ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  映画、TVなど  »  映画「ノルウェイの森」
rainbow.jpg

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「ノルウェイの森」

norway.jpg
※ネタばれというほどの情報はないと思いますが、まっさらな気持ちで見たい人は、 読まないでくださいネ。

数週間前から手元にあったので、ずっと見たいと思っていたけれど、子供に見せられないので 機会をうかがっていた「ノルウェイの森」。
先日、子供が比較的早く寝てくれたので、本当は自分も寝たいと思いつつ、「いや、今見ないともうしばらく 見られない!」と思ってやっと見ることができました。
わたしは春樹さん&ケンイチくんが好きなので期待していたのですが・・・。
一言で言うと、暗くて重くて退屈な映画でした(涙)。
ネットでいろんな人が書いた感想を読んだら、わたしと同じ感想を持った人がかなりいるようなので、 わざわざわたしが書くまでもないのだけど、そうしないことには気持ちが収まらないわ(笑)。

断片的な映像が続く部分もあり、ストーリーだけ追ったダイジェストを見た気分。
菊池凛子、こわい。20歳の娘に見えない。(狂気はよく出ていたけれど。元々わたしは彼女はあまり好きではない。)
小説の中にはもっと心の明るくなるような大事なエピソードや会話が含まれていたのに、それが いっぱい削られている。
緑はもっと溌剌とした女性のはず。このままでは直子との対比がはっきりせず、どうしてワタナベが彼女に魅かれたのが よく分からず。

などなど。
脚本どおりだと3時間半あるそうで、それを削って2時間15分ほどにしたので無理があるのだろう・・・。
でも、キズキの自殺のシーンとか、必要ない描写もいくつかあった気がします。
全体的に浅すぎて、全然感情描写できていなくて、訳が分からないところも多かった。
よく考えたらわたしは春樹さんは好きだけど、この小説は全然好きではないのでした(笑)。春樹さんのエッセイは すごくおもしろいよねー。小説も、「ねじまき鳥クロニクル」とか「海辺のカフカ」とか、好きです。
でもこの小説は、確か大学生の時に始めて読んだ時、つまらないと思いました。それから、1~2年前に読んだ時は、 文章を楽しんだけれど、ストーリーはやはり解せない、と思いました。
映画を見たら少しは分かるかと思ったけれど、映画はかなり原作に忠実なので、分からないまま。
ハードコアなファン以外にはおススメしません。見終わった後、鬱々とした気分になるでしょう。「喪失感」を感じているのは、 オレだ!って叫びたくなっちゃうかも(笑)。
春樹さんの小説なら、「カフカ」なんかすごくおもしろい映画になるんじゃないかな~。そしたら、「佐伯さん」は黒木瞳で 決まりだね(笑)!
そうそう、この映画のケンイチくんがかっこいいかというと微妙な感じで、わたしには若い時の春樹さんにしか 見えませんでした~(笑)。



こちらは反対に、全く期待せずに見たらとてもおもしろかった映画の紹介。
日本のアニメ映画「ホッタラケの島~遥と魔法の鏡~」。

最近のジブリってどうも・・・と思う方におススメ。
なんだか昔のジブリみたいで、でもそれよりおもしろいかも!
主人公の遥の声は、声を聞いただけで分かる、綾瀬はるかちゃん。
子供たちも最後まで見て楽しみました。



「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

関連記事
スポンサーサイト
コメント
私は去年12月映画館で見ました。
私は正直、村上さんの小説は何読んでも理解不能で、
映画なら違う感じ?松ケンも出てるしと
少し期待して見に行ったのですが、撃沈でした。。。
映像は綺麗だったけどね。
>ゆみさん
ゆみさん、映画館まで見に行ったのね。
確かに村上さんの小説ははっきり書いてないところが多いけれど、それでも「ねじまき鳥」や「カフカ」はおもしろいとわたしは思います。
小説って、ストーリーを楽しむものと、その作者独特の言葉や表現を楽しむ物に分かれると思うんだけど、「ノルウェイの森」は前者ではない、と思う。そして後者のような小説は映画化するのが難しいのよね。(江國さんの小説もそう。)
なんでこの小説が大ヒットしたか今でもイマイチ分からず、映画を見てますます分からなくなりました、って感じです・・・。
確かに、光を効果的に使ったり、景色がすごかったり、映像はきれいだったけどね。
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
趣味の動画
わたしの好きな音楽を中心にお気に入りを紹介。ぜひ聞いていってね♡
David Archuleta & Nathan Pacheco
"The Prayer"

クリスマスにはやっぱりDavid Archuleta。美しい歌声・・・。
おすすめの本
過去の記事で紹介しているものですが、こちらでも紹介します☆
フォニックスを教える時によく参考にしていました。
関連記事:子供に自分でフォニックスを教える(1)フォニックスとは


小学校低学年の英語読書。初めて読むチャプターブックとして最適。
関連記事:小学校低学年の英語読書〜「マジック・ツリーハウス」


プロフィール

モカきりん

Author:モカきりん
モカきりん:アメリカ留学中に中国系マレーシア人の現在のダンナと出会う。大学卒業後に渡馬、結婚。日系の塾で小学生と中学生に英語・国語を教える。7年塾講師として働き退職。その後2人の息子を出産して現在は専業主婦。

長男ユージン:2004年生まれ。明るく元気で、遊ぶことが大好き。やっている習い事はピアノ。第一言語は日本語、英語も文法的にはかなりブロークンだが話せるし理解できる。おばあちゃんとは中国語で会話、マレーシア語も学校で勉強中だったが、なぜか今年度は学校の方針でフランス語をやっている。2011年1月にインターナショナルスクールに入学、現在中学2年生。


次男ライアン:2008年生まれ。習い事はピアノ。とても人懐っこく誰にでも笑顔をふりまく。2014年1月にお兄ちゃんと同じ小学校に入学、現在小学校4年生。


ダンナ:中国系マレーシア人。日本語が流暢で時々日本人に間違えられる。優しく子供とたくさん触れ合ってくれるいいパパ。

おススメサイト
無料なのにスゴク使える!おススメサイト
<教育関連>
英語本
登録すると、オンライン英語図書館「タンブルブックス」にアクセスできます。
Starfall(英語)
フォニックスを学ぶならここ!
We Give Books(英語)
オンライン図書館。朗読はついていないので自分で読まなければなりませんが、無料で図書館に行く必要がないのは助かります。
学力は全米トップ0.1% 秘訣は幼児期の教育
子育てバイブル。
Colouring Book of Flags(英語)
国旗塗り絵がダウンロードできます。
おりがみくらぶ
折り紙といえばココ。折り方のアニメーションもあり、難易度も一目瞭然で使い勝手抜群。英語、中国語版など外国語7言語のサイトともリンクしているので、外国人の友達とリンクをシェアできるのもうれしい。
無料e童話
数は少ないのですが、無料で絵本が読めます。
英語のおとぎ話ビデオ(YouTube) You TubeのStoryというチャンネルで、10数分の英語のおとぎ話のビデオが見られます。英語字幕をつける設定にもできます。
バイリンガール英会話 Chika's English Lesson(YouTube)
バイリンガルの吉田ちかさんのYou Tubeチャンネル。わたしの勉強のために見ていますが、内容によっては子どもにも見せたりします。明るくてかわいいちかさんの動画は見るだけでも楽しい!

ピアノ初心者のための音符の読み方
自分で子どもにピアノを教えている、またはピアノ教室に通わせているけれど家での練習を見ている、という親にとって、とても参考になるサイトです。単にピアノを教えるということだけでなく、子育てという広い観点からピアノの練習をとらえていることが素晴らしいと思います。

Storyline Online(英語)
俳優さんたちが英語の絵本の読み聞かせをするビデオがたくさんあります。

<マレーシアで利用できる音楽ストリーミングサービス>
音楽ラバーにはもちろんうれしいサービス、実は子育てにもめちゃくちゃ使えます!(無料で使えないものもあります)
KKBOX Malaysia
Spotify
Deezer
おススメ記事
当ブログ内のおススメ記事です。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。