ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  教育  »  光より速い?!
rainbow.jpg

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光より速い?!

最近、「ニュートリノが光よりも速いことが計測された」というニュースがありましたね。
参考:国際研究チーム、光より速い素粒子を計測
それでアインシュタインの特殊相対性理論が崩れたとか、それならタイムマシンも可能かもしれない、とか言っている人もいるそうです。
でもまあ少し調べてみたら、そもそもこの計測結果はまだ完全に正しいとされているわけではないし、特殊相対性理論では宇宙で一番速いのは光だと言っているわけではない、当たり前だけどこれでタイムマシンなんて出来るわけない、などいろんな話が出てくるわけで。
わたしは物理は大の苦手、興味も無いし、当然特殊相対性理論のことは分からない、これから勉強して分かろうとするつもりもない(笑)。
ただ、このニュースを聞いたとき、まずガリレオ=ガリレイのことを思い出しました。(彼の伝記を子供に読んでやったことがあるので・・・。)

ガリレオ=ガリレイは、古い考えを押し付けるだけの大学での勉強に疑問を持ち、「本当かどうかは実験してみなければ分からないはずだ」と思い、ギリシャの哲学者アリストテレスの教えに反することを実験によって証明したという言い伝えがあります。ピサの斜塔から木の玉と鉄の玉を落として、ほぼ同時に着地したのを確かめ、「落体の法則」を証明したという話は有名ですね。(これは後世に作られたエピソードだという説もあるようですが。)
それから、自分で天体望遠鏡を作り上げ、月や星の観察をし、アリストテレスの天動説が間違っており、コペルニクスの地動説こそ正しいととなえました。

これは16~17世紀のことなので、今のわたしたちから見れば、そりゃあまだ明らかになってないこともたくさんあっただろうと思えるのだけど、その頃の人々にとっては、今のわたしたちがアインシュタインの理論を否定する、くらい勇気が要る行為だったのかもしれないなあ、とふと思ったのでした。


この前、なだいなださんの「娘の学校」というふる~い本を読んでいました。(なかなかおもしろいです。)
この中に書いてあったのですが、ウィリアム・サローヤンの自伝的小説で、彼が歴史の授業で、「ストーンヘンジは二万年昔のものである」と言った先生に向かって「なぜ先生にはそれは二万年前のものだと分かるのですか」と質問して先生に怒られた、というくだりがあると紹介されていました。サローヤンは、二万年前のものだと言われて、はいそうですか、とテストにそう書いて丸をもらうのではなく、どうしてそれが3万年前のものでなく、五千年前のものでなく、二万年前のものだと分かるのか、その決定の仕方が知りたかったのだ、それこそが彼にとって学ぶということに値するものだったのだ、と。

教えられることをなんでもかんでも疑ってかかっていたらきりがないし、(簡単に実験によって確かめられることはおおいにやらせるべきだけど、)実験や観察によってしか信じられないというのなら信じられることが大幅に減ってしまう。

でも、「なんでだろう?」「どうなっているんだろう?」「本当にそうなんだろうか?」などなど、疑問に思って追求していく姿勢はとてもいいことであり、そういうふうに「考えられる子供」にしていきたいなあ・・・と思ったのでした。


「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

関連記事
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
趣味の動画
わたしの好きな音楽を中心にお気に入りを紹介。ぜひ聞いていってね♡
David Archuleta & Nathan Pacheco
"The Prayer"

クリスマスにはやっぱりDavid Archuleta。美しい歌声・・・。
おすすめの本
過去の記事で紹介しているものですが、こちらでも紹介します☆
フォニックスを教える時によく参考にしていました。
関連記事:子供に自分でフォニックスを教える(1)フォニックスとは


小学校低学年の英語読書。初めて読むチャプターブックとして最適。
関連記事:小学校低学年の英語読書〜「マジック・ツリーハウス」


プロフィール

モカきりん

Author:モカきりん
モカきりん:アメリカ留学中に中国系マレーシア人の現在のダンナと出会う。大学卒業後に渡馬、結婚。日系の塾で小学生と中学生に英語・国語を教える。7年塾講師として働き退職。その後2人の息子を出産して現在は専業主婦。

長男ユージン:2004年生まれ。明るく元気で、遊ぶことが大好き。やっている習い事はピアノ。第一言語は日本語、英語も文法的にはかなりブロークンだが話せるし理解できる。おばあちゃんとは中国語で会話、マレーシア語も学校で勉強中だったが、なぜか今年度は学校の方針でフランス語をやっている。2011年1月にインターナショナルスクールに入学、現在中学2年生。


次男ライアン:2008年生まれ。習い事はピアノ。とても人懐っこく誰にでも笑顔をふりまく。2014年1月にお兄ちゃんと同じ小学校に入学、現在小学校4年生。


ダンナ:中国系マレーシア人。日本語が流暢で時々日本人に間違えられる。優しく子供とたくさん触れ合ってくれるいいパパ。

おススメサイト
無料なのにスゴク使える!おススメサイト
<教育関連>
英語本
登録すると、オンライン英語図書館「タンブルブックス」にアクセスできます。
Starfall(英語)
フォニックスを学ぶならここ!
We Give Books(英語)
オンライン図書館。朗読はついていないので自分で読まなければなりませんが、無料で図書館に行く必要がないのは助かります。
学力は全米トップ0.1% 秘訣は幼児期の教育
子育てバイブル。
Colouring Book of Flags(英語)
国旗塗り絵がダウンロードできます。
おりがみくらぶ
折り紙といえばココ。折り方のアニメーションもあり、難易度も一目瞭然で使い勝手抜群。英語、中国語版など外国語7言語のサイトともリンクしているので、外国人の友達とリンクをシェアできるのもうれしい。
無料e童話
数は少ないのですが、無料で絵本が読めます。
英語のおとぎ話ビデオ(YouTube) You TubeのStoryというチャンネルで、10数分の英語のおとぎ話のビデオが見られます。英語字幕をつける設定にもできます。
バイリンガール英会話 Chika's English Lesson(YouTube)
バイリンガルの吉田ちかさんのYou Tubeチャンネル。わたしの勉強のために見ていますが、内容によっては子どもにも見せたりします。明るくてかわいいちかさんの動画は見るだけでも楽しい!

ピアノ初心者のための音符の読み方
自分で子どもにピアノを教えている、またはピアノ教室に通わせているけれど家での練習を見ている、という親にとって、とても参考になるサイトです。単にピアノを教えるということだけでなく、子育てという広い観点からピアノの練習をとらえていることが素晴らしいと思います。

Storyline Online(英語)
俳優さんたちが英語の絵本の読み聞かせをするビデオがたくさんあります。

<マレーシアで利用できる音楽ストリーミングサービス>
音楽ラバーにはもちろんうれしいサービス、実は子育てにもめちゃくちゃ使えます!(無料で使えないものもあります)
KKBOX Malaysia
Spotify
Deezer
おススメ記事
当ブログ内のおススメ記事です。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。