ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  子育て  »  オーガニック子育て vs タイガーマザー方式(1)
rainbow.jpg

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーガニック子育て vs タイガーマザー方式(1)

2011年にアメリカで出版され、話題になったこちらの本。
「タイガー・マザー」エイミー・チュア著。

マレーシアでも、古いタイガーマザー方式の教育を続けている中国系の親は、驚くほどたくさんいます。
この本の著者・エイミー・チュアは、以下のことを二人の娘に禁じたそうです。

友人宅の”お泊り”に参加すること
友達を呼んで遊ぶこと
学芸会に出演すること
学芸会に出演しないことに関して不平を言うこと
テレビ鑑賞やコンピュータ・ゲーム
自分で課外活動を選ぶこと
A未満の成績を取ること
体育と演劇以外の全教科で1番にならないこと
ピアノとバイオリン以外の楽器を弾くこと
ピアノやバイオリンを弾かないこと

わたしはこれを読んで、この本全部を読んでみたいと思いました。
なぜって、上記のことを禁止したわけがよく分からなかったからです。
読んでみれば、自分で実践するとまではいかないと思うけど、なるほど!と思わず納得されられるような深い意味があるのではないかと思ったのです。



一方、去年のクリスマス、マレーシア人の友達に、こんな本をプレゼントされました。
"Barefoot in the City"、Jacqueline Koay著。
著者は、5人の子どもを持つ母であり、ヨガのインストラクターでもあります。
barefoot in the city
副題は、「成功する、放し飼いのオーガニックキッズを育てる」。
この著者が言うオーガニック子育てとはなんぞや?
オーガニック素材を食べて育つ子ども?・・・ではありません。
子どもを育てることを、植物を育てることに例えます。
温室に入れて最適な温度に調整してやり、成長に必要な完璧な栄養を与え、人が欲しいと思うようなものを作るという目的で作られる野菜。これが現在広く行われている子育て。
それに対し、土をベストの状態にしてやり、適度な水、日光、いい空気を与えたら、後は種が持っている成長する力を信じる。曲がっているからといって、まっすぐに矯正しようとしない。これがオーガニック子育てです。



この2冊は、両方ともハウツー本ではありません。
自叙伝、エッセイのようなものです。
でもこの両極端な教育法の本をたまたま同時期に読んでみて、いろいろ思うことがあったので、次からわたしの感想を書いていきたいと思います。


「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

関連記事
スポンサーサイト
コメント
はじめまして
こんにちは、インドネシアに住むrahasiaと申します。
日本語や日本文化を自分の子供たちに教えようと読み聞かせ会を最近はじめたのですが、ブログでこのことを書くとモカきりんさんのブログを勧めてくれる方がいて、最近愛読させてもらっています。

オーガニック子育てちょっと面白そうですね。
これからも色々参考にさせていただきます。
邦訳出たんですね
それが出てすぐかな、話題になった時にすごい論争が繰り広げられている(NYタイムスだったかな)サイトのコメントを興味深く読んでいました。もちろん賛否両論、欧米では大ブーイングが多かったみたいだけど、中国本土の人やユダヤ人と比べたりされて・・・中国式とひとくくりにもできないみたいで(あくまでもアメリカの中国系移民だからこそ?こんな風)、私もいろいろ考えさせられました。その後2人の娘や旦那さんもコメントを出したりして、センセーショナルでしたね。その後はフォローしてないし本は読んでないのでどうなったかわからないのですが、個人的にはオーガニック育児の方に興味があり(結局自分ではどっちもできなさそうだけど)、モカきりんさんのレビューを楽しみにしています。
>rahasiaさん
はじめまして。
絵本の読み聞かせを含むプレイグループはずっと続けていますが、最近記事にしてないですね・・・(汗)。昔の記事も参考になるか分かりませんが、愛読して下さってありがとうございます。

ちらっとブログを拝見したら、緑が多くて素敵なところにお住まいなんですね。(引っ越しされるということですが。)こちらは都会なので、うらやましいです!でも、オーガニック子育ても、日本語・文化を教えるのも、親しだいでどこでもできると思って頑張ります。
>Lilacさん
Lilacさんはそんなに熱心にタイガーマザー論争を見守っていたんですね(笑)!うん、いろいろ考えさせられました。
オーガニック子育ての方は、わたしも読んでてイマイチつかみどころがないのでうまくまとめられるか分からないのですが(笑)、ご期待に添えるように頑張ります。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
趣味の動画
わたしの好きな音楽を中心にお気に入りを紹介。ぜひ聞いていってね♡
David Archuleta & Nathan Pacheco
"The Prayer"

クリスマスにはやっぱりDavid Archuleta。美しい歌声・・・。
おすすめの本
過去の記事で紹介しているものですが、こちらでも紹介します☆
フォニックスを教える時によく参考にしていました。
関連記事:子供に自分でフォニックスを教える(1)フォニックスとは


小学校低学年の英語読書。初めて読むチャプターブックとして最適。
関連記事:小学校低学年の英語読書〜「マジック・ツリーハウス」


プロフィール

モカきりん

Author:モカきりん
モカきりん:アメリカ留学中に中国系マレーシア人の現在のダンナと出会う。大学卒業後に渡馬、結婚。日系の塾で小学生と中学生に英語・国語を教える。7年塾講師として働き退職。その後2人の息子を出産して現在は専業主婦。

長男ユージン:2004年生まれ。明るく元気で、遊ぶことが大好き。やっている習い事はピアノ。第一言語は日本語、英語も文法的にはかなりブロークンだが話せるし理解できる。おばあちゃんとは中国語で会話、マレーシア語も学校で勉強中だったが、なぜか今年度は学校の方針でフランス語をやっている。2011年1月にインターナショナルスクールに入学、現在中学2年生。


次男ライアン:2008年生まれ。習い事はピアノ。とても人懐っこく誰にでも笑顔をふりまく。2014年1月にお兄ちゃんと同じ小学校に入学、現在小学校4年生。


ダンナ:中国系マレーシア人。日本語が流暢で時々日本人に間違えられる。優しく子供とたくさん触れ合ってくれるいいパパ。

おススメサイト
無料なのにスゴク使える!おススメサイト
<教育関連>
英語本
登録すると、オンライン英語図書館「タンブルブックス」にアクセスできます。
Starfall(英語)
フォニックスを学ぶならここ!
We Give Books(英語)
オンライン図書館。朗読はついていないので自分で読まなければなりませんが、無料で図書館に行く必要がないのは助かります。
学力は全米トップ0.1% 秘訣は幼児期の教育
子育てバイブル。
Colouring Book of Flags(英語)
国旗塗り絵がダウンロードできます。
おりがみくらぶ
折り紙といえばココ。折り方のアニメーションもあり、難易度も一目瞭然で使い勝手抜群。英語、中国語版など外国語7言語のサイトともリンクしているので、外国人の友達とリンクをシェアできるのもうれしい。
無料e童話
数は少ないのですが、無料で絵本が読めます。
英語のおとぎ話ビデオ(YouTube) You TubeのStoryというチャンネルで、10数分の英語のおとぎ話のビデオが見られます。英語字幕をつける設定にもできます。
バイリンガール英会話 Chika's English Lesson(YouTube)
バイリンガルの吉田ちかさんのYou Tubeチャンネル。わたしの勉強のために見ていますが、内容によっては子どもにも見せたりします。明るくてかわいいちかさんの動画は見るだけでも楽しい!

ピアノ初心者のための音符の読み方
自分で子どもにピアノを教えている、またはピアノ教室に通わせているけれど家での練習を見ている、という親にとって、とても参考になるサイトです。単にピアノを教えるということだけでなく、子育てという広い観点からピアノの練習をとらえていることが素晴らしいと思います。

Storyline Online(英語)
俳優さんたちが英語の絵本の読み聞かせをするビデオがたくさんあります。

<マレーシアで利用できる音楽ストリーミングサービス>
音楽ラバーにはもちろんうれしいサービス、実は子育てにもめちゃくちゃ使えます!(無料で使えないものもあります)
KKBOX Malaysia
Spotify
Deezer
おススメ記事
当ブログ内のおススメ記事です。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。