ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  家での取り組み  »  かるたの効用
rainbow.jpg

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かるたの効用

11月の一時帰国を終えてマレーシアに帰ってくる時、なぜか分からないけれど、かるたを6組も持って帰ってくることになりました。
karuta.jpg
3月に帰国する予定だった時に、ネットで買って実家に送っておいてもらったもの。
お店で見て買ってしまったもの。
もらったもの。
全部合わせると6組にもなっていました。

なので、当然マレーシアに帰ってから、かるた三昧です。
ひとつだけ、「にほんごであそぼ」の四字熟語かるただけはかなり上級者向けなので手をつけていませんが(ネットで買ったので中身があまり分からなかった)、その他は全部やっています。
本当は一つを買って集中的にやって、また買って・・・の方がいいと思うんだけど、海外在住なのでしょうがないですね。どうしても帰国時にまとめ買いっていうことになります。

でも、まずは「ことわざかるた」に狙いを定め、これを必ずやり、それプラスもうひとつ、というふうに2組ずつぐらいやっています。


ことわざかるたはいくつもあるけれど、これを選んだ理由は、この本を以前に買って持っていたからです。



うちの子はまるちゃんのことは知らないけれど、たまにこの本を開いていたので、「あ、これ知ってる!」と興味を持ってくれるのではないかと思ったのです。
そして、実際にやってみると、これが大ハマり。

3歳のライアンも、ほとんどの読み札を覚えてしまいました。
そして、読み札を覚えてしまう=ことわざを覚える、ってことなのです。

でも、当然覚え違いをしていたり、正しく言っているつもりでも言えてなかったり、というものもあります。
例えば、「縁の下の力持ち」は、「えんのしたのちかもろち。」(それを聞くたびに、心の中で「やまたのおろちか!」と突っ込むわたし。)
「来年のことを言えば鬼が笑う」は、なぜか「来年のこぞう」。(「門前の小僧、習わぬ経をよむ」と混じったようだ)
「急がば回れ」は「急いで回れ」
まあ、小さい頃は正しく言っているつもりなのにどうしても言えない言葉があるものなので、別にいいんんです。
でも、長男ユージンに読み札を読んでもらった時、「備えあれば憂いなし」というのを、「備えあればうれしいな」と言うのは、どうなんだろう(笑)。

でもまあそんなふうに楽しく遊びながらいつの間にか覚えてしまうなんて、かるたっていいものだな~と今更ながら思っています。
やるたびにどんどん速くなって反射神経も鍛えられるし。
小さい子には取ったカードを数えながら数を教えたり、5組のかるたを一気にやる「かるたマラソン」をした時は、取った札の数を記録して、自力で足し算して合計数を出させたり。



さてさて、そんなふうにいつの間にか読み札を覚えてしまうものだけど、意味なんて分かってないじゃーん、と思う人もいるはず。
結果的に言うと、意味など分かってなくてもいいと思います。
右脳教育のメニューの中に「暗誦」というものがあって、よく「意味など分かってなくてもいいのだ」と言われているけれど、わたしは今回それを肌で実感することがありました。

写真の中列右にある「郡上かるた」は、父が企画開発に関わったのですが、もともとわたしたち一家が群馬県に住んでいた時に遊んでいた「上毛かるた」にヒントを得て、岐阜の郡上にも郷土かるたが欲しいという思いから作られたものだということです。
父が「例えば上毛かるたにはこのような読み札があるのだけど」といくつか例を挙げたのを読んだ時、わたしは「知ってる!」「これも知ってる!」と衝撃を受けました。
わたしが群馬を離れたのは6歳の時。だから、多分上毛かるたで遊んだのは、4~6歳ぐらいの時だったのだと思います。
もちろん意味なんて全然分かっていなくて、今のライアンみたいに必ず言い間違える札もありました。
でも、今その読み札を読んだら、意味をちゃんと理解しているんです。
その後で、意味が自分の中でストン、と理解できる瞬間が来ていたからなんですよね。

だから、ことわざかるたも、とりあえずは意味も分からず丸暗記でいいんだな、と。
その後、あることわざにぴったりの場面に遭遇したら、「ほら、『案ずるより産むが易し』だったでしょ~!」と使ってみたりすることで、子供の中で納得するきっかけを与えてあげられると思うのです。

ことわざかるたは読み札がまるまるひとつのことわざなので、語呂がよくて一番覚えやすいようですが、四字熟語かるたもおススメです。
時には、漢字を見せたり、解説しながら、初級者用、上級者用と違う遊び方ができます。





「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

関連記事
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
趣味の動画
わたしの好きな音楽を中心にお気に入りを紹介。ぜひ聞いていってね♡
David Archuleta & Nathan Pacheco
"The Prayer"

クリスマスにはやっぱりDavid Archuleta。美しい歌声・・・。
おすすめの本
過去の記事で紹介しているものですが、こちらでも紹介します☆
フォニックスを教える時によく参考にしていました。
関連記事:子供に自分でフォニックスを教える(1)フォニックスとは


小学校低学年の英語読書。初めて読むチャプターブックとして最適。
関連記事:小学校低学年の英語読書〜「マジック・ツリーハウス」


プロフィール

モカきりん

Author:モカきりん
モカきりん:アメリカ留学中に中国系マレーシア人の現在のダンナと出会う。大学卒業後に渡馬、結婚。日系の塾で小学生と中学生に英語・国語を教える。7年塾講師として働き退職。その後2人の息子を出産して現在は専業主婦。

長男ユージン:2004年生まれ。明るく元気で、遊ぶことが大好き。やっている習い事はピアノ。第一言語は日本語、英語も文法的にはかなりブロークンだが話せるし理解できる。おばあちゃんとは中国語で会話、マレーシア語も学校で勉強中だったが、なぜか今年度は学校の方針でフランス語をやっている。2011年1月にインターナショナルスクールに入学、現在中学2年生。


次男ライアン:2008年生まれ。習い事はピアノ。とても人懐っこく誰にでも笑顔をふりまく。2014年1月にお兄ちゃんと同じ小学校に入学、現在小学校4年生。


ダンナ:中国系マレーシア人。日本語が流暢で時々日本人に間違えられる。優しく子供とたくさん触れ合ってくれるいいパパ。

おススメサイト
無料なのにスゴク使える!おススメサイト
<教育関連>
英語本
登録すると、オンライン英語図書館「タンブルブックス」にアクセスできます。
Starfall(英語)
フォニックスを学ぶならここ!
We Give Books(英語)
オンライン図書館。朗読はついていないので自分で読まなければなりませんが、無料で図書館に行く必要がないのは助かります。
学力は全米トップ0.1% 秘訣は幼児期の教育
子育てバイブル。
Colouring Book of Flags(英語)
国旗塗り絵がダウンロードできます。
おりがみくらぶ
折り紙といえばココ。折り方のアニメーションもあり、難易度も一目瞭然で使い勝手抜群。英語、中国語版など外国語7言語のサイトともリンクしているので、外国人の友達とリンクをシェアできるのもうれしい。
無料e童話
数は少ないのですが、無料で絵本が読めます。
英語のおとぎ話ビデオ(YouTube) You TubeのStoryというチャンネルで、10数分の英語のおとぎ話のビデオが見られます。英語字幕をつける設定にもできます。
バイリンガール英会話 Chika's English Lesson(YouTube)
バイリンガルの吉田ちかさんのYou Tubeチャンネル。わたしの勉強のために見ていますが、内容によっては子どもにも見せたりします。明るくてかわいいちかさんの動画は見るだけでも楽しい!

ピアノ初心者のための音符の読み方
自分で子どもにピアノを教えている、またはピアノ教室に通わせているけれど家での練習を見ている、という親にとって、とても参考になるサイトです。単にピアノを教えるということだけでなく、子育てという広い観点からピアノの練習をとらえていることが素晴らしいと思います。

Storyline Online(英語)
俳優さんたちが英語の絵本の読み聞かせをするビデオがたくさんあります。

<マレーシアで利用できる音楽ストリーミングサービス>
音楽ラバーにはもちろんうれしいサービス、実は子育てにもめちゃくちゃ使えます!(無料で使えないものもあります)
KKBOX Malaysia
Spotify
Deezer
おススメ記事
当ブログ内のおススメ記事です。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。