ホーム   »  ひとりごと  »  W杯でゴミ拾いをする日本人に対するマレーシア人の反応、そしてマレーシアのゴミ問題
rainbow.jpg

W杯でゴミ拾いをする日本人に対するマレーシア人の反応、そしてマレーシアのゴミ問題

現在開催中のサッカーワールドカップで、「負け試合の後、ゴミ拾いをしていった日本人は素晴らしい」と海外メディアなどで絶賛されたという話は、日本でも報じられたのでみなさんご存知だと思います。
わたしはこれを、ある場所でマレーシア人が話し合っているのを見たのですが、彼らの反応はというと、

「品のある行いだわ」
「うちの子を日本人の親に養子に出したい(笑)」
「わたしはスチュワーデスだったのだけど、いつでも日本経由のフライトが一番きれいだった。ブランケットをたたんで返してくれるし、ゴミはちゃんとまとめて袋に入れてあるし」


などなど、やはり絶賛の嵐。

ただ、この行為は、別の観点から見るとマナー違反である可能性もある、という意見もあります。

「Wireless Wire Nesw: 日本でデスマーチが発生する理由とW杯コートジボアール戦のゴミ拾いの関係」

簡単に言うと、それは清掃員の仕事だから奪ってはいけない、という文化・考え方もあるということ。
おお、そういえばわたしも、アメリカで食器を返そうとしたら、「それは彼らの仕事だから」と友達にとめられたことあるわ。

わたしは、このニュースを聞いた時、多分サポーターの人たちは、いつもやることを当たり前のようにやっていただけで、にわかに注目を浴びて「へっ?!」と戸惑ったのではないかと思いました。
うちではご飯の後に、自分の食器を流しまで持って行くことになっているのだけど、それを子どもたちがよそのお宅でやると、「うわあ、いい子だね!」と褒められることがあります。そんな時、子どもたちは、「へっ?!」とわけが分からないという顔をします。別に当たり前だと思うことをやっただけなのに、ほめられちゃった・・・(笑)。それを思い出しました。

わたしの意見としては、 もちろん彼らは清掃員の仕事をやってしまうつもりなどさらさらなく、単に「自分のしたことの後片付け」をしただけだと思います。
ただ、日本人は、欧米人より、個でなく集団で物事を考える傾向があるので、「自分の後片付け」じゃなくて、「自分たちの後片付け」と、ちょっと範囲を広げて考えているだけじゃないかと思うのです。
別に、清掃員の仕事を全部やろうとしているわけじゃないし、これくらいは別に「人の仕事をとった!」というほどのことじゃないんじゃないだろうか、と。きちんと片付けて行った人たちを、同国民として誇りに思います。負け試合で暴れて帰った、というよりいいに決まっている。

しかし、どうして日本人はこんなにきちんと後片付けをする習慣があるのか。
学校で掃除してるからだと思います!
散らかしたり汚すと掃除をする人が大変だということが分かっているのです。
そして、何か行事があるたびに、「きちんと後片付けをしよう」と学級会で話し合ったり、旅行のしおりに書いたり明文化して、いつも確認してるからですよ(笑)。
そして、この前書いたように、全然町中にゴミ箱が見つからないのに、ポイ捨てなんて一回も見なかった!というほど大体どこでもきれいなので、単にゴミが散らかっている状態が気持ち悪くて、そういう光景を目の当たりにすると、つい片付けちゃうんじゃなかろうか?

調べたことがないので分からないけど、日本みたいに生徒たちが学校を掃除をしている国って、わたしの聞いた範囲ではとっても珍しい。ここの台湾学校もそうだって聞いたけど、それは日本の影響かな?
普段からやっていると、自然に体が動いたり、習慣としてできるんですよね。
「掃除なんて、やろうと思えばできるのよ、やろうと思えば」
というマレーシア人にわたしは何人も会いました。
心の中で、「でもやらないってことは出来ないのと一緒だよ」とついつぶやいてしまうわたし(笑)。
結局、学校で掃除はしないし、家でもメイドさんがやってくれるから、習慣的に掃除しないままで大人になってしまうのでしょう。

「どこに行っても日本人としての品位を保って、わたしはゴミは持ち帰るし、食べた食器は店に返却する」という人たちもいるようです。
もちろんポイ捨てはしない方がいいに決まってるけど、わたしはマレーシアのフードコートなどで食べた場合、食器は返さずそのまま放置しますよ。大体すぐに清掃員が片付けに来てくれるし、そもそも返却口なんてない(笑)。郷に入れば、です。



ゴミのポイ捨てと分別は別問題だとは思いますが、ゴミつながりで。

マレーシアではたくさんゴミ箱が設置されています。
中には、「紙」「プラスチック」などのリサイクル用ゴミ箱も。
それなのに、分別が全然できていなくて、なーんでも捨ててしまう人の多いこと多いこと。そのせいか、しばらくしたらゴミ箱は撤去されていたり。
場所によっては、紙やプラスチックなどリサイクルできる物用のゴミ箱を設置しているコンドミニアムなどありますが、分別は強制ではなく、「やりかったらやってね」というスタンス。基本的には、ゴミは何でもごちゃまぜにして出します。

でも、やはり生粋の日本人(?)であるわたしはその方式でやると罪悪感を感じてしまうので、なるべく分別します。そして、たまったらリサイクル用ゴミを回収するところに持って行ったりします。はっきり言ってメンドクサイ。

しかし、一時帰国から帰ってきたら、うちにこんな小冊子が届いていました。
gomi1.jpg

中には・・・ゴミの分別の仕方が書かれている。
週に一回、リサイクルゴミを集めるらしい。
gomi2.jpg

「タカクラ方式コンポスト(堆肥)の作り方」なんてページまで!
gomi3.jpg

いよいよ始まるのか、ゴミの分別?
しかし、こんな小冊子を配ったぐらいで、マレーシア人がいきなりきちんとゴミを分別し、堆肥を作り出すとは思えん(笑)!


「マレーシアでオーガニック子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
趣味の動画
わたしの好きな音楽を中心にお気に入りを紹介。ぜひ聞いていってね♡
David Archuleta & Nathan Pacheco
"The Prayer"

クリスマスにはやっぱりDavid Archuleta。美しい歌声・・・。
おすすめの本
過去の記事で紹介しているものですが、こちらでも紹介します☆
フォニックスを教える時によく参考にしていました。
関連記事:子供に自分でフォニックスを教える(1)フォニックスとは


小学校低学年の英語読書。初めて読むチャプターブックとして最適。
関連記事:小学校低学年の英語読書〜「マジック・ツリーハウス」


プロフィール

モカきりん

Author:モカきりん
モカきりん:アメリカ留学中に中国系マレーシア人の現在のダンナと出会う。大学卒業後に渡馬、結婚。日系の塾で小学生と中学生に英語・国語を教える。7年塾講師として働き退職。その後2人の息子を出産して現在は専業主婦。

長男ユージン:2004年生まれ。明るく元気で、遊ぶことが大好き。やっている習い事はピアノ。第一言語は日本語、英語も文法的にはかなりブロークンだが話せるし理解できる。おばあちゃんとは中国語で会話、マレーシア語も学校で勉強中だったが、なぜか今年度は学校の方針でフランス語をやっている。2011年1月にインターナショナルスクールに入学、現在中学2年生。


次男ライアン:2008年生まれ。習い事はピアノ。とても人懐っこく誰にでも笑顔をふりまく。2014年1月にお兄ちゃんと同じ小学校に入学、現在小学校4年生。


ダンナ:中国系マレーシア人。日本語が流暢で時々日本人に間違えられる。優しく子供とたくさん触れ合ってくれるいいパパ。

おススメサイト
無料なのにスゴク使える!おススメサイト
<教育関連>
英語本
登録すると、オンライン英語図書館「タンブルブックス」にアクセスできます。
Starfall(英語)
フォニックスを学ぶならここ!
We Give Books(英語)
オンライン図書館。朗読はついていないので自分で読まなければなりませんが、無料で図書館に行く必要がないのは助かります。
学力は全米トップ0.1% 秘訣は幼児期の教育
子育てバイブル。
Colouring Book of Flags(英語)
国旗塗り絵がダウンロードできます。
おりがみくらぶ
折り紙といえばココ。折り方のアニメーションもあり、難易度も一目瞭然で使い勝手抜群。英語、中国語版など外国語7言語のサイトともリンクしているので、外国人の友達とリンクをシェアできるのもうれしい。
無料e童話
数は少ないのですが、無料で絵本が読めます。
英語のおとぎ話ビデオ(YouTube) You TubeのStoryというチャンネルで、10数分の英語のおとぎ話のビデオが見られます。英語字幕をつける設定にもできます。
バイリンガール英会話 Chika's English Lesson(YouTube)
バイリンガルの吉田ちかさんのYou Tubeチャンネル。わたしの勉強のために見ていますが、内容によっては子どもにも見せたりします。明るくてかわいいちかさんの動画は見るだけでも楽しい!

ピアノ初心者のための音符の読み方
自分で子どもにピアノを教えている、またはピアノ教室に通わせているけれど家での練習を見ている、という親にとって、とても参考になるサイトです。単にピアノを教えるということだけでなく、子育てという広い観点からピアノの練習をとらえていることが素晴らしいと思います。

Storyline Online(英語)
俳優さんたちが英語の絵本の読み聞かせをするビデオがたくさんあります。

<マレーシアで利用できる音楽ストリーミングサービス>
音楽ラバーにはもちろんうれしいサービス、実は子育てにもめちゃくちゃ使えます!(無料で使えないものもあります)
KKBOX Malaysia
Spotify
Deezer
おススメ記事
当ブログ内のおススメ記事です。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR