ホーム   »  家での取り組み  »  年齢の違う2人への読み聞かせ、悩んで・・・決めました(3)
rainbow.jpg

年齢の違う2人への読み聞かせ、悩んで・・・決めました(3)

年齢の違う2人への読み聞かせ、悩んで・・・決めました(2)から続く。

長男ユージンと次男ライアンは3歳半離れています。
一緒に読み聞かせをしてあげようと思ったら、ライアンでも興味を持って聞くレベルの絵本にすれば簡単です。どのくらいのレベルかというと、見開き1ページに平均5文ぐらいある絵本です。
でも、今の力を押し上げて行こうと思ったら、「今の自分の能力よりも少しだけ難しいもの」を選んで行くと、どんどん力がアップすると言われています。実際、教材を選んだり語りかけをする時も、このことに気をつけてやってきました。だから、ライアンに合わせて読み聞かせをしたら、ユージンの力が伸び悩むと思いました。
面倒だけど、時間がかかるけど、やっぱり別々にするしかないか・・・と思いました。

ライアンについては、簡単に問題は解決します。
彼はゆっくり寝ててくれればいいのに、家族と一緒に6時半には起きてしまいます。ナーサリーの迎えのバスが来るまで1時間ほどは自由時間があるので、この時に30分ぐらいは集中して彼につきあうと決めました。
フォニックスを教えたり、パズルをしたりすることもありますが、読み聞かせは必ず入れるようにしています。
それから、ライアンはまだナーサリーで昼寝をしてくるので、夜は早い時間には眠くならないようで、ユージンよりも遅い時間まで起きています。なので、彼の就寝前にも読み聞かせをしています。
これで、「ユージンには簡単すぎるのでは・・・」と心配せずに心置きなく読んであげられるようになりました。

でも、ユージンの場合は、なかなか難しいのです。あまり時間がないのです。
平日、朝6時半に起きて支度をしたらすぐに出ます。
帰宅後おやつ、宿題(あれば)、チャレンジなどを済ませると4時半過ぎ。
夕飯は6時頃。それまではわたしも夕飯の支度をするし、夕方は唯一外遊びができる時間なので、できるだけ外で遊んでほしい。なので、この時間は好きに遊ばせています。
夕飯を食べて少しピアノの練習、すぐにお風呂。終わると7時半過ぎ。
そこから8時過ぎにベッドに入るまでは少し時間があるので、やっと読み聞かせができる時間になります。でも、本人が他にやりたいことがある時もあり、あまり時間がないこともあります。

なので、まずユージンが床に就く15分ほど前には遊びを切り上げさせて、寝る前に読み聞かせをする時間を確保しました。
この時読むのは、クレヨンハウスから届く本などです。最近は文字が多くて絵が少ない、「絵本」ではなくて「本」が届くことが多いのですが、そういう本を何回かに分けて、毎晩少しずつ読んで行きます。
この時、ライアンにも一緒に聞かせますが、ユージンに合わせたレベルなので、退屈して邪魔をするようだったら、ダンナや義母にさっとあずけて、ユージンだけに読み聞かせをします。
それから、伝記を読んだりもします。
この時間、本の内容からどんどん好きなことに発展させて話をしたりするので、地図を広げたり、コンピューターで調べたりもします。

それから、前から考えていたのは、ユージンを学校でピックアップしてから、帰り道25分の車中で何かしたいな、ということです。
去年は七田の暗唱達人を途中までやったので、できたら続きをやりたいと思っていたのだけど、小学校に入学してから疲れきって帰りの車で眠ってしまうこともある彼を見ていたら、かわいそうで、体が慣れるまでは負担になることはやめておこうと思いました。なので、少し会話をしたり、音楽を聴いたりしていただけでした。
けれど、数ヶ月前から、だいぶ体が慣れてきたな、と思っていました。学校でのことを話してくれたりすることもあるし、眠ってしまうこともなくなりました。
では何か始めようと思ったとき、古文などの暗唱よりは、普通の物語を聞かせてあげたいと思いました。(日常生活での語彙がどんどん英語に侵されてくるので、古文より現代文!と思ったんです。)でも当たり前ですが、わたしがハンドルを握りながら本を読むなんてできません。
では、朗読を聞かせてあげるのはどうかと思いました。たまたま人にもらった日本昔話の朗読CDがあったので、それを聞かせてみました。
結果は惨敗・・・。途中から全く聞いていませんでした。昔話の口調に慣れていないのと、分からないことがあってもかまわずどんどん進んでいってしまうことが原因だと思いました。
じゃあ、わたしが分かりやすい話を選んで朗読したものを前もって吹き込んでおこうか・・・とも思ったのですが、あまりにも手間が掛かりすぎます。
その時、そういえば「素話(すばなし)はとてもいい」というのをどこかで読んだのを思い出しました。
素話というのは、絵本や紙芝居などの小道具を使わずにお話を語ることです。
絵本の読み聞かせの場合絵を見て理解しますが、素話の場合、しっかり聞いて、頭の中で自分でイメージを作って聞いていかなければなりません。
この「頭の中でイメージする」というのは、実はとても強力な力です。超能力者などは頭にはっきりとイメージすることで、超常現象を現実の物にする人もいるようです。
「イメージトレーニング」などもそうですね。頭にはっきりとイメージを思い描くことでイメージを現実のものにするのです。
でもこの「イメージする」ことは、訓練しないとなかなか難しいものです。ユージンに絵の少ない本を読んであげることによってもその力は訓練できますが、小道具が全くなしの状態ではありません。なので、本当に小道具がない状態での素話をやってみようと決めました。聞く力も、イメージ力も鍛えられると思ったのです。

年齢の違う2人への読み聞かせ、悩んで・・・決めました(4)へ続く~



「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

関連記事
スポンサーサイト
コメント
こんにちは
モカきりんさんの教育に対する熱意と情熱には頭がさがります。素晴らしいお母様をもってユージンくんとライアンくんは幸せですね。実は私、日本で小さい子供に絵を教えていましたが、授業では素話のようなこともやっていましたね。素話をして、想像したことを絵で表現してもらうのです。素話、とてもいいことだと思います。がんばってくださいね。
>Hiroさん
いえ、できるように頑張ってはいますが、絶対に毎日やっているわけではないです(笑)。
そうそう、頭でイメージしたことを描くっていうのは、右脳の取り組みにもありますよね。
絵を教えていたんですか!それはすごいわ~。子供と一緒にアートを楽しむのって楽しいですよね。これから息子さんといろいろ出来るので楽しみですね。
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
趣味の動画
わたしの好きな音楽を中心にお気に入りを紹介。ぜひ聞いていってね♡
David Archuleta & Nathan Pacheco
"The Prayer"

クリスマスにはやっぱりDavid Archuleta。美しい歌声・・・。
おすすめの本
過去の記事で紹介しているものですが、こちらでも紹介します☆
フォニックスを教える時によく参考にしていました。
関連記事:子供に自分でフォニックスを教える(1)フォニックスとは


小学校低学年の英語読書。初めて読むチャプターブックとして最適。
関連記事:小学校低学年の英語読書〜「マジック・ツリーハウス」


プロフィール

モカきりん

Author:モカきりん
モカきりん:アメリカ留学中に中国系マレーシア人の現在のダンナと出会う。大学卒業後に渡馬、結婚。日系の塾で小学生と中学生に英語・国語を教える。7年塾講師として働き退職。その後2人の息子を出産して現在は専業主婦。

長男ユージン:2004年生まれ。明るく元気で、遊ぶことが大好き。やっている習い事はピアノ。第一言語は日本語、英語も文法的にはかなりブロークンだが話せるし理解できる。おばあちゃんとは中国語で会話、マレーシア語も学校で勉強中だったが、なぜか今年度は学校の方針でフランス語をやっている。2011年1月にインターナショナルスクールに入学、現在中学2年生。


次男ライアン:2008年生まれ。習い事はピアノ。とても人懐っこく誰にでも笑顔をふりまく。2014年1月にお兄ちゃんと同じ小学校に入学、現在小学校4年生。


ダンナ:中国系マレーシア人。日本語が流暢で時々日本人に間違えられる。優しく子供とたくさん触れ合ってくれるいいパパ。

おススメサイト
無料なのにスゴク使える!おススメサイト
<教育関連>
英語本
登録すると、オンライン英語図書館「タンブルブックス」にアクセスできます。
Starfall(英語)
フォニックスを学ぶならここ!
We Give Books(英語)
オンライン図書館。朗読はついていないので自分で読まなければなりませんが、無料で図書館に行く必要がないのは助かります。
学力は全米トップ0.1% 秘訣は幼児期の教育
子育てバイブル。
Colouring Book of Flags(英語)
国旗塗り絵がダウンロードできます。
おりがみくらぶ
折り紙といえばココ。折り方のアニメーションもあり、難易度も一目瞭然で使い勝手抜群。英語、中国語版など外国語7言語のサイトともリンクしているので、外国人の友達とリンクをシェアできるのもうれしい。
無料e童話
数は少ないのですが、無料で絵本が読めます。
英語のおとぎ話ビデオ(YouTube) You TubeのStoryというチャンネルで、10数分の英語のおとぎ話のビデオが見られます。英語字幕をつける設定にもできます。
バイリンガール英会話 Chika's English Lesson(YouTube)
バイリンガルの吉田ちかさんのYou Tubeチャンネル。わたしの勉強のために見ていますが、内容によっては子どもにも見せたりします。明るくてかわいいちかさんの動画は見るだけでも楽しい!

ピアノ初心者のための音符の読み方
自分で子どもにピアノを教えている、またはピアノ教室に通わせているけれど家での練習を見ている、という親にとって、とても参考になるサイトです。単にピアノを教えるということだけでなく、子育てという広い観点からピアノの練習をとらえていることが素晴らしいと思います。

Storyline Online(英語)
俳優さんたちが英語の絵本の読み聞かせをするビデオがたくさんあります。

<マレーシアで利用できる音楽ストリーミングサービス>
音楽ラバーにはもちろんうれしいサービス、実は子育てにもめちゃくちゃ使えます!(無料で使えないものもあります)
KKBOX Malaysia
Spotify
Deezer
おススメ記事
当ブログ内のおススメ記事です。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR