります。

<マレーシアで利用できる音楽ストリーミングサービス>
音楽ラバーにはもちろんうれしいサービス、実は子育てにもめちゃくちゃ使えます!(無料で使えないものもあります)
KKBOX Malaysia
Spotify
Deezer
おススメ記事
当ブログ内のおススメ記事です。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。