ホーム   »  車・運転  »  マレーシアのナンバープレート
rainbow.jpg

マレーシアのナンバープレート

去年の秋に長男ユージンがかけ算を覚え始めた頃から、彼が外出した時に自然にやるようになった遊びがありました。
それは、道行く車のナンバープレートを見て、その数字をかけ算して足していくこと。
マレーシアの車のナンバープレートは、一般的にこんな感じです。
plate1.jpeg
(今回画像はすべてwikipediaからお借りしています)
数字が1桁から4桁の場合があるのだけど、このように4桁の場合は、
3×1=3
9×4=36
3+36=39

というふうに初めの2桁と最後の2桁をそれぞれかけて足して答えを出す、というものです。
3桁の場合は、例えば123なら、「1×2=2、2+3=5」。2桁ならかけるだけ、1桁ならそのまま。
彼の中では「数字が大きいほどその車のパワーが強い」という設定になっているらしく、
「ウオー、この車すごくパワーがあるー!」
とか、
「あはははは、この車のパワーは0だよ!」
とか言っています。
想像力を働かせれば、なんでも楽しいのだね(笑)。この一人遊びを通して彼の暗算力は少しアップしたかもしれません。



そのうち、彼は見かける車のほとんどが「W」「B」で始まることに気づき、質問してきたので、車をどの州で登録したかによって、初めのアルファベットが決められていると教えてあげました。

Wークアラルンプール
B-スランゴール

これが、クアラルンプールでよく見かけるものです。その他、

J-ジョホール(Johor)
Pーペナン(Penang)

などは大体想像がつきますが、

D-クランタン(kelantan)
Qーサラワク(Sarawak)

など、「どこがやねん!」と言いたくなるものもあります。

変わったものでは、Putrajayaは、そのまま「Putrajaya」になっています。

詳しい一覧は、こちらでどうぞ。

それから、タクシーはすべてHで始まります。

あと、外交官(か大使館関係かな?肩書きはよく分からないけど)は、こういう赤いプレートですね。
plate2.jpg
これ、国によって番号が決まっているようです。

これを教えてからユージンは、道行く車を見ては、「あの車はジョホールから来たんだ~。」「あ、あの車はサラワクから来てるよ!どうやって?飛行機に乗ってきたの??」とか言っています。


そうやって家族でナンバープレートに注目していたある日、街でG1Mで始まるナンバープレートを見ました。
↓こういうの
G1Mプレートの車
なんだそれ?と思って調べてみたら、これはGagasan 1 Malaysiaの略で、G1Mの1から9999まで競売にかけられていたようです。
そう、マレーシアではゾロ目やこういう特別企画のナンバープレートを競売にかけるのですよね。



競売と言えば、最近何かと話題のWWWのナンバープレート。
Wで始まるクアラルンプールでは、とうとうWWWまで来てしまったので、World Wide Webを連想させて人気のWWWのナンバープレートを競売にかけていたのですが、この応札者が過去最高だったとか、入札価格がとんでもなく高額だとか、不正があったとかで話題になっていました。
先日落札され、陸運局は落札者の中に何人かの著名人が含まれていたことを明かにしたそうです。
南国新聞記事「WWW1の車両番号 落札者はジョホールのスルタン」
これによると、WWW5は現国王が22万リンギで落札したそうです。えー!
そういうのって、国民感情的にはどうなんでしょう・・・。「俺たちの血税を・・・!」とか。
それに、国王のナンバープレートが分かっちゃうとよくないのではないだろうか?まあ、必ずしも乗っているとは限らないけど。



こんなふうに、たかがナンバープレートだけど、いろんなことが分かるとちょっと見方が変わっておもしろいですね。


「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
趣味の動画
わたしの好きな音楽を中心にお気に入りを紹介。ぜひ聞いていってね♡
David Archuleta & Nathan Pacheco
"The Prayer"

クリスマスにはやっぱりDavid Archuleta。美しい歌声・・・。
おすすめの本
過去の記事で紹介しているものですが、こちらでも紹介します☆
フォニックスを教える時によく参考にしていました。
関連記事:子供に自分でフォニックスを教える(1)フォニックスとは


小学校低学年の英語読書。初めて読むチャプターブックとして最適。
関連記事:小学校低学年の英語読書〜「マジック・ツリーハウス」


プロフィール

モカきりん

Author:モカきりん
モカきりん:アメリカ留学中に中国系マレーシア人の現在のダンナと出会う。大学卒業後に渡馬、結婚。日系の塾で小学生と中学生に英語・国語を教える。7年塾講師として働き退職。その後2人の息子を出産して現在は専業主婦。

長男ユージン:2004年生まれ。明るく元気で、遊ぶことが大好き。やっている習い事はピアノ。第一言語は日本語、英語も文法的にはかなりブロークンだが話せるし理解できる。おばあちゃんとは中国語で会話、マレーシア語も学校で勉強中だったが、なぜか今年度は学校の方針でフランス語をやっている。2011年1月にインターナショナルスクールに入学、現在中学2年生。


次男ライアン:2008年生まれ。習い事はピアノ。とても人懐っこく誰にでも笑顔をふりまく。2014年1月にお兄ちゃんと同じ小学校に入学、現在小学校4年生。


ダンナ:中国系マレーシア人。日本語が流暢で時々日本人に間違えられる。優しく子供とたくさん触れ合ってくれるいいパパ。

おススメサイト
無料なのにスゴク使える!おススメサイト
<教育関連>
英語本
登録すると、オンライン英語図書館「タンブルブックス」にアクセスできます。
Starfall(英語)
フォニックスを学ぶならここ!
We Give Books(英語)
オンライン図書館。朗読はついていないので自分で読まなければなりませんが、無料で図書館に行く必要がないのは助かります。
学力は全米トップ0.1% 秘訣は幼児期の教育
子育てバイブル。
Colouring Book of Flags(英語)
国旗塗り絵がダウンロードできます。
おりがみくらぶ
折り紙といえばココ。折り方のアニメーションもあり、難易度も一目瞭然で使い勝手抜群。英語、中国語版など外国語7言語のサイトともリンクしているので、外国人の友達とリンクをシェアできるのもうれしい。
無料e童話
数は少ないのですが、無料で絵本が読めます。
英語のおとぎ話ビデオ(YouTube) You TubeのStoryというチャンネルで、10数分の英語のおとぎ話のビデオが見られます。英語字幕をつける設定にもできます。
バイリンガール英会話 Chika's English Lesson(YouTube)
バイリンガルの吉田ちかさんのYou Tubeチャンネル。わたしの勉強のために見ていますが、内容によっては子どもにも見せたりします。明るくてかわいいちかさんの動画は見るだけでも楽しい!

ピアノ初心者のための音符の読み方
自分で子どもにピアノを教えている、またはピアノ教室に通わせているけれど家での練習を見ている、という親にとって、とても参考になるサイトです。単にピアノを教えるということだけでなく、子育てという広い観点からピアノの練習をとらえていることが素晴らしいと思います。

Storyline Online(英語)
俳優さんたちが英語の絵本の読み聞かせをするビデオがたくさんあります。

<マレーシアで利用できる音楽ストリーミングサービス>
音楽ラバーにはもちろんうれしいサービス、実は子育てにもめちゃくちゃ使えます!(無料で使えないものもあります)
KKBOX Malaysia
Spotify
Deezer
おススメ記事
当ブログ内のおススメ記事です。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR