ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  映画、TVなど  »  映画「Life Of Pi(ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日)」
rainbow.jpg

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「Life Of Pi(ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日)」

この間、家族4人で映画「Life Of Pi(ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日)」を観に行ってきました。うちは家で映画を観ることがほとんどだけど、たまに3Dで観たい時は映画館に行きます。
どこかで「次のアバター」というような話を聞いたので、内容もよく知らず、8歳長男と4歳次男も連れて行きました。だって、子どもってわりとアバター好きな子が多いですよね。
でも結果からいうと、大人にとっては非常におもしろい(interesting)けれど、子どもが大喜びするような映画ではありませんでした。
小学校中学年以上なら、何かを感じ取ることができると思うけれど、恐がりな幼児は泣き出すかもしれません。
うちの次男ライアンは、「虎がこわかったー」と言うだけで済みましたが。

あらすじを簡単に言うと、パイという青年が、インドからカナダに渡る途中に船が難破し、「リチャード・パーカー」という虎とともに救命ボートの上で227日を過ごすという話。
lifeofpi.jpg

なんで海に虎がいたかというと、彼の家族がインドで営んでいた動物園の動物たちも一緒に船に乗っていたからです。

この映画からわたしが学んだことは、

1.子どもの名付けは慎重にしないと、子どもが後で苦労する。
2.やっぱりインド人の英語って分からん!


ということでした(笑)。

はい、ここからが真面目な感想です。
(題名から漂流の結末がどうなったか予想できるのでネタバレというほどのネタバレはありませんが、フレッシュな気持ちで見たい方は読まないでくださいネ。)

この映画を観て、「生きる力」について考えさせられました。
学ぶこと、自分の頭で考えること、工夫すること、体力、勇気、他者に対する愛情。
これらのことが、パイを生かしたのだと思ったのです。どれが欠けてもダメだったかもしれない。
陸地に生きているわたしたちが、これらのバランスを欠いても、死に直結することはないけれど、こういう極限状態では、それが生死を分けるポイントでした。
特に、リチャード・パーカーに対する愛情。
「愛情」というには語弊があるかもしれないけど、虎を見殺しにせずに生かしてやったことで、結果的には虎に生かされた。
他人のことなんてどうでもいい、自分だけがいい思いをすればいいという考えで行動すればいずれしっぺ返しがくるし、反対に他人のことを考えて行動すれば、いつかどこかで恩恵が帰って来る、そういうことは現実の世界でもよくあることです。

わたしたちは救命ボートの上で暮らしていないけれど、よりよく生きるために、パイの物語から学べることはいくつもあると思いました。

でも別の見方をすれば、地球に暮らしていることはすなわち救命ボートの上で暮らしているということかもしれません。
リチャード・パーカーは、美しく時には牙をむく自然。
どっちが勝つか負けるか、っていうことじゃないんですよね。そこが分からないと、ボートは沈んでしまう。

長男ユージンとは、映画の内容について少し話しました。
ユージンは、
「パイは、リチャード・パーカーが好きだったんだよね?」
と言ったので、思わず微笑んでしまいました。うん、そこを感じ取れたのだったら、とりあえずいいか(笑)。

ところで、この映画の監督は、初めはナイト・シャマラン監督がやることになっていたそうですが、最終的にやったのは台湾のアン・リー監督です。
わたしはアン・リー監督の作品が台湾時代から好きだったんだけど(「ウェディング・バンケット」とか、「恋人たちの食卓(飲食男女)」なんて、本当によかったなあ〜)、アメリカに進出してからなんだかガッカリ・・・な作品が続いていました。
でも、これは舞台がインドなので、うまくいったのかな(笑)。なかなかわたしにとってはよかったです。

それから、青年時代のパイを演じた男の子(↑上の写真の子)、全くの新人俳優ということですが、すごく堂々とした演技でした。

最近、残虐だったり悲しい映画が本当にダメで、軽い内容のばかり選んでいるので、観ても1ヶ月後ぐらいには内容を忘れていたりするんだけど(年のせい?)、これは海の上で虎と向き合っている鮮烈な画像とともに、内容を絶対に忘れないでしょう。


「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
趣味の動画
わたしの好きな音楽を中心にお気に入りを紹介。ぜひ聞いていってね♡
David Archuleta & Nathan Pacheco
"The Prayer"

クリスマスにはやっぱりDavid Archuleta。美しい歌声・・・。
おすすめの本
過去の記事で紹介しているものですが、こちらでも紹介します☆
フォニックスを教える時によく参考にしていました。
関連記事:子供に自分でフォニックスを教える(1)フォニックスとは


小学校低学年の英語読書。初めて読むチャプターブックとして最適。
関連記事:小学校低学年の英語読書〜「マジック・ツリーハウス」


プロフィール

モカきりん

Author:モカきりん
モカきりん:アメリカ留学中に中国系マレーシア人の現在のダンナと出会う。大学卒業後に渡馬、結婚。日系の塾で小学生と中学生に英語・国語を教える。7年塾講師として働き退職。その後2人の息子を出産して現在は専業主婦。

長男ユージン:2004年生まれ。明るく元気で、遊ぶことが大好き。やっている習い事はピアノ。第一言語は日本語、英語も文法的にはかなりブロークンだが話せるし理解できる。おばあちゃんとは中国語で会話、マレーシア語も学校で勉強中だったが、なぜか今年度は学校の方針でフランス語をやっている。2011年1月にインターナショナルスクールに入学、現在中学2年生。


次男ライアン:2008年生まれ。習い事はピアノ。とても人懐っこく誰にでも笑顔をふりまく。2014年1月にお兄ちゃんと同じ小学校に入学、現在小学校4年生。


ダンナ:中国系マレーシア人。日本語が流暢で時々日本人に間違えられる。優しく子供とたくさん触れ合ってくれるいいパパ。

おススメサイト
無料なのにスゴク使える!おススメサイト
<教育関連>
英語本
登録すると、オンライン英語図書館「タンブルブックス」にアクセスできます。
Starfall(英語)
フォニックスを学ぶならここ!
We Give Books(英語)
オンライン図書館。朗読はついていないので自分で読まなければなりませんが、無料で図書館に行く必要がないのは助かります。
学力は全米トップ0.1% 秘訣は幼児期の教育
子育てバイブル。
Colouring Book of Flags(英語)
国旗塗り絵がダウンロードできます。
おりがみくらぶ
折り紙といえばココ。折り方のアニメーションもあり、難易度も一目瞭然で使い勝手抜群。英語、中国語版など外国語7言語のサイトともリンクしているので、外国人の友達とリンクをシェアできるのもうれしい。
無料e童話
数は少ないのですが、無料で絵本が読めます。
英語のおとぎ話ビデオ(YouTube) You TubeのStoryというチャンネルで、10数分の英語のおとぎ話のビデオが見られます。英語字幕をつける設定にもできます。
バイリンガール英会話 Chika's English Lesson(YouTube)
バイリンガルの吉田ちかさんのYou Tubeチャンネル。わたしの勉強のために見ていますが、内容によっては子どもにも見せたりします。明るくてかわいいちかさんの動画は見るだけでも楽しい!

ピアノ初心者のための音符の読み方
自分で子どもにピアノを教えている、またはピアノ教室に通わせているけれど家での練習を見ている、という親にとって、とても参考になるサイトです。単にピアノを教えるということだけでなく、子育てという広い観点からピアノの練習をとらえていることが素晴らしいと思います。

Storyline Online(英語)
俳優さんたちが英語の絵本の読み聞かせをするビデオがたくさんあります。

<マレーシアで利用できる音楽ストリーミングサービス>
音楽ラバーにはもちろんうれしいサービス、実は子育てにもめちゃくちゃ使えます!(無料で使えないものもあります)
KKBOX Malaysia
Spotify
Deezer
おススメ記事
当ブログ内のおススメ記事です。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。