ホーム   »  2012年10月
rainbow.jpg
Archive | 2012年10月

部首カルタと漢字学習

半年ほど前に入手していたのですが、なかなか取り組めなかったこちらのカルタ。
最近長男ユージンのチャレンジで部首のことが書いてあったので、よっしゃ、ここだ!と思い、やり始めたら、すんなり入っていけました。



漢字の部首カルタです。
やっているだけで部首の名前はもちろん、成り立ちも自然に覚えてしまう優れもの。
実は塾講師をしていた時に、時々授業でやっていました。「今日は部首カルタをやります」というと、「ヤッター〜」と生徒が大喜びするという、大人気のカルタでした。
(上記のアマゾンのリンクで、実際の札の画像が見られます。)

漢字のカルタは他にも3種類あります。


この太郎次郎社エディタス(←クリック)からは他にもたくさんの漢字教材が出ているし、サイトでは動画やクイズもあるので、楽しく漢字を学ぶのに役立ちます。



しかし漢字、覚えられないですよね〜〜!
うちみたいに、インターなどに行きながら日本語も家庭で教えている親なら、
「漢字さえなければ、日本語はこんなに大変じゃないのに・・・!」
と思ったことがない人はいないはず。
アルファベットさえ覚えれば新しい文字を覚える必要がない英語に対して、日本語では常に漢字を覚え続けなければいけない。
しかもだんだん複雑になってくる、覚えなければいけない数もどんどん増える!
ほんと〜うに大変です。

なので、わたしが勝手に考える、インター校に通う子どもに家庭で漢字を教えるポイント。

1.楽しく学ぶ方法を工夫する。
上で紹介したような教材やサイトが役に立つと思います。「成り立ちを知る」ことも、楽しくする大きなポイントではないかと思います。

2.書き順の間違いは気にしない。
うちのように中国語を学校で勉強している場合、中国語と日本語で全く同じ漢字があるにもかかわらず、正しい書き順が違うものが結構あります。
気にしていたらきりがない。書き順には、正しく整った字を書けるようにするという意味があるので正しく書けるに超したことはないのですが、これに関しては思い切って目をつぶる。結果オーライです。

3.漢字練習を習慣にする。
最近の長男を観察して思ったのは、「どんなことも習慣にしてしまえば、取り組むのはさほど苦にならない」ということ。だから、漢字練習も習慣にしてしまえばいいのです。
よく聞くのは、朝起きてすぐにやること。
お母さんが朝食を用意している間にやってしまうという習慣です。これなら、お出かけなどのイベントに左右されることがほとんどなくなるからです。

4.語彙を増やし続けるために、読み聞かせも続行。
漢字を練習するだけで語彙が伴っていなければ、ただの手の運動に終わりそうです。意味を理解した単語を練習できるよう、日頃から語彙を増やすことが大切。

あと、漢字検定を受けるのも目標ができていいと思います。(マレーシアでも受けられるそうです)

とはいえ、うちではまだこの漢字練習のシステムをしっかり作っていないので、長男と話し合って、生活に組み込んでいきたいと思います。
ほんの少しずつでいいから、毎日やるようにするのが目標。
現在、小3の勉強をしているので、ここらで真剣に取り組まないと、後で克服するのは大変そうですからね・・・。


かるたに関する関連記事:かるたの効用


「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

スポンサーサイト

七田の妙妙板

先日、次男ライアンが七田の妙妙板というパズルを全部終了しました。
とても有名なパズルですが、ご存知ない方のために説明すると、これはタングラムという古典的なパズルと、その簡単バージョンです。

タングラム↓
ピースを並べ替えていろいろな形を作る。
myomyoban4.png

妙妙板は15問ずつ載っている本が計10冊あるのですが、6〜10はすべてタングラム。
1〜5はその簡単バージョンで、1の本は大きな三角のピースが2つだけ、2の本はピースが3つ、と徐々に難易度が上がって、最後にはじっくりタングラムに取り組めるようになっています。

右がパズルのピース。柔らかい素材で出来ています。
左にある図案の上に直接置いて、形がぴったり合うようにするのです。
myomyoban.jpg

次男はこれを2歳の時に始め、難易度が上がってからは1年以上放置(笑)。
友達に貸したりして、一年以上ブランクがありましたが、最近再開したら、楽しくて一気に最後までやってしまいました。

わたしがチャートを作り、できたらシールを貼っていきました。
このチャートを作ったのはずーっと前なので、手書きで恥ずかしいのですが(笑)。長男が小さい時に作って、今ならコンピューターでも作れるけど、まあ別にいいや、とそのまま使用。子どもにとってはそんなことどうでもいいし(笑)。
myomyoban2.jpg
大事なのは、これでどこまでやったかはっきり分かることです。
そして、「あと5個で『8』が終わる!」と小さな目標をたてやすいのです。
終わったら、机の前に貼ってながめます。「自分はこれを終わらせたんだ!」という自信になります。長男はこのようなパズルを5つやったので、5歳ぐらいの時は5枚のチャートが机の前にズラリと貼ってありました。

タングラムパズルはいろいろあるのですが、わたしは絶対にこの妙妙板がいいと思います。
この妙妙板がすぐれている点は、

1.とても簡単なレベルからスタートしている。
初めが簡単だと、「できる!できる!」と加速がつきやすい。
2.問題数が豊富。
15×10=150問。これだけたくさんこなせば、確実に何かが変わります。
3.図案がすべて実物大である。
タングラム・パラドックスという現象があります。
myomyoban3.png
この2つの図は、下の方の図は、一番下の三角が余分についていてそれ以外は上と同じように見えますが、実は両方ともタングラムの全ピースを使って作られたものです。
「似たような図形ができるけど微妙に大きさが違う」というのは、縮小された図案を見ながらやるのは難しいものです。実際、妙妙板をやっている時も、「あれ、あってるように見えるけど、びみょ〜うに隙間がある」というものもありました。実物大だと、そういう間違いが分かりやすいのです。

現在は妙妙板は「巧巧板(ちょうちょうばん)」と名前が変わり、内容も少し変わっているようです。
わたしは妙妙板しか知らないので妙妙板のことについて書きました。
ただ、ネットで調べてみると、ピースの形が多少変わっているようですが、根本的にそれほど大きくは変わっていないようです。リンクを載せておきます。

七田の巧巧板



中には大人にとっても難しい問題もあるので家族で楽しめるし、長男は何度繰り返しやったか分からないくらいやり込んでいます。おススメです!


「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

香港スイーツ VS 台湾スイーツ

マレーシアで人気の、香港スイーツと台湾スイーツのお店があります。

まず、香港スイーツ。
許留山(Hui Lau Shan)。
sweets2.jpg

マンゴーを使ったスイーツが多く、フルーティーなイメージ。
sweets1.jpg

対して、こちらが台湾スイーツ。
鮮芋仙(Meet Fresh)。お店のサイト
sweets3.jpg

かき氷、豆腐花(トウフーファー)、漢方ゼリーなど。

両店舗ともワンウタマ、パビリオンにあります。(もっと他の支店もあると思いますが)

家族で食べに行って、わたしたちは鮮芋仙(Meet Fresh)のおいしさに感激。
結構大きくて、「食べきれるかな〜」と言ってたのに、ペロリと平らげてしまいました。

許留山(Hui Lau Shan)の方は、まあおいしいんだけど、感激するほどではありませんでした。

実は、鮮芋仙(Meet Fresh)に行く前、ワンウタマのSecret Gardenに行ったのです。
その日はとても暑くて、「わあ〜喉かわいた〜」という状態で食べたので、余計おいしく感じたのだと思います。
でもこのSecret Garden → Meet Freshっていうのはおススメのコースです(笑)!


「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

長男8歳、最近の様子

もう10月も半分以上終わってしまい、気がつけばあっという間に11月になっていそう・・・。
そして、11月もあっという間に過ぎて休みに入っちゃいそう(笑)。
(今年は、ローカルの学校は11月10日までで、12月末まで毎年恒例の年末の長期休暇。長男の学校はインターだけど、私立校に併設されたインターなので、ローカル校と同じスケジュールです。)

長男ユージンは去年小学校に入学したばかりなのに、来年の1月からは4年生ですよ!
はあ〜、信じられん。
(注:飛び級してます。詳しい事情はこちら→小学校入学から3カ月、長男いきなり2年生になる



さて、ユージンが8歳になって1ヶ月ほど経ちます。
毎日、やりたいこととやらなければいけないことで大忙し。
宿題、バドミントン、自転車、ピアノの練習、バイオリンの練習、チャレンジ(進研ゼミ)、ゲーム、石いじり、庭いじり、友達と遊ぶ、犬や庭に出没するカエルと遊ぶ、読書、などなど。

毎日の時間を有効に使うために、また、成長の段階として、最近の彼について、わたしは以下のことに気をつけていました。
・好きなことを可能な限りやらせること。(ゲームを含む。時間を決めることと有害なゲームに触れさせないことに気をつければ、かえっていい効果をもたらすと思います。このことについては、機会があれば別記事で。)
・体を動かすこと、外遊び、自然に触れることを積極的にやらせること。
・1週間単位で自分のスケジュールを把握し、自分で調整すること。


3つめについて、具体的には、ホワイトボードとマグネットシートを購入。
ホワイトボードには一週間分の欄を書き、マグネットシートは切って「ピアノ」「バイオリン」「チャレンジ」など、やらなければいけないと決まっているものを書き、自分で何曜日にやるか決めて貼らせました。
学校から帰ってきたら「今日は何をやるか」「いつやるか」を確認。
学校の宿題が多くて時間がかかった日などはチャレンジをなしにして、1週間単位で調整するようにします。
自分で決めたことなので、スムーズに取り組めるようになりました。

そして、この数ヶ月ほど、ものすごい成長が見られました。

・集中力がついてきた。「チャレンジをやる」と決めたら、集中して取り組むことができる。
・そして、チャレンジを一人で出来るようになった!


もちろん分からない時は聞いてきたりしますが、学校で全くやっていない理科や社会(もちろん学校でもこういう科目はあるけど、内容が違う)も、解説を読んで自分で出来るのはえらいと思います。(まあ、チャレンジって読めば分かる問題ばかりなんだけど、この「読んで分かる」という積み重ねが大事なのですよ!)
これはうれしいことです。わたしの計画では、「小学校中学年で自分でできるようになり、高学年では自己採点&弟のチャレンジの採点」なのだけど、この調子ならできそうです。(そしてわたしが楽になる〜)

・そして、わたしがそばについていなくても寝られるようになった!

これについては、わたし自身が小さい頃に、眠りにつくまで母親にそばにいてもらいたいのについてもらえず、しばしば夜中に走って母のふとんにもぐりこんだ経験から、「一人で眠れるようになる時期は子どもによって違うから、無理をしないで本人が大丈夫なるまで時間をかけよう」という考えのもと、眠りにつくまでそばにいてあげていたのです。
そう、ユージンは異常に闇を怖がる子なのです。で、こういうのって怖がるなと言って怖くなくなるものじゃないから、無理矢理一人で寝かせることはせずにいました。
でも、最近はおやすみ〜で電気を切っても大丈夫になりました。たまにその後部屋から出て来るけど、でも大きな進歩です。

・いつでも機嫌がよく、寝る時まで元気いっぱい。

学校でやっと「友達」と言える子たちができて、学校が楽しいようです。もちろん楽しいことばかりじゃなくて、時々泣いたりするらしいけど(笑)、でも「友達」の存在は大きいよね。
ユージンの学校は今年いろいろ大変で、今年だけで彼の担任の先生がなんと2回も変わってしましました。(つまり現在3人目。)
クラスメートのお母さんと話すと、やっぱり繊細な子はそれによって心を乱されたり、教科の担当の先生が変わると「授業が分からなくなった」とか言ったりするそうですが、ユージンはそういうことにほとんど精神的に影響を受けずに(単にニブい?)、学校の勉強は学校で理解して、できるものは学校で宿題を終わらせたりしています。

現在の彼はこんな感じです。自分の覚え書きとして書いてみました。
もちろんまだまだなことも多いのですが、出来ないことや悪いところに意識を集中するより、出来ることを更に伸ばしたり好きなことを一生懸命やる方がいいとわたしは考えて実行しています。
昔読んだドーマン博士の本に、「すべての能力は鎖でつながっているので、ひとつの能力が上がれば他の能力もそれに連動して引き上げられる」というようなことが書いてありました。
なので、得意なところを伸ばすようにしてきたら、振り返ってみた時に、いつの間にか苦手なところもよくなってきていた、ということが多いのです。
思うに、得意分野を伸ばすのは自信、好きなものに打ち込むのは集中力や継続する力を育てるのです。

とりあえず、ここまで無事に育ってくれて、それだけでも感謝の気持ちでいっぱいですが、これからも一緒に考えつつ、頑張っていきたいと思います。


「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

化石を探す

前にも書きましたが、長男ユージンは石が大好きです。
天然石、半貴石の類はたくさん持っているのですが、10月号のチャレンジ(進研ゼミ)で化石が紹介されていたので、俄然化石にも興味がわいてきました。
10月号の付録が「自分で化石を掘るセット」でした。小さな土のかたまりの中に化石が入っているので、付属のヘラで掘るというもの。
でも、この化石は当然プラスチック製で本物ではありません。
当然彼は、
「本物がみたい!本物が欲しい!」
などと言っていました。

調べてみると、日本では自分で化石を発掘できる場所があるらしいので、もしかしてマレーシアでも?!と思い、"Malaysia"、"fossil"のキーワードで調べてみたら、

fossil1.jpeg
↑こちらのfossilばかり出てきた(笑)。



ある日買い物をしている時、天然石の店があったので何気なく入ってみたら、なんとアンモナイトの化石を売っていました!
高いのだけど、石に興味を持っていろいろ見ていたユージンを女店主が気に入ってくれたらしく、
「キミには特別価格で半額にしてあげる♡」
と言ったので、喜んだユージンは、迷いに迷って結局こちらを購入。

fossil2.jpg

上が外側、下は内側。
ひとつのアンモナイトをスライスして、内側を見られるようにしてあるものです。

男のロマン(なのか?)が分からないわたしは、「こんなもの買ってどうするんだよ〜」という気持ちですが(笑)、アンモナイトってこんな効果があるといわれているんだって。本当かどうか分からないけど。

fossil4.jpg



そして、チャレンジに、「ホテルやデパートの大理石に化石を見つけられることがあるから、探してみよう!」と書いてあったのを思い出し、うちの大理石の床や壁にないかチラチラ〜っと見てみました。
「まさかね、あるわけないよね」
とつぶやいた次の日、次男ライアンが、
「ママ〜、床に絵があるよ〜。」
と言うので見てみると、こんなものが。
fossil3.jpg

おお、これはなんだか化石っぽい!
なんなのか全然分からないけど・・・。
これから調べてみようと思うけど、もし知っている人がいたら教えてください。これは化石?


「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

公共の遊び場での子どものトラブル・・・

以前、Hartamas Shopping Centreのキッズゾーンという屋内遊具施設がなくなってしまい、「モントキアラエリアに遊具施設がなくなっちゃった〜」と嘆いていました。
まあこのエリアをちょっと出ればあるんだけど、安くて近くて便利だったのです。
でも最近パブリカにJ Kidsがオープンしたし、そのキッズゾーンのあったところにJungle Jungleという新しい遊び場が出来るようで、また便利になりそうです。



さてさて、こういう屋内遊具施設で子どもを遊ばせていると、だいたいは楽しそうに遊んでいるのだけど、たまにトラブルがあります。
知らない子がぶってきたとか。

以前、うちの長男ユージンがよその子どもを叩いたと言って怒ってきたお母さんがいました。
どなりこんできた、というほどの剣幕ではなかったけれど、声にかなりの怒気をはらんでいました。
わたしはまず間違いじゃないかと思いました。彼は友達と一緒に楽しく遊んでいたので、わざわざ他の子にちょっかいを出す必要なんか全くありません。万が一ちょっかいを出したくても、理由もなく叩くような子ではありません。

そう、まさに「うちの子にかぎって」って思いましたよ(笑)。

でもユージンを呼んで聞いたら、確かに叩いたと言うのです。
え?なんで?
すると、ユージンの友達が口々に言いました。
「僕たちが遊んでたら、あの子が急にユージンを叩いてきたから、たたき返しただけだよ。そしたら泣き出した。別にユージンは悪くないよ!」

ううむ。
わたしはこの時お店の人に聞きたいことがあって話をしていたので、何が起こったか全く見ていなかったのです。
だけど話を総合してみると、その子が先に叩いてきたというのは間違いなさそう。
でもその子だって、多分理由もなく他人を叩かないはず。ユージンは気づいてなかったけど、足をふんだりしたのかもしれません。その日は子どもが多くて混んでたし。

その子(ユージンより少し年下と思われる男の子)のお母さんは、
「この子は普段こんなふうに泣いたりしないの。That's why I'm upset.
upsetってうまく訳すのは難しいんだけど、怒っていたり、気が動転していたり、悲しんでいたりというように動揺している心理状況。やっぱり怒ってるんだな〜。

でも少し話をしたら、その子が先に叩いてきたということが分かり、「まあしょうがないわよ、こんなに混んでるし、人生ってこういうことが起こるものだから」とやはり怒気をはらんだ声で言って話は終わりました。



こういう時に、お母さんが怒ってどなりこんでくるようなことになったら、残念だな〜と思うのです。
マレーシアでは、子どもを遊ばせている時母親やメイドさんが見守っていることがほとんどなので(最近は日本でもそうかな?)、子ども同士のトラブルに介入してしまうケースが本当に多い。
もちろん子どもの年齢や場所などの状況によって違うけれど、こういう屋内遊具施設ではよっぽどのことがなければそんなひどいことにはならないのにな〜と思う。
泣いている時はまず怪我がないか確認して、大丈夫そうなら相手のお母さんにどなりこむよりも先にやることがあるのではないかと思うのです。

世の中って嫌なこと、理不尽なことがたくさんあるもの。
そういうものから常に子どもを守り続けているのが母親の役目?
いえ、わたしはそうは思いません。
こういうことが起こったら、それは子どもにとってチャンス。
「どうすればよかったのか」「どうすればそもそも問題が起こらなかったのか」「問題が起きたらどうやって自分たちで解決すればいいか」ということが分かるように導いてやるべきだと思います。
大人が頭ごなしに「ダメでしょ、こうしなさい!」と言うのではなく、子どもが「楽しく遊びたいな、そのためにはこうすればいいんだ(よかったんだ)」と自らの意思で行動できるのがベスト。


また別の時に、トラブルではないのだけど、こんなことがありました。
うちの2人の息子たちは、他の日本人の子どもたち2人と、計4人で公園で遊んでいました。
すると、マレーシア人の少年が、わたしに「あの子たち、中国語話せる?」と聞いてきました。どうやら英語も苦手で、中国語が一番自信があるようでした。
「中国語も少しは話せるけど、あまり得意じゃないかな。今は日本語をしゃべってるけど、英語も話せるから話しかけてごらん。」
とわたしは言いました。
すると彼は、「ボクが一緒に遊びたがってるって言ってくれる?」とわたしに頼むのです。
わたしは、
「いや、遊びたいのはキミなんだから、自分で言ってごらん。大丈夫、英語なら通じるから。」
と言いました。
彼は何回か「えー、言ってよ〜」と言いましたが、やがて意を決してその4人に話しかけました。

初めは「何この子〜?」「え〜なんでボクたちと遊びたいんだよ」とは言わないまでも、あまりこころよく仲間に入れてあげようとはしなかった様子。でも、しばらくすると、一緒に走り回って遊んでいました。
その少年は後日、シャボン玉を持ってきて、簡単に彼らの気を引くことができました(笑)。

わたしが「この子が一緒に遊びたいって。遊んでやりなよ」と言わなかったことに対して、彼は「言ってくれたっていいのに、ケチなおばちゃんだな〜」と思ったかもしれません。
でも、わたしがそう言ってしまったら、彼の貴重な経験を奪うことになると思ったのです。
知らない子、しかも外国人に話しかける。うまく言葉が通じるかな、とドキドキする。あんまり反応がよくなくてがっかりする。でも今度は何か小道具を持ってこようと考える。
うちの子たちにしてみれば、いきなり知らない子に話しかけられて、仲間に入れてあげなかったら嫌な気持ちになったとか。でも結局は一緒に遊んで楽しかったとか。
こういうことは、すべて、楽しくても悲しくても彼ら自身の経験。それによって何かを学ぶはずです。
それを「はい、一緒に遊んであげてね〜!」という大人からの指示で奪いたくなかったのです。



子どもが一緒に遊んでいると、トラブルがあるのが当たり前。
もちろん親は子どものことを守ってあげなければいけないけれど、明らかに悪意がなくて、「ただ楽しく遊びたかっただけなのにこうなっちゃった」レベルのトラブルなら、その場にいる子どもたちがそのことから何を学べるか、次回に活かすにはどうすればいいかを念頭に置いて導いていけたらいいと思うのです。


「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

郵便局で運転免許更新

9月末で運転免許が失効するので、その前に更新に行ってきました。
こちらでは郵便局で運転免許が更新できるのは誰もが知っていることだけど、これができるのはCライセンスになってからということを知らず、去年郵便局で断られた話はこちらで書きました。→運転免許証を更新してきました
(免許をとってから2年間はPライセンス、以降はCライセンス)

去年、有効期限前に行ってしまったがために一年しかもらえなかったのだけど、今回は切れる前でも最長の5年がもらえました。
郵便局で更新すると、写真付きではないので、前のを一緒に持っていないといけないのだけど、JPJまで行くの面倒くさいから、まあいいや〜。

で、更新してもらってから、有効期限を確かめたら、わたしの誕生日になっている!
そういえば更新を忘れないために、誕生日を有効期限とする案があると聞いたことがあるけど、もうそういうふうに変わったのだね。知らなかった。
ということで、今回は5年+誕生日までの2ヶ月半ということになりました。
値段はしめてRM157なり。レシートを見たら、150+5+2となっていたので、5年+2ヶ月半+手数料といったところなのでしょうか?

しかし・・・。
誕生日を有効期限にしたって、毎年しなければいけないものじゃないから、忘れそう・・・(笑)。
ちょうど長男の誕生日の後に更新をしなければならないと覚えておけばいいや〜と思い、次の更新は長男が13歳の時・・・と思ってちょっと想像してしまいました。
13歳のユージン!もうわたしより背が高くなっているかもしれないじゃないか。声が低くなっていたりして。
う〜〜ん、想像できん・・・。
思春期の反抗期で苦労して、心がボロボロになって、更新忘れるかも(笑)。
いや、そんなことがなくてもただの物忘れで忘れるかも(笑)。
あ、でも失効してもまた申請に行けば簡単にもらえるんだから、いいっか〜♪


「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

趣味の動画
わたしの好きな音楽を中心にお気に入りを紹介。ぜひ聞いていってね♡
David Archuleta & Nathan Pacheco
"The Prayer"

クリスマスにはやっぱりDavid Archuleta。美しい歌声・・・。
おすすめの本
過去の記事で紹介しているものですが、こちらでも紹介します☆
フォニックスを教える時によく参考にしていました。
関連記事:子供に自分でフォニックスを教える(1)フォニックスとは


小学校低学年の英語読書。初めて読むチャプターブックとして最適。
関連記事:小学校低学年の英語読書〜「マジック・ツリーハウス」


プロフィール

モカきりん

Author:モカきりん
モカきりん:アメリカ留学中に中国系マレーシア人の現在のダンナと出会う。大学卒業後に渡馬、結婚。日系の塾で小学生と中学生に英語・国語を教える。7年塾講師として働き退職。その後2人の息子を出産して現在は専業主婦。

長男ユージン:2004年生まれ。明るく元気で、遊ぶことが大好き。やっている習い事はピアノ。第一言語は日本語、英語も文法的にはかなりブロークンだが話せるし理解できる。おばあちゃんとは中国語で会話、マレーシア語も学校で勉強中だったが、なぜか今年度は学校の方針でフランス語をやっている。2011年1月にインターナショナルスクールに入学、現在中学2年生。


次男ライアン:2008年生まれ。習い事はピアノ。とても人懐っこく誰にでも笑顔をふりまく。2014年1月にお兄ちゃんと同じ小学校に入学、現在小学校4年生。


ダンナ:中国系マレーシア人。日本語が流暢で時々日本人に間違えられる。優しく子供とたくさん触れ合ってくれるいいパパ。

おススメサイト
無料なのにスゴク使える!おススメサイト
<教育関連>
英語本
登録すると、オンライン英語図書館「タンブルブックス」にアクセスできます。
Starfall(英語)
フォニックスを学ぶならここ!
We Give Books(英語)
オンライン図書館。朗読はついていないので自分で読まなければなりませんが、無料で図書館に行く必要がないのは助かります。
学力は全米トップ0.1% 秘訣は幼児期の教育
子育てバイブル。
Colouring Book of Flags(英語)
国旗塗り絵がダウンロードできます。
おりがみくらぶ
折り紙といえばココ。折り方のアニメーションもあり、難易度も一目瞭然で使い勝手抜群。英語、中国語版など外国語7言語のサイトともリンクしているので、外国人の友達とリンクをシェアできるのもうれしい。
無料e童話
数は少ないのですが、無料で絵本が読めます。
英語のおとぎ話ビデオ(YouTube) You TubeのStoryというチャンネルで、10数分の英語のおとぎ話のビデオが見られます。英語字幕をつける設定にもできます。
バイリンガール英会話 Chika's English Lesson(YouTube)
バイリンガルの吉田ちかさんのYou Tubeチャンネル。わたしの勉強のために見ていますが、内容によっては子どもにも見せたりします。明るくてかわいいちかさんの動画は見るだけでも楽しい!

ピアノ初心者のための音符の読み方
自分で子どもにピアノを教えている、またはピアノ教室に通わせているけれど家での練習を見ている、という親にとって、とても参考になるサイトです。単にピアノを教えるということだけでなく、子育てという広い観点からピアノの練習をとらえていることが素晴らしいと思います。

Storyline Online(英語)
俳優さんたちが英語の絵本の読み聞かせをするビデオがたくさんあります。

<マレーシアで利用できる音楽ストリーミングサービス>
音楽ラバーにはもちろんうれしいサービス、実は子育てにもめちゃくちゃ使えます!(無料で使えないものもあります)
KKBOX Malaysia
Spotify
Deezer
おススメ記事
当ブログ内のおススメ記事です。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR