ホーム   »  ことば  »  バイリンガルへの道は険しい
rainbow.jpg

バイリンガルへの道は険しい

ブログタイトルに「4ヶ国語」と入っているけれど、これは「4ヶ国語に囲まれて育つ子を 育てている」という意味で、わたしが4ヶ国語を駆使して育てているわけではありません。
だって、マレー語や中国語ができないわたしに、そんなことができるわけがない(笑)。
わたしもダンナも、子供たちは英語と日本語のバイリンガルになってくれれば十分だと思っています。
二人とも学校では英語なので、わたしはとっかかりとして英語のフォニックスを自分で教えますが、 それ以外の文法やら語彙やらは全く教えません。
小学校生活が始まれば、そのへんは自然に強化されるからです。
わたしの担当は日本語。
いくらダンナを含めて家庭での生活言語が日本語だといっても、何もしなければ日常会話ができるだけで 終わってしまいますからね。
「日本語ネイティブ」というのは、日本語で自分の感情を余すことなく表現出来て、多少難しいテーマでも 議論できるレベルをいうのです。

長男ユージンは去年の4月から進研ゼミのチャレンジをやり始め、この4月から2年生コースが始まりました。
チャレンジのテキストは国語と算数の2教科で構成されていてそれをきっちりやってきたので、一応1年生レベルに必要なことはやってきたつもり・・・でした。
でも、先日テキストをやっていた時、頭を抱えてしまいました。

ものすごく簡単な問題なのに、彼にはよく理解できないものがあるのです。
それは、彼が普通の小学生が当たり前に知っている言葉を知らないからです。

教室
給食
鉄棒
逆上がり
図工
体育

などなど。全部知りませんでした!
う~~ん、彼は日本の学校生活を送ったことがないので、当たり前と言えば当たり前かも。
「教室」は「classroom」と言ってあげればすぐ分かるけれど、「鉄棒」なんてマレーシアにはないのですよ。
なんだか一番の壁は、こういう文化の違いだという気がしてきた・・・。
今ふんばらないと、彼は日本語は流ちょうだけど、なんだか変?外国人?みたいな人になってしまう可能性大。
この3カ月、小学校に入学してからの新しいスケジュールの中でとても大変な思いを家族みんなでしてきたんだけど、 そろそろちゃんとこれからの取り組みを考えなければ・・・と思いました。
とりあえず日本語のインプット量が絶対的に 足りない。そして、こういう文化の違いは、なるべく体験させ、それが無理ならメディアを駆使して教えていく。
あくまでも楽しく、無理なくできる方法で。
とはいえ、そういう人になっちゃったらそうでもいいんだけど、とも思ういい加減なわたし(笑)。 もし彼が大人になってから 本当に日本人らしい日本人になりたいと思えば、自分で頑張るだろうしなー、とは思います。その素地は十分できていると思うし。
いい加減でごめんね(笑)。
・・・いろいろ考え中です。



「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

関連記事
スポンサーサイト
コメント
そうなのよー!
こんにちは。いつも楽しく読ませてもらってます。
そう、我が家もこらしょで同じ問題に直面しました。
「春休み、夏休み、冬休み、いちばん好きなのはどれ?なぜ好きなのか書いてね」みたいな事も、四季を知らない息子にとっては???。こっちだと春は旧正月、冬休みはクリスマスといった感じで説明したら取り組みやすいようだったけれど。根本的な意味で問題文の意味が分からない事が多々あり、当たり前だけれど「あぁ、そうかー、うちの子はこんなことも分からないんだ!」と毎度驚かされる事ばかり。

なので年末の長い休みに日本の学校に通うのは良い体験になってるよ。いつまで行けるか分からないが、今年も行かせてやりたいなぁ。
文化体験の欠如
いくら言語をがんばってやっても文化・習慣(日本の同年齢の子達の’当たり前’)は、経験を重ねないと、ピンとこないのは自然だし、しかたないですよね。やはり、海外で日本語ってこれがネックですよね。メディア使っても受身で見てるだけだし。
マレーシア人学生に日本語を教えていても、こういうベース(前提・常識)がちがって、あれ?ってことが多いです。上級者でも変なところでひっかかってる。
上記の方もおっしゃってるとおり、可能であれば、日本の小学校に体験入学とかするしかないんですかねぇ?と私も悩み中・・・。時間と費用が許せば毎年?
うーん・・・いっしょにがんばりましょう!
お返事
>まいろさん
うーん、それも難しそうな問題だねー(笑)。春は旧正月、とか説明はできても、なんだか根本的に違うよね。日本の春休みは学年の変わり目であたたかくて桜が咲いて・・・とか、夏休みは暑くて花火や海水浴があって・・・とか、そういうことまで分からないと。
わたしもまいろさんの話を聞いてぜひ日本人学校に体験入学させたいと思っていたのだけど、この前聞いてみたら、「行かなーい、家にいるー」とか言われちゃった(笑)。なんとか説得できないものかなー。

>Lilacさん
そうですね、やっぱり体験をともなってないとなかなか覚えないし、頭で分かっているだけなのと、何度も体験して体にしみ込んでいることは違いますよね。
わたしもなるべく日本の文化を体験させるように努力してはいますが、例えば気候とかどうしようもないこともありますね。・・・一緒に頑張りましょう。
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
趣味の動画
わたしの好きな音楽を中心にお気に入りを紹介。ぜひ聞いていってね♡
David Archuleta & Nathan Pacheco
"The Prayer"

クリスマスにはやっぱりDavid Archuleta。美しい歌声・・・。
おすすめの本
過去の記事で紹介しているものですが、こちらでも紹介します☆
フォニックスを教える時によく参考にしていました。
関連記事:子供に自分でフォニックスを教える(1)フォニックスとは


小学校低学年の英語読書。初めて読むチャプターブックとして最適。
関連記事:小学校低学年の英語読書〜「マジック・ツリーハウス」


プロフィール

モカきりん

Author:モカきりん
モカきりん:アメリカ留学中に中国系マレーシア人の現在のダンナと出会う。大学卒業後に渡馬、結婚。日系の塾で小学生と中学生に英語・国語を教える。7年塾講師として働き退職。その後2人の息子を出産して現在は専業主婦。

長男ユージン:2004年生まれ。明るく元気で、遊ぶことが大好き。やっている習い事はピアノ。第一言語は日本語、英語も文法的にはかなりブロークンだが話せるし理解できる。おばあちゃんとは中国語で会話、マレーシア語も学校で勉強中だったが、なぜか今年度は学校の方針でフランス語をやっている。2011年1月にインターナショナルスクールに入学、現在中学2年生。


次男ライアン:2008年生まれ。習い事はピアノ。とても人懐っこく誰にでも笑顔をふりまく。2014年1月にお兄ちゃんと同じ小学校に入学、現在小学校4年生。


ダンナ:中国系マレーシア人。日本語が流暢で時々日本人に間違えられる。優しく子供とたくさん触れ合ってくれるいいパパ。

おススメサイト
無料なのにスゴク使える!おススメサイト
<教育関連>
英語本
登録すると、オンライン英語図書館「タンブルブックス」にアクセスできます。
Starfall(英語)
フォニックスを学ぶならここ!
We Give Books(英語)
オンライン図書館。朗読はついていないので自分で読まなければなりませんが、無料で図書館に行く必要がないのは助かります。
学力は全米トップ0.1% 秘訣は幼児期の教育
子育てバイブル。
Colouring Book of Flags(英語)
国旗塗り絵がダウンロードできます。
おりがみくらぶ
折り紙といえばココ。折り方のアニメーションもあり、難易度も一目瞭然で使い勝手抜群。英語、中国語版など外国語7言語のサイトともリンクしているので、外国人の友達とリンクをシェアできるのもうれしい。
無料e童話
数は少ないのですが、無料で絵本が読めます。
英語のおとぎ話ビデオ(YouTube) You TubeのStoryというチャンネルで、10数分の英語のおとぎ話のビデオが見られます。英語字幕をつける設定にもできます。
バイリンガール英会話 Chika's English Lesson(YouTube)
バイリンガルの吉田ちかさんのYou Tubeチャンネル。わたしの勉強のために見ていますが、内容によっては子どもにも見せたりします。明るくてかわいいちかさんの動画は見るだけでも楽しい!

ピアノ初心者のための音符の読み方
自分で子どもにピアノを教えている、またはピアノ教室に通わせているけれど家での練習を見ている、という親にとって、とても参考になるサイトです。単にピアノを教えるということだけでなく、子育てという広い観点からピアノの練習をとらえていることが素晴らしいと思います。

Storyline Online(英語)
俳優さんたちが英語の絵本の読み聞かせをするビデオがたくさんあります。

<マレーシアで利用できる音楽ストリーミングサービス>
音楽ラバーにはもちろんうれしいサービス、実は子育てにもめちゃくちゃ使えます!(無料で使えないものもあります)
KKBOX Malaysia
Spotify
Deezer
おススメ記事
当ブログ内のおススメ記事です。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR