ホーム   »  子供とお出かけ  »  FRIM(森林研究所)でドキドキの吊り橋体験
rainbow.jpg

FRIM(森林研究所)でドキドキの吊り橋体験

先日、FRIM(Forest Research Institute Malaysia、「マレーシア森林研究所」)に行ってきました。
サイト:FRIM(←クリック)
目的は、キャノピーウォーク(Canopy Walk)と呼ばれる吊り橋を渡ること。

が!
予約できることは知っていたのですが、しなくても大丈夫だろ〜と思って午前10時ぐらいに行ってみたところ、「今日はもう締め切りました」とのお知らせが出ていました。
下記の通り、一日250人までしか渡れないそうです。200人まで予約を受け、50人は当日受付け。ただし、9時半までに行かないと、予約があっても無効になってしまうそうなので注意。
frim2.jpg
オンライン予約などはなさそうで、電話でするしかなさそうだけど、わたしたちは「今日がダメなら明日来ようか!」と次の日の予約を入れて、その日は帰りました。

ということで、翌日。
入り口で4人家族みんなの入園料をRM6払ったのですが、車1台5リンギ+運転手は無料、大人1人1リンギという内訳だそうです。12歳以下は無料。外国人は13歳以上1人5リンギ、子供も1人1リンギ。
入り口のゲート前に駐車場がありますが、そこで停めずにビジターセンターのあるD6まで車を走らせてその付近で停めました。
今度は9時頃到着、One stop visitor centreで無事キャノピーウォークのチケットを購入。
frim3.jpg
大人5リンギはマレーシア人価格。外国人の大人はRM10、子どもは国籍関係なく13歳以上はRM3(学生証を提示)、12歳以下はRM1。

このフリムって、ものすごく広大な敷地で、なんと敷地内に学校や民家があったりします。車も走っています。
こんな感じの地図がそこらへんにありますが、「もらえる?」と聞いたら、「ないから写真を撮れ」と言われました。売ってもいないみたい。そんなー。
frim1.jpg
ちなみに、最寄りのトイレはビジターセンターの目の前にあるB6なので、ここで済ませておくべし。

チケットを購入した後は、キャノピーウォークまで山を登ります。
初めはこんな山道。
緑が気持ちいい〜。いなかのにおい。
マレーシアで蝉の鳴き声って初めて聞いた!
子どもの頃、夏休みにおばあちゃんのうちに遊びに行った時を思い出すわ〜。
frim4.jpg

ふと上を見上げると、これが「クラウン・シャイネス」か〜。
frim5.jpg

が!
道がどんどん険しくなっていく!
(写真を撮っている余裕なんてないので写真がない。)
わたちたち家族は結構体は動かしている方だと思うんだけど、こんなに急な道が続くと知らなかったこともあり、結構キツく感じました。
これに比べたら、ガシン・ヒル(←クリック)なんて、赤ちゃん用のコースだわ。

30〜40分ぐらい山を登っただろうか、やっとキャノピーウォークの入り口が見えてきました。
frim6.jpg

この小屋、わたしたちは全然平気でしたが、こんな急な階段を上り下りしなきゃいけません。小さい子はちょっとこわいかも。
frim7.jpg

まず係員に渡る時の注意を聞きます。
前の人と間を空けなければいけないこと、など。でも小さい子どもは親と一緒でいいそうですよ〜。
そして、いよいよ吊り橋へ!
frim8.jpg
次男は初め恐る恐るという感じでしたが、すぐに慣れて一人でも大丈夫でした。

長男は初めから全然怖がらず、ひょいひょいと進んで行きました。
frim9.jpg
橋に赤い線があるのが見えますか?前の人がここを超えたら次の人が進むということになっているようです。

こんな感じの吊り橋が全部で4つつながっており、それぞれ何人まで乗れるか書いてあります。
frim10.jpg
"Maximum load 8 persons only"

ふいに、「本当に大丈夫なんだろーな」と思って結んでいるロープを見ると、全部こんなふうになってるんですが・・・!
frim11.jpg

これでダイジョーブ?!とちょっと不安になるけど、定期的に点検・補修をしているそうです。(実際、数ヶ月前も補修のためしばらく渡れない時があったらしい。キャノピーウォーク目的なら、事前に電話確認した方がいいですね。)

うちの家族はみんな「楽しかった〜」とキャノピーウォークを終え、下山。

しかし、下りるのも結構キツかった!
下りる道はいくつかあるのだけど、わたしたちはピクニックエリアに出る道を下りました。

この道は、途中から滝沿いに下りるので、せせらぎの音が聞こえて気持ちいいのです。
水遊びができるスポットがいくつもあります。
frim12.jpg

frim13.jpg

そして、山のふもとのピクニックエリア付近の水場。たくさんの人が遊んでいました。
frim14.jpg

フリム内では自転車を借りて乗れるコースもあるようだし、サッカー場、テニスコートなどもありました。
エリアDでジャングルトレッキングも楽しめますが、立ち入るにはガイドの同行が絶対に必要で、グループの人数にかかわらず、ガイド料金はRM120だそうです。
キャノピーウォークまではキツそうだし怖そうだから行くのは不安という人でも、キャノピーウォークへ行く途中までの道を軽い登山として楽しむこともできそうです。

モントキアラエリアからだと、20〜25分ぐらいとすごく都会から近いのに、こんなものすごい大自然が楽しめるなんて!
次男は行く前にすこし具合が悪かったけど、山を登ってキャノピーウォークをして、2時間後に下山した時は、すっかり元気になっていました(笑)。
マイナスイオン効果?!

いくつか注意事項、楽しむコツ。
①キャノピーウォークの予約はすべし。
②キャノピーウォークのチケットはOne stop visitor centreでしか購入できません。
③キャノピーウォークから写真を撮りたいなら、首からかけるカメラがいいです。(スマホを落としそうでこわかった)
④車で目的地の近くまで行くべし。
⑤山に入るならちゃんとしたハイキングシューズがベスト。わたしは普通のスニーカーを履いてたんだけど、すべりそうになったら通りすがりのチャイニーズのおばちゃんに、「あなた、その靴じゃダメよ」と言われた。通りすがりの人にアドバイスをするチャイニーズのおばちゃん、どこにでもいるなあ(笑)。

マレーシアの魅力って、こういう大自然が都心部からすぐのところにあることじゃなかろうか?
フリムだけじゃなくて、本当にジャングルがそこらじゅうに残っている。
行くと、自然からパワーをもらえる。
ここで暮らしているなら、行かないと本当にもったいない!と最近すごく思います。


「マレーシアでオーガニック子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
趣味の動画
わたしの好きな音楽を中心にお気に入りを紹介。ぜひ聞いていってね♡
David Archuleta & Nathan Pacheco
"The Prayer"

クリスマスにはやっぱりDavid Archuleta。美しい歌声・・・。
おすすめの本
過去の記事で紹介しているものですが、こちらでも紹介します☆
フォニックスを教える時によく参考にしていました。
関連記事:子供に自分でフォニックスを教える(1)フォニックスとは


小学校低学年の英語読書。初めて読むチャプターブックとして最適。
関連記事:小学校低学年の英語読書〜「マジック・ツリーハウス」


プロフィール

モカきりん

Author:モカきりん
モカきりん:アメリカ留学中に中国系マレーシア人の現在のダンナと出会う。大学卒業後に渡馬、結婚。日系の塾で小学生と中学生に英語・国語を教える。7年塾講師として働き退職。その後2人の息子を出産して現在は専業主婦。

長男ユージン:2004年生まれ。明るく元気で、遊ぶことが大好き。やっている習い事はピアノ。第一言語は日本語、英語も文法的にはかなりブロークンだが話せるし理解できる。おばあちゃんとは中国語で会話、マレーシア語も学校で勉強中だったが、なぜか今年度は学校の方針でフランス語をやっている。2011年1月にインターナショナルスクールに入学、現在中学2年生。


次男ライアン:2008年生まれ。習い事はピアノ。とても人懐っこく誰にでも笑顔をふりまく。2014年1月にお兄ちゃんと同じ小学校に入学、現在小学校4年生。


ダンナ:中国系マレーシア人。日本語が流暢で時々日本人に間違えられる。優しく子供とたくさん触れ合ってくれるいいパパ。

おススメサイト
無料なのにスゴク使える!おススメサイト
<教育関連>
英語本
登録すると、オンライン英語図書館「タンブルブックス」にアクセスできます。
Starfall(英語)
フォニックスを学ぶならここ!
We Give Books(英語)
オンライン図書館。朗読はついていないので自分で読まなければなりませんが、無料で図書館に行く必要がないのは助かります。
学力は全米トップ0.1% 秘訣は幼児期の教育
子育てバイブル。
Colouring Book of Flags(英語)
国旗塗り絵がダウンロードできます。
おりがみくらぶ
折り紙といえばココ。折り方のアニメーションもあり、難易度も一目瞭然で使い勝手抜群。英語、中国語版など外国語7言語のサイトともリンクしているので、外国人の友達とリンクをシェアできるのもうれしい。
無料e童話
数は少ないのですが、無料で絵本が読めます。
英語のおとぎ話ビデオ(YouTube) You TubeのStoryというチャンネルで、10数分の英語のおとぎ話のビデオが見られます。英語字幕をつける設定にもできます。
バイリンガール英会話 Chika's English Lesson(YouTube)
バイリンガルの吉田ちかさんのYou Tubeチャンネル。わたしの勉強のために見ていますが、内容によっては子どもにも見せたりします。明るくてかわいいちかさんの動画は見るだけでも楽しい!

ピアノ初心者のための音符の読み方
自分で子どもにピアノを教えている、またはピアノ教室に通わせているけれど家での練習を見ている、という親にとって、とても参考になるサイトです。単にピアノを教えるということだけでなく、子育てという広い観点からピアノの練習をとらえていることが素晴らしいと思います。

Storyline Online(英語)
俳優さんたちが英語の絵本の読み聞かせをするビデオがたくさんあります。

<マレーシアで利用できる音楽ストリーミングサービス>
音楽ラバーにはもちろんうれしいサービス、実は子育てにもめちゃくちゃ使えます!(無料で使えないものもあります)
KKBOX Malaysia
Spotify
Deezer
おススメ記事
当ブログ内のおススメ記事です。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR