ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  教育  »  大使館で教科書無償配布
rainbow.jpg

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大使館で教科書無償配布

長男ユージンは日本にいたら来月小学校一年生です。
ここにも日本人学校があり、そこに通う生徒は学校で教科書がもらえますが、 現地の学校やインターナショナルスクールに通う生徒も申し込めば大使館で無償で教科書がもらえます。
以前申し込んでおいた教科書を受け取れるというお知らせがあったので、今日大使館に行って受け取ってきました。
この6冊です。
textbook.jpg

ユージンは、「なんでボク1年生の教科書もらうの?2年生じゃないの?!」と言いました。
うちは一年早く進研ゼミのチャンレンジで1年生の勉強を始めたからです。
今年1月からローカルカリキュラムの小学校に入れる予定だったので (直前にインターナショナルスクールに変更)、いきなりマレーシア語での授業で、苦戦するかも・・・と思っていました。
こちらは幼稚園でもかなり「お勉強」をするところもありますが、ユージンの幼稚園はモンテッソーリ式でのんびりしていました。 当然宿題もありません。
なので、暇なうちにできるところだけやってしまおうか、と思ったのです。もし小学校に入学してから学校の勉強が大変なら、 一年チャンレンジを休んでまた2年生になってから始めればいいと思っていました。
でもいざ小学校が始まってみると、勉強や宿題がさほど大変じゃないし、本人に聞いたら2年生でもチャレンジを続けてやりたいということなので、 継続決定。
つい先日2年生の4月号が届き、「2年生に進級おめでとう!」とでかでかと書いてあったので、もう2年生になったつもりだったんでしょうね(笑)。
だから、本当は2年生の教科書がもらえたらうれしいのだけど、まあそういうわけにはいきません。
彼はかなり読解が弱く、漢字も不得意なので、いただいた教科書を活用して音読などしていきたいと思います。
音楽の教科書なども、できることはうちでやってみようと思います。

ひとつ本音を言うと、一年生の勉強って本当に簡単だなあ・・・。
日本もイギリスみたいに義務教育を5歳から始めてもいいのになあ、と思います。



教科書無償配布の対象者は、「日本国籍を保持し(重国籍を含む)海外に長期滞在 する義務教育学齢期の子女(いずれ帰国する方)」と書かれています。
わたしは(いずれ帰国する方)というのがひっかかっていて、これって何か聞かれるのかな?と思っていました。 でもいずれ帰国するつもりでもそれを証明できるものがないし・・・。
でも実際は事務的な手続きだけで、何も聞かれたりしませんでした。

教科書の配布内訳は、
【小学生】 通年分を前期用、一部を後期用として年2回配布。
【中学生】 通年分を3月?4月に一括配布。

となっていて、

申込・配布の年間予定は、
【小学生前期用及び中学生通年用】 前年度の9月下旬?10月中旬に申込受付、翌 年3月から下旬?4月配布。
【小学生後期用】 3月下旬?4月中旬に申込受付、9月下旬?10月に配布。

です。かなり前に申し込まなければいけません。
在マレーシア日本大使館ホームページ で告知されますが、忘れないように メールマガジン登録 しておくのをおすすめします。



「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
学校選び
慎重に選ばないといけませんね。。

弟夫婦は漢字を全く知らないので、子供(幼稚園児)が
「これ かさ(傘)だよ」と言っても「うんうん」だけ。
あたしはその漢字を見てないから合ってるか分からないけど
その時に思いました。

息子が学校で中国語の勉強をして、間違ったことを覚えたりしないかな?(日本語にない漢字)
分からないことを親に聞いても、親は分からない。そうしたら子供はどう思うのかな?
おじいちゃんおばあちゃんに聞くのもありだけどずーと教えてもらうわけにもいかず。。

いろんな言葉が混じるマレーシアでは良い面でもあるけれど
学校となると、子供は分からないことを必ず親に聞いてきますね。。
英語や日本語だったら辞書やネットなどで調べられるけど
日本語にない中国語だったら、調べるのにすごく時間がかかりそうです。

中国語だけの学校とかマレー語だけの学校っていうのは
私は躊躇してしまいます。
学校そのものを見学もしていないのでまったく知りませんが
弟夫婦と子供のやり取りをみて、インターを考えるようになってしまいました。。英語を主にして、中国語やマレー語も入ってるのなら良いのかもしれません。。

どちらにしろ、学校選びとは子供にとって良いことだけでなく親にとっても良い学校を選ぶのかも。

そんな将来より今はナーサリーを考えなくちゃ。
モカきりんさんの過去のブログも参考に探します~。
幼稚園から宿題なんて。。幼稚園ぐらい遊んでほしい。

*息子が寝ない時の返事ありがとうございますv-20
好きな時間に寝たら起きるのが遅くなっちゃいそうです。
息子が寝たいときに寝る日も設けるのも生活の1つかも。
たぶん、今の私に必要なのは「余裕」ですね。。
私の息子はまだ数年先ですが、その時期がきたら日本の教科書をもらおうと思ってます。小学生になる前に、1年生のチャレンジ始めるのいいですね。私も考えてみようと思います。
こんにちは。今日初めてお会いしたものです。 
(お手洗いに走ってしまい帰りのごあいさつ出来ませんでした。。)
これからも子育てのことや生活情報などいろいろと参考にさせていただきます。教科書のことも知らなかったので、とっても嬉しいです。まだまだ、、、とかって思っていても子供の成長はあっという間なので、今のうちから少しずつ情報収集していきたいと思います。
>しおさん
学校選び、悩みますよね。
確かに中国語と日本語の漢字って似ているけれど細部が微妙に違うものがあるんですよ。難しいですね。
中国語だけ、マレー語だけやる学校はないと思いますよ。インター以外は、最低3ヶ国語はやると思います。それぞれの比重が違うのです。友達は公立のチャイニーズスクールに子供を通わせていますが、「こんなにマレー語の授業が多いと思わなかった」と言っています。中国語とマレー語がほぼ同じ時間数、英語はその半分ぐらい。
しおさんはまずはナーサリー選びですが、ナーサリーも小学校はどこに行くかを踏まえて選んだ方がいいと思います。チャイニーズスクールに行かせるなら、ナーサリーも絶対に中国系がいいです。

寝る時間は、確かに放っておいたらどんどん遅くなりますよね~(笑)。でも毎日必ず寝かしつけに1~2時間も使うとストレスがたまるので、たまには放っておいて「寝たい時に寝ろ!」という日をもうけるくらいはいいと思いますよ。
ナーサリーに通い始めたら自然に規則正しくなるので。
お返事
>チョロさん
そうですね、もらえるものはもらっておかないと(笑)。

日本の通信教育はどれも工夫されていていいと思うのですが、Z会をやらせているという方が、「チャレンジなんて遊びみたいなものです(特に小1は)。」と言っていたので、幼稚園児のうちに始める人にはいいかもしれません。

>タツノオトシゴさん
こんにちは。帰り際、探したんですがいらっしゃらなかったので、友達に伝言を頼んで、失礼しました。
あまり参考にならないこともたくさん書くけれど(笑)、これからもお付き合いいただけたらうれしいです。
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
趣味の動画
わたしの好きな音楽を中心にお気に入りを紹介。ぜひ聞いていってね♡
David Archuleta & Nathan Pacheco
"The Prayer"

クリスマスにはやっぱりDavid Archuleta。美しい歌声・・・。
おすすめの本
過去の記事で紹介しているものですが、こちらでも紹介します☆
フォニックスを教える時によく参考にしていました。
関連記事:子供に自分でフォニックスを教える(1)フォニックスとは


小学校低学年の英語読書。初めて読むチャプターブックとして最適。
関連記事:小学校低学年の英語読書〜「マジック・ツリーハウス」


プロフィール

モカきりん

Author:モカきりん
モカきりん:アメリカ留学中に中国系マレーシア人の現在のダンナと出会う。大学卒業後に渡馬、結婚。日系の塾で小学生と中学生に英語・国語を教える。7年塾講師として働き退職。その後2人の息子を出産して現在は専業主婦。

長男ユージン:2004年生まれ。明るく元気で、遊ぶことが大好き。やっている習い事はピアノ。第一言語は日本語、英語も文法的にはかなりブロークンだが話せるし理解できる。おばあちゃんとは中国語で会話、マレーシア語も学校で勉強中だったが、なぜか今年度は学校の方針でフランス語をやっている。2011年1月にインターナショナルスクールに入学、現在中学2年生。


次男ライアン:2008年生まれ。習い事はピアノ。とても人懐っこく誰にでも笑顔をふりまく。2014年1月にお兄ちゃんと同じ小学校に入学、現在小学校4年生。


ダンナ:中国系マレーシア人。日本語が流暢で時々日本人に間違えられる。優しく子供とたくさん触れ合ってくれるいいパパ。

おススメサイト
無料なのにスゴク使える!おススメサイト
<教育関連>
英語本
登録すると、オンライン英語図書館「タンブルブックス」にアクセスできます。
Starfall(英語)
フォニックスを学ぶならここ!
We Give Books(英語)
オンライン図書館。朗読はついていないので自分で読まなければなりませんが、無料で図書館に行く必要がないのは助かります。
学力は全米トップ0.1% 秘訣は幼児期の教育
子育てバイブル。
Colouring Book of Flags(英語)
国旗塗り絵がダウンロードできます。
おりがみくらぶ
折り紙といえばココ。折り方のアニメーションもあり、難易度も一目瞭然で使い勝手抜群。英語、中国語版など外国語7言語のサイトともリンクしているので、外国人の友達とリンクをシェアできるのもうれしい。
無料e童話
数は少ないのですが、無料で絵本が読めます。
英語のおとぎ話ビデオ(YouTube) You TubeのStoryというチャンネルで、10数分の英語のおとぎ話のビデオが見られます。英語字幕をつける設定にもできます。
バイリンガール英会話 Chika's English Lesson(YouTube)
バイリンガルの吉田ちかさんのYou Tubeチャンネル。わたしの勉強のために見ていますが、内容によっては子どもにも見せたりします。明るくてかわいいちかさんの動画は見るだけでも楽しい!

ピアノ初心者のための音符の読み方
自分で子どもにピアノを教えている、またはピアノ教室に通わせているけれど家での練習を見ている、という親にとって、とても参考になるサイトです。単にピアノを教えるということだけでなく、子育てという広い観点からピアノの練習をとらえていることが素晴らしいと思います。

Storyline Online(英語)
俳優さんたちが英語の絵本の読み聞かせをするビデオがたくさんあります。

<マレーシアで利用できる音楽ストリーミングサービス>
音楽ラバーにはもちろんうれしいサービス、実は子育てにもめちゃくちゃ使えます!(無料で使えないものもあります)
KKBOX Malaysia
Spotify
Deezer
おススメ記事
当ブログ内のおススメ記事です。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。