ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  子育て  »  マレーシアでの子育てにおける大きな悩み
rainbow.jpg

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マレーシアでの子育てにおける大きな悩み

マレーシアへの教育移住というのがちょっと流行っていたりもするけれど、本当にマレーシアは子どもの教育のために移住するほどの価値があるのか?
その答えはもちろん人によって違う。

マレーシア人は子どもに優しい。
マレーシアの人口は若年層が多く、「周りには子どもがゴロゴロいる」という環境が普通なので、みんな子どもや赤ちゃんに慣れている。ちょっとぐらい泣いたりしても、顔をしかめたりせず、逆にあやしてくれたりする。そういう面では子育てしやすい。

教育制度というハード面は、かなり厳しい。
お金持ちならいい教育は受けられるが、庶民はもちろん、小金持ちでもものすごく状況は厳しい。
でも、書き始めるとものすごく長くなるので、これに関しては今回は書かない。

今回のテーマは、「友達付き合い」である。
これがもう本当に頭を抱えて悩んでしまうくらいの大問題なのである。

いや、マレーシアの方が、かえって友達付き合いの環境がいいよ!という親御さんもたくさんいらっしゃると思う。
というのは、これは子どもが行っている学校と住んでいる場所によって大きく変わるからだ。

日本人学校に通っている子どもは、通学バスなどの利便性を考慮して、同じように日本人学校に通っている子どもがたくさん住んでいるコンドミニアムに住んでいるケースが多い。
コンドミニアム内の行き来が簡単に出来て、敷地が広く比較的安全なので子どもに自由に遊ばせることが出来、仲のいい子や同じぐらいの年齢の同性の子どもが多くいたりすると、最高の環境になりうる。実際、そういう話も聞く。

でも、同じコンドミニアムに遊ぶのに適した子がいない(もしくは、そもそもコンドミニアムに住んでいない)という場合、友達と遊ばせたかったら、親の車での送り迎えが必須である。歩いて行けないところに住んでいる友達も多いし(日本と同じような概念の学区は存在しないし、私立校は学区関係ないし)、歩いたり自転車で行ける距離にあったとしても、安全上子どもだけで外を歩かせるわけにはいかない。
中には、学校帰りに、子どもと友達をまとめてピックアップし、夕食直前まで遊ばせて友達の親に迎えに来てもらう(あるいはその逆)というやり方をする人もいるけれど、こういうのが通用するのはせいぜい小学校低学年まで。
中学年ぐらいになってくると、下校時間が遅くなったり、宿題だってやらなきゃいけないし、マレーシアの学校はなぜか始まるのがすごく早い(うちの子の学校は7:45だけど、もっと早いところも多い)ので、早く寝かせなきゃいけないし、となると、もう平日は遊ぶ時間なんてほとんどない。

でもね、頑張ってこういう方法で出来たとしても、これって根本的にものすごくヘンなのである。
だって、遊ばせるというのはつまり、親同士が連絡をとり合って決めるんですよ。
じゃあこの日のこの時間に遊ばせましょう、何をさせる?と親が決める。
せっかく頑張って連れて行って遊ばせるのだから、盛り上がらないと親の苦労が水の泡、だからちょっと盛り上がるような小道具などを用意したりしてしまう。「○○が必要だから、家から取ってくる!」ということもできないし。

近い家だったら、子どもだけをおろして、後でまた迎えに行くということもできるけど、片道30分ぐらいかかってしまうと(そして、駐車する時間なども含めると、それくらいは平気でかかることも多い)一度帰ってから迎えに来るのが面倒なので、自分も子どもと一緒にお邪魔することになる。
すると、子どもが遊んでいる間はお母さんたちのおしゃべりタイムになる。
それが嫌なわけじゃない。特に、仲がいい人だともちろん楽しい。
でも、子どもが仲良しだからといってお母さんも仲良しだとは限らないし、こういうやり方をすると、つまり子どもが友達と遊ぶ時間=お母さんのおしゃべりタイムになってしまう。

いやいや、お母さんがおしゃべりをするよりももっと、子どもは遊ぶ必要があるだろう。(それに、子どもが遊んでいる間に家事を片付けられたるするとうれしい。)
誰といつ遊びたいか、何をして遊びたいか、本来子どもが決めるものだろう。
それを交渉して遊びの約束をとりつけるのは、自分でやるべきことだろう。

友達と遊ぶことを通して学ぶはずのスキルが身につかない!

これはわたしは大きな問題だと思う。

うちはコンドミニアムに住んでいない。小さなゲーティッドコミュニティーの中にある一軒家である。
だから、子どもが自分で遊びに行ける範囲に遊ぶ友達がいない!
いや、昔いたんです。こんな素敵な時期がありました。↓
かわいい隣人
でもこのかわいい隣人は、そのうち毎日大量に出される学校の宿題に追われてあまり遊ぶ時間がなくなり、その後引っ越してしまった(涙)。

平日に遊びに連れて行くのは時間的に無理なので、たまに週末に友達と遊ばせるだけ。
でも家が近くて遊ばせやすいのは、長男よりも年下の子が多く、こりゃなんとかしてあげなきゃいけない、と策をねっている。

そして、ある時、ちょっと悲しくも素敵な出来事が起こった・・・。

〜続く〜


「マレーシアでオーガニック子育て」ホーム

★ブログランキング★
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう heart.gif

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
趣味の動画
わたしの好きな音楽を中心にお気に入りを紹介。ぜひ聞いていってね♡
David Archuleta & Nathan Pacheco
"The Prayer"

クリスマスにはやっぱりDavid Archuleta。美しい歌声・・・。
おすすめの本
過去の記事で紹介しているものですが、こちらでも紹介します☆
フォニックスを教える時によく参考にしていました。
関連記事:子供に自分でフォニックスを教える(1)フォニックスとは


小学校低学年の英語読書。初めて読むチャプターブックとして最適。
関連記事:小学校低学年の英語読書〜「マジック・ツリーハウス」


プロフィール

モカきりん

Author:モカきりん
モカきりん:アメリカ留学中に中国系マレーシア人の現在のダンナと出会う。大学卒業後に渡馬、結婚。日系の塾で小学生と中学生に英語・国語を教える。7年塾講師として働き退職。その後2人の息子を出産して現在は専業主婦。

長男ユージン:2004年生まれ。明るく元気で、遊ぶことが大好き。やっている習い事はピアノ。第一言語は日本語、英語も文法的にはかなりブロークンだが話せるし理解できる。おばあちゃんとは中国語で会話、マレーシア語も学校で勉強中だったが、なぜか今年度は学校の方針でフランス語をやっている。2011年1月にインターナショナルスクールに入学、現在中学2年生。


次男ライアン:2008年生まれ。習い事はピアノ。とても人懐っこく誰にでも笑顔をふりまく。2014年1月にお兄ちゃんと同じ小学校に入学、現在小学校4年生。


ダンナ:中国系マレーシア人。日本語が流暢で時々日本人に間違えられる。優しく子供とたくさん触れ合ってくれるいいパパ。

おススメサイト
無料なのにスゴク使える!おススメサイト
<教育関連>
英語本
登録すると、オンライン英語図書館「タンブルブックス」にアクセスできます。
Starfall(英語)
フォニックスを学ぶならここ!
We Give Books(英語)
オンライン図書館。朗読はついていないので自分で読まなければなりませんが、無料で図書館に行く必要がないのは助かります。
学力は全米トップ0.1% 秘訣は幼児期の教育
子育てバイブル。
Colouring Book of Flags(英語)
国旗塗り絵がダウンロードできます。
おりがみくらぶ
折り紙といえばココ。折り方のアニメーションもあり、難易度も一目瞭然で使い勝手抜群。英語、中国語版など外国語7言語のサイトともリンクしているので、外国人の友達とリンクをシェアできるのもうれしい。
無料e童話
数は少ないのですが、無料で絵本が読めます。
英語のおとぎ話ビデオ(YouTube) You TubeのStoryというチャンネルで、10数分の英語のおとぎ話のビデオが見られます。英語字幕をつける設定にもできます。
バイリンガール英会話 Chika's English Lesson(YouTube)
バイリンガルの吉田ちかさんのYou Tubeチャンネル。わたしの勉強のために見ていますが、内容によっては子どもにも見せたりします。明るくてかわいいちかさんの動画は見るだけでも楽しい!

ピアノ初心者のための音符の読み方
自分で子どもにピアノを教えている、またはピアノ教室に通わせているけれど家での練習を見ている、という親にとって、とても参考になるサイトです。単にピアノを教えるということだけでなく、子育てという広い観点からピアノの練習をとらえていることが素晴らしいと思います。

Storyline Online(英語)
俳優さんたちが英語の絵本の読み聞かせをするビデオがたくさんあります。

<マレーシアで利用できる音楽ストリーミングサービス>
音楽ラバーにはもちろんうれしいサービス、実は子育てにもめちゃくちゃ使えます!(無料で使えないものもあります)
KKBOX Malaysia
Spotify
Deezer
おススメ記事
当ブログ内のおススメ記事です。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。