ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  教育  »  「優しい子」と「賢い子」、どっちに育ってほしい?
rainbow.jpg

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「優しい子」と「賢い子」、どっちに育ってほしい?

以前マレーシア人の友達が、
「わたしの娘は『頭がよくなりたい』っていつも言っている。わたしが『いいの、優しくなってくれさえすれば!』 と言ったら、しばらく考えて、『じゃあ2倍優しく、10倍賢くなる』なんて言うのよ?。 どうしてあの子は優しさよりも賢さが先に来ちゃうのかしら?。」
とため息をついていました。
わたしから見れば彼女は充分に優しいし、多分飛び級しても大丈夫なくらい賢いので、 多分母親から見れば「賢さよりも優しさの方が劣る」という比較の問題なんじゃないかな?、という気がしました。



あなたは自分の子供に「優しい子」と「賢い子」のどっちに育って欲しいですか?
わたしは両方です。
どちらかだけ選ぶなら、断然「優しい子」です。
言葉は悪いけれど、「ものすごく頭がいいのに優しさのかけらもない子」よりは、「愚かだけど優しい子」の方が いいに決まっています。
でも、「優しくなってくれさえすればいい」のではなくて、「優しさやきちんとした生活習慣は議論するまでもなく当たり前、 その上で賢い子を目指すべき」だとわたしは思います。
というのは、優しさだけではどうにもならないこともあるからです。
例えばとても困っている様子の外国人がいた。でも、助けてあげようにも英語が話せないので 何もしてあげられない、というのは分かりやすい例だと思います。(別に英語が話せる=賢いというわけではないと思いますが、 ひとつの能力として例にしました。)
頭がよくいろんなことができる能力を身につけることで、本人はより充実した人生を歩めるし、まわりの人のためになることが できるのです。それは、世の中をよりよくすることにつながります。
だから、わたしは賢くなろうとすることはとても大事なことだと思っています。
グレン・ドーマン博士の本の中の、「頭がいいのはいいことか?と聞く親がいるが、頭がいいことはいいに決まっているではないか!」 という一節を読んだ時、その気持ちのいい言い切り方に拍手をしたくなりました(笑)。

とても分かりやすく、乳幼児の教育法についてまとめてあるページを見つけました。
T.O.Eメソッド
13ページとボリュームがありますが、1冊の本を読むよりはずっと短いです。
ここに書かれていることは、ほとんどわたしが考える理想の教育そのものです。
わたしは右脳教育関係の本などを読んだことがあるので、ある程度のことは知っていたのですが、「感情パターンなども その時期形成される」というように目新しい点もいくつかありました。
知識があるお母さんにも、初心者にも興味深い内容だと思います。
小さいお子さんがいるお母さんにぜひ読んでいただきたいです。



ここに書かれていることは、脳科学としてはほとんど実証されていないことと、この方の教育者そして親としての経験と 勘から導き出された理論のようです。
わたしは専門家ではありませんが、教育者&親としての多少の経験はあるので、勘だけを頼りに言うと、ここに 書いてあることはかなり当たっているんだろうと思います。

神経細胞(ニューロン)はシナプスによってつながり、つながることによって情報がよりよく伝達されるようになり、 いわゆる「回転のいい頭」になります。
このページの中に、

「6?80歳の約75年間のシナプス成長率よりも5?6歳の1年間の成長率の方が遙かに大きい」

とあります。自分の経験から、うんうんとうなずきました。
長男ユージンは5歳過ぎてから本格的な右脳教育を始め、わたしも家で頑張って取り組みをしたのですが、 5?6歳の間に、本当に大きく学習能力が向上したのが、はっきり分かりました。
右脳キッズであるユージンは時々不思議なことを言うのですが、最近も、
「ボクの脳の中で何かがつながっているのが見えるの。たくさんつながっている時は、頭の中がオレンジ色になる。」
などと言ったりします。わたしは彼にシナプスの話をしたことはないし、本やTVで見たということもないと思います。
もしこれが本当にシナプスがつながっているということなら、もう6歳を過ぎた彼でもこうなんだから、 0?3歳の時期って、本当に爆発的なんだろうなあ、と思うのです。

わたしが下手な言葉で書くよりも、↑このページを一読された方がよく分かると思うので、 ぜひ読んでみてくださいね。



「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

ブログランキング
クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
他のブログもたくさん見られるので、興味のあるジャンルをクリックしてみてね。いつもありがとう heart.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ


関連記事
スポンサーサイト
コメント
私もできれば両方を持ち合わせて欲しいけれど、どちらか1つ選べと言われたら「優しい子」です。

ただうちの子たちの場合は「聡」「賢」と頭の良さを連想させる漢字を名前に使っているので、名前負けしないように育って欲しいです(^^ゞ
お返事
そうそう、絶対に優しさの方が大事。
でも、優しさと賢さって、別々のものじゃなくて、つながっているのではないか、というのがわたしの言いたかったことです。また急いで書いたから、言いたいこと書き忘れた(笑)!
乳幼児期の子供に自己肯定感やいい生活習慣をつける接し方をしていたら、頭のよさもおのずとついてくるのではないかと思うのです。

すみかさんのところは、確かに頭がよさそうな名前ですね~^^

トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
趣味の動画
わたしの好きな音楽を中心にお気に入りを紹介。ぜひ聞いていってね♡
David Archuleta & Nathan Pacheco
"The Prayer"

クリスマスにはやっぱりDavid Archuleta。美しい歌声・・・。
おすすめの本
過去の記事で紹介しているものですが、こちらでも紹介します☆
フォニックスを教える時によく参考にしていました。
関連記事:子供に自分でフォニックスを教える(1)フォニックスとは


小学校低学年の英語読書。初めて読むチャプターブックとして最適。
関連記事:小学校低学年の英語読書〜「マジック・ツリーハウス」


プロフィール

モカきりん

Author:モカきりん
モカきりん:アメリカ留学中に中国系マレーシア人の現在のダンナと出会う。大学卒業後に渡馬、結婚。日系の塾で小学生と中学生に英語・国語を教える。7年塾講師として働き退職。その後2人の息子を出産して現在は専業主婦。

長男ユージン:2004年生まれ。明るく元気で、遊ぶことが大好き。やっている習い事はピアノ。第一言語は日本語、英語も文法的にはかなりブロークンだが話せるし理解できる。おばあちゃんとは中国語で会話、マレーシア語も学校で勉強中だったが、なぜか今年度は学校の方針でフランス語をやっている。2011年1月にインターナショナルスクールに入学、現在中学2年生。


次男ライアン:2008年生まれ。習い事はピアノ。とても人懐っこく誰にでも笑顔をふりまく。2014年1月にお兄ちゃんと同じ小学校に入学、現在小学校4年生。


ダンナ:中国系マレーシア人。日本語が流暢で時々日本人に間違えられる。優しく子供とたくさん触れ合ってくれるいいパパ。

おススメサイト
無料なのにスゴク使える!おススメサイト
<教育関連>
英語本
登録すると、オンライン英語図書館「タンブルブックス」にアクセスできます。
Starfall(英語)
フォニックスを学ぶならここ!
We Give Books(英語)
オンライン図書館。朗読はついていないので自分で読まなければなりませんが、無料で図書館に行く必要がないのは助かります。
学力は全米トップ0.1% 秘訣は幼児期の教育
子育てバイブル。
Colouring Book of Flags(英語)
国旗塗り絵がダウンロードできます。
おりがみくらぶ
折り紙といえばココ。折り方のアニメーションもあり、難易度も一目瞭然で使い勝手抜群。英語、中国語版など外国語7言語のサイトともリンクしているので、外国人の友達とリンクをシェアできるのもうれしい。
無料e童話
数は少ないのですが、無料で絵本が読めます。
英語のおとぎ話ビデオ(YouTube) You TubeのStoryというチャンネルで、10数分の英語のおとぎ話のビデオが見られます。英語字幕をつける設定にもできます。
バイリンガール英会話 Chika's English Lesson(YouTube)
バイリンガルの吉田ちかさんのYou Tubeチャンネル。わたしの勉強のために見ていますが、内容によっては子どもにも見せたりします。明るくてかわいいちかさんの動画は見るだけでも楽しい!

ピアノ初心者のための音符の読み方
自分で子どもにピアノを教えている、またはピアノ教室に通わせているけれど家での練習を見ている、という親にとって、とても参考になるサイトです。単にピアノを教えるということだけでなく、子育てという広い観点からピアノの練習をとらえていることが素晴らしいと思います。

Storyline Online(英語)
俳優さんたちが英語の絵本の読み聞かせをするビデオがたくさんあります。

<マレーシアで利用できる音楽ストリーミングサービス>
音楽ラバーにはもちろんうれしいサービス、実は子育てにもめちゃくちゃ使えます!(無料で使えないものもあります)
KKBOX Malaysia
Spotify
Deezer
おススメ記事
当ブログ内のおススメ記事です。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。