ホーム   »  2012年05月
rainbow.jpg
Archive | 2012年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい能力開発教室~Brainy Tree

Publika (Solaris Dutamas)のMarmalade Cafe近くに、新しくBrainy Treeという能力開発教室(とでもいえばいいのかな?)が出来ました。
BT1.jpg
オープニングプロモーションをやっていて、今はトライアルが無料なので、次男ライアンにやらせてみました。

ここは台湾発の教室だそうで、Brainy PuzzleBrainy Wonderlandという2つのコースがあります。

Brainy Puzzleは英語で行われ、EQとIQ、右脳と左脳をバランスよく鍛えるそうです。
問題解決能力、数学力、言語能力などの6つの分野をカバーするパズルが450以上もあります。
これらは、7つのレベルに分かれていて、だいたい2~6歳児レベルとなっているそうです。

一方、Brainy Wonderlandは中国語を歌、ゲーム、詩、ストーリーテリングなどで楽しく習得することを目的としたクラスです。

ライアンは、Brainy Puzzleのトライアルを受けました。

パズルはすべてこの弁当箱のようなものに入っています。
BT2.jpg
クラスではひたすら、箱を開いて考え、自分で問題を解いていって終わったら片付ける、ということをします。
先生は、ヒントは与えるけど決して答えを教えず、自分で解決する手助けをするだけだそうです。

こういうのを見て自分で考えていきます。
BT3.jpg

すべては弁当箱に詰まっているので、フラッシュカードや音楽などは一切なしです。

ライアンはパズルが好きなので喜んでやっていたし、長男ユージンは更にパズル好きなので、話を聞いて「ボクもやりたかったなー」などと言っていました。(7歳の彼にはもう合うレベルはないので出来ないけれど。)

一般的にパズルはとてもいい!ということには多いに賛成します。
わたしも実際うちでいろんなパズルを子供にやらせていて、それによっていろんな力がついたと断言できます。
そして、ここのパズルはものすごく細かくレベル分けされ、いろんな分野をカバーするように綿密に作られたものなのだと思います。

ただ、それを習い事として、決められた時間にやらなければいけなくなるとどうかなー?
例えば、気分によっては、この弁当箱に詰まっているブロックや人形で自分の思うように遊びたい時があるかもしれません。
先生はそういうふうに想像力をはたらかせて遊ぶことがいいことだと認識していても、月謝をもらっている以上、カリキュラムをこなさなくては、という気持ちあり、それをとめてしまうかもしれないな~と思います。(これは単にわたしの想像で、実際はどうなのか分かりませんが。)
最近うちでブームの立体パズルでも書いたんですが、子供にもいろんなタイプがあるし、同じ子供でも気分が違うと同じパズルを使ってもやりたいことが違う。
だから、家でやりたい時にやりたいように遊ぶ方が、たとえあらゆる分野をカバーしていないパズルを使っていたとしても、結果的にはいいという場合もあると思いました。

もちろん人それぞれなので、ここに来ることを楽しみにして意欲的にパズルを解いていく子供もいると思います。そういう子には、とてもいいんじゃないかな。

この学校、台湾はもちろん、シンガポール、香港、中国、オーストラリア、インドネシア、フィリピン、アメリカ、カナダに教室があり、マレーシアではパブリカ内のこの教室が初めてだそうです。シンガポールなんて、あの狭い国に50も教室があるそうですよ。
月謝は、一回1時間、週1通ったら、一ヶ月RM180。(でも週2回通うことをすすめているそう。)右脳開発教室はだいたいこの辺りでは1時間の単価がRM100が相場だから(週末はもっと高くなることも)、だいたい月にRM400。それに比べたらかなり安いですね。もちろん内容はずいぶん違うけど。

うちは今、子供たちが新しく始めたい習い事などのトライアルをやったり、時間を調整したりしています。
時間もお金も限られているので、子供が絶対にやりたいことややらせるといいと思うことを優先させると、ここは通わせなくてもいいんじゃないかな~、というのがうちの結論でした。

でも中国語を楽しく学びたいという子にはもうひとつのクラスはいいかもしれないし、興味のある人はぜひのぞきにいってみて下さい~。


「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

スポンサーサイト

抜けた歯はどうする?

今日、長男ユージンの歯が初めて抜けました。
tooth.jpg
グラグラし始めてからは「痛いー」「気になるー」とうるさかったけれど、やっと抜けてスッキリした顔。

「6歳になった途端抜けるよ」とはよく聞く話だけど、ユージンは全く抜ける気配もなく7歳になり、それでもびくともしないわ、と思っていたら、7歳も後半になって、やっと初めての歯が抜けました。

日本では歯が抜けると、上の歯なら「下向いて生えろー」、下の歯なら「上向いて生えろー」と言って投げる風習ですね。(今の子供は取っておく子が多いのかしら?)
一方、欧米では、抜けた歯を枕の下に入れて寝ると、「tooth fairy」という歯の妖精が歯の代わりにお金を入れておいてくれるというのです。(言うまでもなく、歯をこっそり抜き取ってお金を入れるのは親。)

友達の話を聞いていると、マレーシアでは欧米人のようにtooth fairyを信じて枕の下に抜けた歯を入れて寝る子が多いようです。欧米の映画やドラマなどの影響かな。「マレーシアでは伝統的にどうするの?」と聞いても、みんな「さあ???」と首をひねるばかり。



さてさて、ユージンの歯がグラグラし始めてから、わたしは聞いてみました。

「抜けた歯をどうしたい?日本式、それとも欧米式?」

すると彼は当たり前じゃん、という顔で、

「tooth fairyにあげるに決まってるじゃん、だってお金がもらえるから。

やっぱり・・・。彼は小さい時からお金が大好き。お年玉をうれしそうに数えてたりするので、陰で「スクルージ」と呼んでいたくらい(笑)。
tooth fairyにもらえるお金なんてマレーシアならRM1ぐらい?(よく分からん)とにかく大したことはないけれど、それでもお金はお金。もらえる方がいいに決まってるだろう、というのが彼の言い分。まあ、もっともです。

でも、今日抜けた歯を見た彼は思いついたように言いました。

ユージン「抜けた歯を全部とっておいてさ、全部そろったらパズルにするのはどう?
わたし「あー、粘度で歯茎を作って差してく?」
ユージン「そう」

つまり、自家製3Dパズルってことだね(笑)。
さすがパズル好きの発想は違う!
将来彼が父親になったら、子供の教育にも使えるし(笑)!(←使うか?)



いやーしかし、新鮮な発想にハッとしたわ。
世界にはこういうことを考えた人がユージンの他にもいたのだろうけど、と思ったところで、前に友達が見せてくれた本を思い出しました。
「はがぬけたらどうするの?―せかいのこどもたちのはなし」。

世界の子供たちは歯が抜けたらどうするのかを解説した本。
わたしはまだ読んでいないけれど、世界各国の違う60以上の風習が紹介されているそうです。今度これを元にプレイグループで子供たちに話をしてくれることになっているので、楽しみー!



「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

ダンナのスウェーデンみやげ その2(食べ物編)

先日、ダンナがスウェーデン出張から帰ってきました。
彼にとってスウェーデンは2回目。前回は12月だったので、相当寒かったようですが、5月の今回も10°以下になり、結構寒かったそうです。
それから、一緒に行動したスウェーデン人たちが、やたらと歩くので(20分ぐらいの距離だったら、車やバスなど使わず平気で歩いて移動するそう)、一緒に歩きまくったと言っていました。

さて、一回目の出張の時は、こんなおみやげを持ってきてくれましたが、今回はというと。

まず、こちら。
sweden2.jpg
これはトランジットで降りたオランダの空港で買ったそうで、オランダ製のものです。
これは2枚のサクサクのクッキーの間にキャラメルクリームがはさんであるものです。これくらいならそんなに珍しくもないかもしれないけれど、説明書きに「2~3分、熱々の飲み物の上に置くと、中のクリームがとろけて焼きたてのようになります」とあり、その発想がなんだかとても新鮮で、やってみました。
マグの蓋としてジャストサイズ!そして中身はとろ~り。
しかも、これが熱々のアールグレーにピッタリ!大好評でした。でもこれ、限定生産しているようで、オランダに行かないと買えない(多分)。

そして、スウェーデンで買ってきたものは、こちら。
sweden1.jpg
ああ~中身の写真を撮るのを忘れたけど、唐辛子チョコレートです。形は小さめの直方体。
唐辛子×チョコレートって???と思いながら食べたら、まさに唐辛子とチョコレートの味がしました。最後にのどに辛さがウッとくる感じ。
お店の人に「すごくおいしい」と薦められたそうですが。
誰かに「チョコレート食べる~?」って聞いて、食べてびっくりさせるのに最適かも(笑)。
これを食べてみたい人は、チョコを溶かしてチリパウダーを混ぜてまた固めれば、きっとこんな味になるはず。そこまで手間をかけて食べてみたいものでもないと思うけど。
妹が「ココアに鷹の爪を入れて煮出してもおいしいよ」と言ったのだけど、それもきっとそんな味だと思います。っていうか、そんな奇抜な飲み物を飲んでいる人がいるということにびっくりだ(笑)。



「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

苦行

わたしは、世の中の多くの物事は、考えようによっては楽しめると思っている。
つまらない、嫌だと思っていたことが、見方や考え方を変えただけで、または何か工夫をしただけで楽しく思えることってあるよね。

でも、どうしてもこれだけは楽しくないのです。
こんなことしてるぐらいなら、早くシャワー浴びて寝てしまいたい。または、寝転んでダラダラを本を読んでいたい。
そう、これです↓
machine.jpg
ここで運動すると宣言してから一年以上、運動嫌いのわたしにしてはよく続いていると自分をほめてやりたい気分。
でもこれに乗っている20分×2~3回(/週)の間、できることなら今すぐおりてしまいたいと思わずにはいられない。
効果は感じていますよ。座骨神経痛も腰痛もなくなったし、この一年ぐらい、本当に風邪もひいていない。
でも、痩せはしないな~(笑)。
なんていうか、マイナスをゼロにしているだけなので、楽しくないのかも。プラスの効果があればもっと楽しくなるのだろうか。
初めのうちはiPadでネットサーフィンしながらやっていたけれどイマイチ運動に力が入らないので、今は音楽を聞きながらやっている。でも、好きな音楽を聞きながらやっても、体はしんどいし楽しくないのだ。暑いから汗だくになるし(とにかく、汗をかくことが好きではないのだ)。

誰か、こうすれば楽しくなる!という妙案があれば教えて下さいな。



「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

最近うちでブームの立体パズル

うちの子供たちはパズルが大好きなので、小さい頃からジグソーパズルはもちろん、組み合わせ次第でいろんな形になるパズルをやっています。今までも、図形に強くなる取り組みとして、二つのパズルを紹介しました。

子供が大好き ニキーチンパズル
家族ではまった図形ゲーム

今日はこちらのパズルの紹介です。
puzzle1.jpg
こんなふうに色も形も違う15個のピースを使っていろんな形を作るのです。
例えば、左のページのクリスマスツリーの枠にぴったり合うように、1~10の中からひとつピースの組み合わせを選んで、それをはめていくのです。(クリスマスツリーの形の上に、10通りのピースの組み合わせがあるの、見えますか?)

これのおもしろいところは、上のような平面のパズルにもなるし、こういう立体のパズルにもなるということです。
puzzle2.jpg
このアングルだとちょっと分かりにくいかもしれませんが、立方体です。
こういう問題が、平面のものは110問、立体のものは20問あります。
長男ユージンは5歳の時、これを全問やり遂げました。わたしがチャートを作り、一問解くたびにシールを貼っていったのです。とはいっても立体は自分の力だけでやるのは相当難しいので、やり方を見ながら自分で組み立てられればOKということにしたんですけどね。

最近、4歳の次男ライアンがこれにハマり出し、それを見てユージンもまたやったりしています。

わたしはこれをマレーシアのおもちゃ屋さんで見つけ、「これいいわー!!」と一目惚れ、すぐに購入。思った通りとってもいいので、友人に薦めたり、誕生日プレゼントとして買ってあげたり。全部で6~7セット買ったんじゃないかな。
マレーシア製と書いてあるけれど、こんな素晴らしいものが100%メイドインマレーシアのはずがない・・・!(ごめんね)と思って調べたら、やっぱり日本の製品のコピーのようでした(苦笑)。
オリジナル商品はこちら↓

(わたしがこれを購入したおもちゃ屋さんで、現在これは置いてないようです)



おもしろいと思ったのは、うちの子たちは、問題を解くのはもちろん、それ以外にもいろんな遊び方をしていることです。
自由に組み合わせたり
puzzle4.jpg

自分で正方形を作っちゃったり!
puzzle3.jpg
右がスムーズに片付けられるようにケースの底に敷かれている紙、左がライアンが作ったもの。
よく見ると、一回り小さいんです。こうやってぴったり正方形におさめるってかなり難しいですよ~。

それから、ユージンは自分で紙に形を描いて、その解答をあっという間に7通り作って、わたしをびっくりさせたこともありました。

上のように、クリスマスツリーのような一つの形に対して10通りの組み合わせが提示されているのですが、うちの子たちはそれにこだわらずに、別の組み合わせでぴったりおさめてしまうこともよくあります。こんなにたくさん別解があったのか!とびっくりしています。

というように、いろんな遊び方が楽しめて、長く遊べて、頭がよくなるこのパズル、おススメです。



「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

子供に自分でフォニックスを教える(7・最終回)最後に

子供に自分でフォニックスを教える(1)フォニックスとは
子供に自分でフォニックスを教える(2)ツールに頼る
子供に自分でフォニックスを教える(3)アルファベットの「名前」と「音」
子供に自分でフォニックスを教える(4)アルファベットの「音」を教える際の注意点
子供に自分でフォニックスを教える(5)マジックE
子供に自分でフォニックスを教える(6)その他のルール
から続く。

前回までで、教え方は大体書いてしまいました。
ルールが変わっても、同じような教え方で最後までできます。本などを参考にして、体系だった教え方をしてください。
わたしのやったような方法で、素人のお母さんでも、無料またはあまりお金をかけずに教えられる、と思います。
英語が得意なお母さんなら苦もなく教えられることだし、「わたしが英語を教えるなんてとんでもない!」と思うお母さんならなおのこと挑戦してみてほしいと思います。
フォニックスというのは、英語という言語学習から見れば、ほんの一部です。一通りやれば終わりというものです。
単に発音とスペルのルールを学ぶ単語単位の勉強なので、英会話がペラペラの人でなくても大丈夫。
子どもと一緒にゆっくり少しずつ学ぶことで、苦手意識を克服するきっかけになるかもしれませんよ。
それに、どこかで英語を見かけた時に、お母さんが教えていれば、「あ、これはこの前やったルールが含まれている単語だわ」と気づき、子どもにも働きかけがしやすくなります。子どもが正しく読めたら、とてもうれしく感じてやる気が増すでしょう。それは、人に任せていたら味わえない気持ちです。
でももちろん人にはいろんな事情があるので、そんなに時間をかけられない、という人も多いかと思います。
今は体系的にフォニックスを学べる学習教材などもたくさん売っているようなので、そういうのを利用するのもいいと思います(わたしは自分で使わなかったのでどれがいいか分かりませんが)。または、教えてくれる教室などに通うという手もあります。
マレーシアの幼稚園ではフォニックスを教えてくれるところも多いと思いますが、日本では英語学習の初期段階できちんとカリキュラムに組み込まれているとは限らないようです。確認して、ぜひ学ばせてあげてください。
わたしの考えでは、マレーシアや英語圏、海外で地元やインターの学校に通うなら、幼稚園のうちにやっておくといいと思います。
日本にいたり、日本人学校に通う予定なら、小学校低学年までにやるといいと思います。
でも、それ以後であっても、遅過ぎることはないので、ぜひ一度一通りやることをおススメします。



こんな話を聞いたことがあります。
マレーシア人の友達の娘さんが、公立の小学校に入ったばかりの頃、英語のスペルテストがあるので一生懸命紙に単語を書いて練習していたそうです。
友達がそれをのぞくと、「one, two, three, four, five, sex・・・」と書いてあったので笑ってしまったということです。
うん、話としてはおもしろいけど・・・。この子は家庭で英語を話しているのに、こんな単純な単語でも、音とスペルが一致していないということが分からず、間違ったスペルを練習していたのです。時間もかかります。
一方、長男ユージンも学校でたまにスペルテストがありますが、彼は練習なんかしません。
10個の単語のリストに目を通し、
「覚えなきゃいけないのは"ancient""luxury"だけだな。」
などとチェックします。それからじっとその二つの単語を見て、数十秒後、「うん、覚えた」。これで終わりです。
4分の3ほどの単語は、フォニックスのルールそのままの単語なので、彼にとっては当たり前、わざわざ覚える必要のないものなのです。聞けばスペルが分かるのです。
フォニックスのルールから言えば例外的な単語でも、なぜかスペルを覚えるのが得意です。
だからといって彼の書く英文のスペルがいつでもパーフェクトなわけではありません。(同じ発音をするルールだってあるし、そもそも聞き取りがうまく出来なければスペルも間違えるし。)
でも、そのへんは間違えても別にOKだと思っています。間違えながら、覚えていくのですから。
ただ、言えることは、彼にはやみくもにスペルを覚えるという重責がない、ということです。

実は、フォニックスを習ったことがない人でも、たくさんの単語を習ううちに自分の中で分析し、だいたいのルールを把握するようになるので、いつまでたってもやみくもにスペルを覚え続けるというわけではありません。
ただ、その分析にかかる時間は、人によってかなり差があるし、どこまで複雑なルールを把握できるかということも個人差があります。
だから、無駄に時間を使うことのないよう、初めからフォニックスを習わせておくことをおススメします。



わたしは幼児期における家庭学習がとても大事だと思うけれど、「このプログラムをやっておけばOK」という万能なものはないと思っています。それは、子どもはみんな違うからです。
それでも、「どんな子どもでもこれはぜひやっておいた方がいい!」とおススメしたいものはいくつかあり、フォニックスはそのひとつです。(その他は国旗、折り紙などがありますが、そのへんについてはまたおいおい書いていきたいと思います。)
わたしは、幼児期の家庭学習というのは、内容を習得することが目的ではないと思っています。
やることを通して愛情を伝え親子の絆を深めたり、学ぶ楽しさを感じること、好奇心を育てることが一番の目的だと思っています。いろんなことを覚えたり記憶力がよくなるのは副産物。だから、やったことを忘れてしまっても別にいいのだ、とわたしは思うのです。
でも、取り組みをするには、当然何か素材が必要ですよね。
フォニックスを始めると、子ども自身が、「読める!」という達成感を味わいます。言葉なんて、どこにでもあふれていますから。フォニックスは、学ぶ楽しさをとても感じやすいのです。
そして、フォニックスは必ずや後で役に立ちます。例え一部を忘れてしまっても、やったことがあるのとやったことがないのでは、大違いです。
ルールは忘れてしまっても、「なんか知らないけど読める、スペルも分かる」という状態になっているかもしれません。それでいいんです。フォニックスって本来そういうものなのです。
そうすると、英語学習をスムーズに始められるし、本人も自信が持てて、ますます英語が好きになる・・・という好循環になります。



最後にひとつ、とーっても大事なことを書いておきます。
わたしは子どもが小さい頃からひらがなやフォニックスを教えているし、頑張って図書館に連れて行ったりしているので、目で読むことを教えるのに偏重していると思われる方もいるかもしれませんが、違います。耳で聞く言葉も同じぐらい大事だと思っていて、そちらの方の取り組みもしています。
こちらの方はまた長い話になるので、別記事にて書きたいと思います。
フォニックスを学んで、自分で読めるようになったからと言って、文字を読ませるばかりでなく、ちゃんと聞く方もさせてあげてくださいね。

~「子供に自分でフォニックスを教える」終わり~



「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

大きいものについて考える本

わたしは日本から本を取り寄せる時、まず絵本は注文しません。
送料がかかってもったいないから、事典やかるたなどの繰り返し読んだり使ったりするものを選ぶようにしています。絵本ってすぐに読めるし、気に入らないかもしれないし、なんだかもったいない気がして(←貧乏性)。

でも、紹介を見た時に、これ、欲しい!絶対にうちの子たち気に入るわ!と思って取り寄せたのが、この本。
「シロナガスクジラより大きいものっているの?」

左が日本語版、右が英語版。迷って、日本語版を買いました。英語版なら、こっちの図書館とかにもあるかもしれないと思って。

地球上で一番大きい生物はシロナガスクジラですが、それより大きいものってあるのだろうか?
ということで、どんどんどんどん大きいものが出てきます。
その描写の仕方がおもしろくて、
kujira.jpg
こんなふうにユーモアたっぷりなので、子どもたちに大ウケ。
大人も楽しめると思います。

偶然、図書館で似たような内容の本を見つけたので、それも読みました。
「ぼくのいまいるところ」。

自分のうちの庭から始まって、どんどん大きいものが出て、最後には宇宙まで広がっていきます。
うまくイメージできると、自分が宙から自分のことを見ているような不思議な感覚におそわれる絵本です。

なぜか、宇宙って子どもたちの興味をひきますよね。
こういうことが分かれば、なんだか大きい考え方ができる人になりそうな気がします(笑)。



「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

誘拐事件について

はああ・・・この一週間、かなり気持ちが落ち込んでいました。
4月27日(金)にモントキアラのインターナショナルスクール前で起きた誘拐事件。12歳のオランダ国籍のNayatiくんという少年が、まわりに送迎の保護者などがたくさんいる早朝7:35に2人(ソースによっては3人ということも)のインド系の男たちに車の中に押し込まれて連れ去られたという事件です。結局は彼の両親が身代金を払って、5月3日(木)に彼は解放されたのですが、犯人はつかまっていません。
このことで、この一週間、気持ちがずーーんと落ち込みました。
マレーシアで誘拐事件というのは本当によくあることなのですが、なぜ今回のケースがこんなにわたしの気持ちを落ち込ませたのかというと、
①Nayatiくんが仲のいい友達の息子にそっくりであること(初めに写真が回ってきたとき、息が止まるかと思うほどびっくりしました。後で友達に聞いたら、本人も「あれ、この子ボクに似てるね」と言ったそう。でも友達の息子は7歳なので、身長も全然違うし、人違いはされなかったようだけど)
②犯行現場はうちの近くで、実際にダンナと長男ユージンも事件が起こった5分ほど前に現場を通っていたこと
③わたしも毎日必ずと言っていいほど現場を通るので、情報提供を求める人たちがビラを配っていたりするのを見ていたこと
④その前後に誘拐未遂事件が相次いだこと
などで、誘拐というものが現実のものとして迫ってきて、「自分の子どもが被害者になりえたのだ」と思ったのが原因です。

その後、友達といろんなことを話しているうちに、話が人身売買とか少年売春だとかものすごく暗いところまで入っていってしまい、(なんだかすごい確率のような気がするけど、友達のうち2人は誘拐未遂に実際にあったことがあり、危険性を肌で実感していたので、子どもを守るためにリサーチなどしてものすごく詳しかったのだ)、気持ちが落ちるところまで落ちてしまいました。
Nayatiくんの両親も警察も、最後まで犯人から身代金の要求があったことは伏せていたので、一般の人々は連れ去られたまま全くの行方不明、犯人からのコンタクトはなし、と思い込んでいて、いろんな憶測が流れていました。

折しも「公正な選挙を求めるデモ」が重なり(犯人はそれを狙っていた気がするけど)、友達と「こんなんでマレーシアが変わるわけないでしょ」とか話しているうちに、もう安全な場所はどこにもないし、未来も暗い、というような気がしてきて。
でも、Nayatiくんが無事保護されたというニュースが飛び込んできた途端、「なんだか選挙の方も希望が持てるような気がしてきた」とかいう気持ちになってきたわたしたちって単純(笑)?
まあわたしも、選挙の方は、これだけ声をあげることができるんだからマレーシア人ってなかなかやるじゃんと思うし、希望はあると思います。時間はかかるだろうけど。

誘拐事件の方は、多額の身代金が支払われたようだけど(金額は明らかにされていないが、30万リンギだろうといわれている)、ともかく無傷で戻ってきてよかったです。そして、なんだか心温まる話がいくつかありました。
彼の両親は、人種や宗教などを超えて驚くほど多くの人たちからサポートしてもらった、前よりもマレーシアが好きになったし、滞在し続けたいと思っている、とのコメント。
それから、彼の両親は彼の身の安全を第一に考え、解決に向けて尽力したマレーシア警察へ感謝の意を述べています。
マレーシア人は、「どうせ外国人の子どものことなんて警察はどうでもいいんでしょ」とか「結局警察なんてなんにもできなかったんでしょ」というような警察に対する否定的な意見を言うのをよく耳にします。デモにおける対応とか、普段の小遣い稼ぎとか見ているとそういいたくなる気持ちも分かるけど、家に泥棒に入られた友達の話を聞くと、犯人だって捕まえてくれたしその後も誠実な対応をしてくれた、ということです。そういえば、うちの近所に泥棒が入った時も、一味のうちの一人は現行犯でちゃんと捕まえてくれたし、夜更けまで近所中をくまなく捜索して、残党がいないかチェックしてくれました。みんなが考えているほど警察は無能ではない・・・。多分。少なくとも、ちゃんと誠実に職務を全うしてくれている警官たちもいるのだ、と分かったこともいいことかも。


Nayatiくんは、解放されたその日学校に向かい、先生や友達に感謝の意を述べ、
"I left on Friday, I walked to school. Today I'm walking back home. They can't beat me."
と言って歩いて帰ったそう。勇気のある少年だ!(本人は一人で帰ると主張したけど心配した級友がついてきたということ。そりゃあそうだろう~。)

そしてこちらは、彼からサポートしてくれたみんなへのメッセージ。

元気そうで、安心しました。

誘拐犯は、監禁中に手荒い扱いはしなかったようで、「何が食べたい?」などと聞いてくれたそうです。
Nayatiくんは「チキンライス」と言い、本当にチキンライスをくれたそう(笑)。
(注:もちろんチキンライスとは海南チキンライスのこと、マレーシアの国民食です。「犯人、結構いい人なのね」という意味では全くなく、Nayatiくん、こんな時にチキンライスを欲するなんてマレーシアに溶け込んでいるのね~、となんだかほんわかしました。)

もうひとつおかしいと思ったのは、犯人は彼の両親にソーシャルネットワーキングサイトを通してコンタクトをとってきた、ということ。誘拐事件で犯人がそういう方法でコンタクトをとってきた初めてのケースだそう。
犯人はどうやらマレーシア人ぽい・・・というところから考えると、やっぱり、Facebookだよね???(マレーシアでのFacebook率は世界で第一位。)
でもって、アホな犯人が普段自分の使っている本名のアカウントからメッセージを送っちゃった・・・とかいう展開ならおもしろいけど、まだつかまっていないので、いくらなんでもそんなアホなことはしなかったみたいだ(当たり前か)。

まあ、今回のケースは身代金目的で不幸中の幸い。誘拐に詳しい友達からいろんなことを教えてもらいましたが、一つみなさんにお伝えしたいことを書いて終わります。
「誘拐犯は、人気(ひとけ)のないところより、むしろ混雑した場所を好む。また、大人数の団体の中の子どもを誘拐ほど誘拐しやすい。大人の目が多いほど、大人は大人同士のおしゃべりに夢中になり、『誰かが見てくれている』と油断するからだ。」
ドキッとした人も多いはず。ここではやはり日本とは事情が違うので、日本人から見ると過保護だと思えるくらいでいいと思います。わたしも、これからはショッピングモールで、息子一人だけで男子トイレに行かせないようにします。いや、もともとわたしにくっついてくるか(笑)。

落ち込んだけど、彼が無事帰ってきたことだし、気を取り直して、わたしたちに出来ることをしていこうと思います。



「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

趣味の動画
わたしの好きな音楽を中心にお気に入りを紹介。ぜひ聞いていってね♡
David Archuleta & Nathan Pacheco
"The Prayer"

クリスマスにはやっぱりDavid Archuleta。美しい歌声・・・。
おすすめの本
過去の記事で紹介しているものですが、こちらでも紹介します☆
フォニックスを教える時によく参考にしていました。
関連記事:子供に自分でフォニックスを教える(1)フォニックスとは


小学校低学年の英語読書。初めて読むチャプターブックとして最適。
関連記事:小学校低学年の英語読書〜「マジック・ツリーハウス」


プロフィール

モカきりん

Author:モカきりん
モカきりん:アメリカ留学中に中国系マレーシア人の現在のダンナと出会う。大学卒業後に渡馬、結婚。日系の塾で小学生と中学生に英語・国語を教える。7年塾講師として働き退職。その後2人の息子を出産して現在は専業主婦。

長男ユージン:2004年生まれ。明るく元気で、遊ぶことが大好き。やっている習い事はピアノ。第一言語は日本語、英語も文法的にはかなりブロークンだが話せるし理解できる。おばあちゃんとは中国語で会話、マレーシア語も学校で勉強中だったが、なぜか今年度は学校の方針でフランス語をやっている。2011年1月にインターナショナルスクールに入学、現在中学2年生。


次男ライアン:2008年生まれ。習い事はピアノ。とても人懐っこく誰にでも笑顔をふりまく。2014年1月にお兄ちゃんと同じ小学校に入学、現在小学校4年生。


ダンナ:中国系マレーシア人。日本語が流暢で時々日本人に間違えられる。優しく子供とたくさん触れ合ってくれるいいパパ。

おススメサイト
無料なのにスゴク使える!おススメサイト
<教育関連>
英語本
登録すると、オンライン英語図書館「タンブルブックス」にアクセスできます。
Starfall(英語)
フォニックスを学ぶならここ!
We Give Books(英語)
オンライン図書館。朗読はついていないので自分で読まなければなりませんが、無料で図書館に行く必要がないのは助かります。
学力は全米トップ0.1% 秘訣は幼児期の教育
子育てバイブル。
Colouring Book of Flags(英語)
国旗塗り絵がダウンロードできます。
おりがみくらぶ
折り紙といえばココ。折り方のアニメーションもあり、難易度も一目瞭然で使い勝手抜群。英語、中国語版など外国語7言語のサイトともリンクしているので、外国人の友達とリンクをシェアできるのもうれしい。
無料e童話
数は少ないのですが、無料で絵本が読めます。
英語のおとぎ話ビデオ(YouTube) You TubeのStoryというチャンネルで、10数分の英語のおとぎ話のビデオが見られます。英語字幕をつける設定にもできます。
バイリンガール英会話 Chika's English Lesson(YouTube)
バイリンガルの吉田ちかさんのYou Tubeチャンネル。わたしの勉強のために見ていますが、内容によっては子どもにも見せたりします。明るくてかわいいちかさんの動画は見るだけでも楽しい!

ピアノ初心者のための音符の読み方
自分で子どもにピアノを教えている、またはピアノ教室に通わせているけれど家での練習を見ている、という親にとって、とても参考になるサイトです。単にピアノを教えるということだけでなく、子育てという広い観点からピアノの練習をとらえていることが素晴らしいと思います。

Storyline Online(英語)
俳優さんたちが英語の絵本の読み聞かせをするビデオがたくさんあります。

<マレーシアで利用できる音楽ストリーミングサービス>
音楽ラバーにはもちろんうれしいサービス、実は子育てにもめちゃくちゃ使えます!(無料で使えないものもあります)
KKBOX Malaysia
Spotify
Deezer
おススメ記事
当ブログ内のおススメ記事です。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。