ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  教育  »  先生に不満がある時、どうしますか?
rainbow.jpg

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先生に不満がある時、どうしますか?

わたしが塾講師をやっていた7年間、本当にいろんなことを学びました。
当時は子供がいなかったわたしですが、たくさんの親子と接したので、親子の法則を体感したり、 いろんなことを学びました。
例えば・・・。子供さんがちょっとよくしゃべる子だと、家庭の恥ずかしい話が 先生に筒抜けになっていたりすることがよくあります。
用事があって先生に会った時に、「このお母さんが・・・プププ・・・」とか心の中で思われているかもしれませんよ! (クレヨンしんちゃんで「これがスケスケおパンツのみさえ・・・」と思われているのと同じです。)
だから、わたしは子供がよそで話したら恥ずかしいようなことは絶対に!子供の前ではしません。
それはいわゆる「恥ずかしいこと」もそうだし、「自分が子供にどんな人間になって欲しいか」ということを 考えた場合、子供にはこうなって欲しくない、ということも含みます。つまり、子供は親の言うことではなく することを見て育つので、お天道様に顔向けできないと思うことは、子供が見ているところでは(見ていなくても) しないようになりました。

書いているうちに話が逸れましたが、本題は「先生に対する不信感」。
これって、お母さんと会ったことがなくても、子供の態度からかなり分かったりするものなのです。
わたしは大学を卒業してすぐに塾講師として働き始めました。(本当は「すぐに」ではないんだけど、 そのへんの話をすると長くなるので割愛。つまり、卒業してしばらくしてから初めて就いた職業が塾講師だったということです。)
お母さんたちから見れば、塾講師としての経験も浅い、子育ての「こ」の字も分かっていない、ぺーぺーのお姉ちゃん、と思えたでしょう。
まあ、実際にそうでした(笑)。
ただ、塾講師としての経験を積み、母親としての経験を積んでいる今のわたしから見れば、経験のある先生の方がいいとは 限らないのです。先生としての良い資質、人間性っていうのは経験とあまり関係ないかも・・・。もちろん、 一人の先生を取り上げてみた場合、その先生が経験ない時と経験を積んだ時を比べたら、経験を積んだ時の方が いい先生に決まっています。でも、単純に別の先生を経験の有無で比較できない、ということ。

でも、やっぱりそんなわたしに対しても、一人の人間としての敬意を払って接してくれるお母さんたちがたくさんいました。
それが、ほとんど成績のいい生徒のお母さんたちでした。(みんながみんなそうではありません。傾向として言っているだけです。)
これって、にわとりと卵みたいなものかもしれません。成績がいいから信頼感があるのか、信頼感が伝わっているから成績がいいのか。
分からないけれど、悪循環にはまってしまったら、抜け出すのは大変だね。

もし親が自分の前で、「あの先生、どうなんだろう、まだ若いし経験も全然ないみたいだし、大丈夫なのかしら。」と言えば、 子供は「あの先生大丈夫なのかな?」という目で見るでしょう。
先生に対する不信感を露わにすれば、先生を斜に構えた見方をするでしょう。
そんな状態で、子供さんが多くのことを学ばないということは、容易に想像できるでしょう。
それから、上述したように、そういうことって、子供は結構先生の前でポロッと口に出して言ったりしちゃいます(笑)。 不信感、スケスケおパンツと同じくらい筒抜けです。

わたしが親になった今、先生のやり方に対して疑問を持ったりした場合、絶対子供の耳に入るようなところでは話しません。 ダンナに相談する時は、子供が寝てから。
そして、先生と直接話をします。
もちろん「文句をつける」という言い方はしません。 「いつも子供がお世話になっています」という感謝の気持ちは忘れずに、対等な大人として敬意を持って接すれば、 ちゃんとした話し合いが出きると思います。
実際、わたしが塾講師をしていた頃も、そういう態度で接してくれる親御さんにの建設的な意見は、 とてもありがたいと思っていました。
それから、わたしは「こうやったらどうかしら?」という提案なども、バンバン言います。 そうすると喜んでくれる先生もいます。もちろん受け入れられないこともあるけれど、理由を聞けば納得します。
わたしは先生だけでなく、ある会社のサービスの仕方がおかしいと思った時には、「こういうシステムにしたら どうでしょう?」とか提案したこともあります(笑)。大きなお世話ですか?まあ、もしその会社に向上しようという気があれば そうなるかもしれないし。
もし先生と話しても、どうしても納得できない場合、もっと上の人と話をするか、可能であれば思い切って先生を変える か、という選択になりますね。

最悪のパターンは、「先生には何も言わず、子供の前で文句ばかり言っている」です。
「この先生は信用ならない」という親の色眼鏡をかけた子供は、あまりその先生からは学びません。本当に。
学校や塾の先生だけでなく、スポーツのコーチもそうです。
それから、そういうことを子供の前で言う人は、結構人の悪口も言ってませんか?

要は、世の中には言ってみなければ分からないこと、伝わらないことがいっぱいあります。
それを、ケンカ腰にならないで、相手に一人の人間としての敬意を払いながら伝えれば、物事は簡単に好転するかもしれませんよ。



「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑なぜだかある記事がヒット(?)して、 OUTポイント順のランキング表示にすると、すごいことに。見てみて heart.gif

関連記事
スポンサーサイト
コメント
芯をついてますね~。
先生の悪口だけに限らず、子どもの前で言う親の言葉使いや行動は子どもの潜在、顕在意識意識への影響大です。
相手に敬意を払いながら話しするのは大切なコミュニケーション能力の一つだと思います!
でもどなたか、先生へ不満を言ってる人を見かけたのかしら?
本当に子供は親のすることを良く見ていますよね。
まだ3歳にならない息子でも
友達のお母さんに私が何をしてるかとか話してますからね・・。
でもそんなに筒抜けになってしまうとは正直びっくりです。
これから息子の前での会話は更に気をつけたいと思います。
参考になる話をありがとうございました!
>さるこさん
親は学校に対して勉強だけを期待しているわけではなくて、社会性や情緒面のこともあるので、先生に対する評価は複合的になりますが、塾に対しては「成績を上げること」のみを期待しているので、シビアですよ~。成績が上がらなければ言われます。それとなく不信感をにおわせることもあるし、ガツンと不満をぶつけられることもありました。
そうですね、わたしもどんな相手に対しても敬意を払うというのは本当に大切だし、それを教えられるのは親の普段の振る舞いだと思うので、責任重大ですね。
>チョロさん
息子さん、結構おしゃべりなんですね(笑)。そうです、気をつけてくださいねー(笑)。でも、おしゃべりだとその分早くいろんなことを学ぶのでいいですね。
そんなことを書いているわたしも、子供の前でダンナに対してキツイ言い方をしていたりするので、気をつけなければー(笑)。
さり
ほんと、子供って良く見ていると思う。
言葉の意味が分からずに使っている今は本当に危ないよね。うちも、人の悪口は言いません。だんなにもほとんど言わないかなー。言うと自分も嫌な感じがするみたいな。。。そんな気分になるのは損だし。(笑)子供が学校の友達がどうした、こうしたって話すとき、その返事の仕方が難しい~。例えば「○○ちゃんが□□くんをつねった」とか言うとき「そんな事としちゃだめだよねー。」とか言えないから色々状況を聞いていって「ゆらならどうする?」って持っていく。。なんか長い会話になるから私にも忍耐力が必要なぁ~。さるこさんとか、モカきりんさんはこういう経験とか多そうだから対応の仕方も上手なんだろうなぁ。。是非学ばせてくださいっ!
はぁ。。。
これは、耳が痛い。。。

私は、所かまわずバカ話をしてしまうクチでして。。。
オナラしたり、お尻掻いたり。
こないだは、鼻水がたらぁ~っと落ちてきたので、「シャワー前やし、ここでいいや!」と、Tシャツの肩の部分で鼻をぬぐったら、見事、息子に見られてた!

「ママ!鼻はティッシュで拭きなさい(利)」
「ママ!きぃたぁナイ!(秀)」

はい、そうですね。
気をつけます。。。
> さりさん
そうだよね。悪口言うと自分の心を汚しますよ!って、ちょっと修道女みたいなことを言ってみた・・・(笑)。
うちのダンナも悪口は言わないけど、運転すると性格が変わる・・・(笑)。思わず口から出てしまうようで、注意しています。
「つねった」っていうのはうちの息子がやったことじゃないだろうか・・・(汗)。いや、「つねるのはあかん」っていうのはいいんじゃないかな?でも確かに話すのに忍耐はいるよね。
わたしは別に小中学生の塾講師やってただけだから、幼児に関しては素人。日々勉強です。一緒に学んでいきましょう!
>ジュンコさん
こういう場合、子供さんがおしゃべりだとやっぱり「ママはTシャツで鼻水拭くんだよ~」とか外で言う可能性ありです(笑)。
でもそれはそんなに恥ずかしいことじゃないんじゃないかな~。「ティッシュの節約。エコだよ、エコ!」とか言えば納得。(?)
いや、でも「バカ話」と「悪口」は全然違うから、単なるバカ話を聞いて育つ子は、楽しい子になるんじゃないでしょうか~(笑)。
まあこんなことを書いているわたしも全然偉そうなことは言えないので、日々気をつけま~す。
さり
大丈夫、大丈夫。文章通り、女の子が、男の子をつねったらしいよ。(笑)

うんうん、モカきりんさんのとこ、旦那さん穏やかそうだもんねー。っていってる先から運転すると性格変わるって。。それって、めっちゃ典型的なマレーシア人じゃぁ。。。この間、死角に入っていた車に気がつかずに車線変更しそうになって、その後ずーーーっと追いかけてきた車の事思い出したよ。。(汗)
>さりさん
いや、その時は長男じゃなかったかもしれないけどさ、絶対何回かはやってるはずだもん・・・ごめんね・・・。
ダンナは口汚くなるだけで、もちろん人の後つけたりする陰険なことはしないよー。彼の名誉のため、一応。
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
趣味の動画
わたしの好きな音楽を中心にお気に入りを紹介。ぜひ聞いていってね♡
David Archuleta & Nathan Pacheco
"The Prayer"

クリスマスにはやっぱりDavid Archuleta。美しい歌声・・・。
おすすめの本
過去の記事で紹介しているものですが、こちらでも紹介します☆
フォニックスを教える時によく参考にしていました。
関連記事:子供に自分でフォニックスを教える(1)フォニックスとは


小学校低学年の英語読書。初めて読むチャプターブックとして最適。
関連記事:小学校低学年の英語読書〜「マジック・ツリーハウス」


プロフィール

モカきりん

Author:モカきりん
モカきりん:アメリカ留学中に中国系マレーシア人の現在のダンナと出会う。大学卒業後に渡馬、結婚。日系の塾で小学生と中学生に英語・国語を教える。7年塾講師として働き退職。その後2人の息子を出産して現在は専業主婦。

長男ユージン:2004年生まれ。明るく元気で、遊ぶことが大好き。やっている習い事はピアノ。第一言語は日本語、英語も文法的にはかなりブロークンだが話せるし理解できる。おばあちゃんとは中国語で会話、マレーシア語も学校で勉強中だったが、なぜか今年度は学校の方針でフランス語をやっている。2011年1月にインターナショナルスクールに入学、現在中学2年生。


次男ライアン:2008年生まれ。習い事はピアノ。とても人懐っこく誰にでも笑顔をふりまく。2014年1月にお兄ちゃんと同じ小学校に入学、現在小学校4年生。


ダンナ:中国系マレーシア人。日本語が流暢で時々日本人に間違えられる。優しく子供とたくさん触れ合ってくれるいいパパ。

おススメサイト
無料なのにスゴク使える!おススメサイト
<教育関連>
英語本
登録すると、オンライン英語図書館「タンブルブックス」にアクセスできます。
Starfall(英語)
フォニックスを学ぶならここ!
We Give Books(英語)
オンライン図書館。朗読はついていないので自分で読まなければなりませんが、無料で図書館に行く必要がないのは助かります。
学力は全米トップ0.1% 秘訣は幼児期の教育
子育てバイブル。
Colouring Book of Flags(英語)
国旗塗り絵がダウンロードできます。
おりがみくらぶ
折り紙といえばココ。折り方のアニメーションもあり、難易度も一目瞭然で使い勝手抜群。英語、中国語版など外国語7言語のサイトともリンクしているので、外国人の友達とリンクをシェアできるのもうれしい。
無料e童話
数は少ないのですが、無料で絵本が読めます。
英語のおとぎ話ビデオ(YouTube) You TubeのStoryというチャンネルで、10数分の英語のおとぎ話のビデオが見られます。英語字幕をつける設定にもできます。
バイリンガール英会話 Chika's English Lesson(YouTube)
バイリンガルの吉田ちかさんのYou Tubeチャンネル。わたしの勉強のために見ていますが、内容によっては子どもにも見せたりします。明るくてかわいいちかさんの動画は見るだけでも楽しい!

ピアノ初心者のための音符の読み方
自分で子どもにピアノを教えている、またはピアノ教室に通わせているけれど家での練習を見ている、という親にとって、とても参考になるサイトです。単にピアノを教えるということだけでなく、子育てという広い観点からピアノの練習をとらえていることが素晴らしいと思います。

Storyline Online(英語)
俳優さんたちが英語の絵本の読み聞かせをするビデオがたくさんあります。

<マレーシアで利用できる音楽ストリーミングサービス>
音楽ラバーにはもちろんうれしいサービス、実は子育てにもめちゃくちゃ使えます!(無料で使えないものもあります)
KKBOX Malaysia
Spotify
Deezer
おススメ記事
当ブログ内のおススメ記事です。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。