ホーム   »  車・運転  »  接触事故(2)
rainbow.jpg

接触事故(2)

接触事故(1)から続く。

まあ、後ろからぶつかられたといっても、むち打ちになるほどの衝撃ではなかったし、うちも含め後ろの人もその後ろの人も全く怪我はなかったし、相手も怖い人ではなかったし、いろいろ不幸中の幸いという感じではあった。

でも、すでに車の買い替えをすることが決まっており、もう1ヶ月以上も納車を待っている状態だったわたし。
はっきりした返答はもらってなかったけれど、やっと「多分1ヶ月後には納車」という感じになっていたところだったので、「じゃあそろそろ売り出そうか」とその日の朝、ダンナと話をしていたばかりだったのだ。
4年間、大事に大事に乗ってきて、無事故、無傷だったわたしの愛車。
「ものすごくきれいだから、ダンナさえ説得できればぜひ買いたい。」と友達の何人もが言ってくれた。実際、走行距離も少なくて、定期的なメンテを欠かさず、一度も故障も不調もなかった。こすったこともなかった。

なのに、後ろからゴツンと。(´Д`。)

泣けますよ〜。

でも、相手とトラブってるわけではないので、後は淡々と手続きを済ませればいいだけの話。しょうがないからやるしかない。

まず、警察に届け出て、ポリスレポートを作ってもらう。
それぞれの警察署の管轄地域が決まっているので、正しい警察署に行かないと、「別のところに行け」と言われる、という話は何度か聞いたことがある。厄介なのは、一番近いところとは決まっていないこと。
わたしの場合、相手に聞いたら、「ここの警察」と教えてくれた。(その後、届け出に行ったところで、彼に再会した。)なぜ彼が知っていたのかは謎。
警察に行くと、名前などの基本情報を用紙に書いた後、窓口に呼び出されて、コンピューターをむけられる。そして、記入例を見せられ、この例にならって調書を書けと言われる。

もう記憶がおぼろげになってきたんだけど、「○月×日△時頃、なんとか通りを走行中、前の車が急ブレーキをかけたのでわたしもかけた。すると、後ろからIsuzu D-Max(ナンバープレートはW○○123×)がぶつかってきた」みたいなことを英語(すべて大文字)で書かされた。
これを書くため、前回挙げた「時刻・事故現場の通りの名前・相手の車種・ナンバープレートのナンバー(registration number)」が必要になる。
が、いつも通る道だけど、わたしはその通りの名前を知らなかった。
そうだよね〜、知っている道だって、いちいち全部の通りの名前を把握しているわけじゃない。
困っていたら、同じく届け出に来ていた彼が、教えてくれた。(いろいろ便利な人である。そういう意味でもラッキーだった。)
彼は、自分のスマートフォンに入っている、WAZEのスクリーンショットを見せてくれたのだ。そうか〜、そういう使い方もあるのか〜、と思った。ナビとしてだけでなく、現在地を把握するのにも使えるんだな。

それを書いた後、今度は奥の部屋に入って行って、もう少し偉そうな人(?)に事故のあらましを話す。
わたしの場合はダンナが一緒に行ってくれ、その偉そうな人も初めからダンナに向けてマレー語で話していたので、インタビューはほぼマレー語ばかりだった。わたししかいなかったら、英語でしゃべってくれたのかもしれない。

それが終わると、今度は別の部屋にいる警察官に車の写真を撮ってもらえと言われる。
言われた部屋に行き、そこにいた警察官が車の写真を撮ってくれる。(だから、ポリスレポートのために自分で写真を撮る必要はない。)
なので、届け出る時は、車を警察署まで持って行かなければならない。運転できればすればいいし、損傷が激しければ運んでもらう。
ということで、必然的に警察署前の駐車場には事故車がずらっと並んでいる。ひえ〜〜〜〜、これに乗ってた人どうなっちゃったんだろう・・・と心臓が凍り付きそうな車がずらっと並んでいる。

この日は、とりあえずここで終了。
後日ポリスレポートが出来るので、電話で確認した上で取りにこいと言われた。(もちろん出来たら電話をくれる・・・なんて親切なことはしてくれない。)

その日のうちに車を修理屋に持ち込もうと近くまで運んでもらったのだけど、もう夜で店じまいしていたので、結局自分で運転して帰った。
長い一日だった・・・。

〜続く〜
その後の手続きでも、マレーシアらしいエピソード満載です。


「マレーシアでオーガニック子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
趣味の動画
わたしの好きな音楽を中心にお気に入りを紹介。ぜひ聞いていってね♡
David Archuleta & Nathan Pacheco
"The Prayer"

クリスマスにはやっぱりDavid Archuleta。美しい歌声・・・。
おすすめの本
過去の記事で紹介しているものですが、こちらでも紹介します☆
フォニックスを教える時によく参考にしていました。
関連記事:子供に自分でフォニックスを教える(1)フォニックスとは


小学校低学年の英語読書。初めて読むチャプターブックとして最適。
関連記事:小学校低学年の英語読書〜「マジック・ツリーハウス」


プロフィール

モカきりん

Author:モカきりん
モカきりん:アメリカ留学中に中国系マレーシア人の現在のダンナと出会う。大学卒業後に渡馬、結婚。日系の塾で小学生と中学生に英語・国語を教える。7年塾講師として働き退職。その後2人の息子を出産して現在は専業主婦。

長男ユージン:2004年生まれ。明るく元気で、遊ぶことが大好き。やっている習い事はピアノ。第一言語は日本語、英語も文法的にはかなりブロークンだが話せるし理解できる。おばあちゃんとは中国語で会話、マレーシア語も学校で勉強中だったが、なぜか今年度は学校の方針でフランス語をやっている。2011年1月にインターナショナルスクールに入学、現在中学2年生。


次男ライアン:2008年生まれ。習い事はピアノ。とても人懐っこく誰にでも笑顔をふりまく。2014年1月にお兄ちゃんと同じ小学校に入学、現在小学校4年生。


ダンナ:中国系マレーシア人。日本語が流暢で時々日本人に間違えられる。優しく子供とたくさん触れ合ってくれるいいパパ。

おススメサイト
無料なのにスゴク使える!おススメサイト
<教育関連>
英語本
登録すると、オンライン英語図書館「タンブルブックス」にアクセスできます。
Starfall(英語)
フォニックスを学ぶならここ!
We Give Books(英語)
オンライン図書館。朗読はついていないので自分で読まなければなりませんが、無料で図書館に行く必要がないのは助かります。
学力は全米トップ0.1% 秘訣は幼児期の教育
子育てバイブル。
Colouring Book of Flags(英語)
国旗塗り絵がダウンロードできます。
おりがみくらぶ
折り紙といえばココ。折り方のアニメーションもあり、難易度も一目瞭然で使い勝手抜群。英語、中国語版など外国語7言語のサイトともリンクしているので、外国人の友達とリンクをシェアできるのもうれしい。
無料e童話
数は少ないのですが、無料で絵本が読めます。
英語のおとぎ話ビデオ(YouTube) You TubeのStoryというチャンネルで、10数分の英語のおとぎ話のビデオが見られます。英語字幕をつける設定にもできます。
バイリンガール英会話 Chika's English Lesson(YouTube)
バイリンガルの吉田ちかさんのYou Tubeチャンネル。わたしの勉強のために見ていますが、内容によっては子どもにも見せたりします。明るくてかわいいちかさんの動画は見るだけでも楽しい!

ピアノ初心者のための音符の読み方
自分で子どもにピアノを教えている、またはピアノ教室に通わせているけれど家での練習を見ている、という親にとって、とても参考になるサイトです。単にピアノを教えるということだけでなく、子育てという広い観点からピアノの練習をとらえていることが素晴らしいと思います。

Storyline Online(英語)
俳優さんたちが英語の絵本の読み聞かせをするビデオがたくさんあります。

<マレーシアで利用できる音楽ストリーミングサービス>
音楽ラバーにはもちろんうれしいサービス、実は子育てにもめちゃくちゃ使えます!(無料で使えないものもあります)
KKBOX Malaysia
Spotify
Deezer
おススメ記事
当ブログ内のおススメ記事です。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR