ホーム   »  映画、TVなど  »  家族で見たドラマ
rainbow.jpg

家族で見たドラマ

うちでは、平日TVを見るヒマもないほど忙しいので見ませんが、週末には家族でみることもあります。
そして、長いホリデー中は日本のドラマをまとめて見ることがよくあります。
本当は事前に親であるわたしが見て、これこそは!と思ういいものを選んで見せたいんだけど、そんな時間的余裕は全くないので、見ている途中で子どもにはふさわしくない、全然おもしろくない、過激過ぎる、見ても何も得る物はないなどと思った場合、途中でやめることもあります。

それで、昨年末のなが〜〜いホリデー中に、家族揃って最後まで見たドラマは3本。
1.なぞの転校生
2.素敵な選TAXI
3.信長コンチェルト
でした。
以下、それぞれの感想です。

1.なぞの転校生

なんだかとてもなつかしい響きの題名だと思ったら、やはり眉村卓原作でした。
SFで聞き慣れない言葉がたくさん出てきたりするので、わたしでも言葉を聞き取るのが難しい箇所があり、子どもたちはわけがわからないところも多かったと思うけれど、なぜか長男がとても気に入っていました。
内容的には、得る物がある・・・というほどではないのだけど、「パラレルワールド」の概念がやはりよく分からなかったようだったので、いろいろ話しました。
それと、ショパンの「雨だれ」という曲が繰り返し流れていて、長男が好きだと言っていたので、後日ネットでこの曲の短縮&簡易バージョンの楽譜を見つけて、ピアノで練習したのが成果かな。
脚本は岩井俊二さんで、映像的にとてもきれいに仕上がっています。

2.素敵な選TAXI

これ、面白かった!家族みんなで楽しめました。
脚本はバカリズム(なので、会話にお笑いの要素があってくすっと笑える)、主演は竹之内さん。
竹之内さんは、実はタイムマシンになっている「選TAXI」(というタクシー)の運転手。乗客が望む過去につれていくことができ、乗客は「あ〜〜あの時こうすればよかった」という時点に戻り、別の選択肢でやり直す・・・という話。一話完結。
タイムトラベルものにある「過去を変えようとしたのにどうにもならない」という苦しさはなく、ほのぼのした感じで終わるのがよし。
とてもよかったな〜と思ったのは、「自分の言動がある結果を引き起こす」という因果関係がはっきり見えたこと。
つまり、「自分がこういう言動をとったらこういう結果になるという未来を予測して、いい結果が出るような言動をとるといい」ということが子どもたちの脳に刻み込まれました(笑)。「未来は現在の自分の言動が決める」とかいろいろ言い換えられるけど、ともかくそういうことです。
これを見てからは、「今これをしたらどうなるかな〜?こういう選択肢もあるけど、そうするとどうなる?」などと考えさせるようにすると、自らいい結果を生み出す選択をするようになってきました。

3.信長協奏曲(コンチェルト)

コメディだと思って見始めたら、第一話で切腹のシーン(はっきり見せてないけど)があって、げげっと思いました。わたしは元々時代劇が苦手だし。
でも「JIN」には大ハマりしたわたし。↓こんな感じで。

「JINー仁ー」を見て思ったこと
長男が「JINー仁ー」から学んだこと

「信長コンチェルト」もタイムスリップもので現代人が過去に行ってしまうという設定。だから、これも好きかも?と思い見続けたら、結果的にとても面白かった!
長男は4月から進研ゼミで小6の勉強に入るけど、社会はいよいよ歴史の勉強がスタート。なので、その前に、大まかな史実を抑えた戦国時代の様子が少し分かり、歴史へのイントロダクションが出来たことが大きな収穫。
そして、わたしもサブローという現代人の目を通して戦国時代を見ることで、

「わたしたちが今こうして平和に暮らしているのは、平和な世の中をつくろうと努力していた先人たちのおかげなんだ〜〜〜」

とうるっときてしまいました(笑)。



他の家庭ではどうか分からないけれど、うちでは日本のドラマは大事な日本語の学習教材。
ポイントは、必ず親も一緒に見て、いろいろそれについて話をすることです。
もしかしたら同じような家庭にとって、参考になるかもと思って書きました。
みなさんも、もし「これは子どもに見せるといいよ!」というのがあったら、ぜひ教えてくださいね〜。


「マレーシアでオーガニック子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
趣味の動画
わたしの好きな音楽を中心にお気に入りを紹介。ぜひ聞いていってね♡
David Archuleta & Nathan Pacheco
"The Prayer"

クリスマスにはやっぱりDavid Archuleta。美しい歌声・・・。
おすすめの本
過去の記事で紹介しているものですが、こちらでも紹介します☆
フォニックスを教える時によく参考にしていました。
関連記事:子供に自分でフォニックスを教える(1)フォニックスとは


小学校低学年の英語読書。初めて読むチャプターブックとして最適。
関連記事:小学校低学年の英語読書〜「マジック・ツリーハウス」


プロフィール

モカきりん

Author:モカきりん
モカきりん:アメリカ留学中に中国系マレーシア人の現在のダンナと出会う。大学卒業後に渡馬、結婚。日系の塾で小学生と中学生に英語・国語を教える。7年塾講師として働き退職。その後2人の息子を出産して現在は専業主婦。

長男ユージン:2004年生まれ。明るく元気で、遊ぶことが大好き。やっている習い事はピアノ。第一言語は日本語、英語も文法的にはかなりブロークンだが話せるし理解できる。おばあちゃんとは中国語で会話、マレーシア語も学校で勉強中だったが、なぜか今年度は学校の方針でフランス語をやっている。2011年1月にインターナショナルスクールに入学、現在中学2年生。


次男ライアン:2008年生まれ。習い事はピアノ。とても人懐っこく誰にでも笑顔をふりまく。2014年1月にお兄ちゃんと同じ小学校に入学、現在小学校4年生。


ダンナ:中国系マレーシア人。日本語が流暢で時々日本人に間違えられる。優しく子供とたくさん触れ合ってくれるいいパパ。

おススメサイト
無料なのにスゴク使える!おススメサイト
<教育関連>
英語本
登録すると、オンライン英語図書館「タンブルブックス」にアクセスできます。
Starfall(英語)
フォニックスを学ぶならここ!
We Give Books(英語)
オンライン図書館。朗読はついていないので自分で読まなければなりませんが、無料で図書館に行く必要がないのは助かります。
学力は全米トップ0.1% 秘訣は幼児期の教育
子育てバイブル。
Colouring Book of Flags(英語)
国旗塗り絵がダウンロードできます。
おりがみくらぶ
折り紙といえばココ。折り方のアニメーションもあり、難易度も一目瞭然で使い勝手抜群。英語、中国語版など外国語7言語のサイトともリンクしているので、外国人の友達とリンクをシェアできるのもうれしい。
無料e童話
数は少ないのですが、無料で絵本が読めます。
英語のおとぎ話ビデオ(YouTube) You TubeのStoryというチャンネルで、10数分の英語のおとぎ話のビデオが見られます。英語字幕をつける設定にもできます。
バイリンガール英会話 Chika's English Lesson(YouTube)
バイリンガルの吉田ちかさんのYou Tubeチャンネル。わたしの勉強のために見ていますが、内容によっては子どもにも見せたりします。明るくてかわいいちかさんの動画は見るだけでも楽しい!

ピアノ初心者のための音符の読み方
自分で子どもにピアノを教えている、またはピアノ教室に通わせているけれど家での練習を見ている、という親にとって、とても参考になるサイトです。単にピアノを教えるということだけでなく、子育てという広い観点からピアノの練習をとらえていることが素晴らしいと思います。

Storyline Online(英語)
俳優さんたちが英語の絵本の読み聞かせをするビデオがたくさんあります。

<マレーシアで利用できる音楽ストリーミングサービス>
音楽ラバーにはもちろんうれしいサービス、実は子育てにもめちゃくちゃ使えます!(無料で使えないものもあります)
KKBOX Malaysia
Spotify
Deezer
おススメ記事
当ブログ内のおススメ記事です。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR