ホーム   »  2013年03月
rainbow.jpg
Archive | 2013年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

問題解決能力

子どもにぜひつけてもらいたい能力、「問題解決能力」。
まあ生きていれば日々さまざまな問題が起こるわけで、そういうことを通してぜひ身につけてもらおうとしています。
とはいっても、これが我流のやり方なのでこれが正しいのか分かりませんけどね。



今日の問題は、「2つ残ったチーズケーキのかけらをどうやって2人で分けるか」ということでした。
2つあるからひとつずつとればいい話なんだけど、二人とも大きい(と思える)方を欲しがったのでした。

AとBのうち、二人とも「Aがいい!」というので、まず「Bの方が大きいかもよ〜、ほら、こっち側から見ると!」と違う角度から見せました。

すると、「うん、こっちの方が大きいね、じゃあBがいい!」と二人とも乗り換えました・・・。
(どちらかが乗り換えれば、めでたしめでたしだったのに、チッ。)

「え〜と、じゃあどうしたらいいか、何でもいいからアイディアを出してみよう!」(→ブレインストーミング)
みんな口々に、思いついたことをな〜んでもいいます。

・じゃんけん
・2つをそれぞれさらに2つに分けて二人ともAとBを半分ずつもらう
・殴り合いをして買った方が好きなものを選ぶ
・いっそ食べないで捨てる
・ママが食べてしまう

不可能なものや「それはちょっと・・・」と言いたくなるものも、思いついたらとにかく出します。
「殴り合いをして決める」などと子どもが言っても、否定せずに、「それもひとつの方法だね、他にある?」と聞きます。
案が出そろったら、検討していきます。

わたし「じゃんけんは?」
ユージン「いいよ!」
わたし「ライアンは?じゃんけんをやるということは、負けたらもう文句を言わないということだよ。」
(このことを事前確認しないと、じゃんけんで負けた後もごねる子がいる)
ライアン「負けるから嫌だ〜。」
わたし「殴り合いは?」
二人「(笑いながら)ヤダよ〜。」
わたし「食べないで捨てる?」
ユージン「もったいないからダメ!」
わたし「もうケンカになるから、ママが食べてあげようか?」
ライアン「食べたい〜。」
わたし「それぞれをまた2つに割ろうか?」
ライアン「うん!」
ユージン「やっぱりじゃんけんだよ!」

なかなか意見がまとまりません。

わたし「う〜〜ん、二人は、大きい方が欲しいんだよね?」
二人「うん!」
わたし「じゃあ、二つとも、ぴったり同じ量なら文句はないね?」
二人「うん!」
わたし「どうやったらぴったり同じ量に分けることができるだろう?」
ユージン「キッチスケールを使えば?」
わたし「そうだね!」

2枚の皿とキッチンスケールを持って来て、「お皿は同じに見えても重さが違うことがあるから、お皿を乗せてから0に戻す」ことを教えながらケーキの重さを量りました。
ぴったり19gずつにして、二人は納得して食べました。
チーズの部分とクラストの割合が違った気がするけど、細かいことを言うとまた解決すべき問題が出て来るので、彼らが気づく前にささっと食べさせました(笑)。

(そうですよ、20gほどしかない小さいかけらをめぐって争っていたのですよ、いじきたない・・・笑)

わたし「みんなが納得してハッピーになるやり方が一番いいね。」



脚色してありますが、こんな感じです。

物事を違う角度から見る、
「無理だ」と思わないでとにかくアイディアを出す、
暴力的なものなど好ましくないものは選択しないという意思を持つ、
そもそもどうして問題が起こったのか考える、
そしてなるべくみんなが合意する方法をなんとか考え出す、
ついでにあわよくば学べることがあれば学ぶ(この時は重さやはかり方など)。

上からババーンと「こうしなさい!」と押し付けるではなく、一緒に考えることで解決のプロセスを示したいと思っているのです。


「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

スポンサーサイト

パブリカのトイレに隠された物語

何度か書いていますが、わたしはショッピングモールの中では、パブリカが一番好きです。
(参考→「Solaris Dutamasってこんなところ」 「パブリカにて」 「Wheelie Sundays @ Publika」

上の記事に書いたように、アート作品が置いてあっておもしろいところ、頻繁に催し物をやっていて子持ちにはありがたいことなどの他に、適度な広さで歩いていても疲れない(1ウタマなんて何でも揃っていて便利だけど、あまりにも広すぎて人が多すぎて行くと疲労困憊してしまうのです)、他にはないちょっと変わった店などがあることです。(どのショッピングモールにもあるような店もあるんだけど、ここにしかないこだわりの店も結構ある。)

有名どころの屋台を集めたフードコートは、マレーシアでは珍しいノンハラル(豚肉使用)のフードコート。名店の味がエアコンの効いた快適な場所で味わえます。(屋台で食べるより高かったりするけど。)

ちなみにここにはマクドナルドやKFCのようなファーストフード店がありませんが、それは経営陣が「ファーストフード店は入れない」という方針だからだそうです。(じゃあ屋台フードは健康的なのか?と言われると何にも言い返せないかもしれないけど。)

そんな数々の魅力の他に、わたしがまだ書いてなかったことがありました。
トイレです。
ここのトイレはアートギャラリーになっていて、それぞれのトイレにさまざまなアーティストによる絵が描かれているのです。

あいにく全部の写真は撮っていないんですが、わたしの一番お気に入りのアートを紹介します。
楽膳やアンガスステーキハウスの裏にあるトイレ。

toilet1.jpg

一瞬、あれ?誰かが作業してる?と思うけれど、絵なんです。
ペナンの有名なストリートアートを彷彿とさせますね。

toilet2.jpg

toilet3.jpg

これ、トイレに行くまでの壁なのですが、肝心のトイレは修理中で入れませんでした。でも、中も素敵です。

これはPoodienさんというアーティストによる"The Lonely Crowd"という作品。
この言葉はフランスのギー・ドゥボールという作家の"The Society of Spectacles"という本からの引用だそう。
"The Lonely Crowd"とは、外国人労働者のこと。仕事が終わればもう必要とされなくなってしまう、自分たちが決して使わない建物を建てている、そんな彼らの孤独を表しています。
そして、この作品は、実際にパブリカを建設している時に撮った労働者の写真を元に描かれているのだそうです。
なんだかちょっとジーンとしちゃいますね。

なんでわたしがそんなこと知ってるかって?
最近創刊されたこのフリーペーパーを読んだからだよん。(行けば無料でもらえます)

toilet4.jpg

他のところにも、なかなか素晴らしいアートがいっぱい。
トイレに行く時に目を楽しませてくれるのもいいし、トイレがアートギャラリーなのできれいに保たれる!パブリカのトイレはいつでもきれいです。掃除もちゃんとされているし、使う方もこんな感じなのできれいに使おうと思うのではないかな〜?
マレーシアではトイレに行くのが苦痛になってしまう場所も多いのだけど、ここはトイレに行くのが楽しい場所なのです〜!


「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

「下敷き」とはなんぞや?

うちの子たちは家で日本語を話すし、日本語の勉強もしているので、日本語のネイティブと言っていいレベルだと思います。
そりゃあ育っている環境が日本とは違うので、多少語彙が変なこともあるけれど、日本国内だって訛りや語彙の違いがあるので、許容範囲だと思っています。少なくとも、「外国人の子が日本語を話している」感は全くありません。



でも、やっぱり日本で育った子と違うと思うことが時々あります。

この前、チャレンジを読んでいた長男ユージンが、
「『下敷き』って何?」
と聞いてきました。うちのどこかにあると思うけどすぐには出てこないので、買い物に行った時に、日本の文房具売り場に連れて行って、「これが下敷きだよ」と見せました。

ユージンはキョトンとして聞きました。
「何に使うの?」
わたし「ノートの書いているページの下にはさむの。」
ユージン「なんでそんなことするの?」
わたし「下のページに字が写らないように。」
ユージン「そうかな〜?別に写らないじゃん。・・・写ってもいいし。」

最後まで納得がいかないというような顔で文房具売り場を出ました。

わたし自身、19歳でアメリカに渡った時に、おお、アメリカ人は下敷き使わないんだわー!と発見。
もっと言うと、消しゴムも使わない。ペンで書いて、間違えたら線を引いて消す。(これは人や年齢にもよると思いますが。)

その時、そうか、下敷きなんて別に使わなくても何の支障もないんだわ〜と思い、それ以来使っていません。
世界中で下敷きなんて使っているのは日本人だけじゃないだろうか?(他にもいる?)

まさに言葉は文化ですね〜。
下敷きなんて大人になると使わなくなる人も多いだろうし、どうでもいいことかもしれないけれど、「下敷き」意外にも日常的にこういうことはよく起こりうるんだろうな〜と思います。
これで彼は「下敷きとは何か」ということを理解したんだけど、明らかに日本人が「下敷き」という言葉から連想する物事や思い出は理解できないのだろうな〜。
たかが下敷き、されど下敷き。


「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

ピンクのプルメリア

昨年末ぐらいからず〜っと雨が続いていたのですが、今年2月のチャイニーズニューイヤーくらいから雨が少なくなり、ぐんと暑くなりました。
それにともなって、庭のプルメリアの花が咲き出しました。
別に季節に関係なくいつでも咲いているはずなんだけど、なぜかうちのは暑くなり始めてからいきなり花をたくさんつけだしたのです。

hanami.jpg

夕方、一人でこれを見ながらしっとりとビールを飲んでいたら、「あ、わたし今花見してる!」と気づきました(笑)。
桜が大好きだけど、来馬以来十数年、桜の季節に帰国していません。
今年はダンナの都合が悪そうなので母子だけで帰るか?という案もあったのだけど、ユージンの「パパと一緒がいい、だってパパがいないとさびしいじゃん」という意見により却下(涙)。(パパはうれしいけどね)
で、これを見ながらKKBOXでかきあつめた桜ソング(アンジェラ・アキとかコブクロとか10曲ぐらい)を聞いていたら、思わず泣きそうになったよ(笑)。

ちなみに去年は、こんなことしました。
さくら
今年はどうしようかな〜。


「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

突然空から降って来たもの

ある休日の午後。
気温は37°c、とてもとても暑い日でした。
家族はみんな家のダイニングか台所のあたりにいました。
突然庭でバン! ドサッ! という音がしたので、何事かと思って外に出てみると。

pigeon.jpg

びっくり。
このかっこうで、鳩が庭に横たわっていました。
音から考えると、壁かどこかにぶつかって、落ちてしまったのかな?
長男ユージンは、「かわいそう〜」とつぶやいたくせに、失神してるだけか死んでるのか確かめるためにツンツンつついているうちに大胆になって、
「そうか、鳥の羽って扇子みたいに開くのか・・・」
と触りつつ鳥の体の仕組みをじっくり観察していました・・・。

結局、つついても、しばらく放っておいても全然動きませんでした。

うちの庭では、過去に2回もリス(なのか、ツパイなのかもしれないがよく分からない)の死体が発見されたことがあります。
うちの犬は小動物を食べたりつついたりしないので、まったく放ったらかしにされていました。
外傷もなく、死因は不明。
かわいそうだけど、うちの庭を選ばないでくれ〜といつも思います。


「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

オーガニック子育て vs タイガーマザー方式(7・終) オーガニック子育て(後)&最後に

オーガニック子育て vs タイガーマザー方式(6) オーガニック子育て(中)から続く。

それから、わたしが他の育児書と少し違うと感じたのは、ヨガをやっているだけに、きちんと体をメンテすることを大切にしていることです。
子どもはいっぱい外で遊ばせるべし、と思ってたくさん遊ばせたり、スポーツをやらせているお母さんは多いと思うけれど、あなた自身の体はちゃんと使っていますか? わたし自身、本当に体を動かすことが嫌いでした。っていうか、今でもあまり好きではありません。
でも、やると確実に調子がいい。
もちろん子どももお母さんもしょっちゅう風邪を引いているようだったら、取り組みどころではなくなるから健康は大事、ということもあるけれど、それより重要なことにある時わたしはハッと気づきました。

頭でっかちになって、頭と体がバラバラだと、何事もうまくいかない。

きちんと頭と体がつながっていれば、体のサインがすぐに分かる。
母の直感も働く。(この直感、子育てでは結構大事)

頭ばっかり使っていると、当たり前のことが普通に判断できなくなったりするんですよ。
自然に触れることもそうだけど、体を動かすことも、それが人間として自然な状態だから。オーガニックなことだから。

あ、「体を動かす」って、家事じゃダメです。
家事も確かにすごくエネルギーは使うけど、そうじゃなくってちゃんと有酸素運動をしてくださいね。



それから、この本には2つのすごろくがついてきます。
ひとつ目、Conscious Communication Game。
barefoot1.jpg
普通にサイコロを振って、コマをすすめます。止まったところに書いてあることについて、6つのことを言う、というゲームです。
コマには、「MUSIC」「FAMILY」「FRIENDS」「OUR WORLD」などと書いてあります。
年齢によって言うことの深度は変わると思うけど、うちの子どもとやると、例えば「FRIENDS」なら、
・友達は大事
・友達と遊ぶのは楽しい・・・
とか、そんな単純なことです。
ある時、次男ライアンが「OUR WORLD」について何か言わなければならない時に、
「世界はすきやの卵の中に入っている」
と言ったので、みんなで大笑いしました。
(あ、すきやっていうのは牛丼のすき家じゃなくて、マレーシア独自のすき焼き&しゃぶしゃぶレストランのすきやです。すき焼き用に生卵が置いてあるので、それのことらしいです。こっちに牛丼のすき家もあるんだけどね。)
6つも言うのはちょっと大変だと言う場合は、3つでやってもいいと思います。

2つ目のゲーム、Grow Closer Game。
barefoot2.jpg
これもすごろく。コマに書かれた指示通りのことをします。
♡1などのマークは別ページに指示があります。
barefoot3.jpg
例えば、♡1にとまったら、誰かに向かって、"I love you because..."の文を完成させて言うのです。(そういえば、"Diary of a Wimpy Kid: Dog Days"って映画でも、"I love you because Game"っていうのをやってて、大笑いしたなあ〜。)
他にも、「キスする」とか、「1分間ダンスする」とか、そういうことをしろという指示が見えますね。

みなさん、子どもと一緒にゲームを最近やりましたか?(TVゲームじゃないよ)
何かについての「考え」を、話し合ったことありますか?

うちは遊びはなるべく伝統的な遊びを取り入れてやっているので割とあるけれど、つい忘れがちになる人も多いはず。
このゲームは、そんなことを思い出させてくれるいいきっかけになると思います。



まあ、そんな感じで、著者のジャクリーンは、自然に触れ(庭でたくさんの植物や動物を育てている)、体をきちんとメンテして、楽しんでいっぱい触れ合いながら学んでいっているようです。
前にも書いたように、これは育児の指南書ではないので、これを読んだからといってイマイチどうすべきか分からないか分からない人もいるかもしれないけれど、わたしはいろいろヒントを得ました。

そうそう、こちらがサイト。
Barefoot In The City

こちらのページから本が買えます。

それから、ジャクリーンはFacebookで"Parenting Warriors"というページをやっていて、子育てや日々のことなど、頻繁に更新しています。



わたしが本を読みつつ、記事を書きつつ考えたのは、やっぱり、時代のキーワードは「オーガニック」じゃないかね?タイガーマザー方式は、完全に古い時代の産物だ、ということ。

子どもが生まれたということは、何になるか分からない植物の種を与えられたようなものだな〜と思います。
これにはどんな花が咲くのか?それとも実がなるのか?
一般的に植物に必要とされる水や日光をやりながら様子を見て、どうやらこれはあまり日をあてちゃいけないようだ、とか調整していくのです。
そうやって、自然に、その種が持つ力を目一杯発揮できるように導いてやる。すると、オーガニック野菜がとてもおいしいように、味のあるいい人間に育つのではないかな?

考えてみて下さい。
自分は、規格に合わせて作られる温室野菜を育ててないか?
自分自身、温室野菜ではないか?・・・もしそう思うなら、親が変わらなければいけない。あまり考えないと、知らず知らず自分が育てられたように子どもを育ててしまうものだから。

ということで、時間がかかってしまいましたが、このシリーズはこれで終わります。

〜オーガニック子育て vs タイガーマザー方式〜・終わり


「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

2013年、今年のアメリカン・アイドル

マレーシアでシーズン3から放映が開始されて以来、わたしが「アメリカン・アイドル」を楽しんでみていることは前にも書いたことがありますが。
一昨年は始まってすぐに見るのをやめてしまい(今シーズンのアメリカン・アイドル、脱落・・・。)、去年はほとんど見ていないという。
長男が小学校に入学してから早寝早起きの生活に変わって、TVをみる暇がなくなったことがひとつ、そして審査員(ジャッジ)が変わってつまらなくなってしまったというのがもうひとつの理由、あとは初めの方を見ていても気に入るコンテスタントが出てこなかったし。
アメリカでの人気も落ちているみたいですね〜。そりゃあずっとやってればみんな飽きてくるし、The VoiceとかX Factorなど、他のオーディション番組もあるし。

でも今年は、子どもだけで寝付いてくれるようになったので、夜に少しTVを見る余裕があります。
それに、ジャッジが変わって、どんな風なんだろう?とちょっと興味を引かれる面々だったので、今年の頭から(惰性で)録画してたまっている分を、最近見始めました。

今年のジャッジは、
ず〜っといるランディ・ジャクソン、
randy.jpg

マライア・キャリー、(でかくなっててびっくりした)
mariah.jpg

いつも奇抜なニッキー・ミナージュ、
nikki.jpg

そしてオーストラリア人のカントリー歌手、キース・アーバン。
keith.jpeg

でね、今年はなんだか面白いのです。
ランディ以外の人は、今年が初めてのジャッジばかり。
マライアはいつもしゃべり方がちょっと芝居がかっているけれど、人気は絶大。「マライアに会いたくてオーディションに来た〜」という人もいっぱい。

ニッキーは辛辣なコメントも言うけれど、こわいほど的確だったり、それは本人のためにあえて厳しくしていたり、でも優しい面もあるし、人に勝手にあだ名をつけまくったりして面白い。「これを見てニッキーの好感度が上がった」という感想もよく聞かれます。
自分がそうだからか、人とは違う個性を高く評価する傾向があり、他の人と意見が分かれることも。でも、それもまたよし。
今回はニッキーが入ったので、ピリリとしまって全体的なバランスがちょうどいい感じ。

そして、キース・アーバン。
わたしはカントリー音楽は好きではないので彼の歌を聞いたことはなかったのだけど(でも実際に彼の曲を聞いてみたらそんなにカントリーカントリーしてなくて聞きやすい)、この顔と名前を見ていたらなんだか見覚えがある・・・同じくオーストラリア出身のニコール・キッドマンが頭に浮かんで来たので調べたら、やっぱりニコールの旦那様でした。
そして、初めてちゃんと見たけど、この人、めちゃくちゃかっこいいわ〜!
うまいコンテスタントが歌っている時にリズムをとったり、ハモったり、合いの手をいれたり、はたまた絶妙なタイミングで椅子から落ちたり(歌に圧倒されたのです)、即興で見事なコラボを見せるのは、さすがにミュージシャン、という感じ。
いっぱいダジャレ(おやじギャグ?)も飛ばす。
的確で優しいコメントを言い、本当に楽しそうにしているので、見ているこっちも楽しいわ〜heart.gif
そういえば今までイケメンジャッジというのはいなかったので、コンテスタントにイケメンがいないと「はああ、今年は楽しくなひ・・・」と落胆するのだけど、今年は最後までイケメン保証付き(笑)!
調べたら、今45歳だって。欧米人は老けるのが早いのに、45歳でこのかっこよさ。
さすがニコール・キッドマン、お目が高いです。
スティーブン・タイラーが出ていた時は、「60過ぎのおじいちゃんがこんな服着るなんて!」とびっくりするような衣装を見るのが少し楽しみではあったが、普通のTシャツを着ているだけでもかっこいい人を見る方が楽しいに決まっている(笑)。

なんでわたしがアメリカン・アイドルが好きかというと、才能を見るのが好きなんだな〜。そして、その才能を、この番組を通して開花させていく様子を見るのが好きなんだな〜。
そして、いろんな境遇で育ち、いろんな経験をし、いろんな事情を抱えた人たちがそれぞれの思いを持って集まってくる、その影にあるドラマが人間ウォッチングをしているようで楽しいのです。
しゃべる時はどもるのに、歌い始めるとよどみなく言葉が出てくる人。(言葉を司る脳と音楽を司る脳は違う部分なのか?)
両親は耳が不自由だけど、歌がとてもうまい人。(才能は環境、遺伝、突然変異?不利な部分を克服すべく、特別なことをしたのかな?)
それに、「持って生まれた才能をどのようにしたら開花させることができるのか」というのは、わたしが常に考えているテーマでもあるしね。
一言で音楽の才能と情熱と言っても、現れ方はさまざま。
歌が好きで好きで、3〜4歳から、常に歌っていた人。
ピアノの前に座ると、一日何時間でも練習に没頭してしまう人。
うちの子みたいに、楽器の練習はそんなに好きではないけれど、自分で歌を作るのが好きな人(笑)。

そんないろんなケースを見聞きしながら、いろいろ考えたりするのも楽しいのです。

今年はコンテスタントも期待できそうな人が結構いるし、楽しくなりそうです。
できたら、過去の優勝者、デイビッド・クックやクリス・アレンのような才能あるイケメン希望(笑)。(この二人は今でも大好きでよく聞きます)
最後まで見るかは分からないけど、素晴らしい才能が開花する場面を、ぜひとも目の当たりにしたいな〜。


「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

趣味の動画
わたしの好きな音楽を中心にお気に入りを紹介。ぜひ聞いていってね♡
David Archuleta & Nathan Pacheco
"The Prayer"

クリスマスにはやっぱりDavid Archuleta。美しい歌声・・・。
おすすめの本
過去の記事で紹介しているものですが、こちらでも紹介します☆
フォニックスを教える時によく参考にしていました。
関連記事:子供に自分でフォニックスを教える(1)フォニックスとは


小学校低学年の英語読書。初めて読むチャプターブックとして最適。
関連記事:小学校低学年の英語読書〜「マジック・ツリーハウス」


プロフィール

モカきりん

Author:モカきりん
モカきりん:アメリカ留学中に中国系マレーシア人の現在のダンナと出会う。大学卒業後に渡馬、結婚。日系の塾で小学生と中学生に英語・国語を教える。7年塾講師として働き退職。その後2人の息子を出産して現在は専業主婦。

長男ユージン:2004年生まれ。明るく元気で、遊ぶことが大好き。やっている習い事はピアノ。第一言語は日本語、英語も文法的にはかなりブロークンだが話せるし理解できる。おばあちゃんとは中国語で会話、マレーシア語も学校で勉強中だったが、なぜか今年度は学校の方針でフランス語をやっている。2011年1月にインターナショナルスクールに入学、現在中学2年生。


次男ライアン:2008年生まれ。習い事はピアノ。とても人懐っこく誰にでも笑顔をふりまく。2014年1月にお兄ちゃんと同じ小学校に入学、現在小学校4年生。


ダンナ:中国系マレーシア人。日本語が流暢で時々日本人に間違えられる。優しく子供とたくさん触れ合ってくれるいいパパ。

おススメサイト
無料なのにスゴク使える!おススメサイト
<教育関連>
英語本
登録すると、オンライン英語図書館「タンブルブックス」にアクセスできます。
Starfall(英語)
フォニックスを学ぶならここ!
We Give Books(英語)
オンライン図書館。朗読はついていないので自分で読まなければなりませんが、無料で図書館に行く必要がないのは助かります。
学力は全米トップ0.1% 秘訣は幼児期の教育
子育てバイブル。
Colouring Book of Flags(英語)
国旗塗り絵がダウンロードできます。
おりがみくらぶ
折り紙といえばココ。折り方のアニメーションもあり、難易度も一目瞭然で使い勝手抜群。英語、中国語版など外国語7言語のサイトともリンクしているので、外国人の友達とリンクをシェアできるのもうれしい。
無料e童話
数は少ないのですが、無料で絵本が読めます。
英語のおとぎ話ビデオ(YouTube) You TubeのStoryというチャンネルで、10数分の英語のおとぎ話のビデオが見られます。英語字幕をつける設定にもできます。
バイリンガール英会話 Chika's English Lesson(YouTube)
バイリンガルの吉田ちかさんのYou Tubeチャンネル。わたしの勉強のために見ていますが、内容によっては子どもにも見せたりします。明るくてかわいいちかさんの動画は見るだけでも楽しい!

ピアノ初心者のための音符の読み方
自分で子どもにピアノを教えている、またはピアノ教室に通わせているけれど家での練習を見ている、という親にとって、とても参考になるサイトです。単にピアノを教えるということだけでなく、子育てという広い観点からピアノの練習をとらえていることが素晴らしいと思います。

Storyline Online(英語)
俳優さんたちが英語の絵本の読み聞かせをするビデオがたくさんあります。

<マレーシアで利用できる音楽ストリーミングサービス>
音楽ラバーにはもちろんうれしいサービス、実は子育てにもめちゃくちゃ使えます!(無料で使えないものもあります)
KKBOX Malaysia
Spotify
Deezer
おススメ記事
当ブログ内のおススメ記事です。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。