ホーム   »  2015年12月
rainbow.jpg
Archive | 2015年12月

「下町ロケット」主人公のモデル

「下町ロケット」、わたしはあと最終話を残すのみなんですが、面白かったですね。
日本の技術は、こういう下町工場の職人のたゆまぬ努力に支えられていると聞いたことがあるけれど、わたしのまわりに技術者は皆無なので、そういう世界を垣間みることができて、胸が熱くなりました。

さて、以前、ものすごくいいから是非見てみて!と紹介したTEDxの動画があります。
コチラの記事:「あるおじさんの超イイ話」

わたしは英語の勉強も兼ねて結構TEDを見ているんですが、今まで見たすべてのTEDやTEDxのスピーチの中でも3本の指に入るお気に入りです。(そして、後の2本は「ゲームは本当に悪いのか?」「意志力を鍛える」で紹介した双子のマクゴニガル姉妹かな〜。)

この「思うは招く」というスピーチをされた植松努さんという方が、「リアル下町ロケット」と言われているそうですね。「下町ロケット」には公式なモデルはいないそうですが、作者が彼のストーリーから着想を得たという可能性は充分に考えられます。


Naverまとめ:リアル下町ロケット。世界一有名な工場の「おっちゃん」がスゴイ

ドラマを見ている途中でそのことを知り、おお〜〜、あのおっちゃんの話かあ〜!(別にすべて事実というわけではないけど)と感動。

知らなかったけど、彼は本を何冊も出していて、最近ますます有名人になってきたんですね〜〜。
ドラマを見てうお〜〜と盛り上がっていたこともあり、何冊か買っちゃいました(笑)。

これは漫画なので、子供用に。


その他。


全部買ったわけではないけど、おっちゃんに散財してしまった(笑)。
スピーチの内容とかなりかぶる部分もあると思うけど、読むのが楽しみです。


「マレーシアでオーガニック子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

スポンサーサイト

次男に漢字の間違いを指摘された

わたしは家で子どもたちにずっと日本語を教え続けています。
以前、こちらの記事で紹介しました。

日本語+英語力のための毎日の家庭学習

内容は少しずつ変わったりもしていますが(年が上がるごとにボリュームが増えている)、基本的にほとんど一日も休みなく、ずっと続けています。

漢字は、わたしがこんなふうにノートに書いています。
kanji.jpg

赤字で書いているのがわたしの字です。今は読みがなも子どもに書かせています。

わたしは子どもの時、ものすごく漢字が得意でした。
最近は手書きでものを書く機会がめっきり減ったので、昔ほど自信がないけど、小学生の漢字ぐらい楽勝だと思っていました。
それなのに、次男に小2の漢字の間違いを指摘されました。
「聞く」という漢字です。
そんな簡単な字、間違えるはずがないと思うでしょう?

kanji1.jpg

「聞く」という字の中は「耳」ですよね?普通そう覚えていますよね?

でも、赤←のところを見て下さい。
kanji2.jpg

次男いわく、「縦棒より右に出ちゃダメ」なんだそうです。よく見ると、確かにそうです。
へええ〜、知らなかった!
自分が絶対に正しいと思い込んでることでも、そうじゃないことってあるんですね。

ちなみに、「耳」という漢字は、中国語でも同じです。
でも、教科書に載っている書き順は日本語の漢字の書き順と違うんですよ。
だから、うちでは、「書き順は一応教えて、気づけば正しく書けるように指導するけれど、最終的にちゃんとその字になっていればいいかあ〜」というスタンスです(笑)。


「マレーシアでオーガニック子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

マレーシア人の日本旅行

マレーシアの学校は、11月半ばから年末までが長期休暇です。
ということで、うちの子どもたちもお休み中ですが、うちは諸事情により、旅行はできません。
取り組んでいることがあって地味に忙しいのですが、それはまた別の話なので、別途書きたいと思います。

今日書きたいのは、最近マレーシア人の間で日本旅行が大人気!ということ。
わたしは別に統計を見ていないので正確な数字は知らないけど、周りの人の話を聞くと、「日本旅行に行って来た!」という人がとても増えています。

思うに、エアアジアのおかげで日本に安く行けるようになったのが大きいんじゃないかな。
そして、実際に日本に行ってみると、「日本は物価が高い高いって言われてたけど、マレーシアより安いものもあるじゃない!」とみんなが気づき、食べ物はおいしいし、人々は親切だし、安全だし、楽しいところはいっぱいあるし、マレーシアにはない四季があるし、でみんな日本が大好きになってしまうという。
あ、あとよく聞くのは、「トイレがきれいだった!」ということ。

中国人の爆買いが話題になったけど、マレーシア人は中国系の人でも、買い物目的の旅行をする人はほとんどいない気がします。
普通に観光して、食べ物を楽しむタイプの旅行が多いと思います。

今まで日本に旅行した友達の中で、「よくなかった」「まあいいんだけど、一回行けばいいかな」という意見の人は一人もいません。
例外なく、みんな「すごくよかった!」「また行きたい!」と言うんです。
そして、この半年ぐらいで日本に行った友達や知り合いは4人とも、全員リピーター。

それで、まわりのごく限られた数の人のことなんだけど、やっぱり行き先として多いのは東京・大阪。
空港があるし、大都市なのでまあ分かります。
そして、北海道も大人気。エアアジアは去年就航したばかりの名古屋便を一年足らずで運休。その代わりか?札幌便を今年就航。
確かに前々から北海道は中国系の人の間で大人気だけど、このホリデー中にわたしの友達2人、来年早々にも1人が北海道に行くということです。

そして、ものすご〜〜くビックリしたのが、友達2人が最近わたしの故郷である岐阜県郡上市に行ったこと。別にわたしの出身地だと知らずに、ですよ。
「郡上八幡行くんだよ〜」「え〜、そこわたしの出身地だよ!!」とビックリ。
まあとってもいいところなんだけど、直行便がないのに、外国からわざわざ行く人がいるんだ〜。

なんだかすごい人気ぶり。
わたしは何にもしていないけど、なんだか誇らしくなっちゃいます。
外から見ると改めて思います、日本っていい国だなあ。(もちろん問題だってたくさんあるんだけど。)

マレーシアって、本当に親日的で、日本人だからといって不当な扱いを受けたことは全くなく、得をしたことばかり。
それって、何千何万の日本人が地道に丁寧な接客などをコツコツ続けたりしたおかげなんだろうなあ。本当に素晴らしいです。
わたしもいうなれば民間大使だから、一つ一つのことに誠意をこめてやっていかなきゃなあ、と改めて思いました。

▶「趣味の動画」をDavid Archuleta & Nathan Pachecoの"The Prayer"に変えました。


「マレーシアでオーガニック子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

南国でのアイススケート

子どもの友達がよくアイススケートに行っているらしく、「今度行くから一緒に行こうよ」と誘われ、行ってみることにしました。
わたしも子どもの頃、たまに母がスケートに連れて行ってくれたものですが、あまり得意ではなく、好きでもありません。今、わざわざお金を払って自分で滑りに行きたいなんて全く思いません。
まあもともとスポーツが好きじゃないから、寒い冬は余計動きたくないので、ウィンタースポーツは全く興味なし。スキーに行ったこともありません。
だから、わたしが自ら思い立って連れて行くことはまずなかったんだけど、友達に誘われ、子どもたちが「やってみたい!」と熱望したので、重い腰をあげて連れて行ってやることにしました。

連れて行ったのは、The Royal Chulanというホテル。
IKEA、IPCなどの近くで、e-curveに隣接しています。
e-curveの入り口からまっすぐ進んで通り抜けると、そこにあります。
skate1.jpg

この入り口の向かって右手にスケートリンクへの入り口があります。
料金は一人RM30(週末はRM35)、靴のレンタル料込み。
朝の10時から夜の10時までオープン。

リンク。
この日は一般の学校がある日だったので(子どもたちの学校はなぜかお休みだった)、比較的すいていました。週末は結構混むそうです。
skate2.jpg

さて、アイススケートは初めての息子たち。
次男はただでさえ、「背骨がないの?」って言われるくらい体がぐにゃぐにゃしている子なので、スケート靴をはいて、立つことさえできないのでは?と思っていたら、本当に立ったとたんぐにゃぐにゃと崩れ落ちた(笑)。

友達が、「ブレードが長いのに変えてもらったら?そっちの方が安定するよ。」と言ったので、交換してもらいました。↓長い方。
skate3.jpg

それでも立つのが難しいのは変わりなく、リンクに出ても手すりにつかまっているのがやっと。
skate4.jpg

でも、一緒に行った友達は、普通にスイスイ滑れる子たちだったので、我慢強くつきっきりで教えてくれました。
次男ライアンの手をとっているのは、お兄ちゃんの友達。
skate5.jpg

そして、何度も何度もグルグル回っているうちに、目に見えて上達して行くのが分かりました。
疲れて休みに来ても、やりたくてやりたくてウズウズするのか、すぐにリンクに戻ってまた練習。

合計で3時間ぐらい、ひたすら滑っていました。
すると、最後の方は、2人とも手すりを離してこんな真ん中まで来られるように!
(注:右の方でスピードを出して滑っている子は知らない人です。黄色い服を着ているのがうちの次男。)
skate6.jpg

実は、滑っているというよりは、歩いているんじゃない?というような感じだったんだけど(笑)。
見ている方がハラハラするような危なっかしい足取りなんだけど。
でもあんなにぐにゃぐにゃだったのに、バランスをとって立っていられるようになっただけでもすごいよ、と思いました。

わたしは滑らず、ずっと休憩所↓で見ていたのですが。
(そばに軽食売り場もあります。)
skate7.jpg

とにかく寒い!!
もちろんそんなことは予想していたので、長袖ニットを着て、セーターや手袋も持って行ったのですが、それでも寒くて寒くて凍えそうでした。

なのに、滑っているマレーシア人の方々は、長袖長ズボンの人が大半だったけど、普段通りの半袖ショートパンツという方もチラホラ!
でもその人たちは運動しているから暑いのかもしれないけど、休憩所で見ていた人でも、同じような軽装の方々ばかりでした。
さすがマレーシア人、やはり寒さに強い!(冷房に慣れているから。)

子どもたちは、とにかく楽しかったそうなので、また行こうと言っています。
でも、わたしはひたすら凍えながらすることもなく数時間見てるだけだからな・・・。
もし今度行くなら、バッチリ防寒して行こうと思います。

しかし、こんな南国で、こんなたくさんの人がアイススケートを楽しんでいるなんて、ちょっと驚きです。
ここの他に、サンウェイピラミッド、IOIモールにもスケートリンクがあるそうです。


「マレーシアでオーガニック子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

趣味の動画
わたしの好きな音楽を中心にお気に入りを紹介。ぜひ聞いていってね♡
David Archuleta & Nathan Pacheco
"The Prayer"

クリスマスにはやっぱりDavid Archuleta。美しい歌声・・・。
おすすめの本
過去の記事で紹介しているものですが、こちらでも紹介します☆
フォニックスを教える時によく参考にしていました。
関連記事:子供に自分でフォニックスを教える(1)フォニックスとは


小学校低学年の英語読書。初めて読むチャプターブックとして最適。
関連記事:小学校低学年の英語読書〜「マジック・ツリーハウス」


プロフィール

モカきりん

Author:モカきりん
モカきりん:アメリカ留学中に中国系マレーシア人の現在のダンナと出会う。大学卒業後に渡馬、結婚。日系の塾で小学生と中学生に英語・国語を教える。7年塾講師として働き退職。その後2人の息子を出産して現在は専業主婦。

長男ユージン:2004年生まれ。明るく元気で、遊ぶことが大好き。やっている習い事はピアノ。第一言語は日本語、英語も文法的にはかなりブロークンだが話せるし理解できる。おばあちゃんとは中国語で会話、マレーシア語も学校で勉強中だったが、なぜか今年度は学校の方針でフランス語をやっている。2011年1月にインターナショナルスクールに入学、現在中学2年生。


次男ライアン:2008年生まれ。習い事はピアノ。とても人懐っこく誰にでも笑顔をふりまく。2014年1月にお兄ちゃんと同じ小学校に入学、現在小学校4年生。


ダンナ:中国系マレーシア人。日本語が流暢で時々日本人に間違えられる。優しく子供とたくさん触れ合ってくれるいいパパ。

おススメサイト
無料なのにスゴク使える!おススメサイト
<教育関連>
英語本
登録すると、オンライン英語図書館「タンブルブックス」にアクセスできます。
Starfall(英語)
フォニックスを学ぶならここ!
We Give Books(英語)
オンライン図書館。朗読はついていないので自分で読まなければなりませんが、無料で図書館に行く必要がないのは助かります。
学力は全米トップ0.1% 秘訣は幼児期の教育
子育てバイブル。
Colouring Book of Flags(英語)
国旗塗り絵がダウンロードできます。
おりがみくらぶ
折り紙といえばココ。折り方のアニメーションもあり、難易度も一目瞭然で使い勝手抜群。英語、中国語版など外国語7言語のサイトともリンクしているので、外国人の友達とリンクをシェアできるのもうれしい。
無料e童話
数は少ないのですが、無料で絵本が読めます。
英語のおとぎ話ビデオ(YouTube) You TubeのStoryというチャンネルで、10数分の英語のおとぎ話のビデオが見られます。英語字幕をつける設定にもできます。
バイリンガール英会話 Chika's English Lesson(YouTube)
バイリンガルの吉田ちかさんのYou Tubeチャンネル。わたしの勉強のために見ていますが、内容によっては子どもにも見せたりします。明るくてかわいいちかさんの動画は見るだけでも楽しい!

ピアノ初心者のための音符の読み方
自分で子どもにピアノを教えている、またはピアノ教室に通わせているけれど家での練習を見ている、という親にとって、とても参考になるサイトです。単にピアノを教えるということだけでなく、子育てという広い観点からピアノの練習をとらえていることが素晴らしいと思います。

Storyline Online(英語)
俳優さんたちが英語の絵本の読み聞かせをするビデオがたくさんあります。

<マレーシアで利用できる音楽ストリーミングサービス>
音楽ラバーにはもちろんうれしいサービス、実は子育てにもめちゃくちゃ使えます!(無料で使えないものもあります)
KKBOX Malaysia
Spotify
Deezer
おススメ記事
当ブログ内のおススメ記事です。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR