ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  車・運転  »  こわい話を聞いた
rainbow.jpg

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こわい話を聞いた

運転している時、たまに真っ昼間なのにヘッドライトをつけている車を見る。
そういう人は、たいてい後ろにぴったりくっついてきて、いらだたしそうに追い越していったりする。
もともと後ろにピッタリくついてこられるのが気になる方だったが、この前の「接触事故(1)」「(2)」「(3)」以来、本当に気になってしょうがない。
そういう時は、もう間違ってぶつかってこられるよりいいと思って、別の車線によけたりすることもある。
「わたしは何も悪いことしてないんだから、よけたりしないわ!」と言う人もいるが、誰が正しいとか間違っているとか、わたしとってはどうでもいい。とにかく、危険からなるべく距離をとって近寄らないようにしている。だって、トラブルに巻き込まれたら、時間と労力を消費してしまうものね。それを避けられるのだったら、ちょっと道を譲るくらいなんでもない。

ところで、なんでそういう人って、昼間にヘッドライトをつけてるんだろう?
暗い駐車場でライトをつけたのを外に出て消すのを忘れるようなそそっかしい人が、飛ばし屋でもある傾向があるんだろうか?
もしや・・・と思って友達に聞いてみたらドンピシャリ、「どけ」という合図らしい。はは〜〜ん。

ひとつ断っておくと、わたしは特別そんなにノロノロ走っているわけではない。
警察が隠れていることがあると知っている場所で、制限速度ギリギリで走っているくらい。だいたいはまわりの速さに合わせている。(それが一番安全。)

例えば、ある道の制限速度が時速80kmだとしよう。
一番右の通称「fast lane」では、時速100kmは軽く超えるスピードで飛ばして行く人がたくさんいる。
でも実際、「fast lane」だからと言って速く走ることが許されているわけではなく、制限を超えているのが見つかったら、捕まる。ってことは、「fast lane」を時速80kmで走っていれば、誰かに文句をつけられるいわれはない。
でもまあ実際のところ、誰でもどこでもそんなにきっちり規則を守っているわけではない。
だからそのへんは臨機応変にやっているわけだけど、少なくとも、制限速度が時速80kmのところで、時速80kmで走っている人にたいして、「どけ」はないだろう。イラッとすることはあるかもしれないが、非常識な遅さじゃないんだし、こっちは規則を守っているんだからさ。
「勝手に追い越して行けばいいだろう〜!」と思う。後ろからすごい勢いでブ〜〜〜ンと飛ばして来るんだから、そのまま隣のレーンから追い越せばいいのだ。その方が早いし、安全だ。
性格悪いなー!
あ、ちなみにそういうことがあると分かっているから、なるべくファーストレーンには入らないようにしているけど、右折したいから入らざるを得ない時とかあるんです。



マレーシアには車検がない。
ということで、メンテを全くせず、故障したらその時に直せばいいさ〜という考えの人がたくさんいる。
道ばたでよくボンネットを開けてのぞきこんでいる人がいるけど、多分故障しちゃったんですね。
でもまあ、車が動かなくなったのなら、自分が困るだけだからいいんだけど。

この前、義父が帰って来て、「車が壊れた。」といったのだが、どこが故障したのか聞いてビックリした。
「ブレーキが効かなくなった」って、よく家まで何にもぶつからず帰って来られたな〜!
あまりのこわさに、「イヤァ〜〜〜〜ッ」と身震いしてしまった。

家のすぐ近くで故障した、あまりスピードを出していなかった、混んでいる時間帯ではなかった、などの幸運が重なりあって、何事もなく帰って来られたらしい。
しかし、こんな故障もあるんですね。
わたしの後ろ走るなよ!!!と思った。

やっぱり後ろからあやしげな車が来たら、出来る限りよけようと思った。


「マレーシアでオーガニック子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
趣味の動画
わたしの好きな音楽を中心にお気に入りを紹介。ぜひ聞いていってね♡
David Archuleta & Nathan Pacheco
"The Prayer"

クリスマスにはやっぱりDavid Archuleta。美しい歌声・・・。
おすすめの本
過去の記事で紹介しているものですが、こちらでも紹介します☆
フォニックスを教える時によく参考にしていました。
関連記事:子供に自分でフォニックスを教える(1)フォニックスとは


小学校低学年の英語読書。初めて読むチャプターブックとして最適。
関連記事:小学校低学年の英語読書〜「マジック・ツリーハウス」


プロフィール

モカきりん

Author:モカきりん
モカきりん:アメリカ留学中に中国系マレーシア人の現在のダンナと出会う。大学卒業後に渡馬、結婚。日系の塾で小学生と中学生に英語・国語を教える。7年塾講師として働き退職。その後2人の息子を出産して現在は専業主婦。

長男ユージン:2004年生まれ。明るく元気で、遊ぶことが大好き。やっている習い事はピアノ。第一言語は日本語、英語も文法的にはかなりブロークンだが話せるし理解できる。おばあちゃんとは中国語で会話、マレーシア語も学校で勉強中だったが、なぜか今年度は学校の方針でフランス語をやっている。2011年1月にインターナショナルスクールに入学、現在中学2年生。


次男ライアン:2008年生まれ。習い事はピアノ。とても人懐っこく誰にでも笑顔をふりまく。2014年1月にお兄ちゃんと同じ小学校に入学、現在小学校4年生。


ダンナ:中国系マレーシア人。日本語が流暢で時々日本人に間違えられる。優しく子供とたくさん触れ合ってくれるいいパパ。

おススメサイト
無料なのにスゴク使える!おススメサイト
<教育関連>
英語本
登録すると、オンライン英語図書館「タンブルブックス」にアクセスできます。
Starfall(英語)
フォニックスを学ぶならここ!
We Give Books(英語)
オンライン図書館。朗読はついていないので自分で読まなければなりませんが、無料で図書館に行く必要がないのは助かります。
学力は全米トップ0.1% 秘訣は幼児期の教育
子育てバイブル。
Colouring Book of Flags(英語)
国旗塗り絵がダウンロードできます。
おりがみくらぶ
折り紙といえばココ。折り方のアニメーションもあり、難易度も一目瞭然で使い勝手抜群。英語、中国語版など外国語7言語のサイトともリンクしているので、外国人の友達とリンクをシェアできるのもうれしい。
無料e童話
数は少ないのですが、無料で絵本が読めます。
英語のおとぎ話ビデオ(YouTube) You TubeのStoryというチャンネルで、10数分の英語のおとぎ話のビデオが見られます。英語字幕をつける設定にもできます。
バイリンガール英会話 Chika's English Lesson(YouTube)
バイリンガルの吉田ちかさんのYou Tubeチャンネル。わたしの勉強のために見ていますが、内容によっては子どもにも見せたりします。明るくてかわいいちかさんの動画は見るだけでも楽しい!

ピアノ初心者のための音符の読み方
自分で子どもにピアノを教えている、またはピアノ教室に通わせているけれど家での練習を見ている、という親にとって、とても参考になるサイトです。単にピアノを教えるということだけでなく、子育てという広い観点からピアノの練習をとらえていることが素晴らしいと思います。

Storyline Online(英語)
俳優さんたちが英語の絵本の読み聞かせをするビデオがたくさんあります。

<マレーシアで利用できる音楽ストリーミングサービス>
音楽ラバーにはもちろんうれしいサービス、実は子育てにもめちゃくちゃ使えます!(無料で使えないものもあります)
KKBOX Malaysia
Spotify
Deezer
おススメ記事
当ブログ内のおススメ記事です。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。