ホーム   »  子供とお出かけ  »  KL国際モーターショーに行ってきた
rainbow.jpg

KL国際モーターショーに行ってきた

2013年、11月15日〜24日の間、クアラルンプールのプトラワールドトレードセンター(PWTC)にて開催されているKL国際モーターショー(Kuala Lumpur International Motor Show)(←クリックでホームページに行きます)に行ってきました。

motor1.jpg

実はこの初日がわたしの誕生日だったため、長男ユージンは、

「ママの誕生日だから、モーターショーに連れて行ってあげるんだ♪」

と前々から言っていたのですが・・・。
いや、気持ちはうれしいんだけどね、別にわたしゃあ車に興味はないんだよ!
しかし、家族4人のうち、3人は車大好きなオトコたち。多勢に無勢。
「ママも行こうよ、楽しいよ〜♡」
と言われたので、まあいいか、と思って行ってきました。

国際モーターショーとはいっても、東京モーターショーなどに比べると、規模は3分の1程度。
マレーシアの国産メーカーのプロトンをはじめ、BMWやマツダなど出展しないメーカーも数多い。
でも、結果から言うと、わたしでも結構楽しめました。
というのは、わたしは何でも「子どもの興味のあるところから学びを広げていく」主義なので、そういう教育ママ視点で見れば車というのはものすごく面白くなりうる題材だし、最近子どもたちがあまりにも四六時中車の話ばかりするので、わたしも結構車に詳しくなっているからね。ふふふ。

モーターショーでは、実際に道路を走っているわけではない「コンセプトカー」が見られるのがおもしろいところ。
これはトヨタのFun-vii。
motor2.jpg

これは、実際に走っている車だけど、中の構造が見えるようになっていて面白い。
フォルクスワーゲン・ゴルフのカットモデル。
motor3.jpg

マレーシアには「プロトン」と「プロデゥア」という2つの国産メーカーがありますが、今回出展していたのはプロデゥアのみ。
そこで人が群がっていたので何かと思ったら、コンセプトカーの「Myvi Advanced」でした。
motor5.jpg
Myvi(マイビー)は実際に売られている車で、マレーシアにある車の一割はマイビーなのではないかと思えるほど大人気。(ベースはトヨタパッソ、ダイハツブーンと同じ。)
なぜかここでも人が押し寄せて大人気でした。この写真ではみづらいけど、中はWi-Fiがついていたり、後部座席にiPadみたいな画面がついていました。

ところで、レースじゃないからレースクイーン・・・とは言わないよな、あの綺麗なお姉さんたちは何て呼べばいいのでしょう?コンパニオン?
まあいいや、そのお姉さんたちの衣装などを見ると、各メーカーごとにイメージが違い、特色が出ていて面白いな〜と思います。そして、あんな寒いところであんなに露出度の高い服を着ていて、よく寒くないな〜!といつも感心します。わたしには出来ないわ!(←いや、寒さに弱くなくても出来ないけどさ。)

しかし、やっぱりマレーシアのプロデゥアのお姉さんたちは、全然露出していないこんなキャリアウーマンみたいな格好だったので、ほほうやっぱりイスラム国だな〜と納得。
motor4.jpg

この前本物の消防車に乗った次男ライアン、今日は本物の救急車に乗った!(フォード製)
motor11.jpg

でも、何と言ってもすごかったのはこちら。
アメリカのクラシックカーを展示&販売していたのですが・・・。
こんな感じの。↓
motor6.jpg
(ダンナの話によると、こんなにどでかいアメ車でも、現代の車とぶつけると粉々になってしまうそう。昔はやっぱり車の強度は弱かったのね〜。)

ダンナが、「あ、フォードが初めて大量生産した車だよ。」とコチラを指差しました。
motor7.jpg

すると、わたしと子どもたちは顔を見合わせて、
「これ、本田宗一郎の伝記に出てきた!」
と叫びました。

ホラホラ、ここ。↓
motor9.jpg

本はこちら。すべての伝記を読んだわけではないけれど、本田宗一郎のところは、車好きの子どもたちに真っ先に読んであげました。


T型フォード、1915年ってことは、なんとほぼ100年前の車ですよ〜!
motor8.jpg

そんなこんなで、感激しながらジロジロ見ていたら、そばにいた係のおじさんが、
「ん、そんなに好きか?乗ってみるか?」
と言ってくれて、乗せてくれました!
ピースをしているのが見えるでしょうか?
motor10.jpg

クラシックカーはすべて、遠くから囲いが張り巡らされているので、乗ることはもちろん触ることさえできないようになっていました。
それなのに、なぜかうちの子たちだけ特別に乗せてくれたんですよ〜。そんなに必死の形相だったのかしら・・・(笑)。

本田宗一郎の伝記でどういうふうにこのT型フォードが出てきたかというと、これを初めて見た少年の時の本田宗一郎が、
「わあ、すごい、すごい!」
と興奮し、追いかけたけど追いつけず、
「はあ・・・いいもんだなあ、自動車は・・・。」
とつぶやいている場面に出てきたのでした。
本当にそんなことがあったのか、そんなことを言ったのかは分からないけど、まあ時代的にT型フォードに感銘を受けたというのは充分に考えられますよね。

で、その後、こんなホンダのコマーシャルを見て、ちょっと心に響きました。
"Let's see what curiosity can do..."(好奇心に何ができるか、ちょっと見てみましょう)で始まり、ホンダが生み出してきた製品がどんどん出てくるのだけど、なんだか上のT型フォードを追いかける少年の好奇心からすべて始まって、アシモみたいな人型ロボットを造っちゃったりするところまで行ったと考えると、感慨深いものがありますよね。



ということで、車好きの少年たちはたっぷり楽しんだようです。
彼らの車好きはまだまだ続くよどこまでも〜。


「マレーシアでオーガニック子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
趣味の動画
わたしの好きな音楽を中心にお気に入りを紹介。ぜひ聞いていってね♡
David Archuleta & Nathan Pacheco
"The Prayer"

クリスマスにはやっぱりDavid Archuleta。美しい歌声・・・。
おすすめの本
過去の記事で紹介しているものですが、こちらでも紹介します☆
フォニックスを教える時によく参考にしていました。
関連記事:子供に自分でフォニックスを教える(1)フォニックスとは


小学校低学年の英語読書。初めて読むチャプターブックとして最適。
関連記事:小学校低学年の英語読書〜「マジック・ツリーハウス」


プロフィール

モカきりん

Author:モカきりん
モカきりん:アメリカ留学中に中国系マレーシア人の現在のダンナと出会う。大学卒業後に渡馬、結婚。日系の塾で小学生と中学生に英語・国語を教える。7年塾講師として働き退職。その後2人の息子を出産して現在は専業主婦。

長男ユージン:2004年生まれ。明るく元気で、遊ぶことが大好き。やっている習い事はピアノ。第一言語は日本語、英語も文法的にはかなりブロークンだが話せるし理解できる。おばあちゃんとは中国語で会話、マレーシア語も学校で勉強中だったが、なぜか今年度は学校の方針でフランス語をやっている。2011年1月にインターナショナルスクールに入学、現在中学2年生。


次男ライアン:2008年生まれ。習い事はピアノ。とても人懐っこく誰にでも笑顔をふりまく。2014年1月にお兄ちゃんと同じ小学校に入学、現在小学校4年生。


ダンナ:中国系マレーシア人。日本語が流暢で時々日本人に間違えられる。優しく子供とたくさん触れ合ってくれるいいパパ。

おススメサイト
無料なのにスゴク使える!おススメサイト
<教育関連>
英語本
登録すると、オンライン英語図書館「タンブルブックス」にアクセスできます。
Starfall(英語)
フォニックスを学ぶならここ!
We Give Books(英語)
オンライン図書館。朗読はついていないので自分で読まなければなりませんが、無料で図書館に行く必要がないのは助かります。
学力は全米トップ0.1% 秘訣は幼児期の教育
子育てバイブル。
Colouring Book of Flags(英語)
国旗塗り絵がダウンロードできます。
おりがみくらぶ
折り紙といえばココ。折り方のアニメーションもあり、難易度も一目瞭然で使い勝手抜群。英語、中国語版など外国語7言語のサイトともリンクしているので、外国人の友達とリンクをシェアできるのもうれしい。
無料e童話
数は少ないのですが、無料で絵本が読めます。
英語のおとぎ話ビデオ(YouTube) You TubeのStoryというチャンネルで、10数分の英語のおとぎ話のビデオが見られます。英語字幕をつける設定にもできます。
バイリンガール英会話 Chika's English Lesson(YouTube)
バイリンガルの吉田ちかさんのYou Tubeチャンネル。わたしの勉強のために見ていますが、内容によっては子どもにも見せたりします。明るくてかわいいちかさんの動画は見るだけでも楽しい!

ピアノ初心者のための音符の読み方
自分で子どもにピアノを教えている、またはピアノ教室に通わせているけれど家での練習を見ている、という親にとって、とても参考になるサイトです。単にピアノを教えるということだけでなく、子育てという広い観点からピアノの練習をとらえていることが素晴らしいと思います。

Storyline Online(英語)
俳優さんたちが英語の絵本の読み聞かせをするビデオがたくさんあります。

<マレーシアで利用できる音楽ストリーミングサービス>
音楽ラバーにはもちろんうれしいサービス、実は子育てにもめちゃくちゃ使えます!(無料で使えないものもあります)
KKBOX Malaysia
Spotify
Deezer
おススメ記事
当ブログ内のおススメ記事です。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR