ホーム   »  2014年10月
rainbow.jpg
Archive | 2014年10月

都会の真ん中で本格推理ゲーム!

先日、家族でAvenue K (Sruia KLCCのすぐ横のショッピングモール)にある、"Breakout"というお店に遊びに行きました。
ホームページはこちら→BREAKOUT

breakout1.jpg

簡単に言うと、「脱出ゲーム」。5つのテーマの部屋があるのですが、そこに入ってパズルを解いたりトリックを見破ったりして、時間内に脱出せよ!というミッション。

人数は、2〜8人。
値段は人数によって変わり、2人なら一人あたりRM50。3人だとRM45×3。4人だとRM40×4。
初めに通りかかって説明を聞いただけの時は、7歳以下は半額と言われたのだけど、当日は次男は無料でいいと言われました。(まあ実際、何もできなかったし。)
breakout2.jpg

難易度の違う5つの部屋(←クリック)があります。
breakout3.jpg

この中から、わたしたちは難易度★★☆☆☆(2/5)の"Chamber Of Hocus"を選びました。
この悪いマジシャンの部屋に入って彼を捕まえろ!という設定で、どっちかって言うと、初めのうちは"Breakout"というよりは、"Break-in"という感じだった(笑)。(このマジシャンの部屋に入るのに時間がかかったのです。)

始める前に、店のスタッフにストーリーを説明され、参加者それぞれの役割を決めます。
店にこの絵が飾ってあるのですが(なんていう絵画だっけ〜、見たことあるんだけど分からん)、
breakout4.jpg

よく見るとこんなふうに"Lock Master"というような役割の名前が。
breakout5.jpg
詳しくはこちらのページに出ています。

決まると、それぞれの道具が渡されます。
breakout6.jpg
左から、
The Scholor(学者)へ、ケータイ。(行き詰まった時に店のスタッフに助けを求める)→わたし
The Lightbringer(光をもたらす者)へ、懐中電灯。(部屋の中は暗い)→次男
The Lock Master(鍵師)へ、鍵。→長男

それから、ダンナは、The Oracle(預言者)で、何枚かの写真(トリックを見抜く鍵となるもの)を見せられたのだけど、それは預言者しか見られないと言われ、隅っこでこっそり見ていました。

面白くするためにキャラクター設定をしているだけなので、そんなに緊張しなくてもいいと思います(笑)。
Time Benderというのは、単にストップウォッチを持っているだけだったり。
別に絶対その人がやらなきゃいけないというわけでもないし。

始める前に、スタッフに、「別に大きい音が出たりする仕掛けは全くないけど、暗いので怖がる子どもがいます。もしそういうことがあったら、知らせて」と言われました。うちの子たちは、大きい音がしても平気なので、「大丈夫ですよー!」と言っておいたけど、本当に全く怖がってなかった(笑)。
わたしたちが入った部屋は少し天井が低いので、閉所恐怖症の人にはつらいかもしれません。

制限時間は45分。
その間に、7つのトリックを見破ってマジシャンの部屋に入り、彼を捕まえるのだ。
無料で使えるロッカーがあるので、そこに荷物を入れて、ゲームスタート!

・・・・・・・。
部屋の中は撮影禁止なので写真がありません。
ネタバレも書きません。

しかし、難しかったー!
これでホントに難易度★★☆☆☆(2/5)?
全然分からず、何度かケータイを使いました。その度に店のスタッフが入ってきて、ヒントをくれます。
ヒントをもらえばあ〜そうか!と思うこともあるけど、自力でそんなことが分かるのはシャーロックホームズかコナンぐらいではないか(笑)?!
結局45分の時間内に終わらず、「マジシャンは逃げてしまった」。でも、スタッフに「逃げちゃったけど、最後までやっていいよ」と言われ、その部屋から脱出するまでやりました。

なかなか凝っていて、推理マニアにはたまらない仕掛けがあったりもしました。
長男もダンナもとても楽しかったようで、終わってからも、「あれは分からないよねー!」とか、いろいろ語り合っていました。今度は別のテーマのをやりたいとか言っています。

この店のFacebookページを見ると、うちみたいに家族連れで来ている人も結構いるみたいですね。
後は若者の友達グループとか。
13歳以下は、大人の同伴が必要みたいです。確かに子どもだけじゃ難しいかも。

長男は帰ってから、自分でも似たようなゲームを作って、わたしやダンナにやらせるほど楽しかったみたい。
子どもたちがちょうど「名探偵コナン」にハマっていることもあり、タイムリーにおもしろいお店を発見して、とても楽しめたようでよかったです。
こういうタイプの娯楽って初めてだったので、新鮮な楽しさでした。

10歳以上の子どもなら(特に推理マニアなら)、少しは謎解きに参加して楽しめるのではないかな?
あ、当然だけど、英語力必須です。ちょっと生半可な英語力じゃ太刀打ちできないかもしれないです。
我こそはと思う方はぜひどうぞ!


「マレーシアでオーガニック子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

スポンサーサイト

人間ってスゴイな〜

長男ユージンが、何の脈絡もなく急に、
「息をとめて水の中にもぐっている世界記録は、6分ぐらいなんだって〜。」
と言いました。
わたしは、
「なんでそんなこと急に言うの?学校で習った?」
と聞きました。
「違う、"Human Body Encyclopedia"(人間の体事典)に書いてあったよ。」
とユージン。こちらの本です。


(リンク先で中身がのぞけます。字が大きくて、小さい子にも読みやすい、とてもとっつきやすい事典です。)

ホントだ。
humanbody.jpg

しかし、そんなことを急に言い出してびっくりしました。というのは、 わたしは本当にたまたま、最近TED(←クリック)で、David Blaine(デイビッド・ブレイン)の"How I held my breath for 17 minutes"というトークを見たのです。彼は17分水に潜っているという記録を出したと言っていたぞ。

ということで、調べたら、この事典は2005年のもの。
デイビッドの記録は2008年のものでした。
3年ほどの間に、世界記録は11分ものびたのか?スゴイな。
更に調べたら、なんとデイビッドの記録は4ヶ月半後にTom Sietasというドイツ人に破られてしまったそう。
しかも、このドイツ人は、2012年に自らの記録を破り、22分22秒という記録を出したそうです。想像を絶する世界だー。

ところで、デイビッド・ブレインはマジシャンなんだけど(彼のTEDトークを見たのも、わたしがマジシャンとしての彼が好きだから)、彼の手品も本当にスゴイ!多分こういう仕掛けだろうと考えることができるのもあるけど、あまりにもうまくて本当に魔法みたい。全然分からないのもある。







スゴイな〜。


「マレーシアでオーガニック子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

マレーシア版「桃太郎」

10月22日〜26日に、DPAC(Damansara Performing Arts Centre)という劇場で、マレーシア版「桃太郎」が上演されます。
DPAC(←クリック)
"Momotaro And the Ogre"というところの"Read More"をクリックすると、もう少し詳しい情報が見られます。
なんでも子どもたちがやっている劇だそうで、長男の古い友達が衣装部門で参加しています。
マレーシア風味を加えた桃太郎、どんなふうなんでしょうね〜?
興味のある方は、ぜひ足を運んでみて下さい。

関連記事:The Star Online: Anak Chintan Theatre brings a local edge to Asian family theatre


「マレーシアでオーガニック子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

家で読書させるための秘策

子どもが小さい頃から読み聞かせをしてきたし、わたし自身も読書が好きだから本を読んでいる姿を子どもはちゃんと見ていると思うのだけど、うちの子はそれほど読書をしません。
いや、昔に比べたらものすごくするし、次男なんか時々本を積み重ねて置き、「ボクは本が大好きなの!」と主張したりしますが、わたしはまだ足りないと思っています。
うちに本がいっぱいあるんだから、もっと自分から本を本棚から出してきて読んで欲しいな〜。
でも、そう思って本棚を見てみると、背表紙しか見えない本がギッシリ詰まっていて、何がなんだか分からない。

これじゃあ読む気にならないのもムリはないよな〜。

なので、時々本棚から忘れ去られた本を抜き出して、そこらへんに置いておくようにしました。
これは効果抜群。
やはりそこらへんにあると、何気なく手に取るものです。
でも、これを繰り返すと、そこらへんに本の山が積み重なっていく、という問題が出てきました。

なにかいい方法はないかな〜と考えていた時、本屋さんで平積みにされている本、図書館で「今月の本」のように取り上げられている本のことを思い出しました。

そして、ダンナに頼んでこれを取り付けてもらいました。
場所は玄関を入ってすぐ、2階から階段を下りてくると斜め前に見えるところ。目につきやすいところです。
dokusho1.jpg
ダンナがスウェーデンに行った時に買ったものだけど、取り付けるつもりだった場所は壁が薄くてできないと判明したので、放置されていたハンガー。

こんな風にバッグや帽子などをかけたりして使えるんだけど、
dokusho2.jpg

ここに本を陳列します。(ああ歪んでる〜。すいません。)
dokusho3.jpg

英語、日本語、漫画、事典、さらっと読める短いもの、長いもの、なんでもアリ。

効果抜群!

しかも、読み終わったらここに戻しておけば、散らかりません。
図書館から借りてきた本は、ここに置いておけばOK。
あとは、わたしが忘れずにマメに本を交換できるかどうかにかかっている・・・。
これで「読書しないと気が済まない」というふうになって、自分で本棚から本を引っ張りだすようにもなるのが最終目標(笑)。達成なるか?

▶「趣味の動画」をVanessa Carltonの"Home"に変えました。


「マレーシアでオーガニック子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

長男10歳

最近ものすごく忙しくて、書こうと思っていたらいつの間にか1ヶ月経ってしまった(笑)。
先月、長男ユージンが10歳になりました。
本当についこの間生まれたと思ったのに、もう10歳なんて!信じられない。
体が随分大きくなり(とはいってもクラスでは一番小さいぐらいだけど)、最近は食欲もすごくて、食事が終わった後の「まだお腹すいてる〜」というセリフを何度聞いたことか。

誕生日当日は、親友(とそのきょうだい)と公園に行って遊びました。
10thBD1.jpg

友達のお姉ちゃんがカップケーキを焼いてきてくれたり、ちょっとしたスナックを持ち寄って、午前中に遊んで昼前に解散、という簡単な集まり。

でも友達と走り回って遊んで、とても楽しかったみたい。本当に、シンプルイズベストだね。
10thBD2.jpg

わたしはこの時、念願のピンクのトンボを捕まえましたよ。
10thBD3.jpg

ユージンがこれを持って友達に見せにいったら、ワッと蜘蛛の子を散らすように逃げて行きました・・・。トンボがこわいなんて、どんだけシティーボーイなんだ!
でも、初めてうちの子たちを公園につれてきたときは同じような反応だったよな〜となつかしく思い出しました。今は平気でカエルも捕まえるし、成長したものです。

夜は、ここ数年恒例となっている、同じ日に生まれた女の子の友達の家族と一緒にお祝いをしました。
悩んだ末、バースデーケーキは双子のロールケーキにしました。その女の子は緑色が大好きな子なので、ちょうどいいや〜と片方は抹茶味。
そして、子どもたちに庭でミントを摘ませ、勝手に飾ってもらったらこんなことに(笑)。
10thBD4.jpg

裏を見たら、顔が。いつの間にか、このケーキは毛虫という設定になっていました。
10thBD5.jpg

プレゼントは欲しかったものをいろいろもらって(主に本)、ユージンにとってとてもいい日だったようです。



まだまだ精神的に幼い部分があり、鍛えなくちゃいけないな〜と思うところがいっぱいですが、とりあえず目がキラキラしていて毎日笑って過ごしているので、それでよしという感じです。
本当に怒りっぽいのが玉に瑕ですが、これは子どもの頃のわたしを見せられているようで何も言えない・・・(遺伝するのね、きっと)。でも、それとどうやってうまくつきあっていくか、少しずつ学んでいるな、と感じられる日々です。
反省することはいっぱいあるけど、とりあえず元気でここにいてくれることに感謝です。
この先の10年も大変だろうけど、この10年と同じぐらい、楽しい10年でありますように!


「マレーシアでオーガニック子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

家庭内でコンテスト開催

最近、長男ユージン(小5)が進研ゼミのチャレンジをやっていて、

「ママ〜、『平均』だと、『5.6人』みたいに少数にしてもいいんだって!おかしいねえ〜。」

と話しかけてきたので、「そうか、今算数で平均をやってるんだ〜。」と思い、「実生活でも何か平均値を出すことが出来ないかな?と考え、ハッとひらめきました。

学校の登校、下校にそれぞれかかる時間の平均を出してもらおうと思ったのです。
思いついてすぐに紙にフリーハンドにさっと書いたので、とても汚くて恥ずかしいのですが、こんな感じ。(子どもが落書きしたので、「平均あててコンテストトト」になってるぅ〜。)

average.jpg

振替休日だった月曜日を除き、火〜金曜日の登下校にかかった時間をすべて長男に記録してもらいました。
でもそれだけだとつまらないので、始める前に家族4人に予想時間を書いてもらいました。
で、誤差が最も小さい人が勝ち。

すると、途中で「行きだけピタリ賞!」などが出て盛り上がりましたよ〜。

結果、行きと帰りの誤差を会わせた数値が一番小さかった人はダンナでした。
なんと行きは誤差15秒!
しかし帰りはダンナの予想より4分15秒も余計にかかりました。なぜかというと、大抵行きはダンナ、帰りはわたしが迎えに行くから。(わたしの方が運転が遅いので時間がかかる。)そこが計算に入っていなかったのだな、フフフ。

計算をする時、時間は60進法なので少し計算が難しかったけれど、「学校で習ったよ」ということで、計算もすべて長男にやってもらいました。
大体どれくらい時間がかかるかの目安も分かったし、勉強になったし、何より家族全員参加でワイワイできたし。
「勉強したことが自分の生活で実際に役に立つ」と思えると勉強も楽しいよね!
ということで、家庭内コンテストはダンナの優勝ということで幕を閉じました。

「マレーシアでオーガニック子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

「ドリアンよりおいしい」らしい

また食べ物の話です。
ある日、スーパーでアイスクリームを物色していたダンナと子どもたち。
アイスクリームって結構高いから、選ぶときは真剣になっちゃいますよね〜。
すると、うれしそうにこんなものを見つけてきました。

potong1.jpg

「ポトン」。マレーシアにある昔ながらのアイスキャンディーバーです。
右は小豆味なんだけど、左に注目!
ドリアン味なんですよ〜。

potong2.jpg

1本単価1リンギぐらいの安いものなので、期待せず食べ始めたようなのですが、口に入れた途端、うちの3人のマレーシア男(ダンナ+息子2人)は、

「おいしい!」

と目を輝かせてあっという間に完食。
なんでも、「ドリアンよりおいしい」そうで。
もちろんわたしは食べてませんよ。

「本物より安いし、これは食べた後クサくならないしいいね〜。」
とご満悦な様子でしたが、

いや、普通にクサいから。

本物より若干マシかもしれないが。
ということで、3人の大好物になりました。
次男は気づくとフラフラ〜と歩きながら食べているので(もちろん注意するけど、たまに目を離すと歩いている)、かけらを落としたことにしばらく気づかず、蟻の大行列が出来ていたことがありました。
すると、

「誰だ〜、こんなところにポトンをポトンした人は!!」

というベタなダジャレが思わず出てきてしまいました(笑)。


「マレーシアでオーガニック子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

趣味の動画
わたしの好きな音楽を中心にお気に入りを紹介。ぜひ聞いていってね♡
David Archuleta & Nathan Pacheco
"The Prayer"

クリスマスにはやっぱりDavid Archuleta。美しい歌声・・・。
おすすめの本
過去の記事で紹介しているものですが、こちらでも紹介します☆
フォニックスを教える時によく参考にしていました。
関連記事:子供に自分でフォニックスを教える(1)フォニックスとは


小学校低学年の英語読書。初めて読むチャプターブックとして最適。
関連記事:小学校低学年の英語読書〜「マジック・ツリーハウス」


プロフィール

モカきりん

Author:モカきりん
モカきりん:アメリカ留学中に中国系マレーシア人の現在のダンナと出会う。大学卒業後に渡馬、結婚。日系の塾で小学生と中学生に英語・国語を教える。7年塾講師として働き退職。その後2人の息子を出産して現在は専業主婦。

長男ユージン:2004年生まれ。明るく元気で、遊ぶことが大好き。やっている習い事はピアノ。第一言語は日本語、英語も文法的にはかなりブロークンだが話せるし理解できる。おばあちゃんとは中国語で会話、マレーシア語も学校で勉強中だったが、なぜか今年度は学校の方針でフランス語をやっている。2011年1月にインターナショナルスクールに入学、現在中学2年生。


次男ライアン:2008年生まれ。習い事はピアノ。とても人懐っこく誰にでも笑顔をふりまく。2014年1月にお兄ちゃんと同じ小学校に入学、現在小学校4年生。


ダンナ:中国系マレーシア人。日本語が流暢で時々日本人に間違えられる。優しく子供とたくさん触れ合ってくれるいいパパ。

おススメサイト
無料なのにスゴク使える!おススメサイト
<教育関連>
英語本
登録すると、オンライン英語図書館「タンブルブックス」にアクセスできます。
Starfall(英語)
フォニックスを学ぶならここ!
We Give Books(英語)
オンライン図書館。朗読はついていないので自分で読まなければなりませんが、無料で図書館に行く必要がないのは助かります。
学力は全米トップ0.1% 秘訣は幼児期の教育
子育てバイブル。
Colouring Book of Flags(英語)
国旗塗り絵がダウンロードできます。
おりがみくらぶ
折り紙といえばココ。折り方のアニメーションもあり、難易度も一目瞭然で使い勝手抜群。英語、中国語版など外国語7言語のサイトともリンクしているので、外国人の友達とリンクをシェアできるのもうれしい。
無料e童話
数は少ないのですが、無料で絵本が読めます。
英語のおとぎ話ビデオ(YouTube) You TubeのStoryというチャンネルで、10数分の英語のおとぎ話のビデオが見られます。英語字幕をつける設定にもできます。
バイリンガール英会話 Chika's English Lesson(YouTube)
バイリンガルの吉田ちかさんのYou Tubeチャンネル。わたしの勉強のために見ていますが、内容によっては子どもにも見せたりします。明るくてかわいいちかさんの動画は見るだけでも楽しい!

ピアノ初心者のための音符の読み方
自分で子どもにピアノを教えている、またはピアノ教室に通わせているけれど家での練習を見ている、という親にとって、とても参考になるサイトです。単にピアノを教えるということだけでなく、子育てという広い観点からピアノの練習をとらえていることが素晴らしいと思います。

Storyline Online(英語)
俳優さんたちが英語の絵本の読み聞かせをするビデオがたくさんあります。

<マレーシアで利用できる音楽ストリーミングサービス>
音楽ラバーにはもちろんうれしいサービス、実は子育てにもめちゃくちゃ使えます!(無料で使えないものもあります)
KKBOX Malaysia
Spotify
Deezer
おススメ記事
当ブログ内のおススメ記事です。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR