ホーム   »  2012年07月
rainbow.jpg
Archive | 2012年07月

2本目の抜けた乳歯

抜けた歯はどうする?で長男ユージンの歯が初めて抜けたことを書きました。

これは、下の真ん中の歯のうちの左側だったのですが、その後右側もグラグラし始めました。
でも、一本目が抜けた時はグラグラし始めてから割とすぐに抜けたのに、2本目は1ヶ月以上は居座っていたでしょうか。なかなか抜けなかったのです。
やっと抜けて見てみると、おおっと思いました。
tooth2.jpg
これ、向かって右が一本目、左が2本目です。
2本目の方が下がながーくて尖っていますね。だからなかなか抜けなかったのかー!
その後、抜けた歯の隣もグラグラしていることに気づき、また次の日に抜けたので、2本目、3本目は2日連続で抜けたことになります。

そうそう、前に書いた抜けた歯をどうするかという各国の習慣ですが、マレーシア人の友達に聞いても「知らない」というばかりだったけれど、そのうちの一人が調べたら、

「わたしたちの体は自然の一部だから、自然にかえるように土に埋める」

ということでした。
前回も紹介した本「はがぬけたらどうするの?―せかいのこどもたちのはなし」をその後友達に借りたら、同じことが書いてありました。

でも今マレーシアでそうやっている子はほとんどいないようだけどね(笑)。
うちはいまだに3本の抜けた歯をそのままとってあります。う~ん、どうするか思案中。


「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

スポンサーサイト

やっぱり音楽は楽しくなくちゃね♪(2)

やっぱり音楽は楽しくなくちゃね♪(1)から続く。

長男ユージンがバイオリンがやりたいと言っているからといってすぐにやらせるのではなく、種まきを続けて本当にやりたいのか、それとも冷めてしまうのかとしばらく見極めようと思ったわたし。
そして、始めたくても実際にはいい先生が見つからず、始められず約半年の期間が過ぎました。
う~~ん、これ以上置くとよくない、ちょっと条件は希望通りでなくてもどこかに通わせてみるか~、と思い始めたとき。

うちの近くに新しい音楽教室ができることになりました。
バイオリンクラスはあるかな?とのぞいてみたところ、あるとのこと。
ヤッター!しかも、今まで見たどの教室よりも近く、安い。
しかも先生が若くて美人の女の先生(笑)。
ユージン、運がいいなあ。
ヤマハのピアノの先生はおっとりタイプのかわいい先生ですが、このバイオリンの先生はもっと元気でエネルギッシュな感じ。
そして、わたしは初めに話をしただけでなんとなく感じたのは、この先生は音楽の実力も教える力もとても高いのではないか?ということ。

先生の力ってどんなことか?
例えば英語の先生なら、(1)実際の英語運用能力がどれくらい高いか、ということと、(2)人に分かりやすく力をつけるやり方で教えられるか、という力はみんなそれぞれ違う。
(1)が高い(つまり英語がペラペラとネイティブネベル)だとしても人にうまく教えられるとは限らない。
教える相手が初級レベルであるほど、(1)よりは(2)の方が重要になってきますよね。
だからといって、あまりにも(1)が低い先生はちょっと遠慮したい・・・とわたしは思います。
で、このバイオリンの先生は、(1)も(2)も高いと直感的に感じたのです。
半年の間、ユージンはバイオリンをやりたいと言い続けたので、一時的な気持ちじゃないと判断したわたしはさっそく トライアル、そしてユージンが気に入ったので、即レッスン開始。
後で知ったのだけど、この先生はパフォーマーなのです。結婚披露宴とか、バーとかで演奏したりする人でした。
歌も歌うし、ピアノもバイオリンもできるということ。
パフォーマーの中には人に教えることに全く興味のない人もいるけれど、この先生は子供を教えることにとても情熱を持っている。でも厳しすぎない。
なんといっても、先生が音楽を心から楽しんでいるのが伝わってくるんですよね~。
生徒に「先生ってすごい!わたしも先生みたいになりたい!」と思わせることができる先生って、最高の先生だと思います。だって練習するのは生徒本人なのだから、いくら力をつけさせるメソッドを持っていても、本人がやる気にならないとしょうがないものね。

こんないいタイミングでこの教室が出来てもう本当にラッキーでした。
ヤマハにすごく大きな不満があったわけじゃないけど、すべてにおいて事務的、そしてユージンは4人の違う先生に習ったけれど、どの先生もふつ~~~でした。ちょっと音をはずしたり、よくピアノを間違えたり(笑)。情熱もあまり感じられなかったなあ。

で、わたしとしては2日に分けてピアノとバイオリンを別々の教室に通わせるより、一回で済ませてしまえたらその方が楽なので、聞いてみたら、その先生はピアノも教えているということでした。
わたしはもちろん力のある先生の方がいいし、楽な方がいいとも思ったけれど、ユージン本人に決めさせました。
彼は、この先生にピアノも習いたいと言いました。

~続く~


「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

やっぱり音楽は楽しくなくちゃね♪(1)

「早期教育」を受けてきた長男の欠点の最後でちょっと触れましたが、長男ユージンは現在ピアノとバイオリンを習っています。

ピアノを始めたのは約2年前。
ヤマハの音楽教室(JMC、グループレッスン)に通い始めました。
その時はたまたま教室の前を通ったので、ちょっとのぞいてみて、もうすぐ新しいコースが開講されるから行く?と本人に聞いたら行くというので通わせ始めました(つまり、あまり深く考えていなかった・笑)。
2回、上のクラスに上がり、本来は2年でやるコース(JMC1~JMC4)を1年半で終了。
JMC4の終わりに、どれだけできるようになったかのテストがありました。これは受けなくてもいいテストだったのですが、基本的に「なんでもやらせる」方針なので、いい機会だと思って受けさせました。
しかしこれが間違いだった!何度も何度も同じ曲を練習しなければならなかったのがイヤだったようで、テストが終わった後は1ヶ月ほどピアノに触ろうとしませんでした。

ちょうどここでJMC4が終了し、グループレッスンを続けたければヤマハの別の教室に行かなければならないということでした。そして、そこが遠い・・・。
わたしはユージンは人とワイワイやるグループレッスンが合っていると思ったのだけど、家の近くでどうしてもグループレッスンが見つからなかったので、ヤマハの個人レッスンを試してみることにしました。
もうピアノに触るのも嫌かと思っていたのだけど、トライアルをやってみたら新しい先生が気に入ったようで、すんなり個人レッスンに突入。
ああ、事前に若くて優しい女の先生をお願いしておいてよかったわ(笑)。
しかもかわいい先生でした(笑)。
ユージンお前も男よのう、こんな単純なことでまたやる気になるなんて(笑)。
わたしがレッスンをドアの外から聞いていた感じでは、この先生はピアノの力も教える力もふつう~~でした。特にすごくいい!と言えるものがない。でも本人が気に入ってやる気になっているなら、とりあえず今の段階はよしとするか、と思って通わせていました。
休憩時間には、「ユージンくん、日本語教えて~heart.gifとか会話しながら楽しそうだったし(笑)。

実はこのピアノ個人レッスンに入る前に、彼がまた音楽をやりたいという気持ちになってくれるように、「のだめカンタービレ」のドラマを見せました。種まきです(笑)。
ユージンはのだめに大ハマり。そして自分ではそうは言わないけれど、千秋先輩に憧れているようでした(笑)。
クラシック音楽をよく聞くようになったり、指揮のまねごとをよくしたりするようになりました。
この種まきがあったからこそまたピアノをやる気になったのだと思うけれど、もうひとつ、

「ボク、バイオリンもやりたい。」

と言い出すようになったのです。

ほほう、バイオリンねえ。うん、バイオリンもいいね~。
でもその時は、ドラマに夢中になっていて一時的にのぼせた状態になって言っているのではないかと思っていました。
それから、バイオリンという言葉を聞いた時にわたしの脳裏には「鈴木メソード」という言葉が浮かんできました。
鈴木メソードのことはよく知らないのですが、ドーマン博士か七田さんか井深大さんのどれかの本に出てきた(あるいは全部に出てきたのかも、今ちょっと調べている時間がないのですが)、ということは覚えています。
鈴木メソードではすぐにバイオリンに触らせないそうです。数ヶ月、人がバイオリンを弾いているのを見せて、「自分もやりたい」という気持ちを最大限に引き出してから始めるということです。
なので、わたしもやりたいと言うからホイホイやらせるのではなく、さりげなく種まきを続けながらやりたい気持ちを高めていこうと思いました。もしこの間に気持ちが冷めるようならそんなにやりたいということではないだろうし。

種まきのひとつとして、この映画「耳をすませば」を一緒にみました。

わたしはこれが大好きで何度観たか分からないくらい。ユージンは宝石も好きなので、彼の好みにドンピシャ、でした。

同時に、家の近くでバイオリンを習えるところ(または自宅まで来てくれる先生)のリサーチを始めました。
全くないわけではありませんでした。でも、条件はいいのだけどなんだか先生があまり好きな感じではないとか、先生はよさそうだけど高過ぎる!とかで、なかなかいいところが見つかりません。

思ったよりも長くなりそうなのでいったん切ります。
~続く~


「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

韓国デザート&ビストロ NAMOO@パブリカ

パブリカに新しく韓国系カフェNAMOOが出来ました。
オープンして1週間少しぐらいなんだけど、なんともう3回も行きました(笑)。
写真で紹介します。

namoo1.jpg

外の席。
namoo2.jpg

こんなふうにすぐ外は公園。
子連れの韓国人でいっぱいでした。
namoo3.jpg
写真がないけど、中もおしゃれな感じです。

ライスバーガー。
namoo4.jpg

スンドゥブ・チゲ。(おいしかった。)
namoo5.jpg

白キムチ冷麺。(具が少なくてちょっと物足りない。)
namoo7.jpg

食事の価格帯はこんな感じです。(ボケてるけど)
namoo6.jpg

スイーツも大騒ぎするほどじゃないけど、甘すぎずおいしい。
namoo8.jpg

わたしは韓国料理も韓流ドラマもK-POPも全然好きじゃない・・・というか好きか嫌いかと言われれば嫌いです。別に民族差別意識や政治的意図は全くなく、単にことごとくわたしの好みに合わないだけ。別にけなすつもりは全くありません。
でもこのカフェは好きです!韓国料理も、辛い前菜ばかりいっぱい並べて焼き肉~っていうのはあまり好きじゃないけど、こういう風におしゃれな雰囲気のカフェで、手頃な値段でちょうどいい量を食べられれば、とてもおいしく食べられます。

韓国料理と言えば焼き肉!という感じだったので、こういうコンセプトは新しいですね。
新しいお気に入りです。


「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

盆踊り@パブリカ

先週土曜日に行われたパブリカでの盆踊りですが、わたし、完全にポイントをはずしました・・・。
午後はブキッ・ビンタンに出かけていたので、帰ってから浴衣に着替える間もなく出かけました。
でももうスイカ割りとか終わっていた・・・。
屋台で食べ物を買って食べたりしていたんだけどあまりお腹いっぱいにならず、屋台の種類も少ないし人がすごく並んでいたりで結局別のレストランに食べに行きました。その時踊りはもう始まっていました。
帰ってきたら、ちょうど踊りが終わったところでした(笑)。
言い訳すると、郡上(岐阜)では徹夜踊りするので、ちょっと夕飯食べに行ったからって踊りが終わるなんて思ってもみなかったよ(笑)。そうか、ここは郡上ではないのだった。
だから、子供たちにとっては、多分一体なんだったんだろうという感じでした(笑)。
来年はちゃんと子供の浴衣も仕入れて気合いをいれてのぞみます!

やぐら。意外と小さく、踊りの輪も小さかったです。
bon1.jpg

上から見たところ。パブリカにこんなにたくさんの人がいるのを初めて見たわ。
bon2.jpg

屋台の種類がちょっと夏祭りの夜店っていう感じと違うのが残念でした。
あと、とても個人的な意見だけど、わたしの踊れる曲がない・・・。まあ、日本でも地方によって全然違う曲をやるのでしょうがないけれど。(でもアンパンマンとか忍たまとか地元の人は知らないんじゃない?)
郡上ではみんな本気で踊りに来るんですよ~。ああ~懐かしい、行きたいわ。
でもでも、もちろんこういう企画をやってくれてうれしいです。規模が小さくて子連れでもこれなら行ける!という感じでした。
来年もぜひやってほしいなあ~。


「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

「早期教育」を受けてきた長男の欠点

初めに断っておきますが、別に自慢したいのではなく、これはあかんなあ~という話です。
それから早期教育はあかん!という話でもないです。

表彰された長男、「勉強ができる子どもの家庭は何をしているか?」でも書いたように、長男ユージンは学校の勉強に関しては問題なし。家で特に何もしなくてもよく出来ます。
3年生になってからの定期テストも、わたしは一切手を出さず本人にまかせましたが、いい成績をとってきました。

スペリングビー(英語のスペルコンテスト)をやれば全問正解。
これに関しては、学校の行事予定表(※あまり当てにならない)には書いてあったんだと思うけど、わたしはちゃんとチェックしていなかったので知らず、2回戦が終わったところで「全部合ってたよ」とユージンに告げられました。
同じクラスでもう一人全問正解だった男の子がいて、その子のお母さんは「事前にもらったリストを徹底的に家で練習させた」と言っていましたが、ユージンはチョロチョロっと目を通しただけだったようです。

それから、この前授業で立体地図を作って、それがクラスで1位に選ばれたと言って賞品をもらってきました。

義母は、「この子は何をやっても一番だねえ!」と言っています。
まあ、もちろん何でも一番ということはないですよ。言葉のあやです。
でも、確かに、大した努力をしないで多くのことをうまくこなすことができます。
ユージンと就学前に取り組んできたいわゆる「早期教育」(この言葉が誤解されないといいんだけど)・・・記憶力をよくする、好奇心を育てる、集中力をつける、学ぶことは楽しいと感じる、なるべくいろんな経験をさせる・・・などの賜物だと思います。
ベースさえしっかりしていれば、小学校に入ってからみっちりくっついて勉強を教えなくてもいいのです。



だから、彼は遊ぶ時間を最大限にとれるし(それでも帰って来る時間が遅くなってしまうので少ないと思うけど)、習い事をする余裕もあります。なんとか日本の勉強をやる時間もとれます。
マレーシアでは小学校低学年から家庭教師をつけたり、塾に通って勉強することはめずらしいことではありませんが、特にその必要はありません。(※小さい頃からの塾通いなどは多言語国家でいろんな言語を勉強しなければいけないことが大きな要因だと思います。ユージンはマレーシア語も中国語も得意ではないのできちんと身につけさせたいと思えば塾通いなどが必要ですが、とりあえず学校でやっているレベルのことについていくには問題なしという意味です。)
彼にとっても勉強がよくできるということは自信にもなっているようだし、それ自体は問題ありません。

でも、これによる大きな欠点があるのです。
それは、小さい時からなんでもうまくできていたため、本人にとって出来るのが当たり前。
だから、
(1)出来ないのが恥ずかしいと思って間違いを認めようとしないことがある
(2)できないことをコツコツ努力してできるようにするということができない

のです。

わたしは勉強で間違えても分からなくても一度やったことを忘れても一切怒りません。
(学校の勉強を家で教えることは特にしていませんが、進研ゼミで日本の勉強は教えています。)
「間違えることは恥ずかしくない。それを素直に認めそこから学べばいいだけ。」ということを繰り返し優しく諭してきたので、(1)に関しては最近はずいぶんよくなりました。

しかし(2)に関してはまだまだですね~。
もちろんこれから身につけていけばいいことなのですが、「頑張る力」って人生においてものすごく大事!だと思っています。
うまくできない。頑張る。努力を続ける。出来るようになる。
こういうことを経験するって不可欠だと思います。

そのためには、彼が「寝食を忘れるほど没頭する何か」を見つけることだと思っています。
彼は好奇心旺盛だけど、「器用貧乏」みたいなもので、ボクは誰がなんといおうとコレ!というほど強いものはないのです・・・。
こればかりは本人次第なので、わたしは横でじっと見守りながら、種まきし続けるしかないですね~。
(種まき=いろんなことを見せたり教えたり経験させたりすること。)

スラムダンクの桜木花道のバスケのように、ヒカルの碁のように、宇宙兄弟のムッタ&ヒビトの宇宙のように、ガーッと没頭できるものがあるといいなあ・・・。(例が漫画ばかりですいません。でもいい漫画ばかりですよね~。いつか読ませたい。)
ユージンは現在ピアノとバイオリンを習っています。
もちろん好きだからやっているわけだけど、だからといって自分から一心不乱に練習するほどではありません。
まあヒカルだって初めは全然碁に興味なかったから、何かのきっかけで本気になることもあるとは思うけど。
それに、いろいろ紆余曲折ありました・・・。
わたしとしては、彼にとって音楽が没頭するものになるかもしれないし、ただ楽しんでやるだけのものになるかもしれないし(それはそれでもいいんだけど)、分かりません。
でも彼が精神的に成長する一助になることは確かだと思っています。
ということで、次回は習い事の話。(たぶん。)


「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

マレーシアで痴漢

そう言えば、この前痴漢らしきものに遭った。
本屋さんで立ち読みしていたら、後ろからお尻を触られたのだ。
別に通る時にどうしても体が触れてしまうような狭い場所でもなかったし、ただ触れたのではなく明らかに触ろうという意志がある触り方だったし、わたしが振り向いた時のそいつの不審な動きを見ても、やっぱり間違いなく痴漢だと思う。

実はしばらく痴漢だということが分からなかった。
分かったらもちろん不快な気持ちになったけれど、その前にわたしの頭をかけめぐったことは、
「?・・・!・・・!」
ということだった。
まず、
「ん?なんだ?」
と思い、
「痴漢か!」
と分かり、最後の「!」は、
「そうか、そう言えば世の中に痴漢というものがいたんだ!」
ということだった。
分かるのに時間がかかるほど、痴漢というものの存在を忘れていたのだ。だってもう15年も満員電車というものに乗っていないんだもの。
痴漢はサイテーだ。電車通学していた大学生の頃、満員電車に乗るのが嫌でたまらなかった。今は女性専用車両とかあって、あまりそういうことはないんだろうか?
しかし、そうか~マレーシアでは(もちろん個人の生活スタイルによって違うけど)痴漢に遭う確率がぐっと低いというのはいいことかも、と思った。
でもその分車を運転しなければいけなくて違う種類のストレスはあるかもしれないけど~。
昔、ジャカルタ→KL滞在を経て東京の高校に入った教え子が言っていたのだけど、東京で初めて満員電車に乗って通学しなければいけなかった時、駅員さんが「押しますよ~」と言ったので、
「え、嫌です。押さないで下さい。じゃあわたし降ります。」
と言って本当に降りたということだったけど、確かに慣れていない人にはあれはキツいよね。
それなら好きな音楽を聞きながらのんびりゆっくり安全運転する方が楽かも。


「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

最近物騒だ~ 追記:関連記事

この間書いた「最近物騒だ」に関連する記事があるのでリンクを載せておきます。
The Malaysian insider: Ex-IGP says crime on the rise, refutes official statistics

これは、元警察長官が、政府は治安悪化を国民から隠していると指摘したもの。
犯罪発生件数が減少しているという発表は事実ではないと主張しているもようです。

これを要約した日本語記事はこちら
マレーシアナビ! 治安悪化を政府が隠蔽=元警察長官 「事実の公表が必要」違例の指摘

マレーシア人にとっては、「やっぱりね」というところでしょうか・・・。

ひとつ最後に言いたいのですが、わたしはいたずらにみなさんを怖がらせるつもりでこういうことを載せているわけではありません。
多くの事件は早朝か深夜、女性が一人歩きしているという状況で起こっているので、適切な防犯対策をすれば被害に合う可能性はかなり低くなるはずです。(もちろん昼間に起こる事件もあるし、ターゲットは一人歩きの女性とは限りませんが。)
むやみに怖がる必要はないけれど、なるべく正しい情報を知って適切な対応をしたいですね。


「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

趣味の動画
わたしの好きな音楽を中心にお気に入りを紹介。ぜひ聞いていってね♡
David Archuleta & Nathan Pacheco
"The Prayer"

クリスマスにはやっぱりDavid Archuleta。美しい歌声・・・。
おすすめの本
過去の記事で紹介しているものですが、こちらでも紹介します☆
フォニックスを教える時によく参考にしていました。
関連記事:子供に自分でフォニックスを教える(1)フォニックスとは


小学校低学年の英語読書。初めて読むチャプターブックとして最適。
関連記事:小学校低学年の英語読書〜「マジック・ツリーハウス」


プロフィール

モカきりん

Author:モカきりん
モカきりん:アメリカ留学中に中国系マレーシア人の現在のダンナと出会う。大学卒業後に渡馬、結婚。日系の塾で小学生と中学生に英語・国語を教える。7年塾講師として働き退職。その後2人の息子を出産して現在は専業主婦。

長男ユージン:2004年生まれ。明るく元気で、遊ぶことが大好き。やっている習い事はピアノ。第一言語は日本語、英語も文法的にはかなりブロークンだが話せるし理解できる。おばあちゃんとは中国語で会話、マレーシア語も学校で勉強中だったが、なぜか今年度は学校の方針でフランス語をやっている。2011年1月にインターナショナルスクールに入学、現在中学2年生。


次男ライアン:2008年生まれ。習い事はピアノ。とても人懐っこく誰にでも笑顔をふりまく。2014年1月にお兄ちゃんと同じ小学校に入学、現在小学校4年生。


ダンナ:中国系マレーシア人。日本語が流暢で時々日本人に間違えられる。優しく子供とたくさん触れ合ってくれるいいパパ。

おススメサイト
無料なのにスゴク使える!おススメサイト
<教育関連>
英語本
登録すると、オンライン英語図書館「タンブルブックス」にアクセスできます。
Starfall(英語)
フォニックスを学ぶならここ!
We Give Books(英語)
オンライン図書館。朗読はついていないので自分で読まなければなりませんが、無料で図書館に行く必要がないのは助かります。
学力は全米トップ0.1% 秘訣は幼児期の教育
子育てバイブル。
Colouring Book of Flags(英語)
国旗塗り絵がダウンロードできます。
おりがみくらぶ
折り紙といえばココ。折り方のアニメーションもあり、難易度も一目瞭然で使い勝手抜群。英語、中国語版など外国語7言語のサイトともリンクしているので、外国人の友達とリンクをシェアできるのもうれしい。
無料e童話
数は少ないのですが、無料で絵本が読めます。
英語のおとぎ話ビデオ(YouTube) You TubeのStoryというチャンネルで、10数分の英語のおとぎ話のビデオが見られます。英語字幕をつける設定にもできます。
バイリンガール英会話 Chika's English Lesson(YouTube)
バイリンガルの吉田ちかさんのYou Tubeチャンネル。わたしの勉強のために見ていますが、内容によっては子どもにも見せたりします。明るくてかわいいちかさんの動画は見るだけでも楽しい!

ピアノ初心者のための音符の読み方
自分で子どもにピアノを教えている、またはピアノ教室に通わせているけれど家での練習を見ている、という親にとって、とても参考になるサイトです。単にピアノを教えるということだけでなく、子育てという広い観点からピアノの練習をとらえていることが素晴らしいと思います。

Storyline Online(英語)
俳優さんたちが英語の絵本の読み聞かせをするビデオがたくさんあります。

<マレーシアで利用できる音楽ストリーミングサービス>
音楽ラバーにはもちろんうれしいサービス、実は子育てにもめちゃくちゃ使えます!(無料で使えないものもあります)
KKBOX Malaysia
Spotify
Deezer
おススメ記事
当ブログ内のおススメ記事です。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR