ホーム   »  東日本大震災関連  »  マレーシアに原発は要らない(3)
rainbow.jpg

マレーシアに原発は要らない(3)

マレーシアに原発は要らない(2) から続く。

マレーシアに原発は必要ないと思う理由は2つあります。
1つめは、すでに実現可能な自然のエネルギーがもうあるからです。それもふんだんに。
それは太陽光。
別にクリーンでコストのかからないエネルギー源ならなんでもいいのですが、 水力発電だとダムの建設とかで環境に影響があるので、マレーシアは太陽光がいいと個人的には 思っています。
理由は、太陽光ならマレーシアのどの場所でもふんだんにあること、そして開発を待たなければいけない 新技術ではなくすでに実用されていることです。メリットも多いです。詳しくはこちら→ 太陽光発電(Wikipedia)
実はうちの屋根には太陽光パネルがあります。家を買った時にすでについていました。
でもこれ、水をあたためることしかできないというなんとも中途半端なものなんです(笑)。
でもでも、1日中しとしと雨が降ったという日以外には、うちのどこからでもアツアツのお湯が出ます。 バスタブにためてもまだ余っているし、人に分けてあげたいくらいです。
電気代が高いので、カンカン照りの日に「あ?この太陽光が 電気になってくれたらいいのに?!」っていつも思います。

ただ、太陽エネルギーというと、「コストがかかりすぎる」という意見が必ず出てくるのですが、本当でしょうか?

すでに日本で実用されている太陽エネルギー。太陽光パネルを取り付けると、200万円ほどかかると言われていますが、 調べてみると、現在日本で販売されているものは数万円程度のものもあるようです。
もちろんワット数が違うんだけど、手が届かない額ではないと思います。

ダンナの話によると、数年前に、太陽光パネルをとりつけたい家庭は自腹で買ってつけてエネルギー問題を緩和するとかいう 計画が発表されたらしいのですが(これもソースを見つけられなかったのだけど、そしていつものごとく 発表されただけでその後どうなったか分からないんだけど)、その話では太陽光パネルは4万リンギという 話だったそうです。高いですね。
でも、うちは毎月500リンギほど電気代を払っているので、7年以内に元をとれます。余剰電力を買ってもらえれば、 もっと早い。
そして、調べてみたらやはりマレーシアでも価格はどんどん下がっています。
10年後にはもっとシステムが洗練され、価格もぐんと下がっているでしょう。今研究がすすんでいる 新技術も、どんどん実用化されるでしょう。
新指導要綱のこともそうだけど、政府は「この先世界がどういう方向に動いて行くか」っていう先を 見通す力、ビジョンがなさすぎです。

マレーシアに原発を建設するための予算はどれくらいなのか調べてみたら、ある署名(後でリンク表示します)の文面によると 213億リンギ、「でもいつも政府の予想ははずれるから500億リンギぐらいと見ておいたほうがいいだろう」とあります。 ある地元の新聞の記事では、「調査などの費用を含まない建設のコストだけで83億?133億リンギ」とあります。
莫大な金額ですが、これでも他のエネルギー源より安いと言っています。でも、これって当面のコストだけで、 核廃棄物の処理費用とかを含んでいないんでしょう。
そんなことにわたしたちの血税を使うくらいなら、外国ですでに使われている太陽光エネルギーのシステムをそのまま買っちゃえば いいじゃん!とわたしは思うのですが。
いくら初期費用がかかったって、その後はあまりかかりません。しかも、「あまりメンテナンスの必要がない」という ところがマレーシア人にぴったり(笑)。故障しても誰も傷つく人いないし。
もちろん夜間の電気をどうするかという問題は依然残るけれど、従来の発電所で電気を作りながら、 新技術による持続可能なエネルギー源に徐々にシフトしていくのがいいと思います。石油はいつか枯渇しますから。
口でいうほど簡単なことじゃないし、莫大な費用がかかるのは分かりますが、原発つくったってものすごい手間と 費用がかかるんだから、正しい方向で努力していって欲しいです。



必要ない2つ目の理由は、そもそも今消費しているほどの大量の電力は本当は必要ないということです。
ショッピングセンター、オフィス、ホテル、官公庁、どこもガンガンに冷えています。
あまりにも寒いので、わたしは必ずどこに行く時も長袖のカーディガンを持っていますが、それでも寒い時があります。 ある時なんか、あまりにも寒いので、日本の冬の思い出が走馬灯のように頭をよぎったことも(笑)。
だいたい設定は18℃ぐらいになっています。わたしは低体温で寒がりだけど、この温度はいくらなんでも低すぎです。
試しにマレーシア国内の上記のような公共の場がすべて設定温度を23℃ぐらいにしたら、一体どれほどの節約になるでしょう。 マレーシア人は電気代の節約のためなるべく家でエアコンをつけないので(かわりにショッピングセンターに 涼みに行く)、かなりの節約になると思います。もちろん電気はエアコンだけに使っているわけではないけれど、 エアコンが電気代の中で占める割合ってかなり高いですよね。
まずは「エアコンの設定温度を高く」っていうキャンペーンをやってほしいです。「環境のため」ということだと 効果がないかもしれないので、「設定温度が違うだけで、これだけ節約できる」という金額を実際に示せば、必ず 効果はあると思います。まあ、そういうことをリードする立場の政府の官公庁が冷え冷えなので、まずは彼らの 教育から始めなければいけませんが(笑)。
そういう啓蒙活動に例えお金がかかっても、結局は割が合うと思います。
なんでもいいから儲けたい電力会社の思惑があるからそう簡単にはいかないかもしれませんが。



マレーシア人は原発建設反対の運動をしていないのか調べてみたら、いくつか署名を見つけました。
一番数を集めているのはこちら→ NO NUCLEAR POWER REACTOR IN MALAYSIA
でも300ほどしか集まっていません。マレーシア人、のんびりしてますね。でもわたしたちだって、外国で 原発事故があっても特に自国の原発のことを改めて真剣に考えたりしてこなかったものね。
これは別の署名。
We are against Nuclear Power Plant in Malaysia
これは全然集まっていないようですが、この文面は「今までこんな失敗をしただろう!」と挙げていておもしろいです。



わたしたちは今まで無関心だったという過ちを犯してきたので、マレーシア人に同じ過ちを犯してほしくありません。
この震災で一人一人が「自分に何ができるか」ということを考えていると思いますが、福島の人たち、原発に関わって 苦しんでいる人たちの痛みを無駄にせず、その教訓を生かしてマレーシアでの原発計画を中止させるのに力を貸すということも、 マレーシアに住む日本人に出来ることのひとつだと思います。
マレーシア人の友達に、原発とはどういうものか調べるように促し、原発をつくらせてはいけないということを 話して下さい。



でも。
そんなことを鼻息荒く語ったら、マレーシア人の友達は笑うかもしれません。
「政府の言うこと本気にしてるの?そんなこと、できっこないよ。」とか言って。
確かに、政府の計画って、必ず予定より遅れます。しかも数年単位で。挫折したプロジェクトもあるし。
10年後の計画が2?3年遅れて、そうするうちに世界も原発廃止の方向に動き、代替エネルギーが安価に なってきて、「いやもう原発の時代じゃないだろう」とコロッと方向転換してくれる・・・といいのだけど。
2020年にGNPで先進国の仲間入りができなくても、持続可能なエネルギーで100%電力をまかなう方向に ぐんぐん進んでいたら、マレーシアは世界各国の称賛を浴びると思います。そして、それは充分に実現可能です。 GNPの数字が低くても、みんなが安心して暮らせる社会は何にも代えがたいもの。それが本当の進んだ国と いえるでしょう。

楽観視して無関心でいるうちに計画がどんどん進んでしまって本当に建設されたら、ものすごく後悔すると思います。 わたしたちの子供たちに原発や廃棄物の管理・処理を押し付けたり、常に危険にさらされる環境を残したくはない。
だから、どんなに小さなことでも、できるだけのことはしていきたいと思います。

?終わり?



「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

関連記事
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
趣味の動画
わたしの好きな音楽を中心にお気に入りを紹介。ぜひ聞いていってね♡
David Archuleta & Nathan Pacheco
"The Prayer"

クリスマスにはやっぱりDavid Archuleta。美しい歌声・・・。
おすすめの本
過去の記事で紹介しているものですが、こちらでも紹介します☆
フォニックスを教える時によく参考にしていました。
関連記事:子供に自分でフォニックスを教える(1)フォニックスとは


小学校低学年の英語読書。初めて読むチャプターブックとして最適。
関連記事:小学校低学年の英語読書〜「マジック・ツリーハウス」


プロフィール

モカきりん

Author:モカきりん
モカきりん:アメリカ留学中に中国系マレーシア人の現在のダンナと出会う。大学卒業後に渡馬、結婚。日系の塾で小学生と中学生に英語・国語を教える。7年塾講師として働き退職。その後2人の息子を出産して現在は専業主婦。

長男ユージン:2004年生まれ。明るく元気で、遊ぶことが大好き。やっている習い事はピアノ。第一言語は日本語、英語も文法的にはかなりブロークンだが話せるし理解できる。おばあちゃんとは中国語で会話、マレーシア語も学校で勉強中だったが、なぜか今年度は学校の方針でフランス語をやっている。2011年1月にインターナショナルスクールに入学、現在中学2年生。


次男ライアン:2008年生まれ。習い事はピアノ。とても人懐っこく誰にでも笑顔をふりまく。2014年1月にお兄ちゃんと同じ小学校に入学、現在小学校4年生。


ダンナ:中国系マレーシア人。日本語が流暢で時々日本人に間違えられる。優しく子供とたくさん触れ合ってくれるいいパパ。

おススメサイト
無料なのにスゴク使える!おススメサイト
<教育関連>
英語本
登録すると、オンライン英語図書館「タンブルブックス」にアクセスできます。
Starfall(英語)
フォニックスを学ぶならここ!
We Give Books(英語)
オンライン図書館。朗読はついていないので自分で読まなければなりませんが、無料で図書館に行く必要がないのは助かります。
学力は全米トップ0.1% 秘訣は幼児期の教育
子育てバイブル。
Colouring Book of Flags(英語)
国旗塗り絵がダウンロードできます。
おりがみくらぶ
折り紙といえばココ。折り方のアニメーションもあり、難易度も一目瞭然で使い勝手抜群。英語、中国語版など外国語7言語のサイトともリンクしているので、外国人の友達とリンクをシェアできるのもうれしい。
無料e童話
数は少ないのですが、無料で絵本が読めます。
英語のおとぎ話ビデオ(YouTube) You TubeのStoryというチャンネルで、10数分の英語のおとぎ話のビデオが見られます。英語字幕をつける設定にもできます。
バイリンガール英会話 Chika's English Lesson(YouTube)
バイリンガルの吉田ちかさんのYou Tubeチャンネル。わたしの勉強のために見ていますが、内容によっては子どもにも見せたりします。明るくてかわいいちかさんの動画は見るだけでも楽しい!

ピアノ初心者のための音符の読み方
自分で子どもにピアノを教えている、またはピアノ教室に通わせているけれど家での練習を見ている、という親にとって、とても参考になるサイトです。単にピアノを教えるということだけでなく、子育てという広い観点からピアノの練習をとらえていることが素晴らしいと思います。

Storyline Online(英語)
俳優さんたちが英語の絵本の読み聞かせをするビデオがたくさんあります。

<マレーシアで利用できる音楽ストリーミングサービス>
音楽ラバーにはもちろんうれしいサービス、実は子育てにもめちゃくちゃ使えます!(無料で使えないものもあります)
KKBOX Malaysia
Spotify
Deezer
おススメ記事
当ブログ内のおススメ記事です。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR