ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  子育て  »  オーガニック子育て vs タイガーマザー方式(4) 「タイガーマザー」(後)
rainbow.jpg

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーガニック子育て vs タイガーマザー方式(4) 「タイガーマザー」(後)

オーガニック子育て vs タイガーマザー方式(3) 「タイガーマザー」(中)から続く。

そして、読んでいる時にわたしが一番ムカムカしたのは、彼女が一体子どもにどんな大人になってもらいたいという願いを持っているかが全く分からないことでした。

体育と演芸以外の教科で常に一番の成績をとる。
世界一流レベルに到達するほど楽器の練習をする。

それで?どんな大人になってほしいと願っているの?と思わずにはいられませんでした。

一流の演奏家としての腕を持っていることはともかく、卒業してしまったら成績なんて関係ないですよね?
(ちなみに、長女ソフィアはエール大学とハーバード大学に合格し、現在は大学生だと思います)

人が成長する時、常に誰が見ても申し分のない状態でいるっていうことは、あまりない気がします。
回り道をしたり、立ち止まったり、後退したり。
でも、大人になって世の中に出た時に、立派な大人になっていればいいのだとわたしは思っています。
そのためには、むしろ回り道とかした方がいい場合もあるかもしれません。
常に申し分のない成績をとるというのは、やっぱり自分の見栄のためと感じられてしまいます。
「わたしはあなたたちのことを愛しているし、誇りに思っているわ」と言われても、娘は心の中で、「もし成績が悪くても愛してる?」と思っていたかもしれません。

それに、どうすべきかべったりとくっついて指導するより、手を出さないようにぐっと我慢して見守っている方がつらいときもあります。
楽器の練習のメニューまでこと細かに指示するというやり方は、本当に本人のためを思ってやることでしょうか?



批判めいたことをいっぱい書いたし、書こうと思えばもっと書けるけど、もうこの辺りでやめておきます。

では、今度は反対にエイミー・チュアを擁護する側にまわってみよう(笑)。

まず何よりも、その情熱と努力には脱帽せざるをえません。
一日のうちに飛行機でアメリカの3都市をまわって講演した後、家で夜中まで娘の楽器の練習につき合うなんて!バイタリティーありすぎ。
わたしなんか、専業主婦のくせに時々あまりにも眠くて子どもと一緒に9:30に就寝しますよ(笑)。
どんなに彼女のことを批判したって、やりたいことを全然行動に移せない自分だったら、説得力なさすぎ。はい、反省します(笑)。

それから、一体タイガーマザーに育てられた子どもがどう思っているのか、知りたくないですか?
大論争が起こる中、長女ソフィアが母親に向けて書いた手紙がニューヨークポストに掲載されました。
こちらが全文。→Why I love my strict Chinese mom

「私と妹は、”邪悪な母”にしいたげられていたわけではありません」
「前後の脈略を省いた引用から受ける印象と比べ、それほど酷くはなかった」
「批判している人は、あなたのユーモアが分からないのだ」
「結局、私たち家族以外の人に、家族の本当の姿が分かるはずないのだ」

確かに、この本に書かれていないこともいっぱいあるのだから、きっと家族で共有した素晴らしい時間だってたくさんあったはずです。この本は家庭でどんな教育が行われていたかに焦点をあてて書かれているので、どうしても厳しくつらい描写が多くなってしまっているのでしょう。

長女は手紙の最後で、
「もし私が明日死んだとしたら、110%の密度の人生を生きたという思いで死ねることでしょう。それはあなたのおかげです。タイガー・ママ、ありがとう」
と感謝を述べています。

わたしは厳しさというのは、愛情がしっかり伝わっていないと効果がないと思っていますが、娘がこう書いているということは、愛情は伝わり、しっかりした絆ができていたのだと思われます。ただ、それが読者に分かるように書かれてはいないだけで。

「わたしは自分の子どもにできると思うから上を目指させるのだ」ということも書いていますが、これも彼女のいう「欧米人の母親」に足りないものかもしれません。
確かに、「自分の子どもはこんなものだ」と諦めている人も多いるのではないでしょうか?
本人の意に反して上を目指させるべきという意味ではなく、子どもって何にでもなれる可能性があるのだから、「あなたにならできる」「やろうと思えばなんでもできるよ」というように、子どもの上限を決めないような心持ち、言葉かけを忘れない方がいいということです。

家族の歴史を赤裸裸に書いた点も評価できると思います。
わたしだったら、こんなこと絶対書きませんよ(笑)。
自分が鬼のように怒ったことも、旅行先で取り乱したことも。
この本のおかげで考えることもあったし、わたしのこんな長文を読んでくれた人にも、何か考えるきっかけをくれたのではないかと思います。

ということで、彼女の教育方針には基本的に反対だけど、決してただ批判するだけでなく、学ぶこともあると思いました。


「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
趣味の動画
わたしの好きな音楽を中心にお気に入りを紹介。ぜひ聞いていってね♡
David Archuleta & Nathan Pacheco
"The Prayer"

クリスマスにはやっぱりDavid Archuleta。美しい歌声・・・。
おすすめの本
過去の記事で紹介しているものですが、こちらでも紹介します☆
フォニックスを教える時によく参考にしていました。
関連記事:子供に自分でフォニックスを教える(1)フォニックスとは


小学校低学年の英語読書。初めて読むチャプターブックとして最適。
関連記事:小学校低学年の英語読書〜「マジック・ツリーハウス」


プロフィール

モカきりん

Author:モカきりん
モカきりん:アメリカ留学中に中国系マレーシア人の現在のダンナと出会う。大学卒業後に渡馬、結婚。日系の塾で小学生と中学生に英語・国語を教える。7年塾講師として働き退職。その後2人の息子を出産して現在は専業主婦。

長男ユージン:2004年生まれ。明るく元気で、遊ぶことが大好き。やっている習い事はピアノ。第一言語は日本語、英語も文法的にはかなりブロークンだが話せるし理解できる。おばあちゃんとは中国語で会話、マレーシア語も学校で勉強中だったが、なぜか今年度は学校の方針でフランス語をやっている。2011年1月にインターナショナルスクールに入学、現在中学2年生。


次男ライアン:2008年生まれ。習い事はピアノ。とても人懐っこく誰にでも笑顔をふりまく。2014年1月にお兄ちゃんと同じ小学校に入学、現在小学校4年生。


ダンナ:中国系マレーシア人。日本語が流暢で時々日本人に間違えられる。優しく子供とたくさん触れ合ってくれるいいパパ。

おススメサイト
無料なのにスゴク使える!おススメサイト
<教育関連>
英語本
登録すると、オンライン英語図書館「タンブルブックス」にアクセスできます。
Starfall(英語)
フォニックスを学ぶならここ!
We Give Books(英語)
オンライン図書館。朗読はついていないので自分で読まなければなりませんが、無料で図書館に行く必要がないのは助かります。
学力は全米トップ0.1% 秘訣は幼児期の教育
子育てバイブル。
Colouring Book of Flags(英語)
国旗塗り絵がダウンロードできます。
おりがみくらぶ
折り紙といえばココ。折り方のアニメーションもあり、難易度も一目瞭然で使い勝手抜群。英語、中国語版など外国語7言語のサイトともリンクしているので、外国人の友達とリンクをシェアできるのもうれしい。
無料e童話
数は少ないのですが、無料で絵本が読めます。
英語のおとぎ話ビデオ(YouTube) You TubeのStoryというチャンネルで、10数分の英語のおとぎ話のビデオが見られます。英語字幕をつける設定にもできます。
バイリンガール英会話 Chika's English Lesson(YouTube)
バイリンガルの吉田ちかさんのYou Tubeチャンネル。わたしの勉強のために見ていますが、内容によっては子どもにも見せたりします。明るくてかわいいちかさんの動画は見るだけでも楽しい!

ピアノ初心者のための音符の読み方
自分で子どもにピアノを教えている、またはピアノ教室に通わせているけれど家での練習を見ている、という親にとって、とても参考になるサイトです。単にピアノを教えるということだけでなく、子育てという広い観点からピアノの練習をとらえていることが素晴らしいと思います。

Storyline Online(英語)
俳優さんたちが英語の絵本の読み聞かせをするビデオがたくさんあります。

<マレーシアで利用できる音楽ストリーミングサービス>
音楽ラバーにはもちろんうれしいサービス、実は子育てにもめちゃくちゃ使えます!(無料で使えないものもあります)
KKBOX Malaysia
Spotify
Deezer
おススメ記事
当ブログ内のおススメ記事です。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。