ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  家での取り組み  »  パズルの取り組みがうまくいかない時は
rainbow.jpg

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パズルの取り組みがうまくいかない時は

以前、長男を賢くした算数教材のリストという記事で、うちでいろんなパズル類をやらせたことを書きました。
長男ユージンはパズルが好きですが、だからといって、すべて放っておいてもスラスラ解いたというわけではありません。
やはりつまずいたり、やる気が出なかったり、見向きもしなかったり、などということがありました。
そんな時に、わたしがどうやって乗り越えたかということを紹介します。

1.親がやってみる。
いいと言われる教材を買って子どもに与え、
「与えてみたけど、うちの子は全然興味を示さないわ・・・」
という人がいます。
では、お母さん自身は、その教材に興味を示していますか?
買っただけでポーンと丸投げし、「わたしはやらないけど、頭がよくなるみたいだから、あなたはやってみれば」的な態度をとっていると、子どもも興味を示さないかもしれません。
本当に根っからのパズル好きなら、お母さんの態度がどうであろうと食いつきますが。

でも、うちのパズル好きのユージンだって、すべてのパズルをすすんでやったわけではありません。
そんな時、「やりなさい」とは決して言わないことにしていました。
とにかく、「楽しんでやる」のがわたしの絶対に譲れない方針だし、強制されたら楽しくないものね。
そんな時は、わたしが自分でやります。
ダンナがやることもありました。
子どもは親のやっていることに興味を示すものだし、実際にやり始めると結構おもしろいもの。
しかも、結構難しかったりして、「ユージン、これ解けたの?すごいね〜!」と、ウソではなく心から感心したりします。
そんな会話や親の取り組む姿を見て、やる気になることがあります。

2.とにかく見守る。
自分が一生懸命取り組んでいるのに、ママにとってはどうでもよさそう・・・。
そう感じると、やる気がうせることがあります。
でも、やっているところをじっと見守ると、「ママが見てくれている」と張り切ってやることがあります。

3.考え方を話しながらやる。
見守っていても、答えは教えません。
でも、つまずいてしまってどうしても先に進めなくなっている時は、考え方を話してみます。
「こっちをやってみて、どうしてもダメだったねえ。じゃあ、あと可能性があるのはどこだろう?ここと、ここと、ここか。じゃあ順番にやってみようか?」
なるべく子どもに考えさせるようにするため、自分からの発言は最小限にして、子どもの考えを引き出します。

4.チャートを作る。
どんなパズルセットをやる時も、こんなチャートを必ず作りました。
starchart.jpg
問題を解くたびにシールが増えていくので達成感を感じやすいうえに、どこまでやったかが一目で分かるので、今日はどこから取り組むかすぐにわかって便利です。
全部シールを貼り終えた時は、「ヤッター!」と飛び上がって喜びます。

5.きょうだい、友達、家族と競争する。
チャートを人数分作って、競争すると頑張れます。
パズルには身体的ハンデがないので、5歳ぐらいの子どもなら、大人といい勝負になることもあります。

6.時間を計る。
「何分何秒で出来るかな〜」と言って、ストップウォッチで時間を計ってやるとやる気が出ることもあります。
大体かかる時間の目安が分かったら、「今回は○分以内に出来るかな〜」と目標を設定するのもいいかもしれません。

7.一旦片付けることも。
そこらへんに置きっぱなしになっているのに取り組まない時は、一旦片付けます。
人は、どうしても飽きることがあるので、気分を切り替えた方がいい時もあると思います。
しばらく経ってから出してみると、「あ、これー!」と新鮮さを感じ、喜んで取り組むことがあります。



まあこんな感じで、ユージンの時はやってきました。
結果的にすべてのパズルを制覇し、それは彼の大きな自信になりました。
子どもさんによって効く方法とそうでないものもあると思いますが、もしつまずいたら試してみて下さい。


「マレーシアでオーガニック子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
趣味の動画
わたしの好きな音楽を中心にお気に入りを紹介。ぜひ聞いていってね♡
David Archuleta & Nathan Pacheco
"The Prayer"

クリスマスにはやっぱりDavid Archuleta。美しい歌声・・・。
おすすめの本
過去の記事で紹介しているものですが、こちらでも紹介します☆
フォニックスを教える時によく参考にしていました。
関連記事:子供に自分でフォニックスを教える(1)フォニックスとは


小学校低学年の英語読書。初めて読むチャプターブックとして最適。
関連記事:小学校低学年の英語読書〜「マジック・ツリーハウス」


プロフィール

モカきりん

Author:モカきりん
モカきりん:アメリカ留学中に中国系マレーシア人の現在のダンナと出会う。大学卒業後に渡馬、結婚。日系の塾で小学生と中学生に英語・国語を教える。7年塾講師として働き退職。その後2人の息子を出産して現在は専業主婦。

長男ユージン:2004年生まれ。明るく元気で、遊ぶことが大好き。やっている習い事はピアノ。第一言語は日本語、英語も文法的にはかなりブロークンだが話せるし理解できる。おばあちゃんとは中国語で会話、マレーシア語も学校で勉強中だったが、なぜか今年度は学校の方針でフランス語をやっている。2011年1月にインターナショナルスクールに入学、現在中学2年生。


次男ライアン:2008年生まれ。習い事はピアノ。とても人懐っこく誰にでも笑顔をふりまく。2014年1月にお兄ちゃんと同じ小学校に入学、現在小学校4年生。


ダンナ:中国系マレーシア人。日本語が流暢で時々日本人に間違えられる。優しく子供とたくさん触れ合ってくれるいいパパ。

おススメサイト
無料なのにスゴク使える!おススメサイト
<教育関連>
英語本
登録すると、オンライン英語図書館「タンブルブックス」にアクセスできます。
Starfall(英語)
フォニックスを学ぶならここ!
We Give Books(英語)
オンライン図書館。朗読はついていないので自分で読まなければなりませんが、無料で図書館に行く必要がないのは助かります。
学力は全米トップ0.1% 秘訣は幼児期の教育
子育てバイブル。
Colouring Book of Flags(英語)
国旗塗り絵がダウンロードできます。
おりがみくらぶ
折り紙といえばココ。折り方のアニメーションもあり、難易度も一目瞭然で使い勝手抜群。英語、中国語版など外国語7言語のサイトともリンクしているので、外国人の友達とリンクをシェアできるのもうれしい。
無料e童話
数は少ないのですが、無料で絵本が読めます。
英語のおとぎ話ビデオ(YouTube) You TubeのStoryというチャンネルで、10数分の英語のおとぎ話のビデオが見られます。英語字幕をつける設定にもできます。
バイリンガール英会話 Chika's English Lesson(YouTube)
バイリンガルの吉田ちかさんのYou Tubeチャンネル。わたしの勉強のために見ていますが、内容によっては子どもにも見せたりします。明るくてかわいいちかさんの動画は見るだけでも楽しい!

ピアノ初心者のための音符の読み方
自分で子どもにピアノを教えている、またはピアノ教室に通わせているけれど家での練習を見ている、という親にとって、とても参考になるサイトです。単にピアノを教えるということだけでなく、子育てという広い観点からピアノの練習をとらえていることが素晴らしいと思います。

Storyline Online(英語)
俳優さんたちが英語の絵本の読み聞かせをするビデオがたくさんあります。

<マレーシアで利用できる音楽ストリーミングサービス>
音楽ラバーにはもちろんうれしいサービス、実は子育てにもめちゃくちゃ使えます!(無料で使えないものもあります)
KKBOX Malaysia
Spotify
Deezer
おススメ記事
当ブログ内のおススメ記事です。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。