ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  次男  »  躍り出る少年
rainbow.jpg

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

躍り出る少年

先週の土曜日、パブリカのThe Beeにて、The Jezabels(オーストラリア出身のオルタナティブ・ロックバンド)のライヴがありました。(ここはレストランですが、たまにライヴもやります)
別にライヴを見に来たわけではないのですが、関係者にくっついて中に入ったら、ちょうどThe Jezabelsがリハーサルをしているところでした。
音楽が始まった途端、まだガラガラの会場の真ん中に躍り出た次男ライアン!
dancer1.jpg
まったく躊躇せず、まわりの目なんか気にせず、好きなように踊っていました(笑)。
(そして全然関係ないけど、The Jezabelsを近くで見て思った、やっぱり欧米人って男女ともにでかい!)



次の日の日曜日、子供たちをキッザニアに連れて行きました。
長男ユージンは2回目、ライアンは3回目(一度幼稚園から行ったので)。
ずっと一緒にお仕事をしていたのだけど、途中で意見が分かれて、ユージンは警察に行き、ライアンはディスコラウンジへ。
お姉さんに踊り(というほどちゃんとしたのじゃないけど)を教えられてもあまり従わないので、「じゃあ好きなように踊っていいよ」と言われた途端、踊り狂うライアン。
dancer2.jpg



この前、ある方がブログでこのビデオを紹介していたので見たら、いろいろはっとすることを言っていていました。

ケン・ロビンソン「学校教育は創造性を殺してしまっている」

なかでも感動したのは、ビデオの最後の方に出てきたエピソード。
「キャッツ」や「オペラ座の怪人」を手がけたジリアン・リンという振り付け師の子供の頃の話です。
彼女が子供だった1930年代、学校の先生から学習障害があるようなので専門家に診てもらったほうがいいと言われた母親は、ジリアンを専門家のところへ連れて行ったそうです。
今なら多分ADHDと診断されそうな彼女の様子を母親からじっくり聞いた医者は、「ちょっとお母さんと二人で話したいことがあるから、ここで待ってて」とジリアンに言い、ラジオのスイッチを入れてから彼女を一人部屋に残して出て行ったそうです。
隣の部屋から医者と母親は彼女をこっそり見ていたところ、彼女は音楽に合わせて踊り始めました。
しばらくそれを見てから医者は言いました。
「お母さん、彼女は病気なのではありません。ダンサーなのです。」
そして、彼女をダンススクールに連れて行ってあげるようにアドバイスしました。
それからの彼女は水を得た魚のようにダンスに没頭し、今の彼女がある・・・というわけです。



で、ライアンを見てわたしは当然思いました。
彼はダンサーなのか(笑)?
ダンススクールに連れて行くべきでしょうか・・・(笑)?


「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

関連記事
スポンサーサイト
コメント
かわいいですね
お久しぶりです。
ライアンくん、めちゃくちゃ可愛いですね。
SophiaでKidsヒップホップのクラスがありますよってご存知だと思いますが。
確か4歳からって言ってました。
うちの息子も音楽が流れ出すと荒れ狂うように踊りだすので4歳になったら通わせます(3歳半くらいでもOKって聞きました)
あまりのおかしさに息子はADHDか?と疑いもしましたけどやっぱりうちの息子もダンサーなのかな????
>Hiroさん
お久しぶりです。
そう言われてみれば、ソフィアのヒップホップクラスって聞いたことあります。
そうですか~、息子さんもきっとダンサーなんでしょう(笑)。
本当に、子供ってそれぞれ何か違うものを持っているんですよね。杓子定規で見ないで、本当にその子が向いていることややりたいことが何なのか、じっくりと見極めてあげられるような世の中だったらいいな~と思います。
ニャハハハ!
ライアン君は、きっとダンサーの素質も兼ね備えているのかも!
その時、上のお兄ちゃんはどんな反応だったのか気になるわ(笑)
>さるこさん
ですかね~。ユージンに比べていつまでもフニャフニャしていて、4歳なのにまだ赤ちゃんみたいな彼なんですが、ダンスやり始めたらちょっとはシャキッとするかな~?
ライアンが踊っているとユージンも踊り出すんですが、彼はちょっと照れがあってライアンみたいに無心ではないですね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
趣味の動画
わたしの好きな音楽を中心にお気に入りを紹介。ぜひ聞いていってね♡
David Archuleta & Nathan Pacheco
"The Prayer"

クリスマスにはやっぱりDavid Archuleta。美しい歌声・・・。
おすすめの本
過去の記事で紹介しているものですが、こちらでも紹介します☆
フォニックスを教える時によく参考にしていました。
関連記事:子供に自分でフォニックスを教える(1)フォニックスとは


小学校低学年の英語読書。初めて読むチャプターブックとして最適。
関連記事:小学校低学年の英語読書〜「マジック・ツリーハウス」


プロフィール

モカきりん

Author:モカきりん
モカきりん:アメリカ留学中に中国系マレーシア人の現在のダンナと出会う。大学卒業後に渡馬、結婚。日系の塾で小学生と中学生に英語・国語を教える。7年塾講師として働き退職。その後2人の息子を出産して現在は専業主婦。

長男ユージン:2004年生まれ。明るく元気で、遊ぶことが大好き。やっている習い事はピアノ。第一言語は日本語、英語も文法的にはかなりブロークンだが話せるし理解できる。おばあちゃんとは中国語で会話、マレーシア語も学校で勉強中だったが、なぜか今年度は学校の方針でフランス語をやっている。2011年1月にインターナショナルスクールに入学、現在中学2年生。


次男ライアン:2008年生まれ。習い事はピアノ。とても人懐っこく誰にでも笑顔をふりまく。2014年1月にお兄ちゃんと同じ小学校に入学、現在小学校4年生。


ダンナ:中国系マレーシア人。日本語が流暢で時々日本人に間違えられる。優しく子供とたくさん触れ合ってくれるいいパパ。

おススメサイト
無料なのにスゴク使える!おススメサイト
<教育関連>
英語本
登録すると、オンライン英語図書館「タンブルブックス」にアクセスできます。
Starfall(英語)
フォニックスを学ぶならここ!
We Give Books(英語)
オンライン図書館。朗読はついていないので自分で読まなければなりませんが、無料で図書館に行く必要がないのは助かります。
学力は全米トップ0.1% 秘訣は幼児期の教育
子育てバイブル。
Colouring Book of Flags(英語)
国旗塗り絵がダウンロードできます。
おりがみくらぶ
折り紙といえばココ。折り方のアニメーションもあり、難易度も一目瞭然で使い勝手抜群。英語、中国語版など外国語7言語のサイトともリンクしているので、外国人の友達とリンクをシェアできるのもうれしい。
無料e童話
数は少ないのですが、無料で絵本が読めます。
英語のおとぎ話ビデオ(YouTube) You TubeのStoryというチャンネルで、10数分の英語のおとぎ話のビデオが見られます。英語字幕をつける設定にもできます。
バイリンガール英会話 Chika's English Lesson(YouTube)
バイリンガルの吉田ちかさんのYou Tubeチャンネル。わたしの勉強のために見ていますが、内容によっては子どもにも見せたりします。明るくてかわいいちかさんの動画は見るだけでも楽しい!

ピアノ初心者のための音符の読み方
自分で子どもにピアノを教えている、またはピアノ教室に通わせているけれど家での練習を見ている、という親にとって、とても参考になるサイトです。単にピアノを教えるということだけでなく、子育てという広い観点からピアノの練習をとらえていることが素晴らしいと思います。

Storyline Online(英語)
俳優さんたちが英語の絵本の読み聞かせをするビデオがたくさんあります。

<マレーシアで利用できる音楽ストリーミングサービス>
音楽ラバーにはもちろんうれしいサービス、実は子育てにもめちゃくちゃ使えます!(無料で使えないものもあります)
KKBOX Malaysia
Spotify
Deezer
おススメ記事
当ブログ内のおススメ記事です。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。