ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  子供とお出かけ  »  キッザニアKuala Lumpur体験記&攻略法(2)
rainbow.jpg

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キッザニアKuala Lumpur体験記&攻略法(2)

キッザニアKuala Lumpur体験記&攻略法(1)から続く。

10時の開場と同時に中に入ったわたしたち。
現金を手にした後、なんとなく歩いていたら、すぐ近くにSony Photo Labを発見。これが数あるパビリオンの中でも特にやりたいというわけでもなかったんだけど、すぐ目の前にあって、誰も人がいなかったので、待たずにできるから入っちゃおうか、ということになりました。
話を聞いてみると、

(1)モデルをすれば給料がもらえる。
(2)カメラマンをすればお金を払わなければならない。

という話を聞き、子供たちに「どっちがいい?」と聞くと、みんな当然「給料がもらえるほう!」を選んだ(笑)。

ここでひとつ不安がありました。
ここのパビリオンは4歳以上が体験できると書いてあります(ほとんどのパビリオンは4歳から)。次男ライアンは来月4歳になるけれど、満年齢でいうとまだ3歳。チケットを買う時も、3歳児として買いました。もしかして断られないか・・・?
でも素知らぬ顔で送り込んでみました。ダメと言われたらしょうがない。
入り口でつけてもらえるセキュリティーブレスレットをコンピュータでスキャンしていたので、あーこれはばれるよなー、と思ったら何も言われず、すんなりと体験させてもらえました。ホッ。

最近、写真を撮られる時はピースをするようになったライアン。
kidzania6.jpg

こんな感じであっさり一枚ずつ写真を撮ってもらったら、その写真をコンピュータで編集できます。
kidzania7.jpg

背景を変えたり小道具を加えたりして編集した写真をプリントアウトしてもらい、お給料の10キッゾをゲット!
kidzania8.jpg

後で気づいたんだけど、年齢は"Age Suggested"と書いてあるので、年齢は目安で、絶対というわけではなさそうです。
各パビリオンの前にはこういう紙が貼られています。
kidzania9.jpg
この表の見方は、
左上:capacity=定員
右上:duration=かかる時間
左下:age suggested=年齢の目安
右下:economy=ーZ5とは、5キッゾを払う。+Z10となっていたら、給料として10キッゾもらえる、という意味です。

給料を手にして大喜びの子供たち。次はどこに行こうとブラブラしたり地図を見ながら考えていました。
しかし、初めのうちはそれほどでもなかったんだけど、昼近くになってすごく人が増えてきました。入場者数の制限、してないんじゃないかい???と思うほど、人・人・人!

早めにランチをしてしまえば、昼時に他の人がランチを食べて、少しはすくのではないか?と思い、早めに食べることにしました。
食べ物はハンバーガーなどのファストフードばっかりでした。

しかし、その考えは甘かった!列は短くなるどころかますます長くなります。きっとみんなちゃんとしたものを食べずに、適当にお菓子などをつまんだりしながら午前の部が終わる3時まで頑張ったのではないだろうか(笑)。

後で日本のキッザニアのサイトを見て知ったのですが、日本では「ジョブカード」なるものがあって、それに申し込んだアクティビティを記載してもらえば、並ぶ必要がないのですね。

マレーシアでは、並ばなければいけません。しかも、「必ず本人が並んで下さい」と明記されています。
なんちゅー効率の悪いシステムだ!
しかも、もっと定員増やしても余裕で入るやん!と思えるほど余裕があったり、記載されている時間よりずいぶん長くかかったり。まだオープンしたてて、スタッフが慣れていないのだな。
なんでも日本がいいというつもりはないけれど(行ったことないし)、マレーシアのキッザニアはずいぶん手際と効率が悪い!という印象を持ちました。

結局、うちの子供たちが楽しみにしていたSushi King(すし金)やVitagenのパビリオンはまだオープンしておらず、エアアジアや消防士の超人気パビリオンは「1時間半待ち」と言われたりして、なんとか入れそうなところにあと2つ入り、それで一日が終わりました。やったお仕事は3つだけ。別の友達は、2つしかできなかったと言っていました。

次回はわたしたちの体験から導き出されたキッザニアクアラルンプールの攻略法です。

~続く~



「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

関連記事
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
趣味の動画
わたしの好きな音楽を中心にお気に入りを紹介。ぜひ聞いていってね♡
David Archuleta & Nathan Pacheco
"The Prayer"

クリスマスにはやっぱりDavid Archuleta。美しい歌声・・・。
おすすめの本
過去の記事で紹介しているものですが、こちらでも紹介します☆
フォニックスを教える時によく参考にしていました。
関連記事:子供に自分でフォニックスを教える(1)フォニックスとは


小学校低学年の英語読書。初めて読むチャプターブックとして最適。
関連記事:小学校低学年の英語読書〜「マジック・ツリーハウス」


プロフィール

モカきりん

Author:モカきりん
モカきりん:アメリカ留学中に中国系マレーシア人の現在のダンナと出会う。大学卒業後に渡馬、結婚。日系の塾で小学生と中学生に英語・国語を教える。7年塾講師として働き退職。その後2人の息子を出産して現在は専業主婦。

長男ユージン:2004年生まれ。明るく元気で、遊ぶことが大好き。やっている習い事はピアノ。第一言語は日本語、英語も文法的にはかなりブロークンだが話せるし理解できる。おばあちゃんとは中国語で会話、マレーシア語も学校で勉強中だったが、なぜか今年度は学校の方針でフランス語をやっている。2011年1月にインターナショナルスクールに入学、現在中学2年生。


次男ライアン:2008年生まれ。習い事はピアノ。とても人懐っこく誰にでも笑顔をふりまく。2014年1月にお兄ちゃんと同じ小学校に入学、現在小学校4年生。


ダンナ:中国系マレーシア人。日本語が流暢で時々日本人に間違えられる。優しく子供とたくさん触れ合ってくれるいいパパ。

おススメサイト
無料なのにスゴク使える!おススメサイト
<教育関連>
英語本
登録すると、オンライン英語図書館「タンブルブックス」にアクセスできます。
Starfall(英語)
フォニックスを学ぶならここ!
We Give Books(英語)
オンライン図書館。朗読はついていないので自分で読まなければなりませんが、無料で図書館に行く必要がないのは助かります。
学力は全米トップ0.1% 秘訣は幼児期の教育
子育てバイブル。
Colouring Book of Flags(英語)
国旗塗り絵がダウンロードできます。
おりがみくらぶ
折り紙といえばココ。折り方のアニメーションもあり、難易度も一目瞭然で使い勝手抜群。英語、中国語版など外国語7言語のサイトともリンクしているので、外国人の友達とリンクをシェアできるのもうれしい。
無料e童話
数は少ないのですが、無料で絵本が読めます。
英語のおとぎ話ビデオ(YouTube) You TubeのStoryというチャンネルで、10数分の英語のおとぎ話のビデオが見られます。英語字幕をつける設定にもできます。
バイリンガール英会話 Chika's English Lesson(YouTube)
バイリンガルの吉田ちかさんのYou Tubeチャンネル。わたしの勉強のために見ていますが、内容によっては子どもにも見せたりします。明るくてかわいいちかさんの動画は見るだけでも楽しい!

ピアノ初心者のための音符の読み方
自分で子どもにピアノを教えている、またはピアノ教室に通わせているけれど家での練習を見ている、という親にとって、とても参考になるサイトです。単にピアノを教えるということだけでなく、子育てという広い観点からピアノの練習をとらえていることが素晴らしいと思います。

Storyline Online(英語)
俳優さんたちが英語の絵本の読み聞かせをするビデオがたくさんあります。

<マレーシアで利用できる音楽ストリーミングサービス>
音楽ラバーにはもちろんうれしいサービス、実は子育てにもめちゃくちゃ使えます!(無料で使えないものもあります)
KKBOX Malaysia
Spotify
Deezer
おススメ記事
当ブログ内のおススメ記事です。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。