ホーム   »  習い事  »  ユージンの音楽教室
rainbow.jpg

ユージンの音楽教室


先日、ユージンが通うYAMAHAの音楽教室で、クラスコンサートが開かれました。

とはいっても別に大げさなものではなく、ターム(学期、ヤマハでは3カ月で1ターム)の最終日に、一人ひとりがテキストから選んだ2曲をみんなの前で弾く、ということだけです。

それだけではさびしいので(?)、子供みんなが前に出て一緒に歌ったり楽器を弾いたりもしました。

いつもと違うのは、授業をしてくれる先生とは別の先生(?または事務の人?)が一人参観したということでた。







ユージンがこのコースに申し込んだ時、すでに2回の授業が終わっていたため、彼は半月遅れで始めました。

ところが、この初心者コースが彼にとってあまりにも簡単すぎるから、先生からひとつ上のクラスに移動するように言われ、結局上に移動することになりました。

つまり、ユージンより3カ月先にすすんでいる子たちと一緒にやることになったのです。

先生が変わり、その先生が前の先生よりよかったので、わたしはラッキー、と思いました(笑)。

しかも、他の生徒たちもユージンと同じ年ぐらいの男の子が多くて活気があったので、彼にとっても刺激になり楽しそう。



このコースではターム1とターム2の合計6ヶ月でBook1を終了します。

ということは、ユージンが移動した先のクラスの子たちが、6か月かかってやったBook1を、ユージンは2ヶ月半で終わらせることになりました。

みんなの前で弾く曲は、Book1の一番最後の2曲(つまり一番難しい2曲)を即座に選びました。

クラスコンサートの日までに、ちょっとは練習させねば!と思い、

「練習してみようか?」

と誘ってはみるけれど、一日一回弾くともう終わり(笑)!

毎日やるわけでもないし。

でも、つっかえつっかえでも一回弾くと、次の日にはうまくなっているのです。不思議なことに。



そうやって、数えるほどしか練習してない彼は、クラスコンサートの日、その2曲をちゃんと両手で弾いて、なんと

ベストパフォーマー賞

をいただいてしまいました。



わたしもダンナもピアノは(一応)弾けるけど、二人とも1?2年習った程度で、別にそんなにうまくない。

毎日のように弾いて聞かせているわけでもないし、特に音楽のCDをかけたりしてたくさん音楽に触れさせているわけでもない(本当はそうしたほうがいいのだろうとは思うけど)。

遺伝子も環境も特に音楽が得意になるようなものではないので、なぜだろう??

右脳は音楽脳と言われるくらいなので、「音楽をすると右脳にいい」ということは「右脳を鍛えると音楽もよくできるようになる」のかしら?。

確かに、練習をあまりしなくてもうまく弾けるようになるのは多分イメージトレーニングを無意識にしていたからだろうし、曲をすぐに覚えてしまうのも、記憶力を鍛えたからだと思います。







まあでももちろん、右脳のために音楽をやらせているわけではありません。

もちろん音楽家になって欲しいわけでもありません(本人がそうしたいならすればいいけど)。

音楽を楽しめれば人生が豊かになるし、何よりも本人が楽しければそれでいいのさ?。

実際、本人はすごく楽しんでいて、例によって自分でも作らないと気が済まないので、当然作曲までしています(笑)。当然ヘンな曲だけど。

昨日は、気持ち良さそうにピアノを弾きながら歌っていて、

「ママ、この曲ね、"My son"っていう曲。」

と言っていました。歌詞を聞いていると、

♪Oh my son? Grow just like me?♪

などと言っている(爆)。

6歳のくせに、なぜに父親の気持ちを表現する曲をつくる(笑)?!







今回、得したと思ったのは、ユージンがヤマハのCDを聞き、DVDを見て、ピアノの曲を弾くのをずっと横で楽しんでいたライアンは、すっかり音楽のとりこになったこと(笑)。

自分でも、「ドレミファソ?」と歌いながら、正しい音階をピアノで弾いています。

こんなに小さいうちからやっていれば、もしかして絶対音感がつくかも。これからじっくりと観察させてもらいましょう(笑)。


にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
趣味の動画
わたしの好きな音楽を中心にお気に入りを紹介。ぜひ聞いていってね♡
David Archuleta & Nathan Pacheco
"The Prayer"

クリスマスにはやっぱりDavid Archuleta。美しい歌声・・・。
おすすめの本
過去の記事で紹介しているものですが、こちらでも紹介します☆
フォニックスを教える時によく参考にしていました。
関連記事:子供に自分でフォニックスを教える(1)フォニックスとは


小学校低学年の英語読書。初めて読むチャプターブックとして最適。
関連記事:小学校低学年の英語読書〜「マジック・ツリーハウス」


プロフィール

モカきりん

Author:モカきりん
モカきりん:アメリカ留学中に中国系マレーシア人の現在のダンナと出会う。大学卒業後に渡馬、結婚。日系の塾で小学生と中学生に英語・国語を教える。7年塾講師として働き退職。その後2人の息子を出産して現在は専業主婦。

長男ユージン:2004年生まれ。明るく元気で、遊ぶことが大好き。やっている習い事はピアノ。第一言語は日本語、英語も文法的にはかなりブロークンだが話せるし理解できる。おばあちゃんとは中国語で会話、マレーシア語も学校で勉強中だったが、なぜか今年度は学校の方針でフランス語をやっている。2011年1月にインターナショナルスクールに入学、現在中学2年生。


次男ライアン:2008年生まれ。習い事はピアノ。とても人懐っこく誰にでも笑顔をふりまく。2014年1月にお兄ちゃんと同じ小学校に入学、現在小学校4年生。


ダンナ:中国系マレーシア人。日本語が流暢で時々日本人に間違えられる。優しく子供とたくさん触れ合ってくれるいいパパ。

おススメサイト
無料なのにスゴク使える!おススメサイト
<教育関連>
英語本
登録すると、オンライン英語図書館「タンブルブックス」にアクセスできます。
Starfall(英語)
フォニックスを学ぶならここ!
We Give Books(英語)
オンライン図書館。朗読はついていないので自分で読まなければなりませんが、無料で図書館に行く必要がないのは助かります。
学力は全米トップ0.1% 秘訣は幼児期の教育
子育てバイブル。
Colouring Book of Flags(英語)
国旗塗り絵がダウンロードできます。
おりがみくらぶ
折り紙といえばココ。折り方のアニメーションもあり、難易度も一目瞭然で使い勝手抜群。英語、中国語版など外国語7言語のサイトともリンクしているので、外国人の友達とリンクをシェアできるのもうれしい。
無料e童話
数は少ないのですが、無料で絵本が読めます。
英語のおとぎ話ビデオ(YouTube) You TubeのStoryというチャンネルで、10数分の英語のおとぎ話のビデオが見られます。英語字幕をつける設定にもできます。
バイリンガール英会話 Chika's English Lesson(YouTube)
バイリンガルの吉田ちかさんのYou Tubeチャンネル。わたしの勉強のために見ていますが、内容によっては子どもにも見せたりします。明るくてかわいいちかさんの動画は見るだけでも楽しい!

ピアノ初心者のための音符の読み方
自分で子どもにピアノを教えている、またはピアノ教室に通わせているけれど家での練習を見ている、という親にとって、とても参考になるサイトです。単にピアノを教えるということだけでなく、子育てという広い観点からピアノの練習をとらえていることが素晴らしいと思います。

Storyline Online(英語)
俳優さんたちが英語の絵本の読み聞かせをするビデオがたくさんあります。

<マレーシアで利用できる音楽ストリーミングサービス>
音楽ラバーにはもちろんうれしいサービス、実は子育てにもめちゃくちゃ使えます!(無料で使えないものもあります)
KKBOX Malaysia
Spotify
Deezer
おススメ記事
当ブログ内のおススメ記事です。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR