ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  一時帰国  »  2014年一時帰国(1)ただの石垣と、遊ぶ力
rainbow.jpg

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年一時帰国(1)ただの石垣と、遊ぶ力

わたしの実家は岐阜県郡上市にあります。
とはいえ、わたしがここで育ったわけではなく、子どもの頃は群馬県と東京を経て、小5から大人になるまで岐阜市で暮らしていました。郡上市は「おじいちゃんとおばあちゃんのうち」で、長期休みによく行っていました。今はわたしの両親が暮らしています。

実家はまわりをぐるっと山が囲み、田んぼや畑が広がる、まさに「田舎」。
その辺を少し歩くと、こんな石垣がよくあります。
子どもは当然登りたがります。
ishigaki1.jpg

こんなところでも。
「ここ、登るねー!」と言って、ずんずん登って行く。
ishigaki2.jpg

わたしは、マレーシアでやった屋内ロッククライミングを思い出しました。
参考記事:「子どもでもできる♪屋内ロッククライミング」
C52.jpg

そんな子どもをじっと見ているうちに、はっと気づきました。

やっていることはほぼ同じ。
でも、遊び方のマニュアルも安全対策もある中でのロッククライミングと、ただの石垣を見て、自らの意志で「ここに登りたい」と思い、危険度を自分で判断しながら登って行く自然環境での遊びは、雲泥の差があるのではないかと。

もちろん、作られた遊び場がダメというわけではないですよ。都会暮らしの人にとっては、本当にありがたい施設です。
でも、こういう作られた遊び場でしか遊んだことがなかったら?
ここに連れて来られ、「こういうふうに遊びなさい」と言われた通りに遊び、「それは危ないからやっちゃダメだよ」という作られたルールに沿って遊ぶ。
子ども時代にそういう経験しかなかったとしたら、大人になっても誰かの作ったルールに従って動き、うまくいかないことがあったら誰かを責めるような人になってしまうのではないか?と思ったのですよ。
何もないまっさらな自然を見て、「こうやって遊びたい」「こういうふうにしたらおもしろいんじゃないかな」と考えるのは、まさにクリエイティビティの始まり。
なるべくたくさん、こういう経験をさせてあげたいと思いました。



実家は10年ほど前に新築したのですが、それ以前に祖父母が住んでいた家も、まだそのまま残っています。
これは、その家の石垣。
ishigaki3.jpg

今回初めて知ったのですが、なんとこれ、石を運ぶのも、積み上げるのもわたしの祖父が一人でやったそうです!!ヽ(゚Д゚;)ノ!!

いやいや、いくらなんでも石を全部運ぶなんて!
わたしの脳裏には、エジプトのピラミッドを作るために石運びをさせられた奴隷の姿が浮かびました(笑)。規模が全然違うので、頑張れば出来なくはないだろうけど、一体どれだけかかったのだろう?
大人の背ぐらいの高さはあるし、長さは測ったことがないから分からないけれど、15〜20メートルくらいはあるのではないだろうか?

でも、すごいのはその量だけじゃないんです。
一番初めの子どもが登っている石垣と見比べてみて下さい。
初めのは、コンクリートに石を並べていれたようなものですが、祖父の石垣は、一切つなぎがないんです。
石だけを、ぴっちり合うように組み合わせていったのです。
これで、何十年、嵐にも地震にもびくともせずにいるんですよ〜。職人技だ!
そういえばおじいちゃんは石が大好きで、収集した矢じりとか見せてもらったよな〜。「石好き」、本当に筋金入りなんですね〜(笑)。

わたしのおじいちゃんって、本当に立派で何でもできる人で、人びとからの信頼も厚く村の名士でしたが、このことを知って、また一段と尊敬しました。

さて、そんな祖父の血をひいているからか、長男ユージンも石が大好き。
この「ひいおじいちゃんの石垣」の話を聞いた後、猛然とこんなことを始めました。
ishigaki4.jpg
石積み。
(ちなみに、向こう側に広がっているのは、田植えが終わったばかりの田んぼです〜。)

妹と、「賽の河原で石積みをする子どもか!不吉な(笑)」と言って笑いましたが、そりゃもう夢中になって積んでいました。長男につられて、次男も。
そこらへんにある大小の石を集めてきてやるんですが、わたしもやってみたらなかなか難しい。それを子どもたちは試行錯誤しながらうま〜く積み上げるので、すごいと思いました。
あまりにも夢中になって何日もやっているので、家の回りには謎の石碑が何十個もできてしまい、親戚のおじさんにも、「こりゃたいしたもんだわ〜」と褒められました(笑)。

ここに住んでりゃ、バランスゲームもレゴブロックもいらないじゃん(笑)!



やっぱり自然がたくさんあるところって、遊ぶ力が鍛えられる。
それって、いずれはいろんなことを考えだす力になるのだろうな〜と思ったのでした。


「マレーシアでオーガニック子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
趣味の動画
わたしの好きな音楽を中心にお気に入りを紹介。ぜひ聞いていってね♡
David Archuleta & Nathan Pacheco
"The Prayer"

クリスマスにはやっぱりDavid Archuleta。美しい歌声・・・。
おすすめの本
過去の記事で紹介しているものですが、こちらでも紹介します☆
フォニックスを教える時によく参考にしていました。
関連記事:子供に自分でフォニックスを教える(1)フォニックスとは


小学校低学年の英語読書。初めて読むチャプターブックとして最適。
関連記事:小学校低学年の英語読書〜「マジック・ツリーハウス」


プロフィール

モカきりん

Author:モカきりん
モカきりん:アメリカ留学中に中国系マレーシア人の現在のダンナと出会う。大学卒業後に渡馬、結婚。日系の塾で小学生と中学生に英語・国語を教える。7年塾講師として働き退職。その後2人の息子を出産して現在は専業主婦。

長男ユージン:2004年生まれ。明るく元気で、遊ぶことが大好き。やっている習い事はピアノ。第一言語は日本語、英語も文法的にはかなりブロークンだが話せるし理解できる。おばあちゃんとは中国語で会話、マレーシア語も学校で勉強中だったが、なぜか今年度は学校の方針でフランス語をやっている。2011年1月にインターナショナルスクールに入学、現在中学2年生。


次男ライアン:2008年生まれ。習い事はピアノ。とても人懐っこく誰にでも笑顔をふりまく。2014年1月にお兄ちゃんと同じ小学校に入学、現在小学校4年生。


ダンナ:中国系マレーシア人。日本語が流暢で時々日本人に間違えられる。優しく子供とたくさん触れ合ってくれるいいパパ。

おススメサイト
無料なのにスゴク使える!おススメサイト
<教育関連>
英語本
登録すると、オンライン英語図書館「タンブルブックス」にアクセスできます。
Starfall(英語)
フォニックスを学ぶならここ!
We Give Books(英語)
オンライン図書館。朗読はついていないので自分で読まなければなりませんが、無料で図書館に行く必要がないのは助かります。
学力は全米トップ0.1% 秘訣は幼児期の教育
子育てバイブル。
Colouring Book of Flags(英語)
国旗塗り絵がダウンロードできます。
おりがみくらぶ
折り紙といえばココ。折り方のアニメーションもあり、難易度も一目瞭然で使い勝手抜群。英語、中国語版など外国語7言語のサイトともリンクしているので、外国人の友達とリンクをシェアできるのもうれしい。
無料e童話
数は少ないのですが、無料で絵本が読めます。
英語のおとぎ話ビデオ(YouTube) You TubeのStoryというチャンネルで、10数分の英語のおとぎ話のビデオが見られます。英語字幕をつける設定にもできます。
バイリンガール英会話 Chika's English Lesson(YouTube)
バイリンガルの吉田ちかさんのYou Tubeチャンネル。わたしの勉強のために見ていますが、内容によっては子どもにも見せたりします。明るくてかわいいちかさんの動画は見るだけでも楽しい!

ピアノ初心者のための音符の読み方
自分で子どもにピアノを教えている、またはピアノ教室に通わせているけれど家での練習を見ている、という親にとって、とても参考になるサイトです。単にピアノを教えるということだけでなく、子育てという広い観点からピアノの練習をとらえていることが素晴らしいと思います。

Storyline Online(英語)
俳優さんたちが英語の絵本の読み聞かせをするビデオがたくさんあります。

<マレーシアで利用できる音楽ストリーミングサービス>
音楽ラバーにはもちろんうれしいサービス、実は子育てにもめちゃくちゃ使えます!(無料で使えないものもあります)
KKBOX Malaysia
Spotify
Deezer
おススメ記事
当ブログ内のおススメ記事です。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。