ホーム   »  2013年12月
rainbow.jpg
Archive | 2013年12月

オバサンと呼ばないで

日本人女性がこういうこと言うのを結構よく聞く。
「わたしの姉がもうすぐ子ども生むから、わたし、高校生なのに『おばさん』になっちゃうよ〜!」
小さな子どもが20代の女性を「オバサン」と呼ぶと、
「だ、誰がオバサンよー!」
とキーッとしたり。
一般的に、日本人女性は「オバサン」という言葉に敏感だと思う。

でも、日本語では主に、
①続柄としての「おばさん」
②中年女性の呼称(時に蔑称)

という意味があり、一番初めの例は①の使用法だから、そんな気にすることないじゃん、と思うんだけどね。
最近の日本人女性は本当に若く見える人が多くて、40代、場合によっては50代なのに30歳ぐらいに見える人がゴロゴロいる。外見に気を配っているだけに、「おばさん」=「中年女性」と言われると、普段の血のにじむような努力が水の泡になっちゃったような気がして、キーッとなっちゃうのかな?

というわたしは名実ともにおばさんなので、別にそう言われても全然気にしないんだけど、自分の変化を思い返してみると、中身がペラペラで自分に自信がなかった20代の頃は、ちょっと気にしていた。



わたしがまだ20代、塾講師をしていた頃。
なぜかすごく男子生徒にモテていた時期があり、中学生男子に「先生かわいい〜」とかよく言われていたので、「わたしはオバサンではない!」と思っていた(笑)。(そんな時もあったなあ・・・遠い目。)
ある日、ダンナの知り合いのLさん(中華系)というマレーシア人男性とその家族と一緒に食事に行った。
当時まだ子どもは生まれておらず、こちらの家族はわたしたち夫婦だけだったが、Lさんのうちには女の子(Aちゃん)と弟のBくんという子どもがいた。
まずわたしたちがLさんの家まで行ってから、Lさんの車にみんな乗り込んで出かけた。この時、わたしはLさんの家族とは初対面。
すると、車の中で、Bくんがわたしの方を見て「チェチェ!」と何度も言うのだ。
おお、そのくらいの中国語は知っている・・・!「お姉ちゃん」っていう意味だな!
と思ったわたしは、「何?」と答えたが、Bくんは不思議そうな顔をしてわたしを見、また「チェチェ!」と呼ぶ。

「チェチェ!」
「何?」
不思議そうな顔。
「チェチェ!」
「何?」
不思議そうな顔。

これを何度も繰り返し、一体なんなんだろうと思った。

そして、食事をして、別れる時、Lさんが子どもに言った。
Auntie(おばさん)にバイバイして。」
そ〜〜〜か、彼にとってわたしは「おばさん」なんだわ!さっき一生懸命呼んでいたのは、わたしの背後にいた彼の本当のお姉ちゃんだったんだ(笑)!(今思うと、なぜ気づかなかったんだろう、アホだな〜。)



それから時が流れ、長男が生まれた。
そして、マレーシア人のママ友ができた。
出会った当時21歳(!)というピッチピチのママ友Mary(仮名)が、友達の子どもに向かって、手を広げながら言った。
"Come to Auntie Mary!"
いやいや、あなたは全然Auntie(おばちゃん)じゃないから!と思ったのだが、この時何かがちょっと分かりかけたような気がした。

そして、時間をかけてマレーシア人の友達やその子どもたちと接しているうちに、確信するに至った。
マレーシアで使われている英語の「オバサン」(Aunt, Auntie)という言葉には、3つ目の意味がある!

①続柄としての「おばさん」
②中年女性の呼称(時に蔑称)


そして、

③○○くん(ちゃん)ママ

日本では、例えば次男ライアンの友達からわたしは「ライアンくんママ」と呼ばれる。
これが、マレーシアの場合、子どもの名前は使わず、Auntie モカきりん(←わたしの名前ですね)となるのだ。
これは日本で必ず「○○くん(ちゃん)ママ」と呼ばれるのと同じくらい確実にそう呼ばれる。そして、それは別に「ライアンくんのママっておばさんっぽく見える」などの話し手の考えは全く反映されていない。

日本では、女性が結婚して子どもが生まれると、「○○くん(ちゃん)ママ」、「××さんの奥さん」と呼ばれ、「本当のわたしはどこ〜〜〜?!」とアイデンティティクライシスを感じる人もいるようだけど、マレーシア流の「Auntie ○○(名前)」という言い方は、自分の子どもの友達が、子どもを通してでなくちゃんと自分と向き合ってくれているようなふうに聞こえるので、わたしは気に入っている。

ある時、長男ユージンの友達が、公園でうんていをしている時に落ちそうになって、とっさに近くにいたわたしに助けを求めた時に、
「モカきりん〜〜〜!」
と言ったので、え、Auntie モカきりんじゃなくて?わたしはキミの友達?と笑いそうになってしまったことがあるけど、名前をちゃんと知っててくれるのってなんだかうれしい。



ということで、マレーシアでは「○○くん(ちゃん)ママ」という意味で「アーンティー」という言葉が使われるし、わたしが観察してきて感じたのは、
④(幼い子どもから見て)「大人の女性」
という使われ方もすると思うので(上記のBくんの例ですね)、かなり「アーンティー」に該当する人が多い。
「お姉ちゃん」で通用するのはせいぜい中高生くらいまでかな・・・。

なので、「アーンティー」って呼ばれても、別にあなたが老けて見えると言っているわけではないことも多いので、キーッとならないでね(笑)。
まあ、それ以前に、自分の中身を磨いて自信がある人は、人がどう言おうと全く気にしないけどね!


「マレーシアでオーガニック子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

スポンサーサイト

既成概念にとらわれないで挑戦する

折り紙って本当にいいですね。
ずっと記事を書きたいと思っているのだけど、書き始めるとものすごく長くなりそうなので、なかなか書き始められずにいます。
でも、今日は先日の出来事を軽く書きます。

スクールホリデーのある日、こんな多面体のユニット折り紙を子どもとやりました。
origami2.jpg
ご存知の方も多いと思うけど、一応説明します。

①のような平行四辺形のピースを3枚組み立てると両三角錐、
②のように12枚合わせると24面体ができます。

この他、2枚だとメンコのような平らな正方形、6枚だと立方体。
ネットで調べれば作り方がすぐ出て来るけど、「2枚、3枚、6枚、または12枚」で作るのが定番です。

まずは定番の組み合わせをやった後、長男ユージンがが「ボクは5枚でやってみる!」と言いました。
わたしは「5枚じゃできないよ!」と言ったのだけど、

「いや、絶対何かができるはず!やってみる!」

と惚れてしまいそうになる発言をしたので、「そう〜、じゃあ頑張って〜」とやらせてみたら、「こんなおもしろい形ができたよ!」と見せてくれました(③、④)。

なんだか分からん変な形だけど、端っこがベロンと出たまま収まらないだろうと思っていたわたしは衝撃を受けました(笑)!
よく見れば、①の両三角錐の3辺のうちの2辺に1ピースずつ組み込んだだけの形なんだけど、わたしの頭ではこんなの全く思いつかなかったわ。

そのつもりはないけど、凝り固まった考え方をしていたのだなあ。
自分でやってみるまで納得しないという姿勢は、時には何かを打破することもあるんだなあと思いました。大げさかもしれないけど。


「マレーシアでオーガニック子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

TED、英語力、プレゼン力

わたしは今まで何回もTED講演のビデオを埋め込んできたので今更という気もしますが、今回はTEDについて書きたいと思います。
最近はNHKで紹介されているそうなので、日本人の間でもかなり浸透してきたようですね。
ご存じない方もいらっしゃると思うので、基本的なことから説明します。
Wikipedia — TED (カンファレンス)からの引用。

TED(テド、英: Technology Entertainment Design)とは、アメリカのカリフォルニア州ロングビーチ(過去にはモントレー)で年一回、大規模な世界的講演会を主催しているグループのこと。
TEDが主催している講演会の名称をTED Conference(テド・カンファレンス)と言い、学術・エンターテイメント・デザインなど様々な分野の人物がプレゼンテーションを行なう。講演会は1984年に極々身内のサロン的集まりとして始まったが、2006年から講演会の内容をインターネット上で無料で動画配信するようになり、それを契機にその名が広く知られるようになった。


スローガンは、ideas worth spreading (広める価値のあるアイデア)
講演者には著名人も多いけれど、大事なのはアイディアなので、全くの無名人も多く選ばれ講演しています。

今回調べて初めて知ってびっくりしたのだけど、講演の時に座席に座っている聴衆はTEDの会員で、なんと年間7,500ドルも払っているそうですよ!
でもそんな大金を払わなくても、多くの講演の動画が無料で公開されています。(これが"TED talks"。)
TEDのホームページ(英語)

そして、それをさまざまな国の言葉に翻訳しようというプロジェクトも始まり、日本語に翻訳されている講演も多くあります。
TED Talks in 日本語

そして、最近では、「TEDx」というイベントが世界の様々な場所で行われるようになってきたそうです。
これは、”ideas worth spreading”というスローガンのもと、世界各地でTEDから独立して誰でもTEDの試みを行うことが出来るように誕生しました。運営者が、TEDからライセンスを取得し、TEDの規定に沿う形でイベントを開催するそうです。
そして、世界で初めてTEDxのイベントが開催されたのは日本なんだそうですよ。
プレゼン下手と言われる日本人、でも最近の日本の大変な情勢の中で、主張したいことがありすぎて、自然発生的にこういうことをやるムードになってきたのでしょう。



とりあえず簡単に説明しました。
お察しの通り、わたしはTEDが好きでよくみています。
内容がinspiringでいろんなヒントを得ることも多いし、英語を学ぶ教材としても優れているということでよく知られています。わたしはよく英語の字幕をつけて見ています。(ただ、ネイティヴじゃない人もたくさん講演しているので気をつけてね。)

それでよく感心するのが、みなさん、プレゼン力ありますよね〜。
すでに何かの分野で秀でた人物であるからこそ講演をしているのだけど、それだけではなくて、ユーモアを交えてしっかりと聴衆に伝わるように上手な言葉を選んでスピーチをするという力まであるのか〜。

TEDを見て、もちろん講演の内容について考えたりもするんだけど、言語についてもよく考えます。
まずは、言葉なんだなあ、と。
まず初めに、言葉がなければ、考えを深めて行くことができないですよね。
自分の母国語で深いところ、専門的なところまで考えることが出来れば、自分の努力次第で第二言語を学んだ時に、同じ深さまで入っていける可能性がある。でも、当然ながら第二言語運用能力は自分の母国語を超えることはないのだから、母国語の力をつけることがとても大事。(それに、聞く価値のあることを言えば、このTEDの翻訳プロジェクトのように、優秀な人が訳してくれるし)。
それから、どんな素晴らしい考えを持っていたって、それをうまく言葉にしないと伝わらないんですよね。そうしないと、人を説得して動かすこともできない。

TEDxではなく、このアメリカのTEDの大舞台でスピーチをした日本人も数名います。
聞いてみると、みなさん、別に英語が流暢なわけではない。バリバリの日本人訛りだったりします。
でも、ちゃんと伝わっている。
こういうのを観察していると、「もう大人になってしまって多分これからネイティヴのような発音を身につけることができないだろうけど英語を使う必要がある大人がどうやって英語を学んでいくべきか」ということのヒントをもらえます。最近少しだけ大人に英語を教えたりしているのでそのことを考えていたんだけど、う〜んそうか、と思いました。(その内容は今回書きませんが。)

でも、やっぱり一番大事なのは、

何か世界に向かってプレゼンしたいことがあるか?

ということですよね。
表面だけペラペラと上手にしゃべれる子を育ててもしょうがない。多少訛りがあったって、訥々としたしゃべり方であったって、人に伝えるべきものを持っている子を育てないと〜、と思います。

ちなみに、子ども向けのプレイリストもあるようです。(が、特に聴衆を子どもに限定しているわけでもなさそうです。大きい子ども向けかな。)
TED For Kids (10 talks)

こんな本も。


▶「趣味の動画」をHe Is We "All About Us"に変えました。


「マレーシアでオーガニック子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

今注目の"The School"に行ってみた

最近よく「オープンしました!」という宣伝をよく見かける"The School"というショッピングモール。
ホームページはこちら→The School by Jaya One
"Malaysia's First Enrichment Mall"というコンセプトで、出来る前からどんなところになるんだろう〜と思っていたので、さっそくちょっと偵察へ。
しかし、結果からいうと、モール自体はオープンしていたけど、テナントはオープンしてないところだらけでした。(まあ、よくあることである。)

PJのJaya Oneに隣接しています。
モール内にこんなオブジェがたくさんおいてあります。
schooljayaone1.jpg

確か、子どものための学校や習い事のテナントをたくさん集めるというコンセプトのモールだとどこかで読みました。
詳しいリストです。

モンテッソーリ幼稚園(The Children's House)、体操教室(Bee Bop Circus)、中国語教室(Smart Mandarin Kids)、音楽教室(YAMAHA)などなど。

ちょっと面白そうかな、と思ったのはこちら、Junior Science Lab。(まだオープンしていない)
長男はこういうの興味ありそう。
schooljayaone2.jpg

それから、レゴ教室があると聞いていたんだけど、これのことかな?
schooljayaone3.jpg

schooljayaone4.jpg
でも話を聞いてみたら、レゴ教室というよりは、レゴの置いてある託児所という感じでした。
ほんと〜うにレゴが好きな子なら、いっぱい自腹で買うより、ここに1時間単位でたまに行って遊んだ方がいろんなものを組み立てられるのでいいかもしれないけど、すごいレゴビルダーがいて指導してくれる・・・ということは全然ないようです。(この店はipcにもあるそうです。)

あと、リストを見ると、レゴランドで長男がすごく楽しんだロボティックスもあるようですね。

全体的に、今行って見た感じでは、あまりにも何もなさすぎてよく分からんとしか言えません。
ただ、うちは多分ここのどこかの習い事には通わないだろうなあ・・・と思います。家から片道30分ぐらいかかるし。うちは教育は基本的にうちで済ませて通わなくても済むようにするというのが大きなテーマだし。(でも、どこかに通うことを否定しているわけではありません。このことについては書くと長くなるので、また別の機会に。)

ただ、このJaya OneにあるPJ Live Arts Theatreという劇場によく子ども向けのいい劇が来たりして、いいですよね。
もう少し近くに住んでいたら利用価値大かも・・・と思います。


「マレーシアでオーガニック子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

アナログな盲点

わたし、ブラウザはもうずっとGoogle Chromeを愛用しています。
それから、PCのキーボードの日本語/英語の切り替えは、Command+Shift+Bで切り替えられるように設定してあります。
それが、この前、押し間違えて、「Command+Shift+N」を押してしまいました。
すると、いきなりGoogle Chromeの「シークレットモード」という画面が出てきました。こんなのがあるなんて知らなかったよ〜。
secretmode.png

シークレットモードにすると、どんなページを見たかなどの記録が残らないので、共有のPCでいかがわしいサイトなどを見たい人向け(笑)?
しかし、赤線の部分を読んだ時、思わずプッと笑ってしまいました。
「背後にいる人」って(笑)。
確かに盲点かも(笑)!


「マレーシアでオーガニック子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

チーズケーキ問題

この間、家で息子たちと一緒にチーズケーキを作りました。
学校のある時は帰ってから一緒に作ると遅すぎるので、ホリデー中はできるだけ一緒に料理やお菓子作りをするのです。
材料の説明をしながら量ってもらったり、レモンを搾ってもらったり、「大さじ1」の量り方を教えたり(その時、表面張力も見せたりします)。本当に学べることがたくさんあります。
さて、今回は、20cm×20cmぐらいの正方形の型で焼きました。
そして、よくケーキ屋さんで売っているように、スティック状に切って焼きたてをおやつに食べました。(本当は冷蔵庫で冷やしてから切った方がきれいに切れるんだけどね。)
cheesecake1.jpg

なのに、食べ終わった後、2人から、
「少ない!食べた気がしない!」
とのクレームが。

「ふ〜〜ん、じゃあ自分で切ってみな。」
と長男ユージンに包丁を渡しました。
すると、このように切りました。
cheesecake2.jpg
まず、右側がスティック状に4切れ切った部分。これで約半分。
残りの左半分の下をユージンが切り、Bの部分をとって行きました。

・・・。まあ、お代わりだから、少なめでいいんだけど。
これでたくさん取って得した!とか思ってるのかな〜?と思い、一体AとBにはどれくらいの違いがあるのか、質問しながら彼に考えさせました。ちょうど算数で面積や分数の計算をしていたので、こりゃあちょうどいいわ、と思いつつ。

そして、実はBはAの半分だと知った彼は、

「・・・それでもやっぱりAは食べた気がしない!」

だそうです(笑)。
頭では分かっていても、感覚はどうしようもないということかな?

そういえば前にチーズケーキでもめたことがあったような気がして過去ログ検索したら、これのことだと思い出しました。
「問題解決能力」
少し問題が高度になってる(笑)?


▶「趣味の動画」をN' Sync "O Holy Night"に変えました。


「マレーシアでオーガニック子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

インターネットの使い方を子どもに教える時に

これからの時代を生きていく子どもたちは、インターネットを使うことが絶対に必要になので、「子どもにきちんとインターネットを使い方を教えなければいけない」ということは誰もが感じていることだとと思います。
その時によく、「個人情報を出さない」「知らない人と合う約束をしない」など、安全面でのことが強調されます。
また、インターネットに限らないけど、メディアリテラシーをつけることなど。
それらは、もちろん必要です。
でも、なにか足りないんじゃないかなー?と思っていました。
それが、次のビデオを見て、はっきりと言葉で言い表されているので、そうだ、これだ!と思い、紹介します。

TED講演より、「ジャック・アンドレイカ: 有望な膵臓がん検査 ― なんとティーンエージャーが開発」


内容を要約すると、現在、85%以上もの膵臓がんが2%未満の生存率しかない手遅れの状態で発見されます。検査をするのには800ドルもかかり、検査をしても30%が見落とされます。
それなのに、このジャックという一人の少年が、自分が13歳の時に家族と親しくしていた男性が膵臓がんで亡くなったことにショックを受けて研究を始め、15歳にして、新しい膵臓がん検査の方法を開発してしまったというのです。
その新しい方法は、3セントの費用でかかる時間は5分、なんと今までより168倍速く、26,000分の1の費用で、400倍の感度で検査できるのです。これにより、ごく初期の生存率がほぼ100%の段階で発見できるようになり、今までの5.5%だった膵臓がんの生存率は近い将来100%近くにあがるだろうということです。

詳しいことは見ていただくと分かりますが、ある種のタンパク質を特定するまでに何千回も試してみる根気だとか、研究場所を確保するために200通もの手紙を膵臓がん研究をしている教授たちに送る行動力など、彼の目標に向かってまっしぐらに進んでいく意志は本当に素晴らしいです。
でも、そもそも、なぜ「膵臓が何であるか」さえ分からなかった13歳の少年が、2年後に新しい検査方法を考えつくまでに至ったのかというと、それはインターネットのおかげなのです。
「僕にとっておじさんのような存在だった」その男性が亡くなったのがどうしてか知るために、彼はインターネットで公開されている膵臓がんに関してのあらゆる統計や研究結果を読みあさりました。そこから新しい検査方法を思いつくに至ったのです。

彼は、
「インターネットを通して何でもできるんです。そこは学位とか見た目とか性別など何も関係ない、中立的な場所。アイディアだけが大事なのです。もし膵臓が何であるかさえ分からなかった15歳の少年に、膵臓がんを発見する新しい検査方法が見つけられたのなら、あなたには何ができるか考えてみて下さい。」
と結んでいます。

そうなんだ、これなんだ!とわたしは思いましたよ。
インターネットというのは、まさに人類の叡智が集まる場所なのです。13歳の少年が膵臓がんについて知りたいと思ったら、大学に入学して学問として学ぶのを待たなくても、かなりの情報が集められるのです。
そして、優秀な人びとが善意で知恵を出し合ったら、ものすごく素晴らしいことが生まれる可能性があるのです。

インターネットにはネガティヴな側面があるけれど、こんなに素晴らしくなりうるのだ、ということも、ぜひ子どもに教えてあげたい、わたしはそう思いました。


「マレーシアでオーガニック子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

レゴランドマレーシア再び in 2013(6・終)レゴランドホテル 〜 見つからない宝探し

レゴランドマレーシア再び in 2013(5)レゴランドホテル 〜 部屋の中より続く。

さてさて、部屋の中で子どもが喜ぶこととは。

まず、どの部屋にもレゴセットが常備してあります。
lego93.jpg
Duploという大きいタイプのでした。
「え〜Duploはおもしろくないよ〜」などと初めは言っていましたが(小さい子向けのものなので)、柵や花がついている遊んだことのないセットだったので、結構楽しんでいました。
最近彼らは「劇的改造!ビフォーアフター」という家のリフォームをするTV番組が好きなのだけど、その真似をして、一度家を作ってから、
「では、家を解体します〜!解体します〜!」
と壊してまた家を作るという「ビフォーアフターごっこ」に興じていました(笑)。

そして、多分子どもにとっての一番の楽しみは、「宝探し」
この、カエルの王子様の箱に、宝物が入っていると書いてあります。
lego90.jpg

こちらがヒント。
これを解いてダイヤルを合わせれば、箱が開けられる!という設定。
lego89.jpg
読みづらいですが、
1. How many shields are carved into the bunk bed panel?
2. How many snails are there on the floor?
3. How many juggling balls are there on the floor?
4. What's the number on the cube game in your TV cabinet?

の4題。
それぞれの答えを出して、こちらのダイヤルを合わせるのです。
lego91.jpg

長男と次男は、小躍りしながら部屋の中を歩き回って答えを探し、紙に書いていきます。
全部の答えが出そろって、ダイヤルを合わせたら、宝物が!

・・・・・のはずなのに、開かない!

「開かないよー!」
というので、答えが本当に合っているのか、わたしとダンナも一緒になって部屋をチェック。
うん、ちゃんと合っている。・・・でも、開かない。

ダンナは、
「これ、間違ってるんじゃないの?」
と言って、「もしこの数字が間違っていたら」と仮定し、しばらくガチャガチャしていたら、

「あ、開いた」

と開けてしまいました。
なんの手がかりもないのに、無限の可能性がある数字の組み合わせをあっさり見破ってしまったダンナ。優秀な鍵師でもないのに、すげ〜!とちょっと尊敬してしまいました。
まあ、適当にやっていたら開いちゃったというだけなんですけどね。
ひとつの数字だけが違ったそうです。

間違っているのはうちの部屋だけなのか?と思ったら、一緒に行った友達家族も、
「あれ、開けられないんだけど、なんなのー?」
と聞いてきたし、ダンナは一人でホテル内を歩いていたら、見知らぬ客に、
「あの宝箱の暗証番号、分かった?」
と聞かれたそうです(笑)。
聞いてみると、すべての部屋の暗証番号は同じ、でもみんな解けない。(っていうか、間違っている。)

子どもが楽しみにして、ワクワクしながら箱を開けようとしているのに、こんなことでいいのかー?

ちなみに、苦労して開けて手に入れた宝物は、こちら。
lego92.jpg
スターウォーズのセットは、レゴランド内で、激安RM10で販売されていました(笑)。

他に、ホテルの従業員にいろいろ聞いても、自分のホテルのことをよく分かっていないし、チェックアウトしてお金を払った後に電話がかかってきて、
「まだお金を払ってもらってないんですけど・・・」
と言われたり、やはりわけの分からないことが多いマレーシア流♪のホテルでした。

ひとつとてもよかったのは、レゴランドのテーマパークへもウォーターパークにも、とても近かったこと。
ホテルの裏から出ると、本当にすぐそこに、テーマパークの入り口があります。
lego88.jpg
ウォーターパークに行く時も、近いので、上に何か羽織ってホテルの部屋に帰って着替えることができます。(ただ、ロビーとか廊下がすごく寒いので長袖の方がいい。)
小さいお子様がいる家庭も、途中でちょっと部屋に戻って昼寝させたり、休憩するのに便利。
あと、ホテルとは関係ないけど、テーマパーク内での食事は高いというのがどこでも定説でそれはレゴランドも同じだけど、テーマパークを出てすぐ目の前にあるMall of Mediniというモールでは、比較的安く食べられました。(特においしいわけでもないけど、それはパーク内も同じ。)

でも、・・・わたしとしては、ミラコスタに泊まってディズニーリゾートに行った方が楽しいんだけどなあ(笑)。

長男は、このワンダーランドから帰りたがらず、帰宅してから、
「明日またレゴランド行こうよ〜。」
とのびっくり発言。

あと1年・・・2年ぐらいは勘弁してほしいです(笑)。

〜終わり〜


「マレーシアでオーガニック子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

趣味の動画
わたしの好きな音楽を中心にお気に入りを紹介。ぜひ聞いていってね♡
David Archuleta & Nathan Pacheco
"The Prayer"

クリスマスにはやっぱりDavid Archuleta。美しい歌声・・・。
おすすめの本
過去の記事で紹介しているものですが、こちらでも紹介します☆
フォニックスを教える時によく参考にしていました。
関連記事:子供に自分でフォニックスを教える(1)フォニックスとは


小学校低学年の英語読書。初めて読むチャプターブックとして最適。
関連記事:小学校低学年の英語読書〜「マジック・ツリーハウス」


プロフィール

モカきりん

Author:モカきりん
モカきりん:アメリカ留学中に中国系マレーシア人の現在のダンナと出会う。大学卒業後に渡馬、結婚。日系の塾で小学生と中学生に英語・国語を教える。7年塾講師として働き退職。その後2人の息子を出産して現在は専業主婦。

長男ユージン:2004年生まれ。明るく元気で、遊ぶことが大好き。やっている習い事はピアノ。第一言語は日本語、英語も文法的にはかなりブロークンだが話せるし理解できる。おばあちゃんとは中国語で会話、マレーシア語も学校で勉強中だったが、なぜか今年度は学校の方針でフランス語をやっている。2011年1月にインターナショナルスクールに入学、現在中学2年生。


次男ライアン:2008年生まれ。習い事はピアノ。とても人懐っこく誰にでも笑顔をふりまく。2014年1月にお兄ちゃんと同じ小学校に入学、現在小学校4年生。


ダンナ:中国系マレーシア人。日本語が流暢で時々日本人に間違えられる。優しく子供とたくさん触れ合ってくれるいいパパ。

おススメサイト
無料なのにスゴク使える!おススメサイト
<教育関連>
英語本
登録すると、オンライン英語図書館「タンブルブックス」にアクセスできます。
Starfall(英語)
フォニックスを学ぶならここ!
We Give Books(英語)
オンライン図書館。朗読はついていないので自分で読まなければなりませんが、無料で図書館に行く必要がないのは助かります。
学力は全米トップ0.1% 秘訣は幼児期の教育
子育てバイブル。
Colouring Book of Flags(英語)
国旗塗り絵がダウンロードできます。
おりがみくらぶ
折り紙といえばココ。折り方のアニメーションもあり、難易度も一目瞭然で使い勝手抜群。英語、中国語版など外国語7言語のサイトともリンクしているので、外国人の友達とリンクをシェアできるのもうれしい。
無料e童話
数は少ないのですが、無料で絵本が読めます。
英語のおとぎ話ビデオ(YouTube) You TubeのStoryというチャンネルで、10数分の英語のおとぎ話のビデオが見られます。英語字幕をつける設定にもできます。
バイリンガール英会話 Chika's English Lesson(YouTube)
バイリンガルの吉田ちかさんのYou Tubeチャンネル。わたしの勉強のために見ていますが、内容によっては子どもにも見せたりします。明るくてかわいいちかさんの動画は見るだけでも楽しい!

ピアノ初心者のための音符の読み方
自分で子どもにピアノを教えている、またはピアノ教室に通わせているけれど家での練習を見ている、という親にとって、とても参考になるサイトです。単にピアノを教えるということだけでなく、子育てという広い観点からピアノの練習をとらえていることが素晴らしいと思います。

Storyline Online(英語)
俳優さんたちが英語の絵本の読み聞かせをするビデオがたくさんあります。

<マレーシアで利用できる音楽ストリーミングサービス>
音楽ラバーにはもちろんうれしいサービス、実は子育てにもめちゃくちゃ使えます!(無料で使えないものもあります)
KKBOX Malaysia
Spotify
Deezer
おススメ記事
当ブログ内のおススメ記事です。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR