ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  子育て  »  子育てのコツ
rainbow.jpg

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子育てのコツ


昨日、よしもとばなな著「人生のこつあれこれ2012」を読んでいたら、あまりにもすごいことばかり書いてあって、頭がクラクラした。


ばななさんはもともとホームページで日記を書いていて、2001年から2011年までは、それを1年に1冊ずつの文庫分にまとめて出していた。
彼女の息子さんがうちの長男よりも少し年上で、ちょうど文庫本が出る頃に長男と同じぐらいの年というタイムリーな感じだったので、楽しんで読んでいた。
これが1冊目。↓

ほとんど内輪話だし、小説に比べて明らかに文章は甘いのだけど、ずっと10年間読んでいたし、たまに読み返している。
それは、まず日記なので細切れで、授乳のお供に最適だったから(笑)。(2人とも完全母乳だったので、授乳中は動くことができなかったのだ。)
そして、細切れながら、とこどどころにすごいことがさりげなく書いてあるのだ。
だから、すごい友達のおしゃべりを聞きながら、宝石のかけらを拾うような気持ちで読んできた。
ホームページでチョロチョロ読んでいた時期もあったのだけど、まとめて読むことで大きな流れを感じることもあるので本で読む方が好きで、文庫が出るたびに買っていた。

その日記が2011年で終わりということになったのだけど、その代わり引き続きサイトでエッセイを掲載するということになり、それがまとめられたものが冒頭の「人生のこつあれこれ2012」。
今までだってすごいことがいっぱい書いてあったけど、エッセイだとある程度テーマがまとまっているので、更にパワーアップしている。
まだ4分の1ぐらいしか読んでいないけど、食べ物のこととか、わたしが感じているけどうまく言葉にできないことなどが書かれていて、思わずうなった。
こんなに人生に役立つことをはっきりと書いてくれる作家って、他にちょっといないのではないだろうか?(とはいえ、わたしは日本語の本を自由に読める環境にいないので、あまり他を知らないのだけど。)



で、読んでいたら、頭の中でいろんなことがつながって、今書かないと忘れそうなので(そういうお年頃・笑)なので、書いておきます。
断っておくけど、本の内容とはほとんど関係ないです。


子どもの幼児教育のことを考えると必ず出てくる、早期教育賛成派VS反対派の戦い。
極端な反対派は、「とにかく小さい子には遊ばせるのが一番大事!勉強を教えこむなんてもってのほか!」と言うし、賛成派は「今やっておかないと取り返しがつかないの、とにかく浴びせるようにいろんなことを教えなきゃ!」と言う。
でも、「これさえやっておけばOK」なんてものはないのだ。
子どもに教えなければ分からないこともある。
自分で発見させた方がいいこともある。
もちろん遊ばせることも大事。
でも、勉強と遊びの他にも大事なことはいっぱいある。
運動、手伝い、自然、音楽、楽しみ、芸術、etc. etc...
それらのバランスをとり、親や子どもに合うように自分で工夫してやっていくしかない。

で、ここからが一番言いたいこと。
親として高い理想を持って、それを達成すべくできるだけのことをするのは大事だけど、だからと言って、結果を求めるとうまくいかなくなる。
できるだけのことをした上で、いつでも「それでもあなたがここにいて笑ってくれているだけでわたしは幸せ」という気持ちで向き合うことを絶対に忘れないようにしないといけない。
親というのは、子どもにしてやった分だけ返ってくることを期待しがちだ。
動物の名前を昨日教えたから、今日聞いたら言えるはずだ、とか。
読み聞かせをしたから、語彙が増えているはずだ、とか。
ひらがなを教えたから読めるはずだ、とか。
こんなにいろんなことをしてやったのだから、家業を継いでくれるだろう、とか。

でも特に小さい子は、親の気持ちを読み取る天才なので、期待されると言葉にしなくても感じ取ってしまう。そうすると、期待に応えようとする子もいる。結果、自分の人生を生きられなかったり、生きる力をうまく育てられなかったりする。

10のことをしてあげたからといって子どもから10が返ってくるという期待をせず、常に0というフラットな気持ちで向き合えば、なんでも素晴らしく思える。だって何かが返ってきたとしたら、それは常に+だから。
どうやったらそんなにフラットな気持ちになれるかというと、そんなに難しくはなく、子どもが生まれたばかりの新生児の時を思い出せばいい。その時は、ただ生まれて来てくれたことがうれしく、そこにいてくれるだけでいいと思ったはず。
もうひとつは、目標を20歳の時に定めること。
今はまだ子どもだからうまくできないことはある(勉強や技術だけでなく、例えば感情のコントロールなどの精神的に未熟な面も)。
でも、回り道しても、成人した時に、立派な大人になっていればOK。
だからといって、小さな目標が悪いわけではない。○月までにはこれを終わらせたい、○歳までにこれが出来るようにさせたい、などの目標を持つのは原動力になったりもする。目標に向かって努力するのは素晴らしい。
でも、それが達成できたかという評価をする時には、やっぱり0の位置まで期待値を持って来る。(もちろん達成できたらおおいに褒めればいい。)

いや、期待というのは悪いことばかりではない、人は期待に応えようとするからこそ自分を磨けるのだ、という意見もあるかもしれない。
自分の子どもへの期待値が0なんて、あなたは自分の子どもの能力を信じてないの?とタイガーマザーは言うかもしれない。
期待、してます。それもものすごくでっかい。
うちの子はすごい大人になる!とっても魅力的でハッピーな男性になる。そして、人のために自分の持てる力を発揮するようになると思う!
それがわたしが息子たちにかける期待。
でっかい期待だけはかけ、日々の細かい期待は忘れちゃう。

で、ここからもうひとつ大切なこと。
うまくバランスを取りながらできることをしつつ、やったことをまるで忘れたように期待はかけずに育てつつ、結局は何をしているかというと、「好きなこと探し」だと思う。
好きなこと、楽しいことの力はすごい。
好きなことだったら、誰に頼まれなくても、やる。つらい努力もいとわない。
それは自分を磨く道具になるのと同時に、その子が人生でやるべきことの方向性を示してくれるから。
そして、これはばななさんが書いていたのだけど、楽しみというのは生きる力に直結している。それは他人にくだらなく思えることでもいいけど、確保するのは自分しかない。
わたしが「これが楽しいかもよ〜」とどんなに息子を誘導しようとしても(強要しなければ、誘導することは問題ない)、彼らが本当に心から楽しいと思えることに出会えなければ、そしてそれをうまく生活の中でバランスをとりながら続けて行く術を身につけなければ、本当の意味で生きる力をつけたことにはならないのだ。

ここまで話を聞いて、「期待値は0でもいいし、楽しいことが大事なら、じゃあもう何もしなくてもいいじゃん、毎日楽しく過ごせば」と言う人もいるかもしれない。
でも、期待しないこと、ただ元気で生きてくれているだけでいいというまっさらな気持ちを、努力しないことの言い訳にしてはいけない。
その子が自分の人生で本当にやりたいことが分かった時、なんでもできるような基礎力をつけてあげたいから。
それに、そんな毎日は楽しくない。

昨日は祝日で、一日中家にいた。
長男ユージンは、自分でやるべきことを考え、「昼ご飯食べたら、チャレンジするね」と言って一人でやり、「チャレンジ終わったから、ピアノの練習するね」と練習したりしていた。合間合間に自分の好きなゲームや外遊びなどを織り込みつつ、一日のスケジュールがこなせるように考えていたのだ。
もちろん初めからこんなにすんなり出来るようになったわけではない。
毎日の生活を通して、彼は分かったのだ。
やらねばならないことはやらねばならない。だから、早めに終えた方が清々しい。
でも、自分の楽しみもとても大事だ。息切れしないように楽しみをはさみつつ、なるべく早めにやるべきことを終わらせるといい。
そして、いくら好きなことは楽しいからといって一日中やっていると、楽しくなくなる。
やらねばならぬことも楽しい。なぜなら、自分を成長させてくれるから。自分を成長させる学びがない毎日は、楽しくない。

これは大人も同じ。
自分の能力の範囲内で、自分にできることだけをやっていると、だんだんしんどくなる。
でも、今やっていることに慣れて来たら、できることプラスαのことをやるようにして、少しずつ自分を成長させていく方が、かえって疲れないのだ。それは、成長を願い、喜ぶのが人間の本質だから。

最近息子たちは本当に元気で目がキラキラ輝いている。

ということで、非常に散漫な文章になってしまったけれど、理想を持ち努力しつつも小さな期待をせず大きな期待をかけ、好きなことや楽しみを大事にする・・・それがコツじゃないかと、最近感じている。

わたしの子育てはまだ全然終わってないし、わたしはただの一主婦なので、なんの説得力もないけど、別に誰かを説得したいわけではなく、思っていることを書きたかっただけ。
最後まで読んでくれてありがとう。


「マレーシアで4ヶ国語子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

関連記事
スポンサーサイト
コメント
胸に響きました
すごーーく深いですね
こんな深い話をしてくれて有難いなあと思いました
私の胸に響きました
早速よしもとさんの本も買いました
さっき届きました(amazonすごい!)
色々な刺激をブログから頂いてます
ありがとうございます

こどもに教える、一日やって・・・続いてません
はあぁあ(^◇^;)

せっかくコツを教えてもらったので、アドバイスももらってる!、頑張ります・・・
>ちえさん
いえこちらこそ、きちんと読んで下さってありがとうございます。
ばななさんの本は、難しいところもあるし嫌いな人は嫌いだと思うんだけど(汗)、わたしは考えていたことや知りたいことが書いてあったので、ちょうどよかったです。
わたしもこうは書いていてもなかなかうまくすすまないこともありますが、お互い頑張りましょう!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
趣味の動画
わたしの好きな音楽を中心にお気に入りを紹介。ぜひ聞いていってね♡
David Archuleta & Nathan Pacheco
"The Prayer"

クリスマスにはやっぱりDavid Archuleta。美しい歌声・・・。
おすすめの本
過去の記事で紹介しているものですが、こちらでも紹介します☆
フォニックスを教える時によく参考にしていました。
関連記事:子供に自分でフォニックスを教える(1)フォニックスとは


小学校低学年の英語読書。初めて読むチャプターブックとして最適。
関連記事:小学校低学年の英語読書〜「マジック・ツリーハウス」


プロフィール

モカきりん

Author:モカきりん
モカきりん:アメリカ留学中に中国系マレーシア人の現在のダンナと出会う。大学卒業後に渡馬、結婚。日系の塾で小学生と中学生に英語・国語を教える。7年塾講師として働き退職。その後2人の息子を出産して現在は専業主婦。

長男ユージン:2004年生まれ。明るく元気で、遊ぶことが大好き。やっている習い事はピアノ。第一言語は日本語、英語も文法的にはかなりブロークンだが話せるし理解できる。おばあちゃんとは中国語で会話、マレーシア語も学校で勉強中だったが、なぜか今年度は学校の方針でフランス語をやっている。2011年1月にインターナショナルスクールに入学、現在中学2年生。


次男ライアン:2008年生まれ。習い事はピアノ。とても人懐っこく誰にでも笑顔をふりまく。2014年1月にお兄ちゃんと同じ小学校に入学、現在小学校4年生。


ダンナ:中国系マレーシア人。日本語が流暢で時々日本人に間違えられる。優しく子供とたくさん触れ合ってくれるいいパパ。

おススメサイト
無料なのにスゴク使える!おススメサイト
<教育関連>
英語本
登録すると、オンライン英語図書館「タンブルブックス」にアクセスできます。
Starfall(英語)
フォニックスを学ぶならここ!
We Give Books(英語)
オンライン図書館。朗読はついていないので自分で読まなければなりませんが、無料で図書館に行く必要がないのは助かります。
学力は全米トップ0.1% 秘訣は幼児期の教育
子育てバイブル。
Colouring Book of Flags(英語)
国旗塗り絵がダウンロードできます。
おりがみくらぶ
折り紙といえばココ。折り方のアニメーションもあり、難易度も一目瞭然で使い勝手抜群。英語、中国語版など外国語7言語のサイトともリンクしているので、外国人の友達とリンクをシェアできるのもうれしい。
無料e童話
数は少ないのですが、無料で絵本が読めます。
英語のおとぎ話ビデオ(YouTube) You TubeのStoryというチャンネルで、10数分の英語のおとぎ話のビデオが見られます。英語字幕をつける設定にもできます。
バイリンガール英会話 Chika's English Lesson(YouTube)
バイリンガルの吉田ちかさんのYou Tubeチャンネル。わたしの勉強のために見ていますが、内容によっては子どもにも見せたりします。明るくてかわいいちかさんの動画は見るだけでも楽しい!

ピアノ初心者のための音符の読み方
自分で子どもにピアノを教えている、またはピアノ教室に通わせているけれど家での練習を見ている、という親にとって、とても参考になるサイトです。単にピアノを教えるということだけでなく、子育てという広い観点からピアノの練習をとらえていることが素晴らしいと思います。

Storyline Online(英語)
俳優さんたちが英語の絵本の読み聞かせをするビデオがたくさんあります。

<マレーシアで利用できる音楽ストリーミングサービス>
音楽ラバーにはもちろんうれしいサービス、実は子育てにもめちゃくちゃ使えます!(無料で使えないものもあります)
KKBOX Malaysia
Spotify
Deezer
おススメ記事
当ブログ内のおススメ記事です。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。