ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  家での取り組み  »  小学校低学年の英語読書〜「マジック・ツリーハウス」
rainbow.jpg

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学校低学年の英語読書〜「マジック・ツリーハウス」

うちの子たちの学校では英語で学んでいるので、もちろん英語力をつけることも大事です。
しかーし、家庭内では日本語を使っているので、何もしなかったら英語力はつきません。「学校でやるからいいでしょ」なんて悠長なことは言ってられません。言葉は一朝一夕で身につく物ではないので、日々の努力が必要です。
ということで、英語力をつける取り組みのひとつとして、長男ユージンは毎日読書をしています。

↓こちらの記事で、毎朝やる分をバスケットにまとめて入れてやっていると紹介しました。
日本語+英語力のための毎日の家庭学習

ここで、長男ユージンは、"Magic Tree House"(マジックツリーハウス)のシリーズを読んでいると書きました。
他にもいくつかシリーズものなどを試しに読ませてみたりしたのですが、これに落ち着きました。
日本でも大人気のようなので改めて紹介するまでもないかもしれませんが、一応紹介。

「マジックツリーハウスシリーズ」は、アメリカの児童文学作家、メアリー・ポープ・オズボーンによるシリーズ。
本の虫でまじめで聡明な慎重派の兄のジャックと、冒険好きで興奮ぎみで空想好きな行動派の妹アニーが、魔法のツリーハウスで時空旅行をします。
大きな流れの話は続いていたりしますが、一応一巻読み切り。一冊の中でどこかに時空旅行して帰ってくるというのがパターン。(ちなみに、読み始めた時、ユージンは、「行って帰って行って帰って・・・って、『プロポーズ大作戦』みたいじゃん!」と言っていました・笑)
日本語で読ませるか英語で読ませるか悩みましたが、日本語でとなると多分買わなきゃいけないし、本屋さんで英語版を見つけたので、とりあえず英語版を数冊購入して、子どもの反応を見てみることにしました。
わたしは1巻だけ読み聞かせをしました。2巻目以降は長男ユージンに渡したところ、自分で読んでいます。
ちなみに、英語版の題名は、ちょっとした言葉遊びのしかけがあるんですよ。ずらっと本を並べて、ユージンとその謎解きをして楽しんだこともあります。



1〜4巻のボックスセット。とりあえずお試しにいいかも。


eBookもあるみたい。こちら1〜4巻。


これは著者本人による朗読。1〜8巻。


続けて読むとなるとどうやって本を入手しようか悩んだのですが、
①電子書籍はとりあえず現在マレーシアでは入手不可(とわたしは理解している。もし違ったら情報ください)
②アメリカのアマゾンから取り寄せると仮定して計算してみると、たとえ古本でもマレーシアの本屋で新品を購入するより高くつく
③激安本屋(Amcorp MallにあるBook Xcessという店)をチェックしてみたが、扱っていない
④図書館に行っても揃っているか、読みたい時に続きの巻があるか分からないし、日本語図書館に通うのに精一杯で、時間がない。時は金なりだし・・・
⑤次男もいずれ読むだろうし、彼らが卒業したらまとめて売れるかも、
ということで、マレーシアの本屋で普通に買っています。ただ、本屋のメンバー割引がきく所で買ったり、一度ウェアハウスセールがあった時はありったけまとめ買いして、かなり安く購入できました。

このシリーズの優れた点は、まず面白いし、字数が少なくてとても読みやすいんですね〜。
↓こちらのウェブサイトで、英語版のサンプルが読めます。
Magic Tree House

↓日本語版の公式ウェブサイトでも、日本語版のサンプルが読めます。
マジック・ツリーハウス

ちなみに、英語版1〜28巻は、日本語版では2冊ずつまとまっているので、日本語版においては1〜14巻になっています。というように、巻数が対応していないのでご注意。詳しくは、wikipedia参照。
現在英語版は49巻まで出ています。

日本語版。


まあ、見れば分かるけど、本当に初級者向け。小学校低学年用、読書を始めたばかりの子ども向けという感じですね。
それを小4(日本の学年では小3)で読んでいる長男よ・・・。
一日に一章ずつなので、本当に2〜3分で読めちゃいます。
一回、スクールホリデー中にヒマだというので読書でもしたら〜と言ったら、30分以内に1冊読み切ってしまいました。
読む気になれば、これよりも分厚い本を読んだこともある彼にとってはやや簡単な気もするけど、本人読む気にならなきゃ読書しないしね。朝の時間にやるには、これくらいが適量かな〜と。英語の取り組みは、これだけというわけではないし。
この前、彼のチャレンジをチェックしていたら、こんなものが。
MTH1.jpg
わはは、英語をかたかなに直すのが苦手な外人さんですな〜。(ダンナもすごく苦手で、昨日も「パキスタン」を「パッキシタン」とか書いてた〜、ぷぷぷ。)
いや、そんなことはどうでもいいのだけど、彼が楽しむために読んでいると分かってうれしくなりました。(しかしこれ、丸つけさせる必要はないと思うのだけどな〜。)

さて、単におもしろくて読みやすいだけでなく、このシリーズにはとても優れた特長があります。
1巻ー白亜紀で恐竜に会う。
2巻ー中世のイギリスで騎士の世界へ。
3巻ー古代エジプトへ。

などなど、さまざまな時代の違う国へ冒険に出かけているので、読むたびに新しいことを学べるのです!
ユージンと話をしている時に、「あ、それ知ってる、マジックツリーハウスに出てきた」というような発言を聞くことも。
これをわたしが一緒にふくらませて学んで行けると素晴らしい!のですが、残念ながらそんな余裕はありません。
彼がどれを読んでいるかは見ているので、例えばローマ帝国に行ったら、ちらっと「テルマエ・ロマエ」を見せるとか、タイタニックの巻を読んでいたら、映画「タイタニック」の予告編を見せるとか(全編はちょっとまだかな〜?)、その程度のことはしてますが。
で、これもこのシリーズの素晴らしいところですが、各分野の史実を深く勉強できるように、"Fact Tracker"、または"Research Guide"というシリーズがあるのです。



日本語版「探検ガイド」。


冊数が本編に比べて少ないので、すべての分野について出ているわけではないようですが。
これも読めればと〜ってもいいと思うのですが、これも買うとなるとカネがかかる〜。ので、こちらのシリーズには手を出していません・・・。

そしてこれ、映画もあるんですよね。
世界中から殺到するオファーの中、日本の会社が選ばれたのは、日本版のアニメ風のイラストが原作者に気に入られたからだとか。


わたしも子どもたちと一緒にみました。
子どもたちは大喜びで、楽しんでみていました。
わたしは・・・正直、なんだかとても中途半端な感じがして、Pixarあたりに英語でつくってもらいたかったわ、と思いました。
でも、ハリーポッター(暗過ぎる、怖過ぎる)よりは小学生が見るのに適していると思います。

まあそんな感じで、今はペースを保ってコツコツと読書しています。少ないけど(笑)!
これをきっかけに、いずれより深い読書の世界に入って行けたらいいな〜。


「マレーシアでオーガニック子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

関連記事
スポンサーサイト
コメント
毎度毎度・・・
本当にすごい!!
素晴らしい!!!!
感動します
すごいなあ・・・・・
いま一気にブログを読んでコメントせずにおられません
尊敬します
そして教えて下さって嬉しいです
もうなんていうんでしょうか
マレーシアに行きたくなりました・・・
感動を伝えに・・・・
>ちえさん
そんなすごいことを書いた記憶はないのですが(笑)、感激していただいてうれしいです。
いつも時間がなくて、このブログを書く時間で他のことも出来る・・・でも書いて人に伝えると、思いがけずフィードバックをいただけて新たなことを知ったりすることもできる・・・という葛藤の中で書いてたりするんですが(というわりにはくだらない話題も多すぎるのですが・笑)、そう言っていただけると、書いてよかったな〜としみじみ思います。きちんと読んで下さってありがとうございます。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
>↑上の方へ
ありがとうございます!
お久しぶりです
シンガポール在住のSachiです。
以前コメントさせていただきました。
3男児の育児をスタートしてから4ヶ月
ちょっと余裕ができてきたので
また楽しく読ませていただいてます。

去年の記事に関しての質問で申し訳ないのですが
ユージン君はこのシリーズの本を読んでいて
わからない単語が出てきたら、どうしてますか?
そもそもわからない単語はないのかしら?

我が家の長男(Pr2)も一生懸命読んでいるのですが、
わからない単語をが結構有るようです。
読んだ後に、しっかり調べさせたほうがいいと思っているのですが
息子は続きを読みたいけど、調べるのが嫌なので読まない
という日々が続いています。



>Sachiさん
こんにちは。お久しぶりです。そして、無事に出産されたのですね。おめでとうございます!3人の男の子、いいなあ・・・♡

ユージンは全く辞書を引かずにこのシリーズを読んでいます。
わたしが数冊読んでみた感じでは、彼にとって意味が分からない単語はそんなに多くは出て来ないのではないかと思いました。でも、どんどん進むにつれて本も分厚くなっているし、もしかしたら作者が意図的に文章レベルもあげているかもしれません。(あげてないかもしれないけど。)いろんな状況設定が出てくるので、分からない単語がひとつもないというのはないと思います。
でも、母国語でも、知らない単語をいっぱい聞いて、文脈から意味を推測するということをしながら語彙が増えていきますよね。それと同じように、文脈から推測しつつ読み進めているんだと思います。
もちろん辞書を引くことを億劫に思わないのならしっかり調べた方がいいに決まっていますが、それが原因で読まなくなってしまうくらいなら、調べずにどんどん読ませた方がいいじゃないかな?というのがわたしの考えです。せっかく楽しんで読んでいるのに、止めるようなことをすると、読書自体をしなくなってしまうかもしれません。

国語力をつけるには、「精読」と「多読」の両方が必要だとわたしは思います。
「精読」は、国語の授業でやるような、文章を深く掘り下げて読むもの。
「多読」は、読書によって量をこなすこと。
もし、学校の授業などで精読をする機会があるなら、読書は多少分からなくてもいいから楽しんでたくさん読ませておけばいいんじゃないかな、とわたしは思います。
ありがとうございます。
早速のお返事ありがとうございます。

今日長男に、「今日は辞書は引かなくていいから1チャプター読んでみたら?」
と言ったところ、私の横に座ってベビーと私に読み聞かせをしてくれました。
本人も、読書は好きだけど辞書をつかって調べるのは嫌いと正直に話してくれたので
しばらくは、自由に読ませてみようと思います。

「でも、母国語でも、知らない単語をいっぱい聞いて、文脈から意味を推測する
ということをしながら語彙が増えていきますよね。」
というご意見、大きく頷きました。

実は、学校の英語の授業では、本を使っていなくて
学年共通のワークシートを使って勉強しています。
文章題もあるのですが、先生が答えを言って
それを生徒が書いていくという具合なので
精読はできてるかな?とちょっと不安になって
「それなら家で精読させようか?」と思い立ったのですが
やり方を検討しなおそうと思います。

貴重なアドバイスをありがとうございました。

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
趣味の動画
わたしの好きな音楽を中心にお気に入りを紹介。ぜひ聞いていってね♡
David Archuleta & Nathan Pacheco
"The Prayer"

クリスマスにはやっぱりDavid Archuleta。美しい歌声・・・。
おすすめの本
過去の記事で紹介しているものですが、こちらでも紹介します☆
フォニックスを教える時によく参考にしていました。
関連記事:子供に自分でフォニックスを教える(1)フォニックスとは


小学校低学年の英語読書。初めて読むチャプターブックとして最適。
関連記事:小学校低学年の英語読書〜「マジック・ツリーハウス」


プロフィール

モカきりん

Author:モカきりん
モカきりん:アメリカ留学中に中国系マレーシア人の現在のダンナと出会う。大学卒業後に渡馬、結婚。日系の塾で小学生と中学生に英語・国語を教える。7年塾講師として働き退職。その後2人の息子を出産して現在は専業主婦。

長男ユージン:2004年生まれ。明るく元気で、遊ぶことが大好き。やっている習い事はピアノ。第一言語は日本語、英語も文法的にはかなりブロークンだが話せるし理解できる。おばあちゃんとは中国語で会話、マレーシア語も学校で勉強中だったが、なぜか今年度は学校の方針でフランス語をやっている。2011年1月にインターナショナルスクールに入学、現在中学2年生。


次男ライアン:2008年生まれ。習い事はピアノ。とても人懐っこく誰にでも笑顔をふりまく。2014年1月にお兄ちゃんと同じ小学校に入学、現在小学校4年生。


ダンナ:中国系マレーシア人。日本語が流暢で時々日本人に間違えられる。優しく子供とたくさん触れ合ってくれるいいパパ。

おススメサイト
無料なのにスゴク使える!おススメサイト
<教育関連>
英語本
登録すると、オンライン英語図書館「タンブルブックス」にアクセスできます。
Starfall(英語)
フォニックスを学ぶならここ!
We Give Books(英語)
オンライン図書館。朗読はついていないので自分で読まなければなりませんが、無料で図書館に行く必要がないのは助かります。
学力は全米トップ0.1% 秘訣は幼児期の教育
子育てバイブル。
Colouring Book of Flags(英語)
国旗塗り絵がダウンロードできます。
おりがみくらぶ
折り紙といえばココ。折り方のアニメーションもあり、難易度も一目瞭然で使い勝手抜群。英語、中国語版など外国語7言語のサイトともリンクしているので、外国人の友達とリンクをシェアできるのもうれしい。
無料e童話
数は少ないのですが、無料で絵本が読めます。
英語のおとぎ話ビデオ(YouTube) You TubeのStoryというチャンネルで、10数分の英語のおとぎ話のビデオが見られます。英語字幕をつける設定にもできます。
バイリンガール英会話 Chika's English Lesson(YouTube)
バイリンガルの吉田ちかさんのYou Tubeチャンネル。わたしの勉強のために見ていますが、内容によっては子どもにも見せたりします。明るくてかわいいちかさんの動画は見るだけでも楽しい!

ピアノ初心者のための音符の読み方
自分で子どもにピアノを教えている、またはピアノ教室に通わせているけれど家での練習を見ている、という親にとって、とても参考になるサイトです。単にピアノを教えるということだけでなく、子育てという広い観点からピアノの練習をとらえていることが素晴らしいと思います。

Storyline Online(英語)
俳優さんたちが英語の絵本の読み聞かせをするビデオがたくさんあります。

<マレーシアで利用できる音楽ストリーミングサービス>
音楽ラバーにはもちろんうれしいサービス、実は子育てにもめちゃくちゃ使えます!(無料で使えないものもあります)
KKBOX Malaysia
Spotify
Deezer
おススメ記事
当ブログ内のおススメ記事です。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。